ブラウン さん プロフィール

  •  
ブラウンさん: ブラウン日記
ハンドル名ブラウン さん
ブログタイトルブラウン日記
ブログURLhttp://www.browncompany.link/
サイト紹介文お気楽なブラウンの日常を笑いあり、涙あり?で紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 105日(平均2.1回/週) - 参加 2017/02/06 15:52

ブラウン さんのブログ記事

  • カラスの恋物語<br />
  • 「黒いカラスも綺麗になりたい」そう、ブラウンは見たのです。カラスが水浴びを楽しんでいるのを!これぞまさに「カラスの行水」水たまりに映る自分を見てはバシャバシャバシャ!!って、意識の高い系のカラスが毛づくろいをしていた。黒いカラスを見ては「不吉だ」とか都会ではゴミを漁っていたりして、みんなから嫌われているけれど、意外と、可愛いところがあるんだね!!さすがのブラウンも、カラスの言葉は分からないけれど、 [続きを読む]
  • ランチ事件簿 その②
  • 前回のブラウン日記はこちら→「ランチ事件簿 その①」捜査の基本は足で稼げ。どこかで聞いたことがある。ならばやるべきことは簡単だ。お弁当を注文した人に一人ずつ聞いて回ろう。「Aさん、今日はお弁当食べたと思うのですが、他に誰か食べていませんでしたか?」ブラウンは聞く。「Bさんと、Cさんは食べていたなぁ」と、Aさん。ふむふむ、A,B,Cさんは無罪っと。同じ質問をDさんにする。「おれ、一人だけだったよ」そ [続きを読む]
  • ランチ事件簿 その①
  • ふふーん♪鼻歌を唄いながら歩く、今日もご機嫌なブラウン。急ぎ足で食堂へと向かう。そうなのだよ!待ちに待った、お昼ご飯の時間。13時を回り、もうお腹はペコペコ。お腹と背中がピッタンコだよ。さあ、サラリーマンの至福の時。ザ・ゴールデンターイム!!さてさて、今日のお弁当は何かしら♪っと、お弁当のフタを開けたその時です。!!!!!!!!なんとっ!!ブラウンに衝撃が走る!!ブラウンのお弁当が空になっていたの [続きを読む]
  • たんぽぽ
  • ブラウンが住んでいる街にも遅い春が訪れて庭に咲いた、たんぽぽに季節の移り変わりを知る。時が過ぎるのは早いもので寒かったあの季節に思いを馳せる…。そうなんです。こんなブラウンでもロマンチックな事を思う事があるし、感傷に浸ることだってあるんだよ。真夏に吹く秋の始まりを告げる風の心変わりに誰よりも早く気が付くし春先に降る名残雪に切なくもなる。風に乗って漂う、金木犀の香りに小さな幸せを感じ、大きな美しい月 [続きを読む]
  • 賭博破戒録ブラウン その④
  • (注:今回のブラウン日記も「賭博破戒録カイジ」風にお伝えしております。)滾る血肉!!湧き上がる叫び!!地鳴りのような大きな歓声!!天下分け目の大レースは早くも最終コーナーに差し掛かった!!ブラウンが買った馬たち⑦⑧⑨⑩が4頭固まった状態でゴールに向かう!!そのうちダークブラウンの本命の軸馬⑦番ヴェネトは4番手だ。こい!!こい!!!こーーーーーい!!!ダークブラウンは叫ぶ!!!熱い!!これが勝負と言 [続きを読む]
  • 賭博破戒録ブラウン その③
  • (注:今回のブラウン日記も「賭博破戒録カイジ」風にお伝えしております。)「喉元過ぎれば熱さを忘れる」昔の人はよく言ったものだ。競馬の初戦に勝ち、懐に小銭が入り気を良くしたブラウンは、賭け事と言う食うか、食われるかの厳しさを忘れあっという間に勝ち分の18000円を溶かし、さらに手元の10万円を7万円まで減らしていたのだった。ざわ…ざわ…ざわ…「圧倒的、不覚」「圧倒的、油断…」やばいぞ!やばいぞ!!や [続きを読む]
  • 賭博破戒録ブラウン その②
  • (注:今回のブラウン日記も「賭博破戒録カイジ」風にお伝えしております。)競馬を楽しんでいる暇はない。「勝つべくして勝つ」誰かが言っていた言葉を思い出す。やるからには、勝たなくてはいけない。そう、百獣の王ライオンでも獲物をしとめる時には全力を尽くす。90%の勝利の確率を己の努力で100%に。自分より弱い相手でも全力を尽くして倒す。弱肉強食のサバイバル。なら、ブラウンはいつやるんだ??いまでしょう?! [続きを読む]
  • 賭博破戒録ブラウン
  • うぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!銀行の出口でブラウンが叫ぶ!!行きかう人たちが驚いて振り向く。なな、なんと…口座の残高が10の位までしかないじゃないか!!給料が入りお金をおろし鼻歌を歌いながら通帳を確認した時にその悲劇は起こったのです。お金が無い!!!!こんな残高の口座を見たのは生まれて初めてだよ!!何度も通帳を確認するブラウン!!ウソだ!ウソだと言ってよ!!そして…「給料日〜給料日〜」って、さっきまでご [続きを読む]
  • トイレのブラウン
  • その日、ブラウンは遅くまで会社にいたのです。1人、2人と帰り、気が付くと会社に残っているのは、ブラウンだけになっていました。広いオフィス。静まりかえる社内。今ここにいるのはブラウンだけ。これは、もしかしたらブラウンのやりたい放題なのか?!ここで、悪いブラウンが耳元で囁きます。「普段できないこと、やっちゃいなよ」「ストレス溜っているのだろう?」「YOU、やっちゃいなよ!」おいおい、悪いブラウンさんよ [続きを読む]
  • ブラウンの欲しいもの
  • ブラウンはご機嫌である。「わはははは」実に愉快だよ!!「ぷ〜、ぷぷぷ!!!」これはもはや、人類の英知の結晶だ!!ブラウンはそう確信したのだった。って、偉そうに書いているけれど、いまブラウンには欲しい物があってそれは何と…「笑い袋」なのであーる!え?「笑い袋」ってなに?!という方もいるかも知れない。事実、ブラウンの後輩にこの「笑い袋」の話をしたらななな、なんとっ「笑い袋ってなんですか?」だってさ!! [続きを読む]
  • ブラウンの健康診断
  • それは、年度初めで仕事が忙しく、やっと、仕事の合間を見つけて健康診断に臨んだ時の事です。「ようこそ!!さ、さ、こちらへ!!」やけにテンションの高い案内役のお兄さん。最近は医療関係者もサービスが良くなったのかな??「お一人様 入りまーす!!」しかし、このテンション。医療機関にふさわしくない大きな声。売れない芸人さんが、アルバイトでこの仕事しているのか??まあ、ブラウンは元気な人は好きだからいいのだけ [続きを読む]
  • 文豪の神さまへの手紙
  • 拝啓文豪の神さま。北風が去り、木々の息吹を感じられる今日この頃いかがお過ごしでしょうか?ブラウンは元気です。。。って、何センチメンタルになっているんだよ!ブラウン!!最近ね、やりたい事、やらなくてはならない事などが色々と多く、ブラウン日記を綴っていなかったのだけれど、一番の原因は、文豪の神さまが、冬の寒さと共に去るように、どこかに旅立たれた事なのです。それなのでブラウンは春の暖かい陽だまりの中、何 [続きを読む]
  • ヨーグルト29号。
  • にゃは、にゃははははは!!にゃはははははは!!夜の秘密工場にブラウンの笑い声が不気味に響き渡る。時は遡り…数週間前。ブラウンは晩酌の代わりに「飲むヨーグルト」を飲んでいたのです。甘くて美味しいし、カルシウムは取れるは、お通じは良いはで毎晩一本(1リットル)は飲んでいたのだよ。お酒の飲み過ぎは身体に良くないしね。しかし、毎晩飲むものだから、牛乳パックが貯まる貯まる。お金もかかるし、ゴミは増えるし…う [続きを読む]
  • ブラウンの神さま。
  • ね、眠れん!!!布団に入ったブラウンはブラウンを1001匹目を数えた終えた時に異変に気付いた。そう、、、文豪の神が降りてきていることに!!そうだよ、そうだった。それは2時間前、もう、こんな時間か。と書く手を止め、明日も仕事がある為に仕方なく布団に入ったブラウン。眠りに就こうと目を閉じたのだけれど、書きたいことや面白いアイデアが湧くわ湧くわで寝付けないのであった。寝る前まで書いていた原稿を見返すとま [続きを読む]
  • 君の名は。  ブラウン!!
  • 太ったー!!!!Σ(゚Д゚)体重計に乗り絶叫するブラウン。ええ、分かっていましたよ。分かってはいたけれど…こんなに太ったなんて…。これはもう語尾にデブをつけないといけないかも知れない。もう一度いうね。「太ったデブ。」うん、しっくりくる!(゚∀゚)いやいや、そんなこと言っている場合ではない。最近ね、鏡を見たらアンパンマンみたいに顔が丸くなって、お肌がつるつるだったんだよ。お肌の調子が良くて浮かれていたのたけ [続きを読む]
  • お婆さんと海
  • 最近ご先祖様のお墓の後継ぎがいなく、困っているというニュースを目にしました。この時にブラウンはある出来事を思い出したのでした。当時のブラウンは生まれ育った地元の街で宅配のアルバイトをしていたのだけれど、それは毎日が忙しく、あわただしい日々を送っていました。とあるお宅の配達が終わり、車に乗り込もうとしていたところ、知らないお婆さんがブラウンに話しかけてきました。「この辺に海はありますか?」むむ、むむ [続きを読む]
  • 北風とブラウン
  • ある平日に仕事が休みになったブラウン。外は強い北風が吹いている。あー、こんな日は家から出たくないなって思っていたのだけれど、掃除を終え、取りあえず何もすることがなくなったブラウンはお風呂に入ったのでした。昼の明るい日差しが入り込む浴室でブラウンは一人優越感に浸る。下々の者はこの寒風の中、仕事しているんだね!ブラウンはいま温かいお風呂で鼻歌を歌っているよーだ。ふふふーん♪ハリウッドのセレブの様にご機 [続きを読む]
  • ブラウンとSiri
  • ブラウンは大切な人とお別れをしました。出会いと別れがあって人は成長していくというけれど、やはり別れというものは苦しいのです。自分が悲しい時、苦しい時は他人の痛みもわかるような気がする。いつも自由気ままなブラウンですが、これからは人に優しくしていきたいと思うのです。仕事が終わり賑やかな職場から帰ると、ブラウンは無性に寂しくなります。「ただいまー」と言ってみても誰も返事をしてくれません。分かってはいた [続きを読む]
  • ちょろいぞ!ブラウンの巻。
  • ブラウンがとあるオフィスに伺った時の話です。ブラウンが伺ったその時間は他の社員さん達も忙しそうで、電話が鳴ったり会話が飛び交っています。そんな状態のオフィスですのでが、社員の方々はブラウンにとても親切です。その時に対応してくれたのが綺麗なお姉さんでした。その会社では資料をチェックした社員が自分が確認したことを記入することが義務付けられていてチェック欄に「済み」と記入します。どうやらそのお姉さんはカ [続きを読む]
  • ほっこりする話。
  • いやー、寒い冬はやっぱり温泉だよね!そうなのです、ブラウンは大の温泉好きなのです。これは先日、友人と温泉に行った時の話です。冷えた身体を暖めるべく、温泉に浸かった瞬間にブラウンの口から出た言葉は、なな、なんと!「あー極楽。極楽。」(↑ 素ででた…)おい、ブラウン!お主、何歳だよ!!温泉に入って極楽なんて言うの、ちびまる子ちゃんのまる子しか言わないよ!!と、自分に突っ込むブラウン。いやーお恥ずかしい [続きを読む]
  • ブラウンとブラウン
  • 久しぶりにパソコンでブラウン日記を検索してみたらななな、なんと!!「ブラウン日記」がもう一つあるではないか!!Σ(゚Д゚)まぴおさんのブラウン日記は知っていましたが…。名前もブラウンさんの「ブラウン日記」。うーん、最近更新していなかったしな、、、、だって、年末年始は本業が忙しかったんだもん!!そして気分が乗らないと筆(?)がすすまん(゚Д゚)ノ(↑おまえは人気作家かっ!!って突っ込むブラウン)もう一つのブ [続きを読む]
  • ブラウンの憂鬱
  • ブラウンが住んでいる地元の名物にそば(蕎麦)があります。秋と言えば新そばの季節、それならば新そばを食べに行こうとブラウンは意気込みます。じゃあ、いつそばを食べるの?今でしょう!!!と、さっそくすべるブラウン…(;´・ω・)さて、せっかくの休日、気を取り直していきましょう。(無駄にプラス思考)おっそば♪ おっそば♪ おっそっば〜♪ と、鼻歌を歌いながら車を走らせていると一時停止の標識が!('ω')ここは地元 [続きを読む]
  • ブラウン管ノムコウ
  • カラカラと音をたてながらアスファルトを転がる乾いた落ち葉を見てブラウンは少し悲しい気持ちになるのです。冬の足音が聞こえ木々が厳寒に備えようとしている灰色の街に幼いころから毎年寂しさを覚えるからです。夏が、眩しい太陽の光が大好きなブラウンはこの季節が一番嫌いかも。さて、日本シリーズをみて真剣勝負で輝いている選手をみてかっこいいなと思う反面、羨ましくもあります。「耐雪梅花麗」(雪に耐えて梅花麗し)この [続きを読む]
  • ブラウンの心と秋の空
  • 高い秋の空を見上げ、小さな雲が流れていくのを見て思わず出た一言…「ああ、自由でいいな」って、ブラウン!!感傷に浸っている場合ではないよ(´・ω・`)見上げていたのは雲ではなくクモ!!クモだよ!蜘蛛!!実はブラウン、普段は何とも思わないクモの動きをみていたら、ふと、疑問がわいてきたのです。「クモの糸はどうなっているの??」天井から糸をつたって降りてくるクモは自分のお尻から出てくる糸が一本だよね?それな [続きを読む]
  • キャベツ王子
  • 今日は驚いたことが2つあったので紹介します。皆さんはどうしても食べたい物があったら、どうしますか?いや、別に食べ物でなくてもいいてす。タバコを吸いたい、お酒を飲みたい、寝たいなどなど。欲望のままに行動したい時ってありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-9358821369668367" data-ad-slo.. [続きを読む]