ばるま さん プロフィール

  •  
ばるまさん: インド現地採用 ワーキングママ
ハンドル名ばるま さん
ブログタイトルインド現地採用 ワーキングママ
ブログURLhttp://workingmominindia.blog.fc2.com/
サイト紹介文デリーでの留学を経て、インド人と結婚。ローカルな日々、インドでの妊婦生活、仕事、文化などを紹介中。
自由文21歳のときに大学を休学し、
インドの首都デリーへ1年間留学。
そのときであったみすたーばるまと
3年間の遠距離恋愛を経て、
2014年3月に結婚。
結婚を機にインドに移住。
バンガロール在住。
現地の旅行会社にて3年弱の激務後
2016年12月より日系ゼネコン営業に
現地採用で入社。
2017年5月に男の子を出産予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 81日(平均1.6回/週) - 参加 2017/02/07 18:12

ばるま さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 鬼嫁な私
  • パパjiとママjiとの共同生活も1週間が経ちました。パパjiとママjiは常々「ここはあなたのお家だから、あなたのルールに従うわよ」と言ってくれているので、ここで遠慮したら後で自分が疲れるだけ!と思い、次のルールをお願いしてます。ルールその1:家で靴はぬぐ初日、パパjiはやっぱり靴のままズカズカとお家に入ってきました。ほとんどのことは許容できますが、日本人として、家の中に靴で入ってこられるのはかなりの冒涜と感 [続きを読む]
  • 義両親との共同生活
  • パパjiとママjiが我が家にやって来てから、休みの日は1日中ゴロゴロするわけにもいかず、仕事から帰ってきたら、ベッドやソファーの上に直行するわけにもいかず、おかげさまで怠け者を卒業することができました。最近横になると、お腹の重みのせいか、肋骨が痛くなるので、ちょうどいいです。今晩もインド料理か。。。と、若干落ち込んではしまいますが、夜ごはんの献立や、何の野菜が足りないとか、いちいち悩まなくていいのは快 [続きを読む]
  • 臨月時の憂鬱
  • 明日から旦那のご両親が我が家にやってきます。旦那と付き合ってた時から、私のことを娘のように可愛がってくれ、家にも超ウェルカム状態で泊めてくれ、旅行でインドに来ていた際、デングにかかり、日本への帰国が延びた際は、献身的に私の看病をしてくれ、結婚後ももちろん、私のことを実の息子である旦那より大切に扱ってくれる、素敵なご両親です。旦那の実家に遊びに行くのはとっても大好きなのですが、やっぱり家に旦那のご両 [続きを読む]
  • よく計算されたインド服
  • 今週の金曜日は会社でAnnual Partyがあります。人事よりカルチャープログラムに参加するよう依頼され、インドの伝統衣装であるサリーを着て、ファッションショーに出るはめになってしまいました私、臨月なのに。。余談ですが、日本人の妊婦さんのお腹は、インド人の妊婦さんと比較すると、かなり小さく見えることが多いようです。ローカルのおばちゃんは妊娠してなくても、妊婦のように大きいなお腹の方がいっぱいいますし。若い女 [続きを読む]
  • トイレットペーパーを使ってはダメ
  • タイトルは妊婦検診の際、お医者さんに言われた言葉です。小をする際、トイレットペーパーで拭くと、殺菌作用のある体液まで拭き取ってしまい、出産を控える妊婦さんにはよくないそうです「しかも、毎回水で洗わないなんて不衛生すぎるわよ〜」とまで言われました。紙で拭かないほうが不衛生、手で洗う方が不衛生と日本人なら考えてしまいますが、インドでも同じように逆のことを考えていたのですね。なんだか納得。旦那まで先生の [続きを読む]
  • 突然の辞表
  • 昨日、仕事中、珍しく旦那から電話がかかってきたので「どうしたん?」と聞くと、「辞表出していい?休息が必要」とのこと。日本人並かそれ以上にワーカホリックの旦那が突然退職?転職社会のインドで、過去13年間で6つのホテルを渡り歩いてきたものの、次の職場が決まるまでは辞めたことなかったのに、退職?仕事を通して成長することに喜びを感じてたのに、急に退職?しかも子ども産まれるこのタイミングで?自動車ローン、あと [続きを読む]
  • インド通勤事情
  • 前の職場では、毎日バスで通勤していました。そう。窓やドアが開きっぱなしで、ときに人がたくさんぶら下がってる、あのインドのバスです。前の職場は「ブラック企業」に近く、お給料もまぁそんな基準でしたので、毎日オートやタクシーで通勤するのがもったいなく、一番便利だったバスでオフィスに通っていました。インドでは駐在はドライバー付きの車が家族に1台付くのが基本。現地採用でさえ、日本からインドにやって来て採用さ [続きを読む]
  • インド男子の下着事情
  • デリー大学へ留学中の6年前、バックパッカーの聖地パハルガンジーのゲストハウスにて1ヶ月の生活後、ついにアパートへ引っ越しました。しかも、一つ年下のインド人男子とアパートシェア。通常の神経を持ち合わせてたら、きっと色々と思い悩むことがあったかと今では思いますが当時は深く考えもせず、普通に受け入れてました。恐ろしや。アパート探しにあちこち出向き、予算(5000Rs)内の良い物件がなかなか見つからず、探しまわ [続きを読む]
  • 酒税の上昇、売り切れの酒屋
  • 昨日、旦那と夕方のお散歩がてらに、旦那のビールを買いに、近所の酒屋さんに行くと、在庫がほぼなし。高いお酒は残っているのですが、お手ごろ価格のハードリカーやビールはほとんど売り切れ。珍しい。ドライデー(禁酒日)の前日ですら、もう少し在庫あるのにね。なんでやろう。と旦那と話していたら、張り紙を見て納得。「4月3日より政府が酒税を6%から15%に値上げします」と通達文が書かれていました。お店のオーナーさんに [続きを読む]
  • デリー留学の思い出〜怒濤の出国〜
  • 昨晩は3年バンガロールで生活していて、はじめて、関西にゆかりの人が集まる728(ナニワ)会に参加していました。お酒飲めない、妊娠9ヶ月目のこの時期になぜ?と言われましたが嬉しい再会や出会いがあり、とっても楽しかったです。そこで、インドバックパッカー&留学経験がある駐在のIさんと初めてお会いしバックパッカーや留学時代に比べて、いかにバンガロールでの社会人生活が快適なこととか、1年留学したけど、振り返ると [続きを読む]
  • 産休と育休
  • インドでは育児休暇というものがありません。たぶん、大家族制で、基本的に家族や親戚の誰かが面倒みてくれるからかな。そのため、インドは女性のパイロットの比率が最も高いという記事を読んだことがあります。産休は法律で今のところ3ヶ月。6ヶ月法案が議会を先日通りましたが、まだ施行されておらず、会社のHRに確認しても「Presidentがまだサインしてないから3ヶ月のまんまだよ」と繰り返すのみ。ゼネコン会社で女性従業員が少 [続きを読む]
  • おまわりさんの家庭訪問
  • お昼ごはんを食べていたら知らない番号から電話があり最初の一言が「◯◯警察署です」。警察?なんで?しかも、インドなまりの片言英語で何を言っているのかよくわからない一生懸命聞いていると「OCI」という言葉が。今年の初めにOverseas Citizen of India、通称OCIに申請したので、ついに申請完了したのかと思って「あぁ、OCI登録が完了したのね!わかった!FRROオフィスに取りにいくね!」と答えると、「そうそう、FRRO」と警察 [続きを読む]
  • 産後の不安 その1 保活編
  • 子どもは基本、親族が面倒を見るインドで保育園があるのか?妊娠がわかったとき、仕事を辞めることは選択肢になかった私はずっとそれが気になっていました。転職し、産休がもらえるようになったとしても、たったの3ヶ月。一応、6ヶ月案が議会で承認されたようですが、まだ施行はされていません。会社によっては6ヶ月の産休を実施しているところもあり、韓国の某有名起業の社長秘書を務めるインド人の有人はがっつり6ヶ月もらえ [続きを読む]
  • もしかして妊娠糖尿病?
  • インドでも日本同様、妊婦さんは定期的に血液検査などを受けます。(日本での事情はネットで読んだことしかないので、詳細はしりませんが。。)今まで、何事もなく全て順調で、現在8ヶ月だったのに。先週のグルコス検査で血糖値がなんと184140までが正常値で、184は高すぎる、妊娠糖尿病の疑いがある、とのことで、グルコス100gの詳細検査を受けることに。甘いものそんな食べてないし、炭水化物をたくさん摂取してるわけでもないの [続きを読む]
  • ありがた迷惑な親切心
  • 先月車を買い替えました。私にとっては人生初の車購入だったので、なんだか大人になった気分。旦那が乗っていた、7年目の愛称「ブラッキー」(黒い車だったので)は中古品販売サイトOLXに掲載したところ、1週間で売れました。州によって車税が異なるこの国で、法律的には引越ししたらナンバープレートをその州のものに変更する必要があるこの国で(しかも有料)、1週間で転売できるなんてラッキーと思っていましたが、中古車ディー [続きを読む]
  • 便利すぎて怠け者に
  • 結婚してインドに行くと決めたとき、まわりのみんなは口をそろえて「生活大変そうだけど大丈夫?」と言いました。確かに不便だと思うところは多々あります。まずは停電。駐在さんやお金持ちのように大型・高級マンションに住んでいないとアパートにジェネレーション(バックアップ)がないため、停電すると文字通り停電。(私のアパートはローカルな場所にあるローカルな造りのアパートです。自分の会社に内装工事頼みたい。。)電 [続きを読む]
  • 妊娠にまつわる迷信のあれこれ
  • インドでの家庭医療はアーユルヴェーダに基づき、利にかなったものが多いのですが妊娠に関しては信じられないことがいまだに信じられてる節があります。例えば①サフロンを食べると色白の子どもが生まれるとか②鉄分と取ると子どもが色黒になるので妊娠中は避けたほうがいいとか。いやいや、鉄分は取ったほうがいいでしょそしてインドの色白神話がここにもかってかんじです。インドでは白い肌が非常に好まれ、化粧品や美用品のCMは [続きを読む]
  • インドの産婦人科
  • はじめまして。インド関連のブログはたくさんありますが、インド人の旦那さんを持ち、現地採用でインドで働き、そしてインドで子育てをする(現在はまだ妊娠中ですが)、一日本人の目線にてインド情報を発信していきたいと思いますインドで出産予定のため、現地の病院に通っているのですが病院の待合室はいつも患者さんとそのファミリーでごった返しています。ほんと人が多くて、いつもガヤガヤこちらの方は、旦那さんはもちろんの [続きを読む]
  • 過去の記事 …