さるるきりり さん プロフィール

  •  
さるるきりりさん: 理系ママの家庭学習☆家庭保育園からピグマリオンへ☆
ハンドル名さるるきりり さん
ブログタイトル理系ママの家庭学習☆家庭保育園からピグマリオンへ☆
ブログURLhttp://ameblo.jp/saruru-kiriri/
サイト紹介文「家庭保育園」から小学校受験難関校合格まで、「ピグマリオン」から中学受験までの記録を綴ります。
自由文♪「家庭保育園」から小学校受験難関校合格までの記録
♪教えずに「発見」「分析」に導く「算数・理科・社会の種まき」
♪「ピグマリオン」から中学受験までの家庭学習の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 139日(平均7.4回/週) - 参加 2017/02/07 21:15

さるるきりり さんのブログ記事

  • <知識本>世界を旅する地図
  • こちらは大人用の本になりますが、年長の頃から愛用しています。知識大好きな子にはオススメの本です。一緒に話し合いながら読むのにとてもいいと感じました。 世界を旅する地図―世界地図百科 (2007年版) Amazon 下画像は、世界の「核兵器」所持の規模について。ただ規模を知るだけでなく、日本がなぜ所持しないのか、核兵器はなぜ無くならないのかを話し合いました。 下画像は、世界の寿命。世界には、十分な医療やワクチンが [続きを読む]
  • <知識本>宇宙探検えほん
  • 子どもは宇宙飛行士になるのが夢です。 小学校受験合格のご褒美は、種子島宇宙センターでした。http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12241346581.html 宇宙の本の中でも一番のお気に入りは、こちらの本です。宇宙探検えほん: 小学館の図鑑NEOの科学絵本 (小学館の図鑑NEOシリーズ) Amazon 「宇宙飛行士になるには?」というページもあって、条件が頭に入ってます。 身長は158cm〜190cmとのことで、「190cm超えた [続きを読む]
  • 作品集⑤(家庭保育園プレイシート)
  • 「いろいろなマル」編 子どもは赤ちゃんの頃から、図形が大好きでした。0〜3歳まで保育園に通っていたのですが、0歳クラスの時に、おうぎ形のオモチャを4つ合わせて○を作ったと先生に驚かれたことがあります。 まだ「あ〜、う〜。」と喃語を話している頃に、おうぎ形4つで○を作ってあげて、私が少しずらすと、「う〜!!!」と怒って、慌てて元の○に戻そうとするのが面白かったです。この頃から、図形に執着していたよう [続きを読む]
  • ネチネチ言わずに叱るために
  • 先日、ブログのテーマを整理していて、子育ての「コーチング」ネタがダントツ多い事に気付きました。 わが家で、子育てのコーチングに成功しているわけでは決してありません。コーチングに苦戦しているので、ネタが多いというわけです。 「怒らない子育て」「怒りを鎮める方法」などのブログを綴っておりますが、 怒ってしまう怒りを鎮められないという私の経験からブログ化しているということです。 引き続き、未熟ママの修業中 [続きを読む]
  • わが家の「討論」学習②
  • わが家での「学習」を重要度順に並べると、①親子の会話(討論)、読書、図鑑②スポーツ③オセロ、将棋、カードゲーム、パズル類④体験学習、学習旅行⑤問題集等となります。 とりわけ最も大切にしているのが、「親子の会話(討論)」です。 年長の頃、こんな討論がありました。 子「お母さん、おなかのなかにいる赤ちゃんって、卵なの?卵じゃないの?」と突然、討論の開始です。 母「ん?赤ちゃんが卵?」子「お母さんのオナカ [続きを読む]
  • ピグマリオン第2講座「カモシカパズルの発展」
  • ピグマリオン第2講座「カモシカパズルの発展」 先日、ペリカンパズルとカモシカパズルのブログを綴りました。 第2講座「ペリカンパズル」http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12274503566.html第2講座「カモシカパズル」http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12274506828.htmlピグマリオン第2講座「ペリカンパズルとカモシカパズルの応用」http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12278276572.html わが家で取り組んでいる [続きを読む]
  • 男子のママは割り切って、謝る覚悟を!
  • 「ご迷惑をおかけしました。」「家でも言って聞かせます。」「すみませんでした。」 なんて言葉を、この7年間、何度口にしてきたことか(笑) はぁ〜、またか。ほんとにこの子は!なんて思う事もありますが、よく考えたら、男子のお母さんって、だいたい、ペコペコ謝ってますよね。(もちろん例外もありますが)だいたい、自己紹介や初対面の挨拶では先手打って、「ヤンチャでご迷惑おかけすると思いますが。」という言葉を添え [続きを読む]
  • じゅげむじゅげむごこうのすりきれ
  • 「じゅげむ」という本があります。落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4)) Amazon わが子お気に入りの「落語絵本」の1つです。落語でおなじみの「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ・・・ちょうきゅうめいのちょうすけ」という、なが〜い名前を付けてしまったというお話です。 子どもって、無駄に面倒くさい事をするパワーがありますよね。わが子、ブツブツつぶやきながら本と睨めっこ。思った通り、この面倒くさ〜い長〜い名前を [続きを読む]
  • <知識本>ただいまお仕事中!
  • 面白い本を見つけました! ただいまお仕事中 (福音館の科学シリーズ) Amazon いろいろな職業を詳しく説明してくれる絵本です。 以前から、散歩中に働いている人を見つけると、「この人、何をしているの?」と聞かれるので、どんな仕事なのかを説明する機会があるのですが、上記の「土木技術者」のように、普段見かけることのない仕事の説明もできて、好奇心も知識もひろがります。 必要な資格も載ってます。私の持っている、一 [続きを読む]
  • バランスよく褒める難しさ
  • 先日、担任の先生から、わが子の学校での様子を聞きました。 わが子は、授業中、姿勢を正しまっすぐ手を挙げて、頑張っているのをわかってもらおうとするのですが、先生に当ててもらえないと、「また当ててもらえなかった!」と文句を言うことがあるのだそうです・・・。 また、自分の答えが周りのみんなと違っていると、「ぼくが合ってる。みんなが間違っている!」と言うこともあるそうです・・・。 家での負けず嫌いは強烈で [続きを読む]
  • きらめき算数脳にて
  • きらめき算数脳という問題集を、ちょこちょこと進めています。 わが子は、この問題集が大好きなので、母「今日、頑張ったね!きらめき算数脳、させてあげる!」子「いえい!」と、ゴホウビとして取り組ませています。 さて、きらめき算数脳で、こんな問題がありました。 9人の顔写真に、穴のあいた赤いカードを重ねた後、青いカードを重ねるというものです。カードは、回転させて重ねます。 &nb [続きを読む]
  • わが家の「討論」学習
  • わが家での「学習」を重要度順に並べると、①親子の会話(討論)、読書、図鑑②スポーツ③オセロ、将棋、カードゲーム、パズル類④体験学習、学習旅行⑤問題集等となります。 とりわけ最も大切にしているのが、「親子の会話(討論)」です。 わが子が赤ちゃんの頃は、ベビーカーを使わず、常に、抱っこで話しかけをしていました。「彼岸花って、毒をもってるんだよ。 だからお墓のまわりに咲いてて、虫がお墓を荒らさ [続きを読む]
  • 「物にヤツ当たり」対策
  • 前日記、子どもの「いいところ」を書こう!でも触れましたが、わが子は、時々、物にヤツ当たりをします。 子どもの「いいところ」を書こう!http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12282815761.html 親に甘えているのだと思いますが、例えば・・・ くっくっ・・・。このシャツが悪い! 先日は、問題集をしているときに、何やらグリグリやってるなと思ったら・・・。なんと、読めない字を鉛筆で塗 [続きを読む]
  • 子どもの「いいところ」を書こう!
  • わが子を私は、よくケンカをします。 きっかけは、ごくシンプル。・わざと怒らせた(ふざけた)時・物にヤツあたりした時・うまくいかなくて、親のせいした時だいたい、この3つです。 その後、母→ネチネチ文句を言う子→ネチネチにウンザリし、口答えする母→口答えにカッとして文句を言う子→カッとして出た私の文句に対し、文句を言う母→その文句にカッとしてまた文句を言う子→その文句にまた・・・ 後から [続きを読む]
  • <社会の種まき>JTBの鉄道地図
  • 以前ブログで、わが子のお気に入りの地図「ワールドアトラス」を紹介しました。 <社会の種まき>ワールドアトラス(地図)http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12252106484.html ワールドアトラスと共に、こちらも「電車旅」にオススメです。 なんと、北海道から九州まで、巻物のように路線を見ることができます! 電車に乗りながら、駅名をたどり、土地の特徴を知ることができます。 地図によ [続きを読む]
  • 旅行パンフレットで地理学習
  • 地図が大好きなわが子、旅行会社の前を通ると必ず、パンフレットをかき集めます。 それを見たお友達のママに、「旅行に行きたいんだね。」と言われるのですが、実は・・・、パンフレットを見ると、その土地を走る電車や電車のコース、地図が載っているからなのです。 電車の写真見ただけで、どこのパンフレットなのかわかっちゃうのです(笑) おかげでわが家には大量のパンフレットが・・・。 [続きを読む]
  • 思考力で反撃!(子どものワルヂエ)
  • 先日、小1の息子と大ゲンカになりました。(大人げない) 寝る前には、お互いに「ゴメンナサイ」をして、「おやすみなさい。」をしました。 は〜疲れた。やっと寝た。 ホッとして、トイレに入ろうすると・・・。 トイレのスリッパが奥に押し込まれて、届かないようにされていました! く〜!!!!悔しい!ゴメンナサイ撤回!!! 【学習意欲を高めるなどのコーチングネ [続きを読む]
  • 計算式の順序の入れ替え【算数の種まき】
  • 子どもが幼児の頃、家庭保育園のKIRARAというプリントをしていました。 当時、こんな感じの問題がありました。 5−8+10= 5−8ができないので、5+10を先にしてから8を引くというものです。 わが子が最初にこの問題を見た時は、子「5−8ができないよ。」と、困惑していました。 そこで、「アメを5個持ってて、8人集まったんけど、足りないのでお母さんに10個アメをもらってきま [続きを読む]
  • 自主的に問題集を選べる環境を
  • わが家では、塾に行かず、自宅学習をしています。 自宅学習は、メリットもデメリットもあると思うのですが、わが家では「学習進度」より「学習意識」を重んじているので、家庭に合わせた価値観で進められるのは自宅学習のメリットだと考えています。 学習といっても、問題集やプリントだけが学習ではありません。わが家での「学習」を重要度順に並べると、①親子の会話(討論)、読書、図鑑②スポーツ③オセロ、 [続きを読む]
  • 手品で思考力UP!
  • わが子は手品をするのが大好きです。お友達が来ると、いつもお披露目をしています。 手品セット(8つの手品)のブログはこちら↓http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12247643564.html 手品をするって、思考力UPに効果的だと思います。そして、客観的目線をイメージする練習にもなると思います。なので、できるだけ付き合うようにしています。知ってるネタを何度もされて、ウンザリすることもありますが・・ [続きを読む]
  • 計算をいろいろな解法で【算数の種まき】
  • スーパーエリートの問題集1年生で、94−46−28=80+14 −40−6 −20−8=80−40−20 +14−6−8=20 +0=20 という解法を学びます。 わが子からすると、「前から順番に暗算すればいいじゃない。」 ま、このくらい簡単な問題の場合はそうなのですが、中学受験のもっと難しいレベルになると、式を整理して解いた方がはるかにスピードが速く、「順番通りに解いてると時間内に [続きを読む]
  • 体験学習「おうちで田植え」
  • 体験学習「おうちで田植え」 先日、子どもが言いました。子「お米は滋賀県でたくさん獲れるんだよ。」 母「滋賀県でも獲れるだろうけど、もっと獲れるところあるよ。  新潟県とか、北海道とか、秋田県とか・・・。」子「でも、前に滋賀県に行った時に、田んぼがいっぱいあったよ。  スーパーに『近江米』のお米も売ってたよ。」 なるほど、これまでの旅行で、山形県でサクランボ畑を見た→サクランボは山形県 [続きを読む]
  • <知識本>もののしくみ大図鑑
  • 知識本の紹介です。 もののしくみ大図鑑↓最新版 もののしくみ大図鑑 どうやって動くの? Amazon 自動車を始め、物がどのように出来ているか、どうやって動くか、仕組みがわかりやすく載っています。 先日ブログで紹介した「くるまづくり」の体験学習も、この本がきっかけとなりました。 体験学習「くるまづくり」↓http://ameblo.jp/saruru-kiriri/entry-12272089624.html この図鑑のおかげ [続きを読む]
  • ピグマリオン第2講座「サイコロころころ」
  • ピグマリオン第2講座「サイコロころころ」 ピグマリオンの思考力講座に「サイコロころころ」という問題があります。 サイコロが転がったときに、斜線の位置では上の面に何が来るか、という問題です。 わが子は、頭で立体を転がすのが得意です。それぞれのマスに、下側に来た数字を書いていって、斜線のマスまで来たら反対側(上側)の数字をかけばいいわけです。 一番上の問題でいうと、斜線のマスで [続きを読む]
  • ピグマリオン第2講座「ネットワーク」
  • ピグマリオン第2講座「ネットワーク」 ピグマリオン第2講座のご紹介です。 ・同じ数字どうしを結びます。・線と線は交差しないように結びます。・マス目は全て通ります。 第1講座「にげみち」を少し難しくした感じです。よく考えられた問題だと思います。 外側のマスから埋めていくのがコツですが、コツも自分で発見させることを大事にしています。 第1講座「にげみち」http://ameblo.jp/saruru-kir [続きを読む]