変態ダイバー さん プロフィール

  •  
変態ダイバーさん: 変態ダイバーと呼ばれたくて
ハンドル名変態ダイバー さん
ブログタイトル変態ダイバーと呼ばれたくて
ブログURLhttp://hentaidiver.com
サイト紹介文海の小さな生き物を中心に、たまに大物。ダイビングを通して出会った生き物を紹介していきます
自由文フィロゾーマ幼生に出会ったのをきっかけに、浮遊系ダイビング・ブラックウォーターダイビングに本格的に目覚めました。
そのおかげで、海中でリュウグウノツカイなどの深海魚にも出会えました。
好きな生き物:オオタルマワシ・ヨコエビ・ワレカラ・フィロゾーマ幼生・ボウズニラ・キアンコウ・ダンゴウオ・スナビクニンなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 138日(平均8.2回/週) - 参加 2017/02/06 17:36

変態ダイバー さんのブログ記事

  • ウミノミとクラゲノミ
  • ヨコエビ亜目の仲間で端脚類プランクトン。ちなみにプランクトンは広く浮遊生物全般を言うらしいです。魚など自力で泳ぐ有性生物はネクトン、蟹など底質で生きる生物はベントスっていうらしい。「ガタガール」というマンガ第11話で覚えました。ガタガール2巻エボシクラゲに乗るクラゲノミ背中をクラゲに押しつけているクラゲノミの仲間。お腹に子供を抱えたクラゲノミ緑色に発光する綺麗なクラゲにのるウミノミの仲間。ウミノミ [続きを読む]
  • ヒメゾウクラゲ
  • クラゲと名前にはつくけど、クラゲではなく貝の仲間であるゾウクラゲ。一見とても貝の仲間には見えないからしょうがないよね。ゾウクラゲには貝殻を持つゾウクラゲの仲間とと持たないは坂ゾウクラゲの仲間がいます。持ってないのは本当に貝の仲間とは思えないけど、このヒメゾウクラゲは貝殻を持っているので、よく観察すると貝の仲間だと分かりますね。貝殻をもつヒメゾウクラゲつぶらな黒い瞳は他のゾウクラゲの仲間と同じだけど [続きを読む]
  • 浮遊するフィロゾーマ幼生
  • 浮遊するフィロゾーマ幼生に出会った。自然に浮遊しだしたのか、ダイバーにクラゲを吹っ飛ばされたのか、まさか犯人オレ?浮遊するフィロゾーマ幼生フィロゾーマ幼生には確かにクラゲにのらずに浮遊する種類のもいるけど、これは絶対クラゲにのるタイプだ。浮遊するフィロゾーマ幼生クラゲに乗っていないと、フィロゾーマ幼生の観察もじっくり出来るかな。体表の線とかもよく分かるね。 ブログランキングに参加しています。どれか [続きを読む]
  • アマクサクラゲに乗るフィロゾーマ幼生
  • ナイトダイビングで見たフィロゾーマもアマクサクラゲに乗ってたような気もするのだけど、昼間もエグジット直前に出会えました。記憶によると、過去数年では初めてのような気がするのだけど、今年はアマクサクラゲ大量発生中なのかな。アマクサクラゲに乗るフィロゾーマ幼生アマクサクラゲに乗るフィロゾーマ幼生ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキ [続きを読む]
  • フィロゾーマ幼生
  • 同じ種類のフィロゾーマ幼生でも乗ってるクラゲによって印象って変わるよね。フィロゾーマ幼生たぶん若いアカクラゲかなと思うんだけど、どうだろう。昨日のミズクラゲに乗ってるフィロゾーマ幼生と、たぶん同種だと思うんだけど、赤茶色の色がクラゲについてるだけで、なんとなく違って見える。オレの妄想かな。遊泳脚を広げるフィロゾーマ幼生ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほん [続きを読む]
  • 海面付近のフィロゾーマ幼生
  • 今回の青海島遠征では、何故かエグジット直前にフィロゾーマ幼生が目の前に現れることが多かった。一度は、一匹見つけて、他の人に譲ってさぁ終わりかなと思ったら別のフィロゾーマがまた目の前にも現れた。おかげで毎回エアがぎりぎりになってしまう。タンクが空だと中性浮力とるのも大変なんだけど、今回はおニューの8ミリウェットスーツだったこともあり、ウエイト多めだったので、そこは以外に大丈夫だった。水深も3〜4mし [続きを読む]
  • ブラックウォーターに現れたフィロゾーマ幼生
  • ブラックウォーターダイビングで現れたアマクサクラゲに乗ったフィロゾーマ幼生。フィロゾーマ幼生結構デカイです。アマクサクラゲに乗ったフィロゾーマ幼生クラゲを上手く動かしながらくるくる回転。昼間は結構眼をレンズとは反対側に持って行こうしてるような感じがするんだけど、夜はそれほどでもないので、昼よりも撮りやすい。まぁたまたまオレだけそう思うのかもしれないけど。フィロゾーマ幼生の横顔フィロゾーマ幼生横顔ア [続きを読む]
  • ヤツデイカ
  • 青海島で一番よく出会う深海生物ってヤツデイカじゃないかな。という訳で今回も出てきた。ヤツデイカで、何故か今回熱い思いが出てこなくて、すぐに退避。まぁたくさんダイバー集まっていたしね。なのでろくな写真がない。自分がいた間は威嚇もしてくれなかったし・・・。ヤツデイカブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビング ブログランキ [続きを読む]
  • タコ幼体
  • 青海島のブラックウォーターダイビングで教えてもらった小さな丸い物体。タコかな、イカかな?たぶんタコ幼体かな。逃げ足速くて困る。ただ時々じーっとしてくれるので、その時だけ撮り放題。でもせっかくなら脚を広げて威嚇してくれないかなぁと思っていたら、期待に応えてくれた。威嚇するタコ幼体ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビ [続きを読む]
  • エビ幼生
  • エビ幼生、登場。サルパまみれの中で目の前にやってきてくれました。エビ幼生 何エビだろうか、オトヒメエビかな?エビ幼生 それにしてもいっぱい撮影したのに、全部同じ角度ばかりだ、もっといろんな角度を撮ればよかった。エビ幼生ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビング ブログランキングへ [続きを読む]
  • アカタチ幼魚
  • 青海島で出会った頭でっかちな幼魚。海の中では何の幼魚か分からなかったけど、どうやらアカタチらしい。言われてみれば、紫津浦で見る親アカタチと同じ姿だ。こんな小さな時からもう成魚と同じ姿なんだな。でも船越では親、見たことないんだよなぁ・・・。アカタチ幼魚ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビング ブログランキングへ [続きを読む]
  • レプトケファルス幼生
  • ブラックウォーターダイビングでスーパー元気なレプトケファルス幼生が出現。過去、青海島で見たレプトケファルス幼生はすべて、エグジット直前に弱った状態ばかりだったのだ。ガイドさんがずっとライトを当ててくれていたから、追いかけられた感じ。すごく動きが速くて、びっくりです。そんなにお世話になったのに、写真は全滅。ただこの1枚だけ、限界まで明るさを明るくしていったら、なんとなく輪郭が浮かび上がってくれました [続きを読む]
  • ん〜、ワォ! オコゼ幼魚?
  • オコゼの仲間らしき幼魚を撮影していたら、口を開けてるシーンを視認。もう一度開けてくれないかなと待っていたら、無事大口開けてくれました。正面から撮影出来ないのが残念。WAOオコゼ幼魚ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビング ブログランキングへ [続きを読む]
  • 脚だけの生物 ウミグモ
  • 脚だけの不思議な生物、それがウミグモです。ウミグモについての詳細は、この鳥羽水族館のブログが詳しいので、見て下さい。ウミグモ写真では2個の膨らみがありますが、たぶんゴミです。少なくともウミグモの身体ではありません。浮遊系で無くても出会うこと(モルディブの岩場の中でも見たことあり)もあるのですが、やっぱり浮遊系での出会いが多い。ところで、とある記事によると、貝(アサリとか)に寄生するそうですが、本当 [続きを読む]
  • 子育て中のオオトガリズキンウミノミ
  • 大きく広がったチョウクラゲ発見。もう遠目からでも、オオトガリズキンウミノミの子供達がいっぱい着いてるのが分かる。たまらないのを見つけちまったぜ。子育て中オオトガリズキンウミノミとても乗ってる親オオトガリズキンウミノミのお腹に集まっていたとは思えないほど、大きく育ったオオトガリズキンウミノミの子供達。 身体が小さいだけで、姿はもう親と同じ。ここまで大きくなるまではどのくらいなんだろうか?食べてるのは [続きを読む]
  • チョウクラゲに乗るオオトガリズキンウミノミ
  • チョウクラゲに乗るオオトガリズキンウミノミ。ところで、オオトガリズキンウミノミはオワンクラゲやチョウクラゲ、たぶん他のクラゲにも乗ってるシーンはあると思う。 チョウクラゲに乗るオオトガリズキンウミノミオオトガリズキンウミノミ、いろんなクラゲにのってるのに、子育てシーンはチョウクラゲしか見たことがない。ってことは、この後、子育てモードに入るのだろうか?でも、お腹に卵らしきものはない。これは雄のオオト [続きを読む]
  • ウミノミと・・・10
  • オワンクラゲの傘の上、小さなウミノミ・クラゲノミだけではなく、大きなオオトガリズキンウミノミ。普通のウミノミの5倍以上の体長です、太さは同じぐらいなので、スマートなウミノミっていう感じかな。オオトガリズキンウミノミとクラゲノミウミタルまみれの海とオワンクラゲの傘に乗るウミノミとオオトガリズキンウミノミオオトガリズキンウミノミとウミノミこのオオトガリズキンウミノミ、なんかお腹が輝いてるように見える。 [続きを読む]
  • ウミノミと・・・9
  • 「ウミノミと・・・」というタイトルですが、ついにウミノミとお別れです。正式にクラゲノミの仲間。というか、クラゲノミ科の中に、ウミノミの仲間がいるんだったかな。系統の見方がよく分からない。もしそうだとすると、最初から「クラゲノミと・・・」としてたら問題なかったのだが。今回クラゲノミはそれほど見なかった。なんとか抱卵個体は見つけられたけど。2年前のゴールデンウィークのような奇跡のシーンは拝めませんでし [続きを読む]
  • ウミノミと・・・8
  • オワンクラゲの傘にコロニーを作ってるウミノミはよく見るけど、フウセンクラゲにコロニーを作る茶色いウミノミを今年はよく見た。フウセンクラゲに住む茶色いウミノミでもクラゲへの付き方を見ると、クラゲノミの仲間のような気もする。茶色いウミノミウミノミは前屈みにクラゲに付き、クラゲノミは背中をクラゲにつけるそう。この写真がわかりやすいかな。茶色いウミノミ とにかくこの春はたくさん見た。茶色いウミノミとこ [続きを読む]
  • ウミノミと・・・7
  • マルカメガイに乗ってるウミノミ。ウミノミとマルカメガイこのウミノミを正面顔を狙うのが意外に難しい。まるでレンズを嫌がるようにクルクル回るんだよね、不思議。ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビング ブログランキングへ [続きを読む]
  • ウミノミと・・・6
  • クラゲと名前がついてるけど、貝の仲間、ゾウクラゲの仲間にもウミノミは乗っかってます。ウミノミも好きだけど、ゾウクラゲも好き。どっちにピントを合わせるか悩む。今回は丁度象の鼻にあたる部分に乗っていてくれたので、ゾウクラゲのつぶらな瞳とウミノミの両方にピントが来てるかな・・・?ウミノミとゾウクラゲブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログラ [続きを読む]
  • ウミノミと・・・5
  • クラゲとついていないけど、クラゲの仲間。緑色の放射管が特徴的なフサウミコップというクラゲにウミノミが乗ってます。ウミノミとフサウミコップ大きなウミノミが傘の真ん中に、小さなウミノミが端っこに乗っかっています。傘の反対側から、ウミノミを狙ったのだけど、ピンが来なかった、無念。ウミノミとフサウミコップフサウミコップも意外に大変そうなぐらい、ウミノミ乗ってます。ブログランキングに参加しています。どれかポ [続きを読む]
  • ウミノミと・・・4
  • 自分の身体と同じくらいの大きさのウミノミに乗られて、重くないのかな。たぶん、ツリアイクラゲだと思うのだけど。ウミノミとツリアイクラゲブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビング ブログランキングへ [続きを読む]
  • ウミノミと・・・3
  • 「ウミノミと・・・」っていうタイトルなのに、3にして、「と・・・」がいない。浮遊するウミノミは動きも素早く、動きが読めないので、撮影するのはとても難しい。けれどたまに、落ち着いてる浮遊ウミノミもいるのだ。浮遊するウミノミとは言ってもなかなか、狙った角度では撮れなかった。来年は正面からお腹を撮影するぞ。 ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中 [続きを読む]
  • ウミノミと・・・2
  • 「ウミノミと・・・」っていうタイトルなのに、いきなり「乗ってる」訳ではない・・・。ウリクラゲの周りをウロチョロしていたウミノミの仲間。2017ゴールデンウィーク青海島 春の浮遊系シーズンでは例年に無く、クラゲに乗っていないウミノミをたくさん見ました。ウミノミとウリクラゲ ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。にほんブログ村水中写真 ブログランキングへダイビン [続きを読む]