naraino-miya さん プロフィール

  •  
naraino-miyaさん: ならびの宮のブログ
ハンドル名naraino-miya さん
ブログタイトルならびの宮のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/narabino-miya/
サイト紹介文神道、仏教問わず、神さま方とお話ししながら神意を広めるブログです。
自由文オルゴナイト、ブレスレット、お札などの祈祷済みの商品の製作を行っており波動をあげるお手伝いもしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 106日(平均4.3回/週) - 参加 2017/02/05 14:48

naraino-miya さんのブログ記事

  • 先日のお祓い
  • 先日に行ったお祓いは、久々に大変なものでした。 途中でどうしようかと、、、思ったほど その方には5体の霊体(死霊、生霊)が憑いていましたが、 見えないようにあと30体の霊が憑いておりました。 5体の霊は、始まって1時間以内に取れたのですが、 なんか良くならないので、角度を変えてみたところ、 まずは、首にとても精密に出来た槍が刺さっていました。 すごく光に反射 [続きを読む]
  • パッションテストの熱
  • 2016.4.16私がパッションテストに出会った日きっと、たぶん、絶対に忘れられない日あの日の熱は、まだ冷めてない私が私は生きてる‼まだ、やれる‼まだ、やりたいことがたくさんある‼って気づけた日だから変わらない毎日つらい毎日痛みに耐える姿を見てて、苦しい毎日自分の居場所なんか、見つけられなかった『助けて』も、言えなかったけど、助けてくれた?あの情熱が助けられた?あの情熱にだから、あたし、パッションテストを [続きを読む]
  • 己の生き方
  • 魂のイレモノとして、その身を持ち、人とし、どう生きていくのか。その意味を自らに問う。何をしたくて、この地に在るのだ。何を想う為に、この地に在るのだ。それが、サダメかそれが、運命か己の命どう生きるパッションテスト [続きを読む]
  • 龍神雲
  • 武蔵御嶽山の空 感謝します。 龍神雲 この龍神雲は、龍神様に似ていると言うことではなく 2日間、龍神様、水神様、風神様、地神、おおやまくいの命さまの御名とご真言を唱えて現れたものです。 龍神様はたいそうお歓びの様子でした。 [続きを読む]
  • 武蔵御嶽神社に行く《滝行》
  • 今日から、一泊二日で、武蔵御嶽山の神社管轄の滝で、神道の滝行してきます。天気も良いし、楽しめるかしら?どうして、滝に打たれてみようかと思ったか。『なんとなく』で、最善のタイミングがやってきました。昨日でもダメで、今日明日が最高だと思うんです。しかし、混んでます??駐車場に入るのに、二時間待ちとか、言われました?? [続きを読む]
  • アクセスバーズ初体験
  • 友人のすすめで、アクセスバーズを体験してきました。足の裏に触れられた時、ビリビリって電気が走った感じしばらくしたら、映像が見えてきましたその映像の意味が、何故か、直ぐに理解できました。こんどは、ちがう映像だんだん、肉体を感じなくなり、音の世界だけ感じられるそして、体から険しいモノの影が煙のように出ていくあらみたま?自分のではなく、他のひとから受け溜まってしまっていた、険しさ終わって緊張の中に住んで [続きを読む]
  • 自分の心の中に
  • 様々の苦しみから解放されて 引いたカードには応えがありました。 自分で自分の、生き方を見定める。 そんな勇気を。。。誉めてあげられる。 苦しかったよね悲しかったよね でも、もう全ては過去の出来事 いま、新しい情熱を生きよう [続きを読む]
  • 困ったこと
  • 神さまモードと人間モードが混在すると 人との会話ができない、 人の話が分からない、 出来るはずの仕事ができない、 出来ていた仕事が解らない、 ・・・ もうどうしようもない状態に陥ります・・・ 実に困ったことになるわけです。 そして、最終的には 神様寄りに傾いて、人が嫌になり早く空に戻りたいと真剣に思ってしまいます。 人に戻ると、家族に迷惑か [続きを読む]
  • 祈りの仕方 その一
  • 静かな祈りであっても 情熱的な祈りであっても、 祈ることは 心の叫びにほかなりません。 祈ること それはとてつもなく深く とてつもない素晴らしいことです !! でも、その祈り方一つで結果は表理一体に変わります。 ある日、楽しく無いことが無い一日でありますように・・・ と祈りました。&n [続きを読む]
  • 新しき神(12)
  • 遥玉明神(ようぎょくみょうじん) 三柱の神。 感謝、慈悲、嘆きを払う、神なり。 天と地とを結びて、なお一層つましやかに 幸ある時を得る。 仏教には帰依しない。 ご真言 ぎゃくい かんのー さんじょ ぎょく この神は、2005年7月17日に生まれました。 アメノミナカヌシの神に任せてあります。 これ以外にも、この日までに十柱以上の神が生 [続きを読む]
  • 新しき神(11)
  • 四光天(至高天四兄弟) 1.一神観自在天  正式名称は、一神光来観自在天。 東方を守護。 2.清浄天  正式名称は、無垢清浄光輪天。 南方を守護。 3.薬叉天  正式名称は、金剛光薬叉天。 西方を守護。 4.忿怒光天  正式名称は、大忿怒光業来天。 北方を守護。 これらの四光天は、四天王を保護し、四天王より外側を守護する。 守るための戦いの神。 これらの新しき神は、 [続きを読む]
  • 新しき神(10)
  • 昇玉宇天(しょうぎょくうてん) 宇天の宇が明確でない。(聞き取れなかったため。。。) 空の神。空の清らかさを守護する。 大気圏を守るものであり、すなわち、地球と宇宙の境を守る神。 大きな鳥の形をし、羽ばたけば大きな風を起こす神である。 翔玉天(しょうぎょくてん)に預ける。   翔玉天そのものも、仏教に居ない上、知られていない神で   あるが、すでに存在し、天地神々の協議 [続きを読む]
  • 新しき神(9)
  • 観能菩薩(かんのうぼさつ) 病める心を癒やす神。 五手二足十眼四耳一口一鼻。 一手は天を向き、他の手は徐々に天を向く。 地を向きし手に三連の数珠。 三本目の手に錫杖を有す。 薬師如来様のご眷属となる。 ご真言 こう かく くん(三唱) あと少し・・・ [続きを読む]
  • 新しき神(8)
  • 光玉観音明王(こうぎょくかんのんみょうおう) 一頭三眼一鼻一口(大きい)。 二手二足。三つ目の眼は背中にある。 厳しく己の中の悪を打ち砕く心と方法を導く神。 険しい憤怒の相。 眼は全てを見抜くおもむき。 不動明王さま、普賢菩薩さまの下に置く。 ご真言 くん そわか (十唱) [続きを読む]
  • 仏像への入魂と祈願
  • 本日、大宮のお祓い場で、 孔雀明王さまと虚空蔵菩薩さまの仏像への 入魂と祈願の儀を執り行いました。 真言十八本山の神々も、神道の神も 集り、初めて緊張されている孔雀さまを 見てしまいました。 相変わらず、よくお話しになられてまして、 依頼者にこう話されていました。 『そなたは、しゃべりすぎるからだめなのだ。』 この意味を詳しくいいますと、 [続きを読む]
  • 新しき神(7)
  • 公業確音明王(こうぎょうかくのみょうおう?) 自らにたけてあるものに導きし神。 迷いの中で、そのものの真にたけている道に 導きし神。 一眼二手三足。 最北の島より来りて、伎芸天さまご眷属となる。 ご真言 のう ぎょう かく うん(三唱) [続きを読む]
  • 新しき神(6)
  • 聖光妙童子(しょうこうみょうどうじ) 童子を司る神。姿は地蔵に似。 大きな目、鼻口は笑い、耳は大きく。 左手で光玉を持ち、右手は天にかざす。 二足。 衣で下半身を覆い隠すのみ。 童子の真の志しと強さを守る。 自らの穢れを跳ね返す強さを司る神。 金剛夜叉明王さまご眷属となす。 ご真言 こう かく きり うん(一唱) [続きを読む]
  • 新しき神(5)
  • 戒炎天(かいえんてん) 好色を戒め、炎によって濁を清める神。 十一面観音様ご眷属。 足二本、手二本、左手人差し指で閉ざした口を覆い、 右手のひらを天に向ける。 衣をまとい、右胸を出し、左胸を隠す。 下半身は男性、上半身、顔は女性。 桜井の長谷寺の十一面観音の正面の山の頂に立たす。(十一面観音さまの願い) ご真言ぎゃく ぎょう しゃく うんなん こう [続きを読む]
  • 新しき神(4)
  • 口照観菩薩(こうしょうかんぼさつ) 愛を司る神。 こうえんじとの違いは愛を感じ喜びを表現できるようにする神。 嬉しいなら嬉しいと、心を表現をし、表情を表す。 感じた(観じた)心を表現する。 心に納めることなく現す神。 大聖天さまのご眷属として、天と地との境に立たす、お聖天さまが許された。 一頭二面(高らかな笑い、半涙)、四手、二足。 二本の手は、光玉を手のひらに乗せ [続きを読む]
  • 新しき神(3)
  • 愛染主願蛇(あいぜんしゅがんじゃ) 三体が生まれ、三体が一体化、三位一体の神。 強い真の愛を司る神。 誠の愛を見極め真の者たちを永遠に誓わせる。 誠でないものを離れさせる。 顔は笑。目は開き、ただ立ち極めるため。 手、腕はない。 足は二本。 衣で頭以外は全て隠し、出ているのは顔のみ。 交わらずに見定める神ゆえに強い神。 大日如来と相談し、愛染明王に任せる。&n [続きを読む]
  • 新しき神(2)
  • こうじんこうげんじ明王(こうげんじ明王) ご真言なむ はらぎや そわか 坊主を誠の道に導く。奈良桜井 長谷寺にて生じ、生駒山宝山寺大聖歓喜天様のご眷属となす。 自らを厳しく見つめよ、自らを磨く。 顔に二眼、額に一眼、後頭部に一眼を隠し、耳は大きく口は閉ざす。 正悪を見定め、顔二面、三手、二本一対として、起立し、心は手によって 隠され穢れ無きように守る。 左手、右手を胸の [続きを読む]
  • 新しき神(1)
  • 2004年から2005年にかけて、 新しい神が生まれたことをご存じの方は おられるでしょうか? 生まれた神は、全て仏教に帰依させました。 名は、私たちが付けましたが、いずれ新しい名前で呼ばれること でしょう。 高野山の高僧が、それに気づいて頂けると、ありがたいばかりです。 生まれて12年を超えましたので、 ここに名前を残して行きたく思います。 &nbs [続きを読む]
  • 日月神事の神社
  • 皆さんの中には日月神事(ひつきしんじ、ひつくしんじ) をご存知の方も多いのではないでしょうか? 国常立命さまがお言葉を、天之日津久神社の神?に降ろされたと言われている 予言書です。 千葉県成田近くにある神社です。 日月神事は、ウキペディアに概要は上手くまとめられているので、其方をご覧いただくのが良いかと思います。(https://ja.wikip [続きを読む]
  • 武蔵御嶽神社に参拝(追記)
  • 東京都青梅市にある、武蔵御嶽神社は、もともと修験道の山でもあります。 今では、神道の修行の場として、 多くの宿坊があります。 そのうち2件ほどが、滝行も指導して頂けます。 神社でも指導してもらえます。 神官の方もおっしゃられていましたが、 最近滝行がはやったりしてますが、決して一人では行かないように してくださいね。 相当以前からのルールです。  [続きを読む]