unknown さん プロフィール

  •  
unknownさん: お花畑は咲かない、けど…
ハンドル名unknown さん
ブログタイトルお花畑は咲かない、けど…
ブログURLhttp://burntout.exblog.jp/
サイト紹介文悪妻愚母、毒娘… 歪女の懺悔と葛藤。折り合いの付け方・着地点の摸索。矛盾だらけ… まだ永い道の途中…
自由文「過去」と「現在」の自らと家族を省みています。
(再び微妙にタイトル変更しました。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 48日(平均8.5回/週) - 参加 2017/02/05 17:21

unknown さんのブログ記事

  • 【夫婦】やっぱり、合わない。
  • 旦那と私、本当はとっくに終わってる。子供達がいなかったら、子供達に障害がなかったら、とうの昔に別々の人生を歩んでた。身勝手の上に、更なる身勝手を重ねる選択肢なんて、私達夫婦には無くて。そこだけは互いに共通認識で。だから共同生活を続けている。子供達の「親」という、各々の責任と義務のもとに。顔を見るのも嫌で、声を聞くのも嫌で、存在そのものがもう生理的に受け付けなくて、... [続きを読む]
  • 【旦那&息子】どうでもいいんだよ。いい加減にしてくれよ。
  • WBCとか、高校野球とかさ・・・ ほんと、どうでもいいんだよ。そもそもアンタ達、サッカーファンなんじゃないの!? サッカーだけでもウンザリなのにさ。その上、野球まで・・・って、ウザ過ぎる。いい加減にしてくれよ。しかもさ・・・ 高校野球に出てる子達って、上の子と同い年の子達だよ。その同い年のあの子達は、いろんなことを犠牲にしてでも必死で努力して、結果出して、晴れの舞台で汗... [続きを読む]
  • 【春休み】早くも、疲れ・・・
  • 他にも記事にしたいことはあるのだけど・・・ やっと一息つけたので、とりあえず吐き出し・・・ 先週末に双子達の卒業式を終え、まだ一週間も経っていないというのに、子供達全員が家に居る生活に早くも疲れが・・・ 上の子なんて、三月初旬からずっと休みで、修了式で一日学校に行っただけだものな。三食の用意だけでなく、一日中片付けしてる日々に既にウンザリ・・・ 三連休で全員の個室を作... [続きを読む]
  • 【上の子】部活を辞めた経緯
  • 旦那の「似非(エセ)・サッカー好き」の影響を受け、上の子は、中学校に入学してから、学校のサッカー部に入った。結局、それまでどこのチームにも入っていなかったので、全くの初心者で。部員のほとんどの子達が経験者で、先輩達とも以前からの知り合いで、入学前の春休みにはもう練習にも参加していたりして、入部時点でもう人間関係も出来上がっており・・・ 完全に出遅れた感だった上の子・・・ 辛... [続きを読む]
  • 【旦那】似非(エセ)・サッカーファン
  • 旦那の唯一の趣味が「サッカー」で。・・・と言っても、あくまでも「自称」というか、傍から見てるとただの「似非(エセ)」なんだけど。一応、中学・高校時代は、サッカー部に所属していたようで。「俺は、三度の飯よりもサッカーを愛している」とか豪語してるけど、その後の大学では一切やってなかったし、社会人になってからも、会社にサッカー部があったから一応登録はしたものの、ユニフォームが出来... [続きを読む]
  • 【双子】初めての「自分の部屋」
  • 小学校卒業式を終え、予定していた大掛かりな模様替え&片付けを決行。もう使わない物(小学校の教科書等)や不要な物は片っ端からゴミ袋に入れ、「本当に必要な物だけ」を残すよう双子達に指示。ADHD特性そのものの「片付けられない」を少しでも改善出来るよう、スッキリと暮らせる環境をめざして・・・ ずっとリビングに置いていた双子達の勉強机も、キレイに拭き掃除してから今日から「自分の部... [続きを読む]
  • 【子供達】卒業式と修了式
  • 双子達の小学校卒業式だった。夫と二人、式に参列した。緊張した面持ちの双子達を、祈るような気持ちで見守った。『♪ ああ卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう・・・』そんな卒業ソングがあったよね。こういう時に泣けない人間、っていうのもいるんだよね・・・。 何も感じてない・・・んじゃなくて、いろんなことを感じ過ぎて、簡単に泣けない・・・ そういう人間も・・・ じんわり... [続きを読む]
  • 40代半ば、生前整理
  • 元々は、私は何でも取っておきたい性分で、「これも大事に残しておかなきゃ」「これも大切に保管しておかなきゃ」そうすることが当たり前であり、それを蔑ろにする自分が赦せなくて、そうあるべき自分を貫かなきゃ・・・ ずっとそんなふうに生きてきたのだけど・・・ 記録魔で、日記や手記なども膨大な量に及び、写真を撮ることなども大好きで、その整理もきちんとしなければ気が済まなくて・・・ そ... [続きを読む]
  • 小学校・卒業したら個々の部屋(大模様替え計画)
  • 身分不相応だが、一応我が家は戸建てに住んでいる。(35年めいっぱいのローンを組んで・・・だが)ここに越してきた時、上の子はまだ1歳で、どこかで「一人っ子になるかも・・・」という思いもあった。その当時の状況で建てた家。まさか5年後に、双子を授かることになるとは・・・ 本当に想定外のことで・・・ 家族五人・・・ 部屋数が足りない。大豪邸なわけがない、庶民が背伸びしながら... [続きを読む]
  • 【夫と息子達】ホワイトデー
  • 帰宅した夫・・・ 「はい、これ。みんなを代表して (^^)」と、何やら差し出してくれ・・・ 今日、ホワイトデーだったんだね。すっかり忘れてたけど・・・ 「試食してみて、一番おいしかったチョコレートに決めちゃった (^^;)」・・・と。息子達も、「俺達も一緒に選びたかったなぁ〜」・・・と。 「いいなぁ〜。一個ちょうだい〜。」・・・と。... [続きを読む]
  • 【夫】昇進内辞、「家族」としての正しい反応って・・・?
  • 先週、夫に昇進の内辞が出た・・・らしい。いつもは『報・連・相』が無くて、大事なことも話さない率の方が圧倒的に多い人なのに、帰宅するなり、別の部屋で用事をしていた私をわざわざ探して「実は、今日さぁ・・・」と話しかけてきた。「困ったなぁ〜 どうしよう〜 反りの合わない人がいる部署でさぁ〜 いやぁ〜 四月から大変になるなぁ〜 大丈夫かなぁ〜」・・・とかネガティブ要素を散りばめな... [続きを読む]
  • 春が一番キライだ・・・
  • 旅立ちの春、新たな出発の春、心機一転の春、命が芽吹く春、希望に満ち溢れる春、期待に胸膨らませる春・・・ 春が一番キライだ。寒さに耐える冬のまま、ずっとこのままだったら良いのに。何も始まらない、何も動かない、何も変わらない、そんな在り方が一番お似合いなのに。春を待ちわびれないのは、いろんなことが「健全」ではないから。いろんな思いがあっても、それをことごとく打ち... [続きを読む]
  • 【家族】休日の夜は「ドラマ部」
  • もう何年も前から、休日の夜は録画しておいたドラマを家族で観ることが習慣になっている。我が家では、「ドラマ部」と言っている。うちはいろんな意味で訳有り。有り体の「仲良し家族」というのとは、ちょっと違うのだけど・・・ でも、だからというか、あえてというか、こうして共通の時間を持つことに赴きをおいているというのもある。コミュニケーション手段のひとつというか・・・ 実際、... [続きを読む]
  • 優先順位、ひとつずつ・・・だね
  • 仕事の翌日は、ポンコツになる。肉体的にも、精神的にも、めいっぱい消耗する仕事内容なので反動が大きい。 (また追々、仕事の話も吐き出していくかも・・・ですが) ましてや今は、不順生理の影響で体が思うように効かない中、無理矢理動いてる感だから余計に・・・ 例の如く、あれもしなきゃ、これもしなきゃ・・・って気持ちは焦っているのに、自分の中で勝手に立てた予定(計画)がうまく回せて... [続きを読む]
  • まずは、自ら・・・
  • もし・・・ 誰かに優しくして欲しいとか、そういうことを望むなら、まずは自ら、優しい気持ちを持たなきゃね・・・ 誰かの温かい言葉が欲しいとか、そういうことを思うなら、まずは自ら、温かい言葉を掛けれるよう・・・ 誰かに手を差し伸べて欲しいとか、そういうことを求めるなら、まずは自ら、手を差し伸べる人間であらねばね・・・ 誰か・・・の前に、まずは自らが。 万人に・・・と... [続きを読む]
  • 更年期とも孤軍奮闘
  • 朝から、月のモノが始まった。もう「月の」という表現も当てはまらない不順さだけど・・・ こういう感じは、30代後半からかれこれ7〜8年続いてる。早く枯れてくれないかな。面倒以外のナニモノでもないのに。変な枯れ方をしたら、またそれはそれで後々厄介なことになるとも聞くけど、本当にただ面倒なだけで、もうどうでもいいのに。年齢相応の老いは、誰しもにやってくることで。ジタバタ... [続きを読む]
  • ディンプルキーの合鍵作成
  • 約15年前、腹を括って新築したこの家に入居する際、玄関の鍵を「5個」受け取った。防犯性が高く、ピッキング対策になると謳われている「ディンプルキー」だ。(プレートの表面に、穴がボツボツと掘られているこういうタイプの鍵) 入居当時は、「防犯性が高い分、簡単に町の鍵屋では合鍵は作れない」と聞いていた。「もし5個以上必要な場合は、ハウスメーカーに注文しないと無理... [続きを読む]
  • 【上の子】進級は大丈夫だったようで・・・
  • 今日、上の子の高校からの電話はなかった。進級は大丈夫だったようで・・・ やっぱり、出来る限りつまずきの少ない人生であって欲しい。遠回りする必要のないことは遠回りせず、歩みは遅くてもひとつずつ前へ進んでいって欲しい。 またこれからも色々あるだろうけど・・・ とりあえず、ホッと一安心・・・   ありがとうございました  [続きを読む]
  • 【家族】迷走ばかりでも・・・ 暗中模索は続く
  • この時期・このタイミングで、上の子の事でも頭を抱える流れになるとは・・・ 誤算という言い回しは語弊があるかもしれないが、正直、想定外ではあり・・・ 想定外だっただけに、本音を言えば落胆も大きい・・・。この時期・このタイミング、頭の中では、小学校卒業→中学校入学を控えたそれでもなくとも・・・な双子達の道筋をつける流れに、かなりのパワーを要する心構えのシュミレーションが主だったから・... [続きを読む]
  • 【上の子】向き合い方の方向転換
  • 高校生の上の子、学年末のテスト返却の登校日だった。3月、学校に行くのはあと修了式のみ。4月、半ばの新学期まではずーっと休み。・・・進級出来れば、の話だけど。テスト結果、散々なものだった。もうちゃんと見せもしない。昨年の春、無事入学した高校。一応、進学校なんだけどね・・・ 別にギリギリの成績で入ったわけじゃない。ワンランク落として、「部活と巧く両立させていきたい」... [続きを読む]
  • 私の中の「強迫性」
  • 母親が躾や時間に厳しい人だったので、子供の頃から整理整頓・きちんとした身だしなみ・礼儀作法・常に時計を気にして見る行為・切迫感・10分前行動・・・ 元々それらに気を配って生活することは私にとっての「当たり前」であり、自分の中に「刷り込まれている」ことではあったのだが。それに拍車をかけるようになったのは、結婚→出産→子供の「発達障害/ADHD」が分かってからは、更に・・・ ... [続きを読む]
  • そのくせ「きちんとしなくては」・・・という強迫観念の打開策
  • 前回記事『熱しやすく、冷めやすい、飽きっぽい』 そんな気質のくせに、「きちんとしなくては」「ちゃんと結果を残さなければ」ある意味”真逆”のそういう要素も常に伴っていたりするから・・・ 本当に厄介で面倒な性分だなと思う。 これも、優劣に異常にこだわる母親に育てられたことが大きく絡んでいる(影響を受けている)点ではあるかも・・・ 親と訣別しても、未だに消えない要素。根底... [続きを読む]