山奈央 さん プロフィール

  •  
山奈央さん: イラストレーター・山奈央のあれこれどこそこ
ハンドル名山奈央 さん
ブログタイトルイラストレーター・山奈央のあれこれどこそこ
ブログURLhttp://yamanaonao.hatenablog.com/
サイト紹介文あれこれ考えたこと、どこそこに行ったことをつづっていきます。イラストと編集の仕事をしています。
自由文今年の目標は、創作活動とダイエットに力を入れて丁寧に暮らしていくことです。ミニマリストへの道は断念いたしましたが、よりよい暮らしのあり方を模索中です。本を読むことと歩くことがすきです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 44日(平均6.4回/週) - 参加 2017/02/07 17:54

山奈央 さんのブログ記事

  • ごろごろしている今日このごろ
  • 3月15日締め切りの確定申告の書類を無事に提出して力尽きたのか、このごろなんだかだらだらごろごろしながら過ごしてします。(確定申告書類を提出しに行く、の図)確定申告は、65万円の控除が受けられるとのことで、3年ほど前から「青色申告」にしています。事業主=自分・雇用者=自分オンリーの個人事業主です。わたしの場合は「白色申告」でも帳簿をつける必要が発生したタイミングで「青色申告」に切り替えたのです [続きを読む]
  • アナログ人間のデジタル計画
  • 只今、デジタルイラストについて勉強中です。これまで、主にイラストは紙とペン、マーカー、色鉛筆、絵の具といった、アナログな方法で描いてきました。しかし、デジタルイラストにも挑戦してみたいと思って早数年。ペンタブは買ったところでうまく線が描けずに頓挫し、イラストソフトをダウンロードしたものの使い勝手がわからずにまた頓挫し…というのを繰り返してきましたが、ようやく最近ちょっと描き方がつかめてきました。と [続きを読む]
  • 「イクナビ(女性のための育毛、美髪navi)」さんに寄稿記事を書きました!
  • みなさんは、髪にまつわる悩みはあるでしょうか?わたしは最近「アホ毛」が増えてきて悩んでいたところ、女性のための育毛と美髪についての情報を発信している「イクナビ」さんからご依頼をいただき、寄稿記事を書くこととなりました。(頭頂部から「アホ毛」がぴょこぴょこと…。) こうした「アホ毛」をおさえる方法についてまとめましたので、下のバナーを して「イクナビ」さんのサイトの記事を見ていただければ [続きを読む]
  • 午後の最後の芝生でダンス・ダンス・ダンス
  • 村上春樹の新刊『騎士団長殺し』がいよいよ明日2月24日に発売になります。村上春樹作品に出会ったのは大学入学を控えた春休みのことで、『ねじまき鳥クロニクル』を読み出したらとまらなくなって、夜が明けて外が明るくなるまで一気に読んだのを覚えています。それからとにかく作品を手当たり次第に読んでいって、村上春樹作品については翻訳以外ほぼ読破しています。(エッセイなどの安西水丸さんの挿絵も好きです。)今、リ [続きを読む]
  • 7枚のいろいろな柄のワンピースで一週間過ごしてみました
  • 365日ほとんどワンピースを着て過ごしています。そんなわけで、わたしはそこそこの数のワンピースを所有しているのですが、先週2月6日(月)〜2月12日(日)までの一週間の間、ふと思い立って「柄物ワンピースウィーク」と称して柄物に限定してワンピースを着るというマイルールを設けてみることにしました。その記録を以下に公開します。【1日目】「SM2」の猫柄ワンピース【2日目】「ポールアンドジョーシスター」の鳥 [続きを読む]
  • 節分の日に恵方巻リベンジ
  • 本日は節分の日ですね。(パッケージのかわいい「豆富」のお豆。女の子のスカートは豆柄にしました。)去年の節分はどう過ごしたかなとブログを読み返してみたら、恵方巻を食べそこなっていました。yamanaonao.hatenablog.comyamanaonao.hatenablog.comというわけで、今年の節分にはしっかりと恵方巻リベンジ。夕方スーパーマーケットに行って、恵方巻を買ってきて食べました。恵方の北北西に向かってもくもくともぐもぐ [続きを読む]
  • コーヒーと本がすきなわたしのバッグの中身
  • 中原涼さんがバッグの中身(と「ぽさん」)を公開していたので、おもしろいなあと思ってふだんの自分のバッグの中身を改めて確認してみました。suzukan.hatenablog.comミニマリストではないので、エリサさんの企画には参加できませんが…。【募集】あなたのバッグの中身が見てみたい! : 魔法使いのシンプルライフその結果、わたしのバッグの中身は紙類が大半を占めていることが判明。(バッグには本屋で買った本も入れ [続きを読む]
  • 毎日に慣れすぎてしまわないように、毎月新しいことを
  • 毎日毎日同じことの繰り返し。これをマイナスととるか、プラスととるか。わたしにとってはプラスです。毎日毎日同じようなことが繰り返されるような変化のない日々を過ごしていて、そうした平穏な毎日をありがたいと思っています。というのも、頻繁に変化が起きるような日々は身も心も落ち着かないかと思うのです。しかし、あまりに変化がないと毎日に慣れて飽きてしまうのも事実。時々「自分を揺らす」ように知らない場所に行った [続きを読む]
  • 部屋をきれいに保つために今年からはじめた新しい習慣
  • 2017年となってそろそろ1か月。お正月休み気分が抜けきれないまま中旬になり、そして中旬になって体調を崩して臥せっているうちに1月ももう終わりがけに…。新年にいろいろ目標を立てましたが、のろのろとした歩み出しとなっています。さて、その目標のひとつに「部屋をきれいに保つ」というのがありまして。これまで、部屋の乱れや汚れが目につきはじめたら掃除をするという方針をとっていました。それはそれでよかったのですが [続きを読む]
  • 読書日記 平野啓一郎『私とは何か 「個人」から「分人」へ』
  • 「本当の自分って?」という問いを自らに対して発したことのある人は多いかと思います。自分について「自分とはこういう人間である」とは言い切れず、「自分はこういう人間のときもある(あった)し、ああいう人間のときもある(あった)」と確固たる自己像を描き切れずにいました。つまり、所属する集団内での位置や組織での立場によって自分に対する評価が変わるし要求される振る舞いも異なってくるわけで、そうなると、統一した [続きを読む]
  • 祝ブログ一周年! 「山奈央のあれこれどこそこ」
  • 昨年の1月12日にブログをはじめて、今日でちょうど一年になりました。記事に対して皆さまから☆やコメントをいただくことが励みとなって、いままで続けてくることができました。どうもありがとうございます。ブログには、タイトル通りに「あれこれ」考えたこと・思ったことや「どこそこ」に行ったことなどをつづってきました。つまり、わたしのブログは日記のようなものなのですが、自分だけが読むことを前提としている日記に書く [続きを読む]
  • お正月に実家で感じる懐かしさと煩わしさと美味しさ
  • 実家に帰省してきました。正月うちは天気もよく、のんびり過ごしました。帰省して感じることは、懐かしさと煩わしさ。実家周辺の景色やひさしぶりの実家で過ごす時間に懐かしさを感じるものの、家族の生活ペースに合わせることや行きたい場所に車でないと行けないということなどに煩わしさを感じることも…。快適な一人暮らしに慣れ過ぎたようです。とはいえ、実家でしか経験できないこともあり。たとえば、もちつき。(実家から [続きを読む]
  • いい夢見ろよ!(?柳沢慎吾) 一富士二鷹三茄子
  • 初夢に見るとよいといわれる「一富士二鷹三茄子」。昨晩はそれにちなんだ土鈴を枕元に置いて寝ましたが、初夢の内容を全く覚えていませんでした…。この「初夢鈴」という土鈴は、名古屋東照宮の授与品です。ちなみに、なぜ「一富士二鷹三茄子」を初夢に見るとよいのかは、徳川家康ゆかりの駿河の国の名物の三つだからだとか、富士に「不死」、鷹に「高・貴」かけて、「茄子」は実がよく成るので子孫繁栄を願ってだとか諸説 [続きを読む]
  • 2017年のはじまりはじまり
  • あけましておめでとうございます!酉年の2017年の幕開けです。お節を食べて、近くの神社まで初詣に行ってきました。そのあとはいつも行くスターバックスによって、思いつくままに100個の目標をたてました。この目標をすべて達成するくらいの勢いで、今年は積極的に動いていきたいところです。…と、年の初めはやる気にあふれていながら仕事始めあたりから徐々にやる気がなえていくというのが例年のパターンになっているので、1 [続きを読む]
  • さようなら2016年、こんにちは2017年
  • 今週のお題「2017年にやりたいこと」について。本日は大晦日。いよいよ2016年も終わりです。今年はブログを始めた年でもあり、皆さま大変お世話になりました。2016年のはじめに立てた目標のうち、達成できたものもあれば達成できなかったものもありました。2017年は、その達成できなかった目標を達成したいと思います。そこで、2017年にやりたいこと。それは、自分名義の本を出すことです。これは、ずっと願ってきたことです。 [続きを読む]
  • 2016年・私的おもしろかった本・ベスト3
  • 2016年ももうあと僅か。というわけで、2016年に読んだ本の中で個人的におもしろいと思った本のベスト3を発表したいと思います。あいうえお順で、順位はありません。・宇野常寛『リトル・ピープルの時代』「リトル・ピープル」という村上春樹『1Q84』に登場する言葉に惹かれて手にした一冊。英語でいう「インタレスティング」の意味でおもしろい本です。ジョージ・オーウェルが『一九八四年』(読んだことないけど)の中で [続きを読む]
  • サンタさんが去ったあとは酉がやってくる
  • クリスマスも過ぎ去り、街は一気に和の雰囲気です。デパートの店先にはクリスマスツリーに代わって門松が飾られ、スーパーマーケットの棚にはチキンやケーキに代わって数の子や昆布巻きなどのお節の材料が並べられています。わたしも、サンタさんの置物をしまい、来年の干支である酉の土人形を飾りました。こちらの土人形は、最近手に入れた会津中湯川人形。酉のうえに鶏がのっています。色彩豊かでかわいい。鳥だけにいろと [続きを読む]