虫野おから さん プロフィール

  •  
虫野おからさん: ムシクイアナ
ハンドル名虫野おから さん
ブログタイトルムシクイアナ
ブログURLhttp://mushino.hatenablog.jp/
サイト紹介文飼育しているタランチュラ、トカゲモドキ、などの飼育記録。またフィールディングの記事も書きます。
自由文生き物がメインのブログです。採集から飼育、繁殖までの出来事をつづります。日本が主な活動拠点ですが、たまに海外への遠征記も書くつもりです。宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 49日(平均6.9回/週) - 参加 2017/02/05 17:38

虫野おから さんのブログ記事

  • カブトムシ 飼育種リスト
  • 現在飼育しているクワガタムシのリストです。カブトムシと比べると飼育数が少ないですが、個人的に特別カッコ良いと思っているクワガタムシも飼育しています。力を入れているのはホペイとパプキンなどの色虫です。飼育では野外で見れないような形・色が出てくれるので楽しく飼育しています。クワガタ飼育リストオオクワガタホペイオオクワガタタイワンオオクワガタカミジョウオオクワガタタウネスヒラタバンダエン [続きを読む]
  • 自己流 クワガタムシの人工蛹室の作り方
  • マット交換のタイミングが悪かった場合、クワガタムシの幼虫が作った蛹室を破壊してしまうことがあります。他にも部屋が小さかったりケースの底に作っていたりなど、蛹室の条件が悪い場合は蛹から羽化するときに羽化不全になる可能性が高くなると判断した時は人工蛹室に移し替える必要があります。人工蛹室には市販のスポンジを使った商品もありますが、ここでは市販品に頼らずに100均やホームセンターなどで販売されている道具 [続きを読む]
  • Cheirotonus jansoni ヤンソニーテナガコガネ
  • Cheirotonus jansoni ヤンソニーテナガコガネヤンソニーテナガコガネは中国、ベトナムに生息するテナガコガネ。長くて鋭い前足が特徴的。前胸背板は濃い緑色、中には赤色の固体も存在する。現在日本では特定外来生物に指定されており、飼育することができない。昔は生きたものが輸入されていて、飼育が可能だった。インターネットで飼育記録がみることができるが上手く育てていた記録は少ない。Cheirotonus jansoni ヤンソニー [続きを読む]
  • 簡単温度管理〜ピタリ適温と発泡スチロールで簡易温室を自作
  • 今回は、我が家で行われている冬場の爬虫類・昆虫用の温度管理方法を紹介します。今回の方法は私が少数飼育のころから行ってきた方法です。割と数が増えてきた現在はクーラーで部屋ごと管理を行っているのですが、電気代の関係もあって中には理想の温度環境で飼えない生き物たちが出てきます。レッドローチやデュビア、コオロギなどの餌用昆虫、一部のタランチュラ、ダイオウサソリなどですね。そういう高温を好む生物たちは温度を [続きを読む]
  • 【自作・DIY】プラスチックに穴をあけるドリルのこと
  • 生き物を飼育するとなると、大抵飼育容器(プラケースとか)が必要となるわけなのですが1個当たりの値段が結構高いんですよね。他にも狭かったりだとか管理効率がわるいということで、ホームセンターや某100円ショップで販売されている容器を流用することがあります。私はおもにタッパーを100均で買い集めてきて自分でフタや容器に穴をあけて通気口を確保したものを使っています。その時に手作業で開けてもよいのですが面倒なん [続きを読む]
  • カナブン・ハナムグリ飼育種リスト
  • 現在飼育しているカナブン・ハナムグリのリストです。ブログのカテゴリの作りだと分かりにくいので、此方の記事でひとまとめにしています。カブトムシに比べて少ないので作る必要ないと思いましたがカテゴリがごちゃごちゃになるのが嫌なので作成しました。更新され次第、リンクを作成していく予定です。絶えてしまった種も中には出てくる場合がありますが都合上関係なく残しておきます。カナブン Pseudotorynorrhina japonic [続きを読む]
  • カブトムシ 飼育種リスト
  • 現在飼育しているカブトムシのリストです。ブログのカテゴリの作りだと分かりにくいので、此方の記事でひとまとめにしています。更新され次第、リンクを作成していく予定です。絶えてしまった種も中には出てくる場合がありますが都合上関係なく残しておきます。カブトムシ Trypoxylus dichotomus septentrionalisオキナワカブト Trypoxylus dichotomus takaraiクメジマカブト Trypoxylus dichotomus inchachinaツノボ [続きを読む]
  • コバエの駆除と予防対策。さらに発生の原因を絶つ! 
  • 家にコバエが飛んでいて不快な思いをしたことはありませんか?台所でコーヒーにコバエが飛び込んで来たり、PCに向かって仕事をしている時、顔にふにょーんと飛んで来たりetc。コバエが私たちにもたらす害は地味なのですがとにかく不快です。今回は我が家におけるコバエの発生源と予防対策、成虫が発生した時の駆除の方法についてご紹介します。コバエの種類と発生源日常的にみかけるコバエはいくつか種類がありまして、特に私 [続きを読む]
  • カーリーヘアータランチュラ Brachypelma albopilosum
  • カーリーヘアータランチュラ Brachypelma albopilosumカーリーヘアータランチュラことBrachypelma albopilosumは南米のコスタリカに生息しているタランチュラで、体長は7cm位になる比較的大きめのタランチュラのようです。グーグルで検索をかけてみると、毛むくじゃらの剛毛個体や貧相な毛をまとった個体が入り混じってヒットするのはなぜなんでしょうね?住む地域によって多少さがあるのでしょうか?ちなみに私の家で飼育してい [続きを読む]
  • セラムドウナガテナガコガネ Euchirus longimanus longimanus
  • セラムドウナガテナガコガネ Euchirus longimanus longimanus画像の雄個体は現状75mmと55mm。全て採集地はセラム島の個体。大きいものは体長80mmをゆうに超えるドウナガテナガコガネです。前脚を入れないで80mm以上なので虫自体の大きさはかなりデカく感じます。大きい方個体の画像を見るとわかるように非常に前脚が長いです。大型個体になると前脛節先端の下側に茶色の毛の束がありますが、小型の個体には少しも生えてい [続きを読む]
  • 【昆虫マット】BuBuのカブトマットをつかった感想
  • BuBuさんのカブトマットを約1年間使用した感想です。私の使用方法・環境で起きていることですので、他の所でこの通りになるとは限りません。また、マットのロット差もありますので、ほぼ参考にならないと思っていただいた方がよいと思います。HP:ネットショップBuBuこのお店で販売されているスーパーカブトマットを使っていました。【商品説明】広葉樹100%の菌床を4〜6ヶ月間かけて、完熟に発酵させたマットに7mmに [続きを読む]
  • このブログをカスタマイズした時に参考にしたページ
  • ブログのデザインを変更したあと、前のデザインの時に行っていたカスタマイズを再び行うことができればいいなということで、備忘録としてこの記事を自分用に作ります。前どんなんやったっけ?となって、カスタマイズするときに参考にしていた記事を1から探し回るのは面倒くさいですからね〜。今のうちにまとめて、必要な時に引っ張りましょう!って感じです。今更思いついてしまったので、何個か漏れがあるかもしれません。ブログ [続きを読む]
  • 当ブログに掲載している画像について
  • 画像について特に出典の記載がない限り、画像は基本的に私が撮影した当ブログオリジナルの画像であり、著作権は当ブログ管理人に帰属します。画像を利用したい場合は、お問い合わせフォームまたはコメント欄からご連絡をお願い致します。ページの表示速度を早くするために、当ブログに掲載している画像は元の画像を圧縮したものを掲載しております。解像度が高い画像はFlicker、GANREFに掲載しています。宜しければそちらで [続きを読む]
  • Webサービス にほんブログ村トラコミュTrackBack送信呼出が便利。
  • つい最近、にほんブログ村のランキングに参加してみました。ペットと虫、爬虫類のカテゴリなので利用者が少ないのですが、少しだけアクセスの流入がありました。調べてみると、ランキング以外にもトラコミュという機能があるようです。よくわかりませんでしたので調べてみると、にほんブログ村のページに記載がありました。テーマ(トラコミュ)についてテーマ(トラコミュ)とはトラックバックでブロガー同士、記事同士をつ [続きを読む]
  • 幸せの白いゴキブリは滅多に見られないかもしれない。
  • 今日職場に行ったら、先輩が家に白いゴキブリが出たと喜んでいて、みんなにスマホで撮影したゴキブリを見せまわっていた。見たところチャバネゴキブリの脱皮直後の個体だった。あまりに喜んでいるので話を聞いてみると白いゴキブリは滅多に見られないから見た人は幸せになったり、願いが叶うという噂がるということだった。試しにネットで簡単にググってみるとそういった良い噂が何件かヒットしたのでそんな噂が立つくらいに珍しい [続きを読む]
  • タランチュラの飼育種リスト
  • 飼育しているタランチュラの紹介です。今のカテゴリの分け方だと、タランチュラとして一括りになってしまっているので、目的の種の飼育記録を見つけるのに苦労します。ここで種ごとに分けてリンクを貼ってしまえば楽ちんに探せるようになると思ったので、このページを作成しています。雄になった個体は家で余生を全うさせるだけでは申し訳ないので、他の方にお譲りすることも考えています。雌をお持ちの方はご連絡ください。Br [続きを読む]
  • Chromatopelma cyaneopubescens グリーンボトルブルー
  • Chromatopelma cyaneopulescens グリーンボトルブルータランチュラブルーと腹部のオレンジの色の組合せが美しいグリーンボトルブルータランチュラの紹介です。成体はお腹以外はブルーとグリーンの光沢が凄い蜘蛛です。これを初めて見たときは目を疑いましたね。しかし我が家に来る個体は雄ばかりで成体になっててもすぐに死亡してしまいます。ということで、成体の雌の画像はありません。成体も非常に美しいのですが幼体時は模様 [続きを読む]
  • コロンビアンパンプキンパッチ Hapalopus formosus
  • コロンビアンパンプキンパッチ Hapalopus formosusコモンネームと色合いがカボチャっぽいという理由から我が家のハロウィンの主役に任命されているコロンビアンパンプキンパッチの紹介です。正直模様はカボチャよりハドソンのキャラクターのハチ助さんっぽいですけどね。名前がパンプキンだから細かいことはいいんです。入手先に問い合わせたところ、今回紹介するコロンビアンパンプキンパッチは同名で大中小に分けられて流通 [続きを読む]
  • 思ってたのとなんか違うダイオウサソリの飼育
  • 家で飼育しているダイオウサソリの写真です。知り合いに脚かけの個体を譲って頂いてから、ダイオウサソリの飼育が始まりました。本種は世界最大のサソリと言われているそうです。大きくなると聞いていたので気長に飼育してますが、思わずウゥッとなるくらいの大きさになるまでかなりかかりそうです。大きくて厚みのある鋏がいいですね。大きさがヤエヤマサソリとは比べ物になりません。性格は温厚というか臆病といいますか [続きを読む]
  • コオロギの餌〜飼育に最適な餌とは?各種類・与え方の紹介
  • 餌用の昆虫いえど、飼育しているペットの栄養になるので餌用のコオロギにもきちんと餌を与えて栄養価をなるべく高めていく必要があります。餌をあげていないとコオロギの状態が悪くなってしまったり、成長が遅くなってしまう、最悪死亡するなどあまり思わしくない状態になってしまいます。ですのでコオロギを飼育し始めたら餌をこまめにあげた方がいいです。今回の記事ではコオロギの飼育によく使われている餌をいくつか紹介し、最 [続きを読む]
  • 栄養価を考えて、コオロギの餌を自作!作り方とレシピ
  • コオロギの餌〜飼育に最適な餌とは?各種類・与え方の紹介 - ムシクイアナ という記事でコオロギの餌は自作の物を使っていると書きましたが、自作に至るいきさつなどを書いていなかったので、ここに書いておきます。この餌をベースに材料と配合をかえてレッドローチやデュビアにも与えています。餌を作り始めるまでは余った野菜や昆虫ゼリーを適当につっこんで飼育していました。しかし野菜やゼリーだけだとダニの発生や共食い [続きを読む]
  • 当ブログで紹介したデュビアの飼育方法のまとめ
  • 今まで時間があるときに少しずつデュビアの飼育方法について書いてきましたが、途中で余計な記事が入ったり、他のタグが入っていて順番に読めないという報告が上がっているため、改めて一つにまとめたいと思います。デュビアの餌としてのメリットとデメリットについてmushino.hatenablog.jp我が家で行われているデュビアの飼育・繁殖方法についてmushino.hatenablog.jp衣装ケースを改造して作る飼育容器mushino.hatenablog.j [続きを読む]
  • 当ブログで紹介したレッドローチの飼育方法のまとめ
  • 今まで時間があるときに少しずつレッドローチの飼育方法について書いてきましたが、途中で余計な記事が入ったり、他のタグが入っていて順番に読めないという報告が上がっているため、一つにまとめたいと思います。掃除・餌の作り方など、まだ書いていない項目があるので、記事が完成され次第こちらのページに付け加えていく予定です。レッドローチの特徴mushino.hatenablog.jp我が家で行っているレッドローチの飼育・繁殖 [続きを読む]