ぷちこ さん プロフィール

  •  
ぷちこさん: 誰かのために頑張ること
ハンドル名ぷちこ さん
ブログタイトル誰かのために頑張ること
ブログURLhttp://mofumofu-wanko.muragon.com/
サイト紹介文損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。 結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 51日(平均10.4回/週) - 参加 2017/02/07 00:46

ぷちこ さんのブログ記事

  • 春が来てた
  • このところ寒さと花粉がイヤで庭に出ていなかったが、今日はあまりにも良い天気なので、数分だが思いきって出てみた。 どんなに短く雑に刈り込んでも、毎年毎年咲いてくれる紫陽花さん。今年も元気な葉っぱがたくさん出ている。 妹んちの庭のそこら中に勝手に生えていたので、勝手にいただいてきた子。抜くとニラみたいなネギみたいな匂いがした。名前は不明。 おおっ!君は?! この葉っぱ、もしやあの時の枇杷ちゃん? マジ [続きを読む]
  • 大切なひとりの時間
  • 既に日付はかわってしまったが、今日は久々にのんびりできた一日だった。 ガスの点検と荷物の受取りは予定どおり午前中で終わり、ダンナとムスメは仕事へ、プールは定休日、冬のように寒く雨風が強い。 夏目友人帳のアニメを全部観て、先日のお土産を眺めたり、春の新しいワンピースでも買おうかなーなんて考えたり、晴れたらやることを計画したり。 私には必要なひとりの時間。 お土産の食品サンプルキーホルダー ヤバイ!ち [続きを読む]
  • 十二国記
  • 本といえば子供の頃からマンガばかりの私が、20数年前からハマっているのが小野不由美先生の十二国記シリーズだ。 初めて読んだのは「月の影 影の海」 真面目な女子高生が奇妙な男に連れ去られ、理由がわからないまま異界で孤独な旅をする…という導入なのだが、私は妖怪、物の怪、あやかしなど大好物なので一気にハマってしまった。 世界観と山田章博先生のイラストがスゴ〜くマッチしていて、今でも時々読みたくなって手に [続きを読む]
  • 東京ドイツ村
  • 関東三大イルミネーション認定の東京ドイツ村。 千葉県にある。千葉で東京でドイツだ。 もはやなんだかわからない。 とにかく広くて全体像を撮影できない。 見晴らし台や観覧車からであれば可能かも。 白熊とペンギン! 白鳥とペリカン! きのこ! バラン!www お花畑! Sir Duke(Stevie Wonder)で大盛り上がり! このハートの前で手を繋いで、空いている手を手型の上に乗せると! 運が良け [続きを読む]
  • 今週の晩ごはん
  • 車中泊したせいか腰が痛〜い! しかし休んではいられない。何故かと言うと今日はお料理の日だからー! 回鍋肉、鶏肉のレタス炒め、豚肉のピリ辛味噌マヨ炒め、カレー丼、炒り豆腐、シーフードクリームシチュー、豚レバーと焼き大根のオイスターソース炒め。 [続きを読む]
  • ポーラ美術館
  • 夜中から雨が降りだし、このまま一日中続く予報。 富士山を眺めながらの帰宅ドライブとはいかなくなったのだが、先日一緒に食事をした友達のH夫妻から美術館の招待券をたくさんいただいたので、箱根に寄ることにした。 美術館に到着する前にコンビニに立ち寄った。 おおっ!ここはエヴァローソンではないかー! エヴァンゲリオンに詳しくないくせに、実際目の前にすると興味をもってしまう心理www さて美術館に到着。 駐 [続きを読む]
  • 刈谷ハイウェイオアシス
  • 「無理しなーい、慌てなーい」を合言葉に、私達夫婦は余裕のある時間の使い方を意識している。 多賀大社をお参りし、暗くなった頃にはコチラに到着。 今夜はここで車中泊。 ここでの楽しみは温泉! 相変わらず老若男女問わず賑わっている。 ダンナとは2時間後に待ち合わせ。 大好きな露天風呂は南国のリゾート風。男湯のほうは知らないwww 入浴後は食事。 まずはハイボールで乾杯! 湯豆腐、長芋の天ぷら、きしめん。 [続きを読む]
  • お多賀さん 開運篇
  • 「村山たか女」という方をご存知だろうか? 井伊大老が想いを寄せた女性で、その方が幼少時に住んでいたという住処があった。 昭和38年のNHK大河ドラマ「花の生涯」に出てくるそうだ。 古事記によると、男神さまと女神さまが初めて夫婦の道を始められ、八百万の神々、人間、草木一切までありとあらゆる生命を生んだ。その後、多賀に鎮座されたと伝えられている。 そんなわけで、延命長寿、縁結び、厄除けの神様として有名 [続きを読む]
  • お多賀さん 地獄篇
  • ムスコAが帰宅した翌日、私達も帰宅の途につくことにした。 毎回、帰宅前はお義母さんが大騒ぎするのだが、それはまたの話にする。 今回はダンナの思いつきで多賀大社に寄ることにした。 私は全く知識がなかったのだがパワースポットだとのこと。 多賀観光協会が「開運!近江の地獄めぐり」という企画を実施している。(盆正月を除く) レンタサイクルも楽しそう。 ここからスタート! 表参道 絵馬通り 青竹踏みで延命w [続きを読む]
  • 発達障害2
  • ムスコAが帰宅する日、彼のリクエストで中華料理店へ行った。 テーブル横にあった象牙細工。 親の目からは、まだ少しAD/HD特有の違和感が見え隠れするものの、社会人としての責任感と彼が得意とする業務への自信が成長を裏付けている。 小学6年生の頃にAD/HDと診断されてから、私達は学校と教育委員会に相談に行ったが、何も力になってくれなかった。 今思えば支援の方法が確立されていなかったのだろう。 頼るも [続きを読む]
  • インドネシア料理
  • 昨夜はダンナの友達夫婦とインドネシア料理店に行った。 食べたことはないが「インドネシア料理と言えばナシゴレンとミーゴレン」程度の知識だ。 雰囲気の良いお店。 イガバカール(タレに漬けたスペアリブのグリル) サテ・ミックス(鶏、豚、つくね、エビ、イカなど串焼きの盛合せ) ミーゴレン(辛い焼きそばw) そしてインドネシアビールやグァバジュース。 話して笑って、思いがけずお土産をいただき「またね」とゆる [続きを読む]
  • ダンナの実家
  • 昨日ムスコAと合流し、そのままダンナの実家へ。 お料理上手でお世話好きのお義母さんが、次から次へとごちそうを振る舞ってくれる。 明るくて裏表のないお義母さん。 目にすること思ったことも次から次へと声にする。 「ぷちこさん、私張り切ってご飯炊いたからドンドンあがって!これはね、梅のね、梅肉のアレ。美味しいのよ。切ればまだあるからどうぞ」 ここで私は「もうお腹いっぱいです〜」と言ったが、自分がしゃべり [続きを読む]
  • 発達障害
  • ムスコAは発達障害である。 AD/HD不注意優勢型だ。 診断されたのは小学6年生の時だった。 大型スーパーで友達数人と玩具を万引きし、学校に通報された。 親が呼び出され説明があり、その後それぞれの担任の先生と面談をした時のこと。 「Aくんは自分が万引きをしたのに他人の話しを聞いているみたいな不思議な態度なんです」と。 先生の言葉を聞いた私は「ヤッパリそうですよね!」という思いだった。 ムスコAは優 [続きを読む]
  • 倶利迦羅不動寺
  • ここでムスコAと合流。 交通安全を願って車のお祓いをしていただく。 私の運転がヘタクソなので、最近いろいろな駐車場の壁に擦ったり、ぶつけたりして車が可哀想なことになっているからだ。 お寺のある丘の麓に道の駅がある。 その駐車場に大きくて目立つ車が停まっていた。 ご本人は乗っていないでしょうwww [続きを読む]
  • 眩しい雪
  • 辺りが雪だらけで眩しい! リンちゃん!雪だよ! 足、冷たくないのかな? お昼ごはんは、けいちゃんそば。 鶏肉を、味噌や醤油などを調合したタレにつけ込んで焼いた「けいちゃん」 ダンナは普通の親子丼。なんで? [続きを読む]
  • 感動的な山々の景色
  • 薬のおかげで頭痛が治まった。 前後左右、山に囲まれた道をひたすら走る。 たくさんのトンネルを抜ける。 雪だー! 雪とは殆ど無縁の土地に住む私たちには新鮮な景色だ。 山の中にキレイな道路やたくさんのトンネルを作ってくれた方たち、ありがとう! 危険と隣り合わせで道路上の作業をしてくれている方たち、ありがとう! [続きを読む]
  • 花粉症と離脱症状
  • いつもと違う朝を迎え、リンちゃんハイテンション。 呼んでも知らんぷりで突き進んでいる。 コチラはドッグランがあるが、花粉症でクシャミが止まらず耳の中まで痒いのと、サインバルタの離脱症状で頭痛がするため断念。 食事をして服薬する。 静岡と言えば「しぞーかおでん」でしょ! 今なら5品以上購入で黒はんぺん1個プレゼント。 ダンナここに来てカレーライスって、意味わかんない。 [続きを読む]
  • 今週の晩ごはん
  • 今夜から旅に出るので、今週分は量が少なめ。 量が少ないと調理時間も短いな、当たり前かぁ。 もやしと豚肉のチャンプルー、鶏肉のチンジャオロースー、春雨とキャベツのひき肉炒め、レバニラ炒め、ミートボールと野菜のクリーム煮、ミネストローネ、白菜と豚肉の中華旨煮。 [続きを読む]
  • 文明の利器
  • もう自分でも思い出せないほど前の、ある日のこと。 少し寂しげなメロディーの可愛らしい歌声がテレビから聴こえてきた。 「あ、イイ感じ」と画面を見ると、洋画のエンディングだった。 記憶にあるのは、その歌の「♪〜I start counting.counting〜♪」という部分と洋画のエンディングに流れたということだけ。 長い間「あの曲聴きたいな。どんな映画だったんだろう?」と時おり思い出していた。 昨 [続きを読む]