お絵かきと漢字と さん プロフィール

  •  
お絵かきと漢字とさん: お絵かきと漢字と
ハンドル名お絵かきと漢字と さん
ブログタイトルお絵かきと漢字と
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kanakana_higurashi
サイト紹介文鉛筆画や漢字検定など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 51日(平均4.8回/週) - 参加 2017/02/04 22:53

お絵かきと漢字と さんのブログ記事

  • 「カルーセル輪舞曲」愛希れいかさん 2
  • パリの場面。白馬の美女のちゃぴさんを描きました。この場面、たま様お一人で主題歌を歌いながら銀橋を渡るとき、後ろにいるちゃぴさんに注目してみましょう。たま様が、この星に生きるーあなたと出逢うため♪と歌っているところの「ため」という部分だけ、ちゃぴさんが言っています。言っているというか、口を動かしているだけなんだと思いますが。何で、ここの「ため」っていうところだけ、ちゃぴさんの口が動いているんだろう? [続きを読む]
  • 悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)
  • 今日、覚えた四字熟語です。この四字熟語の意味は、願っていることと実行することが相反すること。酒に酔うことをやめようと思いながらも、つい無理に酒を飲んでしまうことから。(漢検漢字辞典より)なんだそうです。とても分かりやすい四字熟語ですね。なぜ、この四字熟語を採り上げたかと言いますと、実に今の自分にしっくりくる四字熟語だったからです。私の場合、お酒の部分がコーヒーに変わりますが。貧血気味なので、カフェ [続きを読む]
  • 悪尉(あくじょう)、圧面(べしみ)
  • 今日、覚えた漢字です。何だかよく分からないけど、かっこいいですね!かっこいいと思うことって大事です。頭の中に入ってきやすいですからね。この二つの漢字は、それぞれ能面の種類なんだそうです。能の世界に疎い私でも、ちょっとは見たことがあるお顔かと思って調べましたら、全然見たことのない顔でし た。それに他の能面の怖いこと怖いこと。誇張した表情がリアルで怖いんです。特に蛙(かわず)という能面なんて、夢に出て [続きを読む]
  • 鞋底魚(したびらめ)
  • 今日、覚えた漢字です。したびらめは、他にも舌鮃、舌平目などの漢字がありますね。それ以外にもあるのか今のところ分かりませんが、ないことを祈ります。鞋底魚だけ読みづらい漢字ですね。この漢字の由来は、魚の形が鞋(くつ)の底に似ているから(漢検漢字辞典より)なんだそうです。なるほど、靴の底ねぇ。例えばフランス料理を食べに行って、鞋底魚(したびらめ)のムニエルを注文したとして、こちらは靴の底に似ている魚のム [続きを読む]
  • 「グランドホテル」美弥るりかさんと朝美絢さん
  • 今日は、オットー役の美弥さんとエリック役の朝美さんを描きました。私が観劇したときは、エリック役がありちゃんだったので、朝美さんのエリックはとうとう見れないままでしたが、きっと素敵なエリックを演じられたんでしょうね!ありちゃんのエリックは、一生懸命さと真っすぐさが伝わる可愛いエリックでした。この絵を描き始めたときは、なかなかエリックがオットーを見てくれなかったのですが、描き終えた今、改めてエリックの [続きを読む]
  • 愛迪生(エジソン)
  • 今日、覚えた漢字です。準1級では人名の問題は見かけませんでした。なるほど、1級に出てきそうな雰囲気がぷんぷん漂ってますね。でも、エジソンがいるってことは、リンカーンやナイチンゲールの漢字もあるってこと?多くの偉人たちの漢字があるってこと?うわー、どこまで覚えたらいいんだ。キリがない!それに、この漢字を見てどれだけの人がエジソンを思い浮かべるのでしょうか?電話機、蓄音機、白熱灯を発明した人という要素 [続きを読む]
  • 鴉葱(しらいとそう)
  • 毎日疲れてなかなか進まない漢字の勉強ですが、今日覚えた漢字です。鴉葱と書いて、しらいとそう、と読むそうです。あー、読めなかった!!また鴉葱は、白糸草とも書くそうです(漢検漢字辞典より)。ええっ、何だってーー!?そんな読みやすい漢字があるなら、そっちの方だけでいいじゃん!!なんて思いました。しかも鴉ってカラスのことですから、鴉葱では黒い草を連想しますし、白糸草の方は白い草を思い浮かべますよね。辞書に [続きを読む]
  • 「アーサー王伝説」愛希れいかさん 1
  • 囚われの身のグィネヴィア。この舞台を知らない人にイラストを見せたところ、「かくれんぼしてるの?」と言われました。かくれんぼではありません!かくれんぼして、バアッと出てきたところではありません!!囚われているところなのです!!!グィネヴィアの視線の先にいたメリアグランスは、残念ながらうまく描けませんでした。さて、なぜこのシーンを描いたかと言いますと、この場面で歌われる「涙の海に」という歌がすごく良か [続きを読む]
  • 阿菊虫(おきくむし)
  • 今日、覚えた漢字です。阿菊虫(おきくむし)、私は聞いたことありません。アゲハチョウ類のさなぎの俗称(漢検漢字辞典より)だそうです。そしてこの漢字の由来は、「播州皿屋敷」のお菊が後ろ手に縛られた姿に似ていることから、だそうです。なるほど、それで阿菊(おきく)と付くわけですね、ってちょっと、由来が酷すぎる!!後ろ手に縛られた悲惨な姿を虫に例えられなんて、お菊さんが可哀想だーー。ああ、お菊さんがつくづく [続きを読む]
  • 沈丁花(じんちょうげ)
  • 最近、近所を散歩していると、沈丁花の花の匂いがどこからともなく香ってきます。いい匂いですね。春ですねー。私は沈丁花の匂いが大好きなのですが、ちょうどこの頃に花粉も飛んでくるんですよね。花粉症の私は、マスクを取って花の匂いを嗅いだり、またあわててマスクをしたりと、ちょっと怪しい人になるのもこの時期です。「沈丁花」という漢字は、つくづく綺麗な漢字だな、と思います。ひらがなの「じんちょうげ」でもなく、カ [続きを読む]
  • 阿茶羅漬(あちゃらづけ)
  • 今日、覚えた漢字です。うーん、食べたこともなければ聞いたこともない。阿茶羅漬(あちゃらづけ)とは、漢検漢字辞典によると、大根、カブ、レンコンなどの野菜を唐辛子や甘酢で漬けたものだそうです。さっぱりしてて、おいしそうですね。機会があれば食べてみたい(けれど作る気はない)あちゃらづけ。・・・決まりましたね! [続きを読む]
  • 丫(あげまき)
  • さて、漢字検定準1級に向けた勉強を始めることにしましたが、きっと今の状態では問題を解いてもちんぷんかんぷんだと思うので、まずは「漢検漢字辞典」を熟読することにしました。早速、辞書を開いて、一番始めに出てきた漢字が「丫(あげまき)」という漢字でした。何だ、英語の「Y(ワイ)」かと思ったー。なんて言葉が虚しく響く。ハァ・・・読み終えるのに何年かかることやら。 [続きを読む]
  • 日比谷のゴジラ
  • 宝塚の当日券待ちで凍死しそうになった身体を温めるべく駆け込んだお店で描いたラクガキです。あの有名な曲とともに、こんな薄いゴジラが登場したら、笑ってしまいますね。二階から見下ろして描いたのに、そんな感じも出てませんし。実際に近くで見たら、全然似てませんでした。でも、時間がつぶせて良かったです。ありがとう、日比谷のゴジラさん。 [続きを読む]
  • 「グランドホテル」朝美絢さん 1
  • 今日、月組の「グランドホテル」「カルーセル輪舞曲」を観劇しました。宝塚の舞台を観るのは、2013年の月組公演「ベルサイユのばら」以来で、久々の宝塚、楽しかったです。「グランドホテル」は、「アーサー王伝説」のようにはまることはありませんが、素敵なシーンがいくつかありました。「カルーセル輪舞曲」は、NHKの放送をこれまで10回以上見たにも関わらず楽しくて、あっという間に終わってしまいました。ショーでは [続きを読む]
  • 「アーサー王伝説」朝美絢さんと愛希れいかさん 1
  • ランスロットをビンタした後、抱きしめるグィネヴイアさん。ランスロット様が、ちょっとすねてるような表情になってしまいました。あと、眉間のシワを一本描かせて頂きました。ここのシーンは、「王妃さま」と呼ぶランスロットにグィネヴイアが「二人だけのときはグィネヴイアと呼んで!」と言って、イントロがかかって、二人のデュエットソング「許されぬ恋」が始まるんですねー。ステキステキーー!!ジタバタ(←暴れてる)間違 [続きを読む]
  • 気になる四字熟語
  • 自分で描いた絵でも、数日たってから見ると、何でこんなの描いたんだろう?と思うことがありますが、今回のがまさにそれです。漢字検定準1級の四字熟語の勉強をしているときに(準1級の話は今日でおしまいです。たぶん)、とても見過ごすことのできない四字熟語に出会いました。それが、偏僻蔽固(へんぺきへいこ)と杜撰脱漏(ずさんだつろう)です。共にマイナスな意味を持つ四字熟語です。何となくマイナスなオーラが漂ってい [続きを読む]
  • ロウソクとせっけん
  • まだ準1級の話は続きます。漢字検定準1級の勉強をしているときに、書けるようになって嬉しかった漢字がありました。それが、蠟燭(ロウソク)と石鹸(せっけん)という漢字です。読むことはできるけど、書くことはできない、そんな漢字でした。それが勉強して書けるようになったときは嬉しくて、ついつい自慢してしまいましたよね。自慢される方は、はなはだ迷惑な話ですが。あと、宝塚ファンとしては(かなりゆるいファンですけ [続きを読む]