ninben さん プロフィール

  •  
ninbenさん: 歴史のアロハ
ハンドル名ninben さん
ブログタイトル歴史のアロハ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/byouninben
サイト紹介文歴史ネタを気軽に楽しむブログです。人物伝・ミステリー・うんちくなど、一緒に楽しみましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 52日(平均1.3回/週) - 参加 2017/02/07 14:55

ninben さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 最後のサムライ 河合継之助 前編
  • 最後のサムライ 河合継之助 前編 河合継之助(1827−1868)長岡藩(現在の新潟市・長岡市)の中級武士の長男として生まれ、腕白で負けず嫌いな少年であったらしい。12歳頃には剣術・馬術などの師匠たちと流儀や作法の考えが合わず、自己流を貫いたために厄介払いされた逸話が残る。そんな彼が影響を受けた学問は、数々の幕末の偉人にも影響を与え、知行合一(=知識と実践が一体であるべし)を重んじた「陽明学」 [続きを読む]
  • 最後のサムライ 河合継之助 前編
  • 最後のサムライ 河合継之助 前編 河合継之助(1827−1868)長岡藩(現在の新潟市・長岡市)の中級武士の長男として生まれ、腕白で負けず嫌いな少年であったらしい。12歳頃には剣術・馬術などの師匠たちと流儀や作法の考えが合わず、自己流を貫いたために厄介払いされた逸話が残る。そんな彼が影響を受けた学問は、数々の幕末の偉人にも影響を与え、知行合一(=知識と実践が一体であるべし)を重んじた「陽明学」 [続きを読む]
  • 三城七騎籠 七対千五百の攻城戦 後編
  • 後藤軍は兵を分け、三拠点を同時攻撃する。北の城は後藤貴明の七百、西に位置する本城は松浦勢五百、南の城は西郷勢三百。これに対し、純忠はまず偽装工作を始める。いくらなんでも正規兵がわずか七人であることが敵に看破されては話にならない。旗を多く立て、婦女子にも装備を与え、人の気配を演出するため、バタバタと駆け回るよう指示した。そして、合図あれば登ってくる敵に石や灰を浴びせるよう申し合わせて、各所へ配備した [続きを読む]
  • 三城七騎籠 七対千五百の攻城戦 後編
  • 後藤軍は兵を分け、三拠点を同時攻撃する。北の城は後藤貴明の七百、西に位置する本城は松浦勢五百、南の城は西郷勢三百。これに対し、純忠はまず偽装工作を始める。いくらなんでも正規兵がわずか七人であることが敵に看破されては話にならない。旗を多く立て、婦女子にも装備を与え、人の気配を演出するため、バタバタと駆け回るよう指示した。そして、合図あれば登ってくる敵に石や灰を浴びせるよう申し合わせて、各所へ配備した [続きを読む]
  • 三城七騎籠 七対千五百の攻城戦 前編
  • 戦国時代の醍醐味の一つに「逆転劇」というものがあると思う。有名な桶狭間の合戦はその代表例だろう。本稿で紹介するのもその一つだが、その兵力差は圧倒的だ。なにせ、七人(小者や婦女子を含めて八十はいたらしいが)で千五百を撃退したというのだから驚きだ。 1572年7月、三城(長崎県大村市)の領主・大村純忠はかねてより敵対していた後藤貴明の軍の急襲を受ける。逆転劇を演ずるくらいだから、純忠という人は [続きを読む]
  • 三城七騎籠 七対千五百の攻城戦 前編
  • 戦国時代の醍醐味の一つに「逆転劇」というものがあると思う。有名な桶狭間の合戦はその代表例だろう。本稿で紹介するのもその一つだが、その兵力差は圧倒的だ。なにせ、七人(小者や婦女子を含めて八十はいたらしいが)で千五百を撃退したというのだから驚きだ。 1572年7月、三城(長崎県大村市)の領主・大村純忠はかねてより敵対していた後藤貴明の軍の急襲を受ける。逆転劇を演ずるくらいだから、純忠という人は [続きを読む]
  • 瀬戸内のジャンヌダルク 鶴姫
  • 大祝鶴(おおほうり つる 1526?−1543?)愛媛県今治市の離島・大三島は昔から大山祇神社があったため「神の島」と呼ばれ、殺生を忌むために漁も行われず、神聖な島として地域の人々に畏れられていた。この島で大宮司を務める大祝安用の娘として生を受ける。幼い頃から顔立ち整い、体つきも大きく、男勝りの勇気をもっていたために父からも可愛がられ、武芸・兵法を習いつつ成長する。そんな彼女を島の民は明神の化身だ [続きを読む]
  • 瀬戸内のジャンヌダルク 鶴姫
  • 大祝鶴(おおほうり つる 1526?−1543?) 愛媛県今治市の離島・大三島は昔から大山祇神社があったため「神の島」と呼ばれ、殺生を忌むために漁も行われず、神聖な島として地域の人々に畏れられていた。この島で大宮司を務める大祝安用の娘として生を受ける。幼い頃から顔立ち整い、体つきも大きく、男勝りの勇気をもっていたために父からも可愛がられ、武芸・兵法を習いつつ成長する。そんな彼女を島の民は明神 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 歴史好きおじさん、念願のブログデビューです!歴史のうんちくや、ミステリー、人物伝など、いろいろなネタを一緒に楽しんでいただければと思います。お付き合いよろしくお願いします!最初にご理解いただきたいのは、個人の見解たっぷり&やや飛躍した解釈もあると思いますが、「歴史を勉強する」というよりは「歴史を楽しむ」を重視していますので、「こういった見方もあるね〜」くらいに思っていただければ幸いです。ブログタイ [続きを読む]
  • はじめまして
  • 歴史好きおじさん、念願のブログデビューです!歴史のうんちくや、ミステリー、人物伝など、いろいろなネタを一緒に楽しんでいただければと思います。お付き合いよろしくお願いします!最初にご理解いただきたいのは、個人の見解たっぷり&やや飛躍した解釈もあると思いますが、「歴史を勉強する」というよりは「歴史を楽しむ」を重視していますので、「こういった見方もあるね〜」くらいに思っていただければ幸いです。ブログタイ [続きを読む]
  • 過去の記事 …