ren さん プロフィール

  •  
renさん: なんでもない日。
ハンドル名ren さん
ブログタイトルなんでもない日。
ブログURLhttp://bluegray27.exblog.jp/
サイト紹介文夫と二人暮し。 アラフィフ主婦のなんでもない日々のつぶやき。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 51日(平均9.1回/週) - 参加 2017/02/07 19:43

ren さんのブログ記事

  • 3月29日
  • 若年性アルツハイマーの母と生きる を読んだ。若年性アルツハイマーに罹った母親を、まだ若い著者が介護する日々を綴っているのだけど、そこに暗さはなく、無理して頑張っている感もなく、ただただ母親への強い愛情が伝わってきて、胸を打つ。わたしも母への思いはかなり深いと思っているけど、果たしてここまで出来るだろうか。出来たとしても、こんなに前向きに介護を楽しむ自信はないかな。... [続きを読む]
  • 3月28日
  • 3月も終わりだというのに、寒い日が続く。せめて玄関だけでも春気分。職場の人にホワイトデーでもらった霜だたみ今までは六花亭と言えばマルセイバターサンドだったけど、コレもかなりヒットだな。それにしても、きのうのチーズケーキといい、男性陣の美味しいものリサーチのレベルが高くて驚く。どこ情報なの?? まあ、甘いもの苦手なわたし基準なんだけど、ど... [続きを読む]
  • 3月27日
  • きょうで最後のスタッフにプレゼントを渡し、彼からも手紙とプレゼントをもらった。手紙にはとても嬉しいことが書いてあり、、、時々彼に対して厳しく注意してしまったことを後悔したけど、仕事は仕事、だものね。彼からもらった手紙は抽斗にしまい、今後、仕事に自信を失くした時に読み返そうと思う。プレゼントはKIHACHIのチーズケーキ。甘過ぎず、とても好みの味!... [続きを読む]
  • 3月26日
  • 図書館から借りてきた、この世界の片隅に を読み終えた。戦時下を生きた、普通の人たちの日常が描かれている。出てくる人たちが、みなとても魅力的で好きになる。忘れてならないのは、この愛すべき人たちに降りかかった悲しい出来事は、どれも現実に起こったことなのだ、ということ。知っていたつもりでも、改めて衝撃を受けた。レビューの中で、どなたかが「一家に1セット常備しておくべき」と書かれて... [続きを読む]
  • 3月25日
  • 朝早く、地方に住む友から「今、東京(の実家)に向かってる」とメールが来る。東京から特急で2時間ほどの地に嫁いだ友とは、最近は年に一度会えるかどうか。メールをくれたということは、会えたら会いたい、ということかな、と解釈し、急だったけど「今日明日は特に予定ないから、大丈夫だよ」と返信。その後、それきり返信はなく、、、夕方になって「すごく会いたいけど、今回は子ども達がい... [続きを読む]
  • 3月24日
  • 年度末で退職する男性スタッフに贈るプレゼントを探す。彼は、まだ若くて、彼女と同棲中。わたしもその彼女とは面識があるので、ふたりで使えるモノがいいかなあと少し前からいろいろ見ていたのだけど、ピンとくるものがなく、、でも彼とは今度の月曜日が最後なのでいい加減見つけなくては!とあちこち歩き回り、、、結果、なんだかコレで果たして良かったのか??というモノを買ってしまった。... [続きを読む]
  • 3月23日
  • 今乗っている車は、12年前、弟が車を買った直後に海外赴任が決まり、我が家が借りることになった。6年後に帰国してからも、結局安く譲り受けそのまま乗っているのだが、次の車検から高くなるし、もうすぐ走行距離10万kmになるし、さすがに来年までには買い換えようと思っている。本来、車が大好きな夫。なのに、自分の趣味とは違う車に長く乗る羽目になり、不本意だったと思うが今まで一度も不満を言う... [続きを読む]
  • 3月22日
  • 今期ドラマではわりと好きだったカルテット。最終回のきのう、松田龍平演じる別府さんが言った言葉、「夢は必ず叶うわけじゃないし、諦めなければ叶うわけでもないし、だけど夢見て損することはなかった...」に妙に共感。夢は叶うものじゃないけど、夢見て損はしない。ホントにそうだ!きょうは、夫が遅くなると言うので、先に一人呑みながらご飯の支度。呑みながらだとつい... [続きを読む]
  • 3月21日
  • きょうは、とてもいいことがあった。年度末で辞める予定だった後輩が、なんと辞めることを辞めたのだ。彼女のことをとても頼りにしていたので、4月以降のことが正直不安でいっぱいだったけど敢えて口に出さずにいた。彼女自身、本当にぎりぎりまで迷っていて、わたしにぐいっと引っ張られたら決心がつく、と言うのでわたしも遠慮なく、「じゃあ残って!」と文字通りに腕を引っ張った。... [続きを読む]
  • 3月20日
  • 3連休最終日のきょうは、お墓参りのあと、義父のいるホームへ。いつものように、わたし達のことを認識していないような顔で見る義父に、一方的にいろいろと話す。帰り、手を握るとぎゅっと握り返してきて、「じゃあね」と手を振ると、手をあげてくれた。なんのリアクションもなく中空を見ているだけの時もあるので、嬉しかった。帰りに、映画館へ。LA LA LANDを観た。初めて、行く前に... [続きを読む]
  • 3月19日
  • 夫、珍しく3連休。きょうは、高速使って1時間ほどのお気に入りの町でランチ。長閑な風景が広がるとてもいい町だけど、そこに行くまでに渋滞はなく、お店に入るのに並ぶこともない。その2つは、今のわたしには絶対条件。年齢とともに、渋滞や行列はNGワードに。どんなに素敵な場所でも、それをクリアしなくては辿り着けないとなると躊躇してしまう。若い頃は、並ぶことなんてなんと... [続きを読む]
  • 3月18日
  • きょうの新聞(朝日)の『声』欄に高校生の女の子が90歳を迎える祖母について書いていたのだが、「祖母のようにいとおしい思い出を持てるような日々を送りたいと思う。」という言葉にぐっときた。いとおしい思い出、、、素敵だなあ。この女の子のおばあさんは、記憶の時系列が曖昧になっているのだけど、それでも過去の幸せだった頃のことを鮮明に覚えていて、今もその時代を生きているような感じで幸... [続きを読む]
  • 3月17日
  • 花粉症の薬のせいか、だるくて眠くて、そのくせ薬が効かず目がかゆくて、くしゃみも出て、ホント冴えない一日。気持ちも鬱々、ため息ばかり。遅い時間にスーパーに行ったら、野菜が安くなっていてあれもこれもとカゴに入れる。帰ってから、大鍋にお湯をたっぷり沸かして、スナップエンドウ、ブロッコリー、小松菜、アブラナを順番に茹でていく。野菜を茹でてたら、少し... [続きを読む]
  • 3月16日
  • 夫から、遅くなるとLINEがきたので、先に一人で晩酌しながらご飯。箸休めは、朝作っておいたピーマンの炒め煮タモさんのレシピらしい。これ、簡単で美味しくて、我が家の定番の一品。ピーマンが安いと多めに買って作る。お弁当のおかずにも重宝する。タモさん、ありがとー!. [続きを読む]
  • 3月15日
  • きのうの『踊る!さんま御殿!!』を観ていたら、さんまさんが青山学院大学の原監督に「お子さんはおいくつになるの?」と聞いていた。お子さんはいらっしゃるの?ではなく、おいくつになるの?と、子どもがいること前提の聞き方にまずひっかかる。それに対して、原監督が「残念ながら子どもは出来なかったんですけど、、学生40人の子どもが出来まして。。」というようなことを答えたら、... [続きを読む]
  • 3月14日
  • 我が家のお気に入り番組、『しくじり先生』の録画を観ていたら、『なんでんかんでん』の社長が出ていた。20年ほど前、実家からわりと近いところにあった環七沿いのお店はとても繁盛していた。幼馴染の男友達がそのお店の大ファンで、『ホント、美味いから!』と一度連れて行ってもらったことがある。環七沿いに車を停め、行列に並んで食べた豚骨ラーメンは、残念ながらわたしの口には合わ... [続きを読む]
  • 3月13日
  • 夜、昨日のイッテQの録画を観て爆笑しながら、気持ちよく呑んでいたのだけど、夫と些細なことで喧嘩。わたしの仕事の愚痴に対して、正論で返してきたので、何だか悲しくなって言い返してしまう。正論だとわかってるんだから、素直に聴けばいいのに、それが出来ない…のが夫婦なのか?正しい意見を受け入れようとしない昔の上司のことを軽蔑していたけど、もしかしてわたしも同じ性質かも…と思い落ち込む&a... [続きを読む]
  • 3月12日
  • 日曜日の朝にやっている、ボクらの時代が好きで昔からずっと観ている。きょうのゲストは、大島美幸 × くわばたりえ × 虻川美穂子の3人。それぞれ、好きでも嫌いでもないけれど、3人揃えば子どもの話になるんだろうな、と思ったら、なんだか観る気になれず、そのまま録画を消した。子どもを諦めてからもう長い時間が経つのに、どこか引きずる思いはずっと続く。おそらく一生。それも... [続きを読む]
  • 3月11日
  • 朝、ゆっくり起きてしばらく布団の中で本を読む。人生にはやらなくていいことがある柳美里の本は小説よりも、『命』4部作シリーズなど随筆をよく読んだ。同い年の彼女が歩んできた人生が自分のそれとはかけ離れ過ぎていて、まるで小説を読むような気持ちで読んでいた。震災後、鎌倉から南相馬市に移り住んだと知り、不思議に思っていたのだけど、住むことになった経緯がこの本... [続きを読む]
  • 3月10日
  • 明日はふたりとも休みなので、家呑み。録画観たりしながら、だらだらと呑むのが好き。暗黙の了解で、夫が職場近くのお店でいつもの焼き鳥や唐揚げなど買って来てくれる。お店の人とすっかり顔馴染みになり、おまけしてくれるそう。わたしは冷しゃぶサラダを用意していたので、きょうはお肉尽くし。他に簡単に出来るつまみをいくつか作る。夫に頼んで帰りに買ってきてもらったセブンイレブンの408円ワイ... [続きを読む]
  • 3月9日
  • 先日、美容院で初めて目にしてから、すっかりハマってしまった雑誌、LDK。きょうも、電車が遅れたことで立ち寄った本屋さんで1冊購入。どれも似たような内容だし、かぶっているモノもあるけど、ありとあらゆる商品が検証・テストされているのはとても魅力的。自分だけだとすべての商品を試すことは到底不可能なので、たくさんの中からベスト1に選ばれているモノを試したくなってしまう。も... [続きを読む]
  • 3月8日
  • 壁の男を読み終えた。借りてきてすぐに読み始めたもののなかなか進まず、しばらく放置していたのだけど、返却期限が迫ってきて再びページをめくる。読み進めるほどに、どんどん引き込まれた。余韻が残る、とても切ないストーリー。貫井徳郎の作品で以前読んだ「乱反射」も忘れられない一冊。実生活で起こりうる気がして時々このストーリーが頭をよぎる。. [続きを読む]
  • 3月7日
  • 仕事帰りに習い事へ。2週間あったにも関わらず、あまり練習していないので向かう道すがら、足取りが重い。「行きたくないなあ」と子どものような気持ちに。でも、行ったら行ったで、それなりに楽しく充実感に満たされるのだ。きょうもそうだった。だからなんとか続けられる。まあ、誰に強制されたわけでもなく、自分が好きで始めたことなんだけどね。帰り、夫と待ち合わせて日高屋でご飯。ラー... [続きを読む]
  • 3月6日
  • きのうのイッテQの録画を観ながらご飯。おかずクラブがオーロラを見るシーンで少しだけ流れていた曲が気になり、早速ネットで検索。「イッテQ・オーロラ・おかずクラブ・曲」と入れたら「リベラ/Far away 」がヒット。ウィキによるとイギリスの少年合唱団で、日本にも来てコンサートをしたり、テレビ出演もしているよう。知らなかった。YouTube→★心洗われ... [続きを読む]
  • 3月5日
  • きのうは結局駅で集合してからみんなでお店探し。食べログで口コミ評価が高かったお店に行ってみたら、これが当たり!お店の雰囲気も、料理も、店員さんも◎だった。石川県の地酒 天狗舞 もりもり食べて、ぐびぐび呑みながら、気心知れてる友たちと楽しいひととき。くだらない話でお腹を抱えて笑ったり、切ない話で涙したり。帰りは終電で。混雑していたのでケータイマグに入... [続きを読む]