ninben さん プロフィール

  •  
ninbenさん: 文楽
ハンドル名ninben さん
ブログタイトル文楽
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ninben1978-bungaku/
サイト紹介文オリジナル詩のサイト。文楽(ぶんがく)と読みます。読んだ方のリズムで楽しんでもらえれば。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 212日(平均0.6回/週) - 参加 2017/02/07 22:59

ninben さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 泪雨
  • 泪雨 埃まみれの雲の下では幾万の刻を穢れが障んで小さきものの嘆きさえ聞こえない生き物は横たわる同胞にのみ誓いの祈りを捧げてる その響きをかき消すように僕はただ激しさを増していく 血肉混じりの丘の上では幾億の星が濃霧に擦れて終わり逝くその輝きを讃えてる生き物は... [続きを読む]
  • 永遠の四季
  • 永遠の四季 紫苑を揺らす風が吹き凪の終わりを連れてきた 十六夜の空音が裂き月の足下照らし出す 南天の実が染まる頃風は嵐に変わりゆく 雪の無い冬雨が降る鉄の混じった雨が降る 嵐は島を巻き込んで南の鳥が堕ちていく 特別な風蒼穹の鏃となりて突き進む 滂沱の痕も遺さずに... [続きを読む]
  • 追憶
  • 追憶 蝉は鳴いていただろうかあの夏の日喉も焼かれるような熱気早過ぎた夕立 焼け石の水が作り出す陽炎に霞むように微笑んだ雨露の花 優しく撫でるように背中を押されたその手の温もりを思い出せずにいるあなたはいつも希望だけを残してその目の輝きが心の奥を締め付ける 春... [続きを読む]
  • ドラゴンライナー
  • ドラゴンライナー チトニアが星を見上げてる風で軋む鉄の枝葉で砂のように崩れていく幾千億の欠片 星空に手を伸ばすような罪を贖う蔦のアパート鳥はそこで生まれ育ちまた飛び去って行く それを何度も見送ってまた会える日を祈った チトニアが揺れて隠してる二つに折れた鉄の... [続きを読む]
  • ペルセウス座の涙
  • ペルセウス座の涙君たちの中で歳を追う毎に偽物になっていく私はただ闇雲に本物以上であろうとして余計に偽物になっていく私はと言えば形さえ整えば何とかなっていく筈だとただ闇雲に本物志向であろうとして余分な足枷になっていたこの道はあの夜に繋がってるようで何... [続きを読む]
  • 花火
  • 花火 いつも眺めていた河川敷のグラウンドは立ち籠める陽炎や生い茂る草葉の色濃さに詮方なく夏を受け入れ櫓を囲うように渡された提灯が宵闇の訪れと共にゆっくりと和色に包まれていく目立ちたいのか溶け込みたいのか浴衣の群れは向こう岸を見つめて夜明けを待つ花のよう... [続きを読む]
  • 通り雨
  • 通り雨この手が誰の血で染まっていたかも解らないくらいにただ誰かから奪い獲るだけの争い尊さを決める基準が引鉄を引く勇気をくれる今日も誰かの音を聞いた何かに縋る最期の歌僕らが失くしたものなんてただ星に還っていくだけなのに出逢いは弾の味 現かどうかも解らな... [続きを読む]
  • 明日
  • 明日地を這う者は 踏まれない事にだけ地を行く者は 蹟かないようにと何れ応えなど無い 祈りを捧げて求める意味さえ知らないままの二つの小さな手は抱き合うように 互いの耳を塞いで搔き消すように 願いで夜を振り払う血を持つ者は 均された道を行き血を吐く者は 限られた... [続きを読む]
  • 朝を待つ
  • 朝を待つこの時代から見た僕等はじっと朝を待つ鳥のように怯えていたり輝いていたり代え難い 自由という鳥籠からも飛び出してしまいそうに見えていたのだろう其々の道筋に朝日は登ると信じて疑わず誇示するように 羽を広げてはみ出した夢が赤く染まっていく頃には散ら... [続きを読む]
  • 星の欠片
  • 星の欠片この舟に揺られて時速10万キロの夢を見てる生命と呼ばれてた星の欠片たちそれは引と斥の狭間で星の体温に運ばれる風と水の軌跡が織り成す空と海の隙間に芽生えた罪の在りかが形を成し罰の痛みを慰め合って遺し残され空へと還り月の滂沱でまた色を成すそれは... [続きを読む]
  • えかきうた
  • えかきうた亜麻布を彩る君の笑顔が閉じ込められた季節をただ見つめてたいつか遠い未来に僕の理想の世界が誰かの心に残って想い描くしか出来なくなった君と歩んでいる 僕の未来が形を成したりするだろうかいつか聞いた言葉に君の答えを探して僕らの未来を願った通り... [続きを読む]
  • アンティーク
  • アンティーク霧に埋れて何も見えないそんな時の狭間でとてもアンティークな懐かしい音が響いてそれが何なのかさえ言葉にならなかった何時かの僕が泣いている山を疾り 海を見て 空が泣き出し風を避けて 寄り道して 暖めあって霧の降りた 道すがらの坂の上先の見えない道... [続きを読む]
  • Another story
  • もう羽根もわずかな翼で 絶え絶えの息は白く伸びるけれどその瞳の光は 守るべき未来を見つめてる黒く濁る感情の渦にあなたが 連れ去られないようにと狂気にも似た祈りは 今 あなたのもう一つの翼その瞬間 一つになれたような そんな気がしたあどけない願いを 溢れる音(... [続きを読む]
  • 涙揺らめく黄昏のその景色には彼女だけが映し出されて両手に抱えた小さな花束それをこちらに虚ろに掲げて伏し目に俯き何かを呟く裸足の向こうは焼けた野草消えずに燻り煤けた頬を撫で彼女は今も探してる置き去りにした笑顔を探してるタスケテと呟きながら泣かないで... [続きを読む]
  • 春もし私がこの世で最後の一人だったとしたらあなたは私があまりの淋しさで生み出した都合の良い幻想でどんなに突き放されても何時かは私を選んでくれるだから信じて待てばいいそしたらこの待ち受けのような優しい笑顔で帰って来るから外はまだ花より雪の好みでだった... [続きを読む]
  • 冬の日
  • 冬の日降り続く雪は 時代の傷みを覆い隠して忘れたい筈の 黒い痛みを浮き彫りにした置いて行かれた時の私のままにしたいけど冬に怯えて今も私はここで生きている綺麗な白に鎖された丘で最期の唄を歌いましょう響いていく雪空に満たされないこの想い薄雲の隙間から零れ... [続きを読む]
  • はじめまして
  • このブログは物書きを楽しむ仲間の猫八百の作品を載せてます。彼の詩は音楽をもじった「文楽」というテーマで取り組んでいて、読んだ方それぞれのリズムで楽しんでもらえたらと考えています。年々歌詞の身近さが強くなってきていて、せっかくの詩の楽しさがあまり目につかな... [続きを読む]
  • 過去の記事 …