seitai さん プロフィール

  •  
seitaiさん: 整体師は今後食っていける職業ではなくなるのか
ハンドル名seitai さん
ブログタイトル整体師は今後食っていける職業ではなくなるのか
ブログURLhttp://fanblogs.jp/oreseitaishi/
サイト紹介文昨今飽和状態にある整体業界に不安を抱え、 自分の整体院の存続に奮闘する俺のブログ。
自由文溢れる整体院、接骨院、激安マッサージチェーンのあおりをもろに受け不安を抱えながらも整体師としての長生きを目指す俺である。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 226日(平均4.0回/週) - 参加 2017/02/06 12:12

seitai さんのブログ記事

  • 整体業で年収1,000万円稼ごうとして挫折する前に考えるべきこと
  • 整体師になる目的とはなんであろうか?人様の健康に携わりたいという目的や、人間の骨格、筋肉への興味があり、それを仕事にしたいという目的もちろん当り前であろうが、整体師になるという目的を『趣味』とするのか『生活の糧』とするのかが重要である。日本中に多くいる整体師の中で『趣味でやってます』『ボランティアでやってます』という人間はいたとしても一部であろう。つまり整体師という業を選んだ場合、この業で『食って [続きを読む]
  • 本当に信じているのか?!元整体師の『家族との時間が欲しかった』を!
  • 俺が整体屋を営む街の近隣整体店が、また廃業した。・どこへ行ってもダメだった腰痛は当院で! と謳っていたのに・年間〇千人の来院数!と謳っていたのに・患者を装う何人もの人間とのツーショット写 真をHPに何枚も何枚もあげていたのに・15分くらいの施術で5,000円の料金だけどリピ ーター続出!って謳っていたのに・リピーター率も改善率も98%以上を謳ってい たのに・患者様からの声とやらは『絶賛』ばかりだっ たのに [続きを読む]
  • 整体院、『自店がヒマなら他店もヒマ』と考えなければ平常心ではいられない?
  • 整体店は次から次へとオープンするが、廃業していく整体店も多い。俺の整体屋もいつまで続くかわかったもんじゃない。しかし、まだまだご常連さんというそれはそれはありがたき存在になんとか支えられ、潰れずにやっているわけだ。こんな時代ではあるが、朝から晩まで予約がぎっしり埋まり、電話をもらってもお断りする日もある。だが、1人っきゃ来ねぇ という日だって少なくない。ある日たまたま予約がぎっちぎっちだったからと [続きを読む]
  • 開業整体師がお勤め整体師に先輩風吹かす時代はもう終わった・・・
  • 男ってのは自分をデカく見せたがる生き物である。それは仕方ない、そういう風にDNAに組み込まれているのですからな。少なくとも俺くらいの年齢(39)ならね。そんな自分をデカく見せるという行為は、整体師なら尚更のことである。特に開業整体師であれば、・自店は繁盛している・予約の電話は鳴りやまない・俺は整体院院長だ!・俺の整体院は地域NO.1だ!・3ヶ月先まで予約が埋まっている!・そう!俺は繁盛整体院の院長である [続きを読む]
  • 今後整体師の需要はあるのか『あるけど、だからといって・・・』の現実
  • 昔は、整体師=胡散臭いといったイメージもあったこの職業だが、整体先輩たちが様々な方向、様々な形で整体業を健全なイメージに近づけてくれたおかげで昨今『整体』は世に定着した。ただ、整体師や整体店が増えすぎ、各店舗自店のアピールにやっきになり過ぎて、おかしな方向性の整体店も多々あるため、新たな意味合いでの『胡散臭い』も増えている。そんな整体という業を営んでいく整体師とは、今後需要はあるのか・・・という事 [続きを読む]
  • 整体激戦区で俺が見た『潰れゆく整体店が必ずやっちまうお約束行動』5選!
  • 専門職、治療家、療術家などとも言われる整体師となり、少しの経験を積み、自分の城となる整体店を開業すれば、その整体店を維持しそれで末永く食っていきたいものである。開業整体師なら誰もがそう思う事だろう。しかし、昨今の整体業界飽和状態と景気の悪さからなる整体不況で、多くの整体店が四苦八苦だ。廃業に追い込まれる整体店や整体店を存続するために始めた副業バイトが本業整体の収入を超えるなどの事態も少なくない。俺 [続きを読む]
  • 白衣を着て医療用語を並べ立てる整体師も大変なんだ、わかってあげよう!
  • 当ブログでは、幾度となく『整体師は民間資格』と叫んでいるが、『そんなの知るかよ』な民間資格整体師の出現があとを絶たない。こんなお手軽で、こんな気軽に、昨日思いついて明日資格取りに行けるような、趣味の延長線上にある民間資格整体師が、白衣を着て、医療用語を連呼し、先生あるいは院長と呼ばせるのはなぜなのか。それは、そういう人間を育てることで金を手にする者が溢れているからである。ピンキリ費用で資格を取得で [続きを読む]
  • 元整体師の治療家コンサルタントに絶対にしてはいけない3つの質問
  • 貧乏整体師と勝ち組整体師なんて言葉が発信される整体業界であるが、勝ち組整体師とは年収800万円〜1,000万円超えの整体師のことである。しかしこの定義は、整体ビジネス関係者が、自分のクライアント、あるいは生徒を増やすために安易に使っている言葉であり『現実味』はかなり低い。一昔前、大手企業に勤める人間や、起業して年収1,000万円を稼ぎ出す者を勝ち組などと言っていたあの『ステータス性』を整体にも持ち込んでみた・ [続きを読む]
  • 今後の整体業界での新たな価格とアイディアとはなんなのか・・・
  • 当ブログでは、幾度となく整体業界の飽和状態を嘆いているが、嘆いたところでなにも変わりやしないし、解決もしない。じゃぁどうすりゃいいのか?たった10分の施術で1万円とれると豪語する神業技術を取得し、今自分が整体屋を営んでいる街で10分1万円の整体でもするか?いいや、一般家庭のお財布事情をナメてはいけない。サイフの紐を握る主婦の厳しさをナメてはいけない。技術を販売するために驚く様なキャッチフレーズを使って [続きを読む]
  • 整体師とは今後『親が必死で止める職業』になってしまうのか・・・
  • 今回のブログタイトルである、整体師とは今後『親が必死で止める職業』になってしまうのか・・・であるが、俺の記憶が正しければ、整体師なんざいつの時代も親からすれば、・そんなんで食っていけるのか(by親父)・整体師ってなんぞね?(byおふくろ)である。整体師は、胡散臭い、詐欺師、無資格者と何かと叩かれてきたが、整体先輩方の努力のおかげで各整体店それぞれ顧客をつかみ、整体師という職業が世に定着した。が、そんな矢 [続きを読む]
  • 1人整体院はこの厳しい時代どう生き残っていけばいいのか
  • 俺が整体屋を営む街は一昔前なら、個人経営整体店でも、ご立派なビルのテナントに入り、1ヶ月何十万もする賃料を払い、広告はタウン誌一社のみ!といった形態の営業をしても、それなりに稼げたものだ。しかし、今ではその多くがこぞってマンション整体店へと事業縮小し、さらにその中の何店舗もが廃業した。そういう街です。この原因は、単に、整体師の腕が悪い、胡坐をかき過ぎた、客とのトラブルが多発し評判が落ち顧客が去った [続きを読む]
  • 整体師は今後どう生きていけばいいのか
  • 整体師だってヤサグレたくなる時があるさ、だってこんな現状なんだもの・整体師は稼げる?『いいえ稼げませんけど、それが何か?』は大切な考・整体師の大変なことは難しい施術でもクレーム対応でもない、コレです・『整体師は食えない』の方が『年収1,000万円整体師』より当たり前の・整体業界の現状ってぶちゃけどうなの?『非常に大変です』の現実こちらも チェック!・整体師になって何年したら食っていけるかだって?『整体 [続きを読む]