satoumi123 さん プロフィール

  •  
satoumi123さん: 私の中の宇宙 〜吉村医院での日々〜
ハンドル名satoumi123 さん
ブログタイトル私の中の宇宙 〜吉村医院での日々〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/satoumi123/
サイト紹介文37歳、結婚9年目で自然妊娠。妊婦生活、自然なお産、妊娠につながった食事、心身の整え方などなど。
自由文32歳で子供を望むもなかなか出来ず。心身を整えることに専念した5年間を経て、37歳で自然妊娠。愛知県岡崎市の吉村医院に通っています。大自然の仕組みって本当にすごい! これまでの道のり、いま感じていること、妊婦生活とお産などなどについて綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 106日(平均3.4回/週) - 参加 2017/02/06 09:32

satoumi123 さんのブログ記事

  • ワクチンの講座に参加しました
  • 昨日は、岡崎市で「元看護士がお伝えするお母さんのための自然療法スクール&サロン honoiro」を主宰されている、小林悦子さんのワクチン講座に、夫と二人で参加しました とっても分かりやすかった 小林さんご自身が二人のお子さんの子育て真っ最中であり、元看護士さんでもあるということで、いろいろな視点からお話を聞くことができました。 私自身、ワクチンに関するいろいろな意見を知った上で [続きを読む]
  • 生まれたい、生きたい
  • お腹の赤ちゃんに「ピコちゃん、ピコちゃん」と呼びかける。(胎児ネーム、ピコちゃんです) 身体の外からでなく、身体の真ん中を通して、言葉をピコちゃんのところに降ろして行く。私の身体全体に、自分の声が響きわたる。 ピコちゃんとつながる。ピコちゃんから、「生まれたい、生きたい」という力強いエネルギーを感じる。 その純粋なエネルギーに圧倒される。愛おしくて涙が止まらない。&nb [続きを読む]
  • 新☆インフルエンザ予防法 Part2
  • Part1の続きです。 粘膜免疫機能がなぜ大切か。それは、病原菌やウイルス、異物の体内への侵入を強力にブロックしてくれるからです。 予防接種を打つ人、多いと思いますが、予防接種で出来る抗体は、血液や体液中で働くもの。つまり、すでに体内に侵入してしまった病原菌やウイルスと戦うものです。これが全身免疫。それに対して粘膜免疫は、全身免疫の前の段階で発動する。粘膜免疫がちゃんと働き、病原菌 [続きを読む]
  • 新☆インフルエンザ予防法
  • 現代社会には、人間の身体の本来の機能を低下させてしまう要因がたくさんあります。 食物の栄養価低下、良質の油・たんぱく質の摂取不足、ミネラル不足、遺伝子組み換え作物、化粧品・薬・洗剤類の多用、抗生物質の多用、などなど・・・。 これらによって、様々な病気や症状が起こっています。 その低下してしまった機能を本来の状態に戻し、代謝や解毒が日常的にスムーズに行われるようになれ [続きを読む]
  • 偽善
  • 野生動物の世界は本当に厳しい。人間界でそれをやったら、人道に反すると言われるようなことが毎日起こっている。 水場も餌も奪い合い。そこには皆でシェアという概念はない。食うか食われるか。奪うか奪われるか。 深い雪山に棲むイヌワシ。キツネの死骸を見つけ、それに群がるカラスを追い払って食べ始めた。そこに他のイヌワシも群がってくる。激しい戦いが始まる。鋭い爪で相手を蹴り倒す。到底、一羽 [続きを読む]
  • 日本人・・・お疲れですね
  • 電車内でよく見かける、死んだように寝ている人・・・。ガックンガックン船をこいで、頭が隣に座っている私にぶつかる。脳が重いので遠心力で首がちぎれそうになっている・・・。 私も、身体を整える前は、電車の中でそんな寝方をしていたので、何が起こっているのかよく分かります。そういう人は糖の取り過ぎです。甘いもの食べ過ぎ、パン、ご飯、パスタ、麺などの穀類を食べ過ぎ。 甘いもの、穀物をあま [続きを読む]
  • 陣痛タクシー予約完了☆
  • 今日から妊娠30週! 予定日がだんだん近づいて来たので、陣痛タクシーを予約しました。私は今、夫と二人暮らしで、平日の昼間は夫は会社に出勤。実家も近くはないので、一人になります。いざ陣痛が来た時、1時間ほどかかる吉村医院に行くために、交通手段を確保しておかなければなりません。 そんな妊婦さんのための素晴らしいサービスが陣痛タクシー 住所や予定日、産院を登録しておけば、陣痛が来た時や破水した [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ⑫ 最終話 〜命のリレー〜
  • 妊娠までの道のり ⑪ のつづきです。 7年間のアメリカ生活で、私達夫婦は心身ともに大きく成長しました。辛いことも、楽しいことも、怒り狂ったこともあった。その度に、脱皮を繰り返してきました。本当にこの時期にアメリカに来れてよかった。素晴らしい人とのご縁があったことに感謝しながら、日本への帰途につきました。 途中、ハワイに立ち寄り、一週間あそびつくしました! 心身ともに100%解放 [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ⑪ 〜パートナーシップの大きな変化〜
  • 妊娠までの道のり ⑩ の続きです。 心屋さんや岡田さんといった方々のブログを読みながら、とにかく自分の感情や思いを全て肯定し、それをそのまま表現する練習をしました。 これがとっても苦しかったし、大きな罪悪感や、「どうせ分かってもらえない」という感情がたくさん出てきました。こんなこと言っていいのかな、やっていいのかな。。。とすごーく怖かったけれど、それを一つひとつ勇気を出してやっ [続きを読む]
  • 自家製ヨーグルト☆
  • 熊本県の玉名牧場の牛乳で作った自家製ヨーグルト。とっても美味しい! 自分でヨーグルトを作ると、発酵時間が調節できます。24時間以上発酵させると、乳糖(ラクトース)と乳たんぱく(カゼイン)がしっかり分解され、消化しやすくなります。(市販のヨーグルトは発酵時間がもっと短いようです。) 玉名牧場の牛乳は、通年放牧の山地酪農牛乳。しっかり青草を食べた牛の乳です。 牛 [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ⑨ 〜断食〜
  • 妊娠までの道のり ⑧ の続きです。 4本目の柱は、断食。この断食と食事改革で、私の心と身体は劇的に変わりました。 療法士さんの指導のもと行った断食内容は、3日間ボーンブロスのみ、その後、復食期間を併せて、3週間ほど続きました。 身体にはいろんな変化が現れました。1日目は空腹ぐらいで、全然大丈夫でしたが、2日目、朝だるくて起きられない・・・。吐き気もすごかったです。身 [続きを読む]
  • 布おむつ手作り☆
  • 先日、実家に帰って、母に教えてもらいながら布オムツとオムツカバーを作りました 出来上がったのはこちら。ジャーーン! めちゃかわいくないですか?? 手に乗せて、何回も眺めています。 布おむつの記事は、Kotori worksさんのオーガニックコットン・ドビー織り生地です。他のオーガニックコットン生地よりお安いような? 注文後、2日ほどで届いたのでとても助かりました。 & [続きを読む]
  • 7ヶ月検診
  • 今日は7カ月検診でした。赤ちゃん、順調でした! ちょっと体重が増え過ぎて、注意されちゃったけど〜 気をつけます! そして、先日、古屋で出会った方と遭遇! 予定日より少し早く産まれ、退院されるところでした。 素晴らしいお産の話しを聞いて、泣きました。吉村先生の著書、「いのちのために、いのちをかけよ」に、「陣痛は赤ちゃんがお母さんを求める声。『おかあさ〜ん、おかあさ〜ん』」と呼ん [続きを読む]
  • ”不妊治療をやめる時。(前編)”
  • 出雲で、妊娠したい女性をサポートしている子宝漢方薬剤師、堀江昭佳さんのブログのこの記事。堀江さんに漢方の相談をされていた45歳の女性が、不妊治療を止めることを決断されたそうです。その女性のお話。号泣しちゃいました。 彼女の旦那さんは、子供を望んではいるけれど、禁煙だけはできなかったそうです。それに対していろんな思いを抱いていた彼女が、治療を止めるにあたって、旦那さんに思いをぶつけた翌日のこと。& [続きを読む]
  • レイキと私 〜身体は電気で動いている〜
  • 私は臼井レイキのセカンドディグリーを持っています。近々、サードを取ろうと思っています。 私とレイキの出会いは、これもまたアメリカでした。それまで、そういうスピリチュアルと呼ばれる、波動とかエネルギーとかいう類いのものとは全くの無縁でしたが、アメリカに行って、不思議とそういうことに関わっている人とどんどん出会いました。 最初は懐疑的だったんですが、何故かその人達の話しがすっと入 [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ⑧ 〜食事改革〜
  • 妊娠までの道のり ⑦ の続きです。 そして3番目の柱が食事。その療法士さんが、GAPS食事療法の日本人初の公認療法士だったことも、私にとっては奇跡でした。 GAPS食事療法は、腸内フローラ(腸内細菌)のバランスを整え、腸を健康にすることで、自閉症、ADHD、発達障害などの精神疾患とアレルギーを治す療法です。私は自閉症などではありませんが、胃腸が弱く、いつも消化不良で軟便、疲れやすく感情の [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ⑦ 〜トラウマを乗り越える〜
  • 妊娠までの道のり ⑥ の続きです。 私は、小学3年生の時に、ある人に「ひどいこと」を言われたと思い込み、それをずっとトラウマとして20年以上引きずってきました。自己否定感が強く、誰かに認めてもらいたくて、いくら頑張っても足りないと感じ、心身ともに相当無理をすることが多かったです。 それらは全て、そのトラウマに原因があると思っていました。そして、その人のことをものすごく責めてき [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ⑥ 〜感情の解放〜
  • 妊娠までの道のり ⑤ の続きです。 療法士さんの指導の2番目の柱が「瞑想」。瞑想というと、それまで何となく、心を鎮めたり、光を感じて良い気分になったりというイメージがありましたが、その療法士さんに習った瞑想法は全然違いました。 立ったまま一日10分から15分瞑想し、徹底的に体感を感じるよう指導されました。「体感の裏側には必ず感情がある」と言われました。 これがなかなか難 [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ⑤ 〜奇跡的な出会い、変化の始まり〜
  • 妊娠までの道のり ④ の続きです。 ある日、私は、ひょんなことからニューヨークにオフィスを構える、日本人の自然療法士?ヒーラーさん?(ものすごく多元的なアプローチなので、なんと呼べば良いか解らない存在ですが、まあ人生改革療法士さんとでも言っておこうかな。)のブログを読み始めました。 そこには、当時の私にとって必要な言葉の数々がちりばめられていて、夢中になって読みあさりました。 [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ④ 〜子供ができないことが問題なのではない〜
  • 妊娠までの道のり ③の続きです。 私が治療をしないでおこうと決めたのは、本当の問題は子供ができないことにあるのではない、今の自分のままじゃ、子供ができてもできなくても、幸せにはなれない、と解っていたことも大きかった。 当時の私は、失敗しちゃいけない、正しくなくちゃいけない、こうすべき、こうあるべきにとらわれ、全く自分というものを生きていなかった。 そうやって我慢しな [続きを読む]
  • 妊娠までの道のり ③ 〜分かれ道〜
  • 妊娠までの道のり ②の続きです。 治療をしないと決めて、夫にそれを話すのはものすごく勇気が要りました。夫はできるところまでは治療に挑戦したいという考え方だったので。 私の気持ちを伝えた時、夫はとても落ち込みました。そんな彼を見ているのが本当に辛かったな・・・。 でも、もだえながら、私の気持ちを解ろうとしてくれました。「いいよ」とも「ダメ」とも言わない。本当に、複雑な [続きを読む]
  • おっぱい体操
  • 私はかれこれウン十年、貧乳人生を送って来たわけですが、妊娠を機に「おおお〜〜〜っ」という感じでおっぱいが大きくなってきまして、喜んでいるわけです。 そしてウキウキしながら、毎日お風呂に入る前に鏡の前で、湯船の中でも、じ〜〜っと眺めたり、手ブラで大きさを確認したりしては、ほくそ笑んでおります。 で、気づいたんですが、ノーブラで過ごした日、古屋で薪割りをした日、そしてある体操をし [続きを読む]