はま さん プロフィール

  •  
はまさん: 大田区蒲田の税理士がつづる税金・節約のはなし
ハンドル名はま さん
ブログタイトル大田区蒲田の税理士がつづる税金・節約のはなし
ブログURLhttp://hamatax.hatenablog.jp/
サイト紹介文税理士が日々の生活の中で活かせる税金・節約の話をします
自由文1980年10月 埼玉生まれ。東京・蒲田在住。税理士。中小企業診断士。節税、節約、税務処理を身をもって実践しブログに公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 196日(平均1.0回/週) - 参加 2017/02/05 16:21

はま さんのブログ記事

  • 税理士試験の後にやった方がよいこと
  • 8月8日から始まりましたの平成29年度税理士試験が10日に終了しました。受験された方本当におつかれさまでした。そこで今回は試験後から合格発表までにやっておいた方が良いことを自分の経験をもとに書いてみたいと思います。【目次】 1.試験後の答え合わせ 2.次の科目にいくか、もう一回同じ科目にするか 3.まとめ1.試験後の答え合わせ試験が終わると各専門学校が解答速報を出してきます。試験が終わったばか [続きを読む]
  • NISA口座へのマイナンバーの提出〜早めに提出しておきましょう〜
  • NISAは平成29年末をもって1回目の勘定設定期間(NISA口座内に新たに非課税枠を設けることが出来る期間)が終了し、平成30年より2回目の勘定設定期間が始まります。この勘定設定期間の切り替わりに伴い、まだ証券会社にマイナンバーの提出をしていない場合で、平成30年以降もNISA口座を利用するためには、マイナンバーの提出が必要になります。【目次】 1.マイナンバーは必ず提供しなければいけないのか? 2.マイナンバ [続きを読む]
  • 【電子申告】「第三世代税理士用電子証明書」の有効期限が迫っています
  • 現在、e-Tax及びeLTAX(以下「e-Tax等」と記載します。)では、日本税理士連合会が発行している「第三世代税理士用電子証明書」及び「第四世代税理士用電子証明書」が使用可能となっています。電子申告の代理送信を行う税理士の方は、「第三世代税理士用電子証明書」をまだ使用している(していた)方も多いと思います。この「第三世代税理士用電子証明書」ですが、有効期限が「平成29年7月31日」までになっております。平 [続きを読む]
  • 法人設立届出書等について手続きが簡素化されました!
  • 平成29年度税制改正により、税務署への届出書に関する手続きが簡素化されました。今回はその内容について見ていきたいと思います。【目次】 1.登記事項証明書の添付省略について 2.異動届出書等の提出先のワンストップ化1.登記事項証明書の添付省略について企業が活動しやすいビジネス環境整備を図る観点から、下記の届出書等に添付が必要とされていた登記事項証書について、平成29年4月1日以後は添付が不要 [続きを読む]
  • 子供が生まれました!
  • 私事ですが4月24日に子供が生まれました。元気な男の子です。バタバタしていてなかなかブログを更新できず申し訳ありませんでした。初めての出産でしたが、かなりの難産でした。22日の夜から微弱陣痛が始まり、妻は寝れないまま夜を明かします。翌日23日の夕方にいよいよ陣痛が本格化してきて、病院へ。そのまま入院となりました。陣痛はますます本格化してくるも子宮口が開かず、そのまま翌日(24日)になり朝を迎えます。この時 [続きを読む]
  • 【ふるさと納税】返礼品は寄附額の3割が上限に
  • ふるさと納税の利用者増に伴い、各地方団体の返礼品競争が加熱している現状ですが、総務省は4月1日付で各都道府県知事に、ふるさと納税に係る返礼品の調達価格を少なくとも寄附額の3割までに抑えるようにと通知を行いました。今回は、ふるさと納税に係る返礼品の動向について、総務省の通知をもとに見ていきたいと思います。【目次】 1.H29年4月時点におけるふるさと納税の方向性 2.H29年4月1日付 総務省の通知の内容 [続きを読む]
  • 【H29年度税制改正】中小企業向け確定申告期限の延長の改正
  • 平成29年度税制改正では、法人税の確定申告書の提出期限の延長特例が改正されます。今回の改正により、中小企業の確定申告期限の延長に関する事項について、従来通達で定められていたものが、法律として改めて規定されることになりそうです。今回は確定申告期限の延長の意味、メリット・デメリットについて見ていきたいと思います。【目次】 1.そもそも確定申告期限とは? 2.確定申告期限の延長とは? 3.メリット・ [続きを読む]
  • 【振替納税】領収証書の送付の取りやめ
  • 所得税を口座振替で納付している場合には,以前はその都度金融機関から領収証書が送付されていましたが,29年1月以降,この領収証書の送付が取りやめになりました。その代わりに、口座振替により納税が完了している旨を税務署が証明した書面を請求することが出来るようになりました。今回はその概要・手続きについて見ていきたいと思います。【目次】 1.【H29年】振替納税の日にちと領収証書の取り止め 2.取り止めに対 [続きを読む]
  • 確定申告書の提出方法【ぎりぎりでも間に合う方法は?】
  • 確定申告書の作成が終わった後にやらなくてはならないのが税務署への提出です。いくつか方法がありますが、今回は提出期限ぎりぎりの場合の視点も加えて紹介していきたいと思います。なおH28年分の確定申告書からマイナンバーの影響により、提出時の書類がいくつか加わっています。詳細はこちらをご確認ください。hamatax.hatenablog.jp【目次】 1.税務署に持参する方法 2.e-Taxにより提出する方法 3.郵送によ [続きを読む]
  • H28年分から始まる!【確定申告とマイナンバー】
  • 税務の分野では、今年からいよいよマイナンバーの記載が本格的にはじまりました。3月15日までに提出する個人のH28年分確定申告書にもマイナンバーの記載が必要です。今回はマイナンバーの取扱いについて説明していきます。 1.確定申告書のマイナンバーの記載場所 (1)申告書第一表のマイナンバーの記載箇所 (2)申告書第二表のマイナンバーの記載場所 ①確定申告書A様式 [続きを読む]
  • 【妊娠が判明後に退職】すぐにやった方が良い手続き
  • 妊娠が判明して大事を取って仕事をすぐ辞めた場合に、社会保険や税金面の手続きはどうしたらよいのでしょうか。働いている場合には、会社がいろいろやってくれますが、妊娠を理由にすぐに辞めた場合には、全て自分で考えて手続きをしなければなりません。今回はその手続きについて説明していきます。 1.失業保険給付延長手続きを行う (1)失業給付金とは?要件は? (2)失業給付金の延長手続き [続きを読む]
  • 株式の譲渡損を税金計算で最大限活かす方法
  • 2016年の株価は、年初の下落に始まり、英国のEU離脱、トランプ相場と乱高下の激しいものとなりました。株価下落に伴う損切りや売却のタイミングによっては、売却損が出た方も多くいると思います。そこで今回は株式の売却損を税金計算で最大限活用する方法を説明していきたいと思います。【目次】 1.株式譲渡損と損益通算 (1)特定口座(源泉徴収あり)の場合 (2)特定口座(源泉徴収なし)、一般口 [続きを読む]
  • 【ふるさと納税】ワンストップ特例と確定申告
  • ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄附を行い、寄附額のうち2,000円を越える部分について、原則全額が住民税と所得税から控除される制度です。寄附を行うと各自治体の特産品が返礼品として送られてきます。つまり2,000円の負担で寄附額に応じた特産品を入手できるお得な制度となっています。お得に特産品を入手するためには、寄附をした後の手続きが大事になってきます。今回はその手続きについて説明していきます。 【目 [続きを読む]
  • サラリーマンが選ぶべき「特定口座(源泉徴収なし)口座」
  • 株式投資をはじめようと思い立って、証券会社の口座を開設しようとした時に聞かれるのが、特定口座や一般口座等、口座をどれにするか?サラリーマンで株取引の年間収益額が20万円以内に収まるようであれば「特定口座の源泉徴収なし」の口座がお得です。今回は証券会社の口座について説明していきます。【目次】 1.特定口座、一般口座の概要 2.どの口座にすれば良いのか〜選ばない方が良いもの〜 3.どの口座にすれば [続きを読む]
  • 税金の支払が便利になる!国税のクレジットカードによる納付
  • 【目次】 1.クレジットカード納付とは 2.納付日はいつになるのか? 3.納税可能額はいくらまで? 4.手続き完了資料を保管しておく 5.決裁手数料がかかる 6.クレジットカードのポイントは期待できない 7.利用方法 8.まとめ1.クレジットカード納付とはH29年1月より国税のクレジットカードによる納付が可能になりました。従来の納付の仕方としては、 ・e-Tax(国税電子申告・納税システム [続きを読む]