ばるま さん プロフィール

  •  
ばるまさん: インド現地採用 ワーキングママ
ハンドル名ばるま さん
ブログタイトルインド現地採用 ワーキングママ
ブログURLhttp://workingmominindia.blog.fc2.com/
サイト紹介文デリーでの留学を経て、インド人と結婚。ローカルな日々、インドでの子育て、仕事、文化など。
自由文21歳のときに大学を休学し、
インドの首都デリーへ1年間留学。
そのときであったみすたーばるまと
3年間の遠距離恋愛を経て、
2014年3月に結婚。
結婚を機にインドに移住。
バンガロール在住。
現地の旅行会社にて3年弱の激務後
2016年12月より日系ゼネコン営業に
現地採用で入社、現在産休中。
2017年5月に男の子を出産。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 186日(平均1.2回/週) - 参加 2017/02/07 18:12

ばるま さんのブログ記事

  • まもなくラクシャ・バンダン
  • 今年もヒンドゥのお祭り、ラクシャ・バンダン(Raksha Bandhan)の時期がやってきました。兄弟と姉妹のつながりを確認するお祭りで、今年は8月7日の月曜日がその日にあたります。ラクシャ・バンダンの日には、姉妹が兄弟の幸せや成功を祈って兄弟の手首にラッキー(Rakhi)と呼ばれる、赤い糸を巻きます。 ラッキーを結んでもらった兄弟は姉妹に御礼の品やお金を渡し、姉妹を守ることを約束するのが伝統的な習わしです。旦那一族は [続きを読む]
  • だっこ紐で我が子を守る
  • ベビーカーは買わないと、妊娠したときから決めてました。道がでこぼこすぎて、歩道も整っていないインドでは、ショッピングモール以外では絶対に使えないであろうと思っていたので。なので、昨年一時帰国中にだっこ紐だけ購入してきました。インドでも買えるのですが、なんだか良質なものが見当たらなかったんですよね。エルゴのだっこ紐は偉大です。使いやすいし、丈夫だし、肩とか腰とか痛くないし。そして、なにより、知らない [続きを読む]
  • 賄賂大国
  • 旦那がホテルで働いているため、ときどき「今日はエリアのInspector(日本だと警部補クラス?)が来てさぁ…」という話を教えてくれます。以前務めていたホテルの場合、毎月Inspectorにみかじめ料として3万Rs払っていたそうです。家族でホテルにのこのこやって来て無料で飲み食いすることもしばしば。Inspectorの奥さんや娘さんがスパで無料マッサージを受けることも。昨日、新しい勤務先であるホテルにもInspectorがやって来たそ [続きを読む]
  • おへそにオイル
  • ここ数日、謎の下痢と腹痛に悩まされておりました。症状はひどくなく病院に行くのは控えておりましたが、夜になると痛くなるので、「お腹が痛いよ〜。赤ちゃんだっこできないよ〜」というように、これ見よがしに、夜中の我が子の寝かしつけは旦那にお任せしておりました。いつもは我が子より先に寝てしまう旦那が初めての寝かしつけ。3時間頑張っても寝てくれない。。ベッドに置いた瞬間泣き出す。。と、子育ての大変さを身にしみ [続きを読む]
  • 全てはオンラインで
  • インドはほんと、便利になりました(※都心部に限る)6年前にデリーに留学してた頃と比べると、爆発的に便利になりました。まずお買い物。赤ちゃん抱えて、食品や日用品等あれこれ買うのは大変なのですが、今はアプリで一瞬です。以前も書いたbig basket。牛乳もパンもお野菜もお菓子もバターもアイスクリームも石けんもガーデニング用品も何でも買えちゃいます。基本的には翌日、在庫があれば30Rsで90分以内でデリバリー。配達時 [続きを読む]
  • ブラック企業 〜インドで会社のあり方について考える〜
  • 以前務めていた旅行会社で、入社して数ヶ月目の後輩が手配した週末ツアーで、お客様が飛行機に乗り遅れ、代わりのフライトは全て満席、帰宅できず、翌日のお仕事に間に合わなかったことがありました(日曜日の夜にお住まいの街に戻る予定でした)。不確定要素の多いインドで、飛行機に間に合わなかった理由はたくさんあります。フライトスケジュールがタイトなものだった。帰り道が渋滞してた。まさかの、フライトが定刻通りに出発 [続きを読む]
  • 値の張る予防接種
  • インドではどうやら赤ちゃんの1ヶ月検診というものがないようです。日本の育児サイトを見ていると、「1ヶ月検診でお医者さんからOKをもらったら、すこしずつ外出していきましょう」とよく書かれていますが、私は独断で自分と我が子に許可を出し,出歩きはじめた次第です。退院時に「生後6週間目に予防接種を受けに来るように」と言われたので、昨日は久しぶりへ病院へ。クラウドナインの利用者はアッパーミドル層が多いためか、仕 [続きを読む]
  • 赤ちゃんの魔除けとお出かけ
  • インドでは、小さい赤ちゃんを連れて外に出かける人は、非常に少数派です。(親戚の家は別ですが)なんでも、外に出ると可愛い赤ちゃんが皆の目線を集め、可愛さをうらやましがられるあまり、呪われる(?)ことを避けるためあまり外に連れていかないのだとか。そしてインドでは、赤ちゃんを邪念や悪運から守るため、Kajal(インドのアイライナー)で赤ちゃんの顔に大きなほくろのような黒い丸を描いたり、目の回りにアイライナー [続きを読む]
  • CBSEの結果発表〜インドの学生にとって大切な試験〜
  • 先日、ついにCBSEの結果が発表されました。3月に受験し、インド中が待ちに待った試験の結果。CBSEとはCentral Board of Secondary Educationの略で、インドのメジャーな教育カリキュラムの一つです。余談ですが、インドって何でも頭文字で略すから何がなんだかわからなくなってきます。Bengaluru Metropolitan Transport Corporation (BMTC)とか、Foreigner Regional Registration Offices(FRRO)とか、 State Bank of India (SBI) [続きを読む]
  • 赤ちゃんの誕生を祝うプージャ
  • インドは各地域によってプージャ(お祈りの儀式)が異なりますが、デリー出身の旦那の家族のしきたりにそって、息子誕生のお祈りの儀式を行いました。まずは生後6日目に行うChhattiというプージャ。Chhattiとは文字通り6日目という意味で、命名の儀式のようなものです。お母さん(この場合、私)が使用するベッドの足元に神様とプージャセット(火、スイーツ、聖水)を奉り、赤ちゃんはお父さん(この場合、旦那)の姉妹からいただ [続きを読む]
  • インドでの出産体験 〜分娩編〜
  • 病室ではわいわいとはしゃいでいたもの、出産控え室へ移動したあたりから、徐々に陣痛が激しくなってきました。夜中には陣痛は10分おきになり、旦那がナースを呼びに行くも「陣痛なんだから痛いに決まってるでしょ。旦那さんにマッサージしてもらいなさい」と言い残してお部屋を出て行く。。夜中数時間もの間、10分おきにマッサージをし続けてくれました。感謝。感謝。しかも、陣痛の合間、わずかな時間は夫婦で爆睡。陣痛の合間で [続きを読む]
  • インドでの出産体験 〜病院編〜
  • 産休前は行きも帰りもタクシーを利用していたため、めっきり歩く機会が減ってしまい、産休に入ってからは毎日4?は欠かさず散歩するようになりました。産休に入って1週間目。朝から若干の出血があり、「これがいわゆるおしるしか」と思いつつも、旦那が、万が一別の理由で出血してたら・・と心配がっていたため、日課の散歩の後、念のため病院に行くことにしました。普段はドクターのアポをとってから診察を受けますが、すぐにドク [続きを読む]
  • インドでの出産体験 〜保険編〜
  • ついに出産いたしました!インドで!私の周りには政府の病院で出産したり、超どローカルな病院で出産したり…と強靭な方がたくさんいらっしゃいます。が、私は設備の整った、都心部のインドでは「セレブ病院」とよばれる病院での出産だったので、人生で初めての病院生活はとても快適でした。快適すぎて、1泊延長したほどです。インドの大きな病院では、基本的に出産パッケージというものがあり、2泊3日で約7万ルピー〜となって [続きを読む]
  • ついにOCI取得!
  • ついにインドの市民権である、OCI(Overseas Citizenship of India)を取得しました!結婚してから1年で取れるPIOが廃止され、OCIに一本化。OCIは結婚してから2年以上の人のみ申請でき昨年、トライしたものの、FRROオフィスで「旦那さんのパスポートに奥さんの名前が書いてないからだめ」と言われ「OCIのホームページではそんなこと書いてなかったよ!」と抗議すると、「全ての情報はネットや紙面で載せずに、直接来た人に伝える [続きを読む]
  • ドクターだって人間
  • 先々週の妊婦検診で、「明後日からついに正産期ね」と言われ、「明後日ってことは・・」とドクターがカレンダーを確認すると「あ、明後日は息子のお嫁さんの出産予定日だった」ということで、私のお腹にむかって「明後日はだめよ。明後日以降に産まれてくるのよ」と話しかけていました。先日、妊婦検診に行くと、いつもはまず椅子に座って「調子はどう?」等の話をしてから、ベッドに上がって検診をうけるところ、"Straight to the [続きを読む]
  • 鬼嫁な私
  • パパjiとママjiとの共同生活も1週間が経ちました。パパjiとママjiは常々「ここはあなたのお家だから、あなたのルールに従うわよ」と言ってくれているので、ここで遠慮したら後で自分が疲れるだけ!と思い、次のルールをお願いしてます。ルールその1:家で靴はぬぐ初日、パパjiはやっぱり靴のままズカズカとお家に入ってきました。ほとんどのことは許容できますが、日本人として、家の中に靴で入ってこられるのはかなりの冒涜と感 [続きを読む]
  • 義両親との共同生活
  • パパjiとママjiが我が家にやって来てから、休みの日は1日中ゴロゴロするわけにもいかず、仕事から帰ってきたら、ベッドやソファーの上に直行するわけにもいかず、おかげさまで怠け者を卒業することができました。最近横になると、お腹の重みのせいか、肋骨が痛くなるので、ちょうどいいです。今晩もインド料理か。。。と、若干落ち込んではしまいますが、夜ごはんの献立や、何の野菜が足りないとか、いちいち悩まなくていいのは快 [続きを読む]
  • 臨月時の憂鬱
  • 明日から旦那のご両親が我が家にやってきます。旦那と付き合ってた時から、私のことを娘のように可愛がってくれ、家にも超ウェルカム状態で泊めてくれ、旅行でインドに来ていた際、デングにかかり、日本への帰国が延びた際は、献身的に私の看病をしてくれ、結婚後ももちろん、私のことを実の息子である旦那より大切に扱ってくれる、素敵なご両親です。旦那の実家に遊びに行くのはとっても大好きなのですが、やっぱり家に旦那のご両 [続きを読む]
  • よく計算されたインド服
  • 今週の金曜日は会社でAnnual Partyがあります。人事よりカルチャープログラムに参加するよう依頼され、インドの伝統衣装であるサリーを着て、ファッションショーに出るはめになってしまいました私、臨月なのに。。余談ですが、日本人の妊婦さんのお腹は、インド人の妊婦さんと比較すると、かなり小さく見えることが多いようです。ローカルのおばちゃんは妊娠してなくても、妊婦のように大きいなお腹の方がいっぱいいますし。若い女 [続きを読む]
  • トイレットペーパーを使ってはダメ
  • タイトルは妊婦検診の際、お医者さんに言われた言葉です。小をする際、トイレットペーパーで拭くと、殺菌作用のある体液まで拭き取ってしまい、出産を控える妊婦さんにはよくないそうです「しかも、毎回水で洗わないなんて不衛生すぎるわよ〜」とまで言われました。紙で拭かないほうが不衛生、手で洗う方が不衛生と日本人なら考えてしまいますが、インドでも同じように逆のことを考えていたのですね。なんだか納得。旦那まで先生の [続きを読む]
  • 突然の辞表
  • 昨日、仕事中、珍しく旦那から電話がかかってきたので「どうしたん?」と聞くと、「辞表出していい?休息が必要」とのこと。日本人並かそれ以上にワーカホリックの旦那が突然退職?転職社会のインドで、過去13年間で6つのホテルを渡り歩いてきたものの、次の職場が決まるまでは辞めたことなかったのに、退職?仕事を通して成長することに喜びを感じてたのに、急に退職?しかも子ども産まれるこのタイミングで?自動車ローン、あと [続きを読む]
  • インド通勤事情
  • 前の職場では、毎日バスで通勤していました。そう。窓やドアが開きっぱなしで、ときに人がたくさんぶら下がってる、あのインドのバスです。前の職場は「ブラック企業」に近く、お給料もまぁそんな基準でしたので、毎日オートやタクシーで通勤するのがもったいなく、一番便利だったバスでオフィスに通っていました。インドでは駐在はドライバー付きの車が家族に1台付くのが基本。現地採用でさえ、日本からインドにやって来て採用さ [続きを読む]
  • インド男子の下着事情
  • デリー大学へ留学中の6年前、バックパッカーの聖地パハルガンジーのゲストハウスにて1ヶ月の生活後、ついにアパートへ引っ越しました。しかも、一つ年下のインド人男子とアパートシェア。通常の神経を持ち合わせてたら、きっと色々と思い悩むことがあったかと今では思いますが当時は深く考えもせず、普通に受け入れてました。恐ろしや。アパート探しにあちこち出向き、予算(5000Rs)内の良い物件がなかなか見つからず、探しまわ [続きを読む]
  • 酒税の上昇、売り切れの酒屋
  • 昨日、旦那と夕方のお散歩がてらに、旦那のビールを買いに、近所の酒屋さんに行くと、在庫がほぼなし。高いお酒は残っているのですが、お手ごろ価格のハードリカーやビールはほとんど売り切れ。珍しい。ドライデー(禁酒日)の前日ですら、もう少し在庫あるのにね。なんでやろう。と旦那と話していたら、張り紙を見て納得。「4月3日より政府が酒税を6%から15%に値上げします」と通達文が書かれていました。お店のオーナーさんに [続きを読む]
  • デリー留学の思い出〜怒濤の出国〜
  • 昨晩は3年バンガロールで生活していて、はじめて、関西にゆかりの人が集まる728(ナニワ)会に参加していました。お酒飲めない、妊娠9ヶ月目のこの時期になぜ?と言われましたが嬉しい再会や出会いがあり、とっても楽しかったです。そこで、インドバックパッカー&留学経験がある駐在のIさんと初めてお会いしバックパッカーや留学時代に比べて、いかにバンガロールでの社会人生活が快適なこととか、1年留学したけど、振り返ると [続きを読む]