TSUBAKI さん プロフィール

  •  
TSUBAKIさん: 薔薇とポタジェの箱庭
ハンドル名TSUBAKI さん
ブログタイトル薔薇とポタジェの箱庭
ブログURLhttp://rosepotager.seesaa.net/
サイト紹介文「バラと家庭菜園が自然に馴染む箱庭」という理想を求めて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 50日(平均2.8回/週) - 参加 2017/02/05 07:06

TSUBAKI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 芽吹き始めた照り葉が美しいポンポネッラ
  • 今週は肌寒い日が続いていますね。通勤時にはまだ冬物のジャケットを着ていっています。この時期には「三寒四温」という言葉を耳にすることが多くなります。早春には低気圧と高気圧が交互にやってきて、低気圧がやってきている時には寒く、高気圧がやってきている時には暖かく、この繰り返しが続いていくうちに春がやってきます。我が家ではバラの芽吹きが進んできて、緑が増えるにつれて春の訪れを感じています。バラの鉢植えは手 [続きを読む]
  • 夏に降る雪のように咲くスノー・イン・サマー
  • 3月に入り暖かい日が続いていましたが、昨日くらいから寒くなって季節が戻ったようですね。先日我が家に新しい花木が届きました。スノー・イン・サマーメラレウカ “スノーインサマー” 低木 庭木 常緑樹5号ポットに植わった、40cmほどの幼木です。スノー・イン・サマーフトモモ科メレラウカ属常緑中高木で最大で5〜6mほどまで生長するようですね。ティーツリーの仲間で、姿形はよく似ています。スノー・イン・サマーという名前の [続きを読む]
  • バラと家庭菜園に用いているハードウッドでDIYしたレイズドベッド
  • 先日DIYしたレイズドベッドの紹介をしました。バラと家庭菜園に使用しているレイズドベッド素材はイタウバと言われるハードウッドです。楽天最安値に挑戦!イタウバ20×120×1200mm【木材/南米産/DIY/デッキ/硬い/水に強い木/ウッドデッキ/1カット50円/DIY ウッドデッキ 木材 天然】イタウバの特長として、ハードウッドの中でも油成分が多いことが挙げられます。レイズドベットは土に直接触れることから、水分や微生物・虫 [続きを読む]
  • ボーダーの後方にある花数の多いマドモアゼル
  • 今日は綺麗に晴れ渡って、すがすがしい一日でしたね。我が家のバラも芽吹きが見られており、春はもう目の前に来ていると感じます。冬剪定は全て終わらせているのですが、マドモアゼルの剪定の様子を書きたいと思います。マドモアゼル予約 【バラ苗】 マドモアゼル (Del淡桃) 国産苗 大苗 6号鉢植え品 ☆ 【四季咲き.木立.シュラブ.デルバール】※3月末までにお届けの予約大苗 《Han-DEL》マドモアゼルの特長と言えば、花数の多さ [続きを読む]
  • バラと家庭菜園に使用しているレイズドベッド
  • 気が付けば2月も下旬で、季節の移り変わりが早いものですね。我が家では昨年、バラと家庭菜園をするにあたりレイズドベッドをDIYしました。家庭菜園のレイズドベッド手前のサイズは横220cm×縦110cm×高さ24cmあります。イタウバ 3000×105×20(ミリ) 4面面取り 4面プレナー(6.9kg)レイズドベッドとは日本語で言うと「上げ花壇」とかいうようで、地面の上にレンガや木枠を用いて盛り土をします。盛り土の高さにもよりますが、 [続きを読む]
  • 多花性で満開にしたいハーローカーの剪定
  • 私は大阪在住です。バラの冬剪定は終わらせております。今回紹介するのはイングリッシュローズのハーローカーです。予約 【バラ苗】 ハーロウカー (低ER桃) 輸入苗 大苗 6号鉢植え品 □ 【イングリッシュローズ】※3月末までにお届けの予約大苗 《ER》ハーローカーは中輪のロゼット咲きで多花性です。春には一株あたり100以上の蕾が付きます。香りも強いので、満開時の存在感は目を見張るものがありますね。しかし、多花性である [続きを読む]
  • スリット鉢とゴールデン粒状培養土の相性
  • 今年は鉢植えの培養土として、ゴールデン粒状培養土を用いています。先日の植え替えの記事では、スリット鉢のスリットから土がこぼれ落ちてしまうということを書きました。バラの鉢植えに用いられるゴールデン粒状培養土ゴールデン粒状培養土 送料無料 花 野菜 25L×2袋セット GRBA-25用土 家庭菜園 ガーデニング 園芸 初心者向け 野菜づくり アイリスオーヤマ 楽天実はスリット鉢からこぼれ落ちてしまうことを知らなくて、植え替 [続きを読む]
  • 花束のような房咲きを期待したいポンポネッラ(新規購入)
  • 昨日今年購入したバラが届きました。ポンポネッラ濃いピンクの小中輪の花が咲きます。まだ実際に栽培していないのですが、ポンポネッラの特徴といえば、花数の多さでしょうか。耐病性も高くADR受賞しているので、折り紙付きの安心感ですね。予約 【バラ苗】 ポンポネッラ (Ant桃) 国産苗 大苗 6号鉢植え品 ☆ 【アンティークタッチのバラ.四季咲き.フロリバンダ】※3月末までにお届けの予約大苗 《IR》作出されたドイツではフロリ [続きを読む]
  • 冬の家庭菜園の様子
  • 我が家ではバラと共に家庭菜園を楽しんでいます。家庭菜園は引越しを機に始めているので、まだ一年ほどしか経っていないひよっこです。今はまだ家庭菜園とバラが別個のようにそだっていますが、少しずつ馴染んでいくように計画中です。現在の家庭菜園は冬ということもあり、あまり植わっているものはありません。カブは今年の冬野菜のメインです。【カブ】 スワン 小袋 (タキイ種苗) 中、大カブ【野菜の種】 【02P03Dec16】 [続きを読む]
  • 2017年冬剪定…ラドルチェヴィータ
  • 剪定前に芽吹きが見られていたので、ラドルチェヴィータを冬剪定の第一段として行いました。仮剪定は済ましてあったので、良い芽の上で切るようにしました。剪定後枝は三本ですが、昨年発生したシュートだけ残している状態です。充実した枝であっても春の開花は花数が少なくなるかも…トゲは硬くて多めです。ラドルチェヴィータの枝は花に似合わず剛直で、枝は締まっておりしなやかさはあまりありません。株の勢いは戻ってきている [続きを読む]
  • バラの鉢植えに用いられるゴールデン粒状培養土
  • まだまだ寒い日が続いていますが、2月に入ると日差しに明るさが増してきているようですね。そろそろ春も近いのかなと感じております。以前にレディ・エマ・ハミルトンの植え替えの記事を書きました。調子が悪く地植えから掘りあげたレディ・エマ・ハミルトンその時に使用した鉢植えの培養土は、ゴールデン粒状培養土を使用しています。予約 【バラ苗】 レディエマハミルトン (低ER橙) 輸入苗 大苗 6号鉢植え品 □ 【イングリッシュ [続きを読む]
  • 冬剪定前にバラの写真を見返す(その3)
  • 「冬剪定前にバラの写真を見返す」シリーズの記事は今回で3弾目になりました。私はカメラを趣味にしているのですが、あらためて見返してみるとバラの写真って案外少ないなという印象です。今年はもっと撮って、様々な角度からバラの姿をお送り出来ればと思います。あおいシックな濃いピンクの花色と葉色が特長です。多花性で春には一枝に10輪ほどの蕾が付くことがあります。我が家にあるバラの中では、耐病性が低めで気を抜くとす [続きを読む]
  • 冬剪定前にバラの写真を見返す(その2)
  • 前回の記事に引き続きバラの写真を見返してみます。冬剪定に関しては、明日か来週末に行おうかと計画中です。我が家のバラは本数が少ないため、剪定し始めるとすぐに終わりそうですね。ラドルチェヴィータ淡い黄色の中輪カップ咲きです。コンパクトな株立ちで高くても1mくらいに収まりますね。一番の特徴は房咲き性が強い事です。花持ちも良いので一枝でブーケのような姿を見せてくれます。淡く可憐な花ですが、枝は剛直でしっか [続きを読む]
  • 冬剪定前にバラの写真を見返す
  • 我が家は大阪にあり、そろそろ冬剪定の頃かなと思っています。鉢植えの植え替えや地植えの寒肥も終わっていますので、少し小休憩です。昨年はあまりバラを咲かせていないのですが、当ブログに彩りを添えるために咲いたバラの写真を掲載したいと思います。マドモアゼル小中輪の房咲きで、一枝に多くの花を咲かせます。ピンクから白に退色していき、それがグラデーションに全体を美しく見せます。予約 【バラ苗】 マドモアゼル (Del [続きを読む]
  • 調子が悪く地植えから掘りあげたレディ・エマ・ハミルトン
  • 昨年から地植えにしていたレディエマハミルトンが調子を崩していたので、掘り上げて鉢植えに戻しました。このレディエマハミルトンもハーローカーと同じく7年目の株になります。この2.3年はシュートの発生がなく、古い枝だけで過ごしていた状態です。このままでは枯れてしまう可能性も高いので、思いきってげんこつ剪定を行いました。レディ・エマ・ハミルトンはお気に入りのバラなので、株の生命力を信じたいですね。にほんブログ [続きを読む]
  • 初めまして&自己紹介
  • 初めまして、TSUBAKIと申します。デグー(げっ歯類デグー科)と写真のブログやっていたのですが、この度バラと家庭菜園の記事を分割する事としました。デグー+PHOTO一昨年の引っ越しから小さいながら庭を持つことが出来ました。それまでは鉢植えでのバラ栽培で、今では地植えの栽培もおこなっています。現在のアプローチの様子昨年は地植え一年目ということもあり、バラの生育に重点を置いていました。開花しても早めに剪定してい [続きを読む]
  • 過去の記事 …