ちはかみママ さん プロフィール

  •  
ちはかみママさん: 邪馬台国大阪三島説
ハンドル名ちはかみママ さん
ブログタイトル邪馬台国大阪三島説
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamataikokumishima/
サイト紹介文邪馬台国は畿内大和ではなく、畿内大阪の旧摂津三島にあったという新たな視点で探ります。
自由文「耶馬台国を三島に探る会」では、邪馬台国や卑弥呼の墓は大阪の茨木市にあると比定し研究を行っています。茨木市のある旧摂津三島郡は、古代より交通の要衝として栄え、弥生時代の遺跡が次々と発掘されています。記紀の伝承にみられる神社や地名、人物などとも非常にかかわり深いところです。新たな視点で、邪馬台国を考えてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 82日(平均3.6回/週) - 参加 2017/02/04 21:29

ちはかみママ さんのブログ記事

  • 三島古道歩記(みしまこどうあるき)③
  • 「三島古道歩記②」に続いて、今回は「その三」をお届けします。「耶馬台国を三島に探る会」を主宰していただいている梅鉢先生のご執筆です。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−三島古道歩記  その三  梅鉢明英ひと昔前、シンプルイズベストという... [続きを読む]
  • 溝咋(みぞくい)神社?
  • 茨木市五十鈴町には溝咋(みぞくい)神社という式内社があります。古事記や日本書紀にも伝承があり、初代神武天皇の皇后のゆかりの神社です。Wikipediaの「溝咋神社」より(抜粋)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−御祭神は主祭神   玉櫛媛命 (た... [続きを読む]
  • 三島古道歩記(みしまこどうあるき)②
  • 「三島古道歩記①」に続いて、今回は「その二」をお届けします。「耶馬台国を三島に探る会」を主宰していただいている梅鉢先生のご執筆です。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−三島古道歩記(みしまこどうあるき)  その二  梅鉢明英『古事記』の神... [続きを読む]
  • 埴輪をルーツにもつ土人形
  • J-ISIさんより、垂仁天皇陵について考える⑥にいただいたコメントです。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−伏見人形のお店、丹嘉さんのホームページの「伏見人形の由来」の中に「その起源はむかしむかし歴史に名高い野見宿称の後裔にあたる土師氏が統轄... [続きを読む]
  • 垂仁天皇陵について考える⑥
  • 垂仁天皇陵について考える②の記事で、垂仁・安康天皇陵は、本居宣長が「伏見にあらず櫛見なり」と述べ、茨木には伊串堤と呼ばれるところがあるといった内容について、J-ISIさんよりいただいたコメントをそのまま引用させていただきますと、−−−−−−−−−−−−−−−−... [続きを読む]
  • 垂仁天皇陵について考える⑤
  • 垂仁天皇陵についての続きです。垂仁天皇陵は古事記では「菅原之御立野中」、日本書紀では「菅原伏見陵」。この「菅原」の地名については2つの理由があり、1つ目は菅原道真と野見宿祢(のみのすくね)に関係があると前回までの記事でお伝えしました。  垂仁天皇陵につい... [続きを読む]
  • 垂仁天皇陵について考える④
  • 前回の垂仁天皇陵について考える③の続きです。相撲の始祖といわれている野見宿祢に関してですが、北野天満宮の記事のJ-ISIさんからのコメントに、−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−南塚(みなみつか)古墳 茨木市室山1丁目 昭和29年に警察病院の増設... [続きを読む]
  • 京都伏見周辺プチ旅行
  • ティータイムです。昨日3月4日(土)に、友人に城南宮のしだれ梅を見に連れて行ってもらいました。鳥居をくぐったところにある石燈篭が、変わっていて面白かったので写真を撮りました。大きい丸、小さい丸、月の形をしています。これは、城南宮の御神紋で、日・月・星を表... [続きを読む]
  • 垂仁天皇陵について考える①
  • 前回の記事北野天満宮で、菅原道真の祖 野見宿禰について少しふれましたが、野見宿禰といえば、垂仁天皇。ということで、垂仁天皇と邪馬台国大阪三島説との関りで、記事を書かせていただきます。11代垂仁天皇は、和風諡号を日本書紀では活目入彦五十狭茅尊(いくめいりび... [続きを読む]
  • 北野天満宮
  • ティータイムということで、邪馬台国大阪三島説から、少し離れて…先日、前の職場の方々と同窓会をしました。京都龍安寺の西源院というところで、湯豆腐と精進料理をいただきました。豆腐がすごく美味しかったです。あっさりしていたけど、おなか一杯になりました。そのあと... [続きを読む]