さおけん さん プロフィール

  •  
さおけんさん: BLOG NOPMO
ハンドル名さおけん さん
ブログタイトルBLOG NOPMO
ブログURLhttp://rainy-sunny.com
サイト紹介文あなたを自慰行為の呪縛から解放しよう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 76日(平均7.4回/週) - 参加 2017/02/07 10:37

さおけん さんのブログ記事

  • 自分より下を見て安心しているうちは成長できない
  • 「オナ禁最高!オナ猿はなんでオナ禁やんないの?」オナ禁ブログではこのような記事であふれかえっているが、これは明らかに見下しの視点だと感じる。私の主張は一貫して、「たとえオナ猿だろうが、すごい人はすごい」である。なぜなら、私の好きなミュージシャンは自身の自慰習慣を公言しており、その影響は外見にも多少表れているが(失礼)、それでも人を感動させる音楽を作り続けているからだ。下を見る=安心するそもそも、自 [続きを読む]
  • オナニーフリーとなるコツ:「脳を洗う」〜”当たり前”の概念書き換え〜
  • このタイトルをぱっと見て何を言っているのかよくわからないと思うが、順に説明しよう。オナニーを”我慢”しているうちは、オナ禁の域を超えることはできない。我慢ができなくなった時、リセットをしてしまうからだ。オナニーフリーとは、「オナニーしないことが当たり前」になる状態のことである。「当たり前」の概念は相対的この「当たり前」というのは、人によって違う、いわば相対的なものである。 たとえば、次の命題を [続きを読む]
  • リセット時の言い訳:「今回はしょうがない。次から本気を出す。」
  • リセットを決めた時に、「今の自分は単純に本気を出していないだけ。次こそ本気を出す!」このセリフは、私がオナ禁リセットを繰り返してていた頃の言葉だ。リセット時に、このように考えてる人はきっと多いことだろう。だが、はっきりと言おう。「”今回だけ”なんてことは絶対にありえない。将来もまた、同じことを繰り返す」と。(出典:「けいおん!」(K-ON!))将来の自分はできるようになっている?ヒトはなぜだか、「将来の [続きを読む]
  • 「短気は損気」〜キレると大切なものを失う〜
  • 最近、内閣のお偉い方が記者会見の場で暴言を吐いたというニュースを見た。たとえ記者があからさまに失礼なことをしたとしても、キレて暴言を吐いた時点で、負けが確定する。それこそ記者に格好のネタを提供することになり、マスコミの思うつぼというもの。。 話は変わり、私はこの間、本屋の中をブラブラとしていたら、とある面白そうな数学者の本を見つけた。「短気は損気」を実感した出来事その数学の本を立ち読みをしてい [続きを読む]
  • 性格のタイプ4つ 〜人の振り見て我が振り直せ〜
  • 人の性格のタイプには、自分に甘いか厳しいか、他人に甘いか厳しいかの観点から見て、次の4種類の分け方がある。他人には厳しいが、自分には甘い他人に甘くて、自分にも甘い他人に厳しく、自分にも厳しい他人には甘いが、自分には厳しい極めてわかりやすい分け方だと思う。私は人間観察が好きなのだが、初対面の人と会う時は、「この人は一体どのタイプだろうか?」と考える癖がある。「他人には厳しいが、自分には甘い」タイプ一 [続きを読む]
  • ”本当のお金持ち”の思考回路 Aさんとの仕事経験を通じて
  • 私は職業柄、富裕層の人、いわゆるお金持ちの方と仕事をすることがある。そこでいつも感じることは、本当のお金持ちは、世間的なお金持ちのイメージとは全く違うということだ。「お金持ちはケチだからお金持ちになれたんだろう」と世間的には言われる。これはある意味では正しいが、ある意味では大きく間違っていると思う。”本当のお金持ち”がお金を使うときここでは、普通のお金持ち(=中流階級)と、”本当のお金持ち”(=上 [続きを読む]
  • 「ヒマだー・・」が口グセになっている人向け、ヒマを無くす方法
  • 世の中で大切な物はいろいろある。「家族」「友人」「健康」「仕事」「お金」・・・その中でも最も大切なもののひとつ、それは「時間」である。過ぎ去った時間は、どんなにお金があっても買うことはできない。自慰行為や暴飲暴食などのインスタント快楽(=手を伸ばせばすぐに手に入る快楽)を得る行為は、この大切な「時間」を無駄にする行為である。(出典:「けいおん!」(K-ON!)) 「ヒマだー」街を歩いてると、こういう [続きを読む]
  • オナニーフリーになるコツ:”自己投資依存症”になる
  • 「自己投資依存症って何ぞや?」こう思われるかもしれないが、それはとりあえず置いておいて・・「頑張って〇〇をしたら、xxxをしよう。」〇〇という苦行を続けるために、xxxというモチベーションを入れるのは、物事を継続するうえでとても有効だ。これはいわば、”自分へのご褒美”である。続かない自分へのご褒美だが、間違った自分へのご褒美を入れてしまうと、物事は確実に続かない。「1週間禁煙できたら、思いっきりタ [続きを読む]
  • スランプになった話とスランプから脱却した方法
  • 私はスランプだった。ブログの更新や英語の学習のことではない。スランプの内容、それは、ランニングである。 やりたくない理由は後付け最近の私は、ランニングをする回数が見る見るうちに減っていた。1年前の手帳を見ると、平均して1週間に3回は、仕事の後か休日の夜に走りに行っていた。それが約3週間ものあいだ、まるまる走っていなかった。「走らなきゃ」とは思っていた。だがそう思うたび、次のようなことを考 [続きを読む]
  • オナ禁の効果:”指示待ち人間”からの脱却ができる
  • 上司や誰かから、何かの判断、たとえばAかBかのどちらかの選択を求められたとき、「どっちでもいいです。」「お任せします。」これは、自分の意思がない人、行動力のない人、責任を取らない人が好んで使うセリフだ。こういう人を、”指示待ち人間”ともいう。 指示待ち人間の体験談ここで、当ブログではおなじみのマスコットキャラ(?)、Mさんに再度登場していただくことにする。(Mさんの詳細については、下記の記事参照) [続きを読む]
  • 不思議な体験 ”グルグルと回る感じ”
  • (エロにつき閲覧注意)私は海外の仕事で、車の後部座席にいた。行き先は、発展途上国。移動手段はすべて運転手付きの車だった。発展途上国では運転が異常に荒く、バイクや原付も数多くいるので、日本人はまず自分では運転できない。外には公害による汚染された空気が広がっている。そして私はスーツ姿。 淫靡な体験とその後その車の後部座席で、私は50代の(と思わしき)女性から上に覆い被さられていた。50代といっても [続きを読む]
  • 本当に苦しい時ほど問われる継続することの難しさ
  • 人間は、調子が良くてノリノリな時は、何でもできる。オナ禁だってエロ禁だって余裕。「オナ禁なんて簡単じゃん、余裕余裕♪」だが何か”大きな問題”が起きた時に、果たしてこれと同じことが言えるだろうか? 「大きな問題」とは?大きな問題とは、たとえば、仕事で大失敗して会社の多額の損失を与えた病気になって入院しなければならなくなった色んな理由で彼女と別れた なんでもいい。このような理由で、環境が大きく [続きを読む]
  • オナニーフリーになるコツ:自分に”圧倒的な”自信を持つ
  • 「自分に自信を持て。」いつでもどこでも耳にしたり目にするような、とってもありふれた言葉だ・・・ありふれているということは、自分に自信が持てない人があまりに多いからだろう。だが、自分に自信を持つということと、強気になって他人を見下したり自慢をしたり傲慢になるということとは、全く違う。自分に自信のない人ほど他人の悪口を言う自分の自信のない人ほど、他人の悪口を言う傾向がある。これは、自分に自信を持ってい [続きを読む]
  • 熊本大地震の義援金として日本赤十字社に寄付しました
  • 今年も寄付をした。去年の今頃は、台湾での大地震義援金として寄付をしたという話をここで書いた。そうすると、「人から認められたいだけじゃないか。そういうのを偽善っていうんだよ。みっともない。」といった類の強い口調のメッセージをいただいた。まあ批判があることはある程度予想していたが、、 私はこのブログを始める前から、毎年、自分の収入の一部分を日本赤十字社に寄付してきた。2011年の東日本大震災 [続きを読む]
  • 物事継続のコツ:毎日の努力量を平準化する
  • 人間の調子には波がある。体調を崩すときもあれば、逆に異常に調子が良い時もある。オナ禁のスーパーサイヤ人効果が出たときなどはまさにそうだろう。だが、まだまだ行けると思って頑張りすぎると、後で予期せぬリバウンドがやって来る。必ず。リバウンドの体験談私はランニングをする習慣があるのだが、とある金曜の仕事帰りにランニングに行った時、体の調子が異常に良かった。いつもは3〜5キロくらいの距離を走るのだが、だが [続きを読む]
  • 突然のモテキ経験から導く、「オナ禁モテ効果」の定義
  • この記事は自慢話に聞こえるかもしれないが、決して自慢をしているわけではないことをあらかじめ述べておく。私が19歳の大学2年生の頃、オナ猿バリバリの頃だったが、彼女が1年間で3人できた。今、あらためて当時を振り返ってみても、なんとも信じられない話だ。(まあ、言い換えれば、付き合って飽きられてすぐに別れられていたとも言えるが・・)なぜ当時の私はオナ猿だったのに、こんなに彼女ができたのだろうか?なぜオナ [続きを読む]
  • オナ禁の効果:将来の自分に役立たない事を切り捨てる思考
  • オナ禁する → 時間が空く → 自分に投資をする理屈としては、ものすごくわかりやすい。「自分に投資をする」というのは、言い換えるならば、「将来の自分に役に立たないことを切り捨てる」ということでもある。「将来の自分の役には立たない事」とは私が個人的に役に立たないと考えるのは、次のことだ。 スマホいじり(SNSやツイッター含む)テレビゲーム(テレビゲーム・スマホゲーム含む)ネット動画の閲覧(エロだけでな [続きを読む]
  • 他人に勝たなきゃ幸せになれない?
  • 有名なとある心理学において、次のように言われている。「他人と競争をしても決して幸せにはなれない。」たしかに、他人と争っても意味はない。だがここでは、敢えて、このことに疑問を呈することにする。他人と競争しても幸せになれない?誰かの上に立ちたいと考えても、それは結果として幸せになれないのは明らかだろう。他人に勝つことで幸せな気持ちになるとすれば、幸せを感じたいがために誰かに勝ち続けなければならない。” [続きを読む]
  • 「女を取るか、夢を取るか」の物語
  • この部屋は薄暗くて淫靡な色で満たされており、天井には取って付けたような青空と雲の模様が描かれていた。その偽りの空の天井を見上げながら、こう思う。「オレはいったい何をしているのか・・・」好きでもない女に、肩枕をしながら。”賢者タイム”と言われれば、その通りなのかもしれない。 行為中は欲に溺れるがままにただ腰を振っていたが、行為が終わってみると、言い表しようのない虚しさがこみあげてきた。この負の感 [続きを読む]
  • オナ禁継続のコツ:「唯一無二」を目指す
  • 唯一無二とは、「この世にできる人はその人しかいない」という、いわばオンリーワンのことである。そんなオンリーワンの、頭の中の思考回路を少し覗いてみようと思う。替えのきかない人間はいない、だけど…以前の記事で、「替えのきかない人間はこの世にいない」と言ったことがある。(下記の記事の4番) BLOG NOPMO −あなたを自慰行為の呪縛から解... モテない人 vs モテる人の会話方法4つhttp://rainy-sunny.com/2 [続きを読む]
  • 不思議なことが立て続けに起きた話
  • 私は少し前、ものすごい高い買い物をした。何を買ったかについての詳細は控えさせていただくが、サービスではなく、触れられる物である。私はこの”物”に、40万円くらい使った。「あーあ、さおけんはついに壺の売り子にダマされたか・・」高い高い買い物私は壺や絵の売り子のお姉さんがいくらキレイであっても、そんな怪しいセールスには一切の興味がないし、見向きもしない。過去において、こういう商売をしている女を一目で見 [続きを読む]
  • (日記)リラクゼーション店で自分の性癖に気が付いた話
  • 今回は、ほんの少しエロチックな体験になる。エロ禁をしている方は読むのを控えたほうがいいかもしれない。 健全マッサージ店でのxxxな話私は仕事での疲れがかなりたまっていたので、体の疲れをほぐすのとストレスの解消のため、マッサージ店(いかがわしいサービスのではなく、普通に良く見かける健全な店)に行った。(マッサージがストレス解消になることは科学的に立証されている・・・らしい) そこで担当 [続きを読む]
  • 読まれるオナ禁ブログの書き方
  • オナ禁ブログの中には、驚くことに、ただひたすらオナ禁の日数と筋トレ回数などを記録したブログが多い。個人ブログに何を書こうがブログ管理人の勝手かもしれないが、実際に知っている人の日記ならともかく、会ったこともない人の個人的なオナ禁日数には興味を感じることはできないのが普通だ。ここに、日記や筋トレ回数のみを超えた、一ひねりのことをするだけで、アクセスは増える。ブログを読んでくれる人は少ないよりも多いほ [続きを読む]
  • ブログ継続のコツ:逃げ道を作らない
  • 当ブログは、開設からこの記事執筆時点で1年と数カ月、1000文字超の記事数は400を超えた。まだまだ多いとは言えないまでもそれなりのアクセス数があり、一応は「ブログが継続している」と言っても良いと思っている。大御所ブロガーから見ればまだまだ赤子でヒヨッコな私さおけんではあるが、今回は、「ブログを続けられない」と嘆いているブログオーナー向けに記事を書こうと思う。この記事にはオナ禁の話も少し登場するが [続きを読む]
  • 欲望と犯罪の関係(犯罪者にならないための処方箋)
  • 「少しだけならいっかな・・・」こう考えてエロ禁を解除してエロ動画を”軽く”見て、ズルズルと長い時間を見てしまい、気が付けば結局リセット。誰にでもこんな経験はあるだろう。 欲望はどんどんエスカレートし、一定基準を超えると後戻りできないエロ動画などで脳内の欲望を刺激すると、ドーパミンを分泌して、もっと気持ちよくなれるような刺激を求める。「もっと!もっと!」と脳は言いながら、さらなる快楽を求めようと [続きを読む]