読むだけ元気お届け人 さん プロフィール

  •  
読むだけ元気お届け人さん: 「言葉こそ人生」
ハンドル名読むだけ元気お届け人 さん
ブログタイトル「言葉こそ人生」"今ここを生きる心"の裏側
ブログURLhttp://imakokowoikiru.hatenablog.com/
サイト紹介文「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人がお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 43日(平均11.2回/週) - 参加 2017/02/08 12:26

読むだけ元気お届け人 さんのブログ記事

  • 「レイコップ」ふとんクリーナー、うちの母も愛用していた!
  • 何やら母が楽しそうに布団に掃除機を当てていました。 最近流行りのふとんクリーナー「レイコップ」やん!(買ってたんや・・・) しかし、このクリーナー、よく考えられていますね。 言ってみれば、掃除機を布団専用にしているだけなのに・・・・ 普通の掃除機を製作しているメーカーでも作れそうな商品。 用途を「布団」に絞り込んで、開発したところにポイントがあると思います。 そこに新しいマーケットがあると認識して [続きを読む]
  • 金融資本主義の恐竜
  • 前回、日本に行った時に、銀行のキャッシングマシンから、現金を引き出したんですよ。   同じ銀行のキャッシングマシンです。(ちなみに京都銀行だったんですけどね)   同じ銀行でも、土日だと手数料かかるんですね。(108円かかりました。)  銀行さんは機械を置いているだけなのに、一体、何の手数料かかっているんだろう?  銀行によっては、手数料かからないケースもありますよね。  いつもコンビニで新生銀行の分 [続きを読む]
  • 「ジャックと天空の巨人」(映画)観ました。
  • テレビでやっていたので、ついつい最後まで観てしまいました。 ご存知「ジャックと豆の木」をモチーフにアレンジされた映画作品です。 ストーリーは、まぁ、巨人が「悪」で、ジャックが「善」で、お姫様を助け出して、ハッピーエンドってことです。 しかし、ジャックが豆を撒かずに、天空に行かなかったら、巨人との接点も無かったはずですけど・・・ ストーリーの裏に、「俺はジャイアン!ガキ大将!」思想(=帝国主義的植民 [続きを読む]
  • 「お金はいつも正しい」堀江貴文:著
  • やっぱりホリエモンは、「お金」の特徴というか、その本質をうまく捉えてますね。(少し棘のある言い回しが、受け入れられない人を作っていると思いますが・・・) 常識と言われるものを疑い、自分の頭で考えぬくこと、それを徹底することが大事なのです。 「お金」というモノに焦点を当てすぎると、逆に何も本質を理解できなくなる。 まぁ、そういうことです。お金はいつも正しい (双葉文庫)posted with amazlet at 16.12.12 [続きを読む]
  • 「トッツィー」(映画)久しぶりに観ました!
  • 先日、「レインマン」を観て、ダスティン・ホフマンの名作を見直ししました。 この「トッツィー」も素晴らしいですね。(1982年の作品です。) 仕事に悩む役者が、女装して一躍時の人になる。 当時の女性が言いにくいことを、代弁しているんですね。(今見ると改めてそう思います。) 友情や愛情の表現の仕方が、心温まるアプローチで、とてもいいですね。トッツィー [DVD]posted with amazlet at 17.01.01ソニー・ピクチャー [続きを読む]
  • 「マーケターの知らない「95%」」A・K・プラディープ:著
  • なぜ脳は、購買をしたくなるのか? 脳科学の視点からマーケティングを分析をしています。 非常に参考になりました。 男性脳と女性脳では違うってことは、知ってはいましたが、あらためて科学的に分析されると気付かされることが多い。 「脳が好むこと」これを意識して、マーケティング活動をしていかないなぁと再認識させられました。マーケターの知らない「95%」 消費者の「買いたい! 」を作り出す実践脳科学posted with am [続きを読む]
  • 「世界を変えるお金の使い方」山本 良一:著
  • どれくらいのお金があれば、どんな世界貢献ができるか?ということが書かれています。 世界中の人々に毎年、安全な飲み物と最低限の衛生設備を提供するのに、9900億円とのこと! え?1兆円もかからずに、それができるの? 日本が国債を刷ることを考えたら、微々たるお金じゃない? なんか希望が持てました。 それくらいの端た金で、世界中の人に安全な飲み物を提供できるなら・・・やってみたい!世界を変えるお金の使い方 [続きを読む]
  • やりたくないことを視角化すると・・・
  • 私は、仕事柄というのは、私個人の性格というのか、様々な方から、お悩み相談を受けることがあります。 個別の内容はお伝えできませんが、そういった「お悩み」の総評としまして、みなさん「問題が定義できていない」ことが問題だと思っています。 「あなたのお悩みは何ですか?」 という質問に対して、自分の問題点が明確になっていない限り、良くも悪くもならないんです。 では、問題とは何か? Google先生に聞いてみたら、 [続きを読む]
  • 「ロレンツォのオイル/命の詩」(映画)改めて鑑賞しました!
  • 「ロレンツォのオイル/命の詩」という映画を久しぶりに観ました。これは実話を基に作られた映画です。一人息子のロレンツォが、当時発見されたばかりの不治の病(5歳〜10歳の男の子だけに発症する遺伝的な病気)にかかっていることを知り、両親のオドーネ夫妻は医学的知識が無いにもかかわらず自力で治療法を探していく話です。結論から言うと、彼らは特定のオイルを開発し、余命2年とされていたロレンツォは簡単な意思表示 [続きを読む]
  • 「仕事のヒント」神田昌典:著
  • 仕事のヒントを、エッセンスの濃い言葉で表現されています。一つ一つ重いです。何かあった時に、読み直して、その時の気づきにできる便利な一冊です。この中から、いくつか抜粋して紹介します。富とは、蓄積された結果にあるのではなく、流れるプロセスのなかにある。一貫性がない会社をお客は「ウサン臭い」と感じる。いま喜んでいる人を、さらに喜ばす。うさん臭い会社ね・・・たくさんありますね。仕事のヒントposted with am [続きを読む]
  • 「超入門資本論」木暮太一:著
  • マルクスの「資本論」を、ものすごーく搔い摘んだ感じで解説しています。 個人的には、すごくわかりやすく感じました。 なぜ、資本主義の中で働いていると、いつまでも「しんどい」のか? その本質が理解できて、腑に落ちました。 この本質を理解した上で、どういうライフスタイルを選ぶのか? そこがこれからの時代、必要な思考なのかも知れませんね。超入門 資本論posted with amazlet at 16.12.05木暮 太一 ダイヤモンド [続きを読む]
  • 言葉が不要なくらい極めたい
  • 言葉で何かを伝えることって、仕事でも日常生活でも大事なことですよね。 けど、たまにこの「言葉」というか、言語化するってことが、邪魔くさいというか、もっとテレパシーみたいなので、通じないかなと思う時があります。 何かを突き詰めていくと、第六感みたいに、言葉では表現できない領域に達します。 概念というか、感性というか、世界観というか、その道を極めた人にしか感じられない「モノ」というか・・・抽象度の高い [続きを読む]
  • 「億万長者 富の法則」ロジャー・ハミルトン:著
  • 自分がどういうタイプの人間なのか? それを認識して、行動することは大事です。 自分のタイプにあっていることに集中することが、フローの状態をつくり、より富を構築するのに役立つとのこと。 ただ、テストで自分のタイプをチェックしてみたけど・・・ 私って、そんなタイプなのかなぁ?億万長者 富の法則posted with amazlet at 16.11.28ロジャー・ハミルトン 中経出版 売り上げランキング: 100,453Amazon.co.jpで詳細を [続きを読む]
  • 「インベスターZ 16巻」今回は買って読みました!
  • 15巻の時は、古本屋で立ち読みしてしまったので、今回はきちんと購入しました。(当たり前って?すみません!) 今回は生命保険、保険セールスレディについて。 保険の仕組み、セールスの仕方、改めて裏を知ると面白いですね。 財前くんとお父さんの論理的な正攻法を、後から完全にひっくり返す裏技。 いろんな意味で勉強になりました。インベスターZ(16) (モーニング KC)posted with amazlet at 17.02.19三田 紀房 講談社 ( [続きを読む]
  • 「お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか」鳥居祐一:著
  • 読んでいると、「なんか知っていることばっかりだなぁ」と思って調べてみたら、以前に読んだことのある本でした(笑)。  書いてある内容は、まともなことだったので、復習ってことで、良しにしましょう。  しかし、読んだことのある本を、また買ってしまうとは。。。  何度かあるんです。  まだまだ成長し切れていないという証拠ですね。お金持ちにはなぜ、お金が集まるのかposted with amazlet at 16.11.15青春出版社 [続きを読む]
  • アリンコのように忙しいだけじゃ駄目
  • アメリカ合衆国の作家・思想家であるヘンリー・ディヴィッド・ソローさんの格言でこんなのがあります。  ” It is not enough to be busy. So are the ants.  The question is: What are we busy about? "   Henry David Thoreau    私のお気に入りの格言なのですが、訳すと、こんな感じです。   「忙しいというだけでは十分ではない。アリンコも忙しい。 問題は、『我々は何に対して忙しいか』である。」   ヘン [続きを読む]
  • 「売りたかったら客に考えさせるな!思考停止ビジネス」坂口孝則:著
  • 中味をペラペラとめくって、最初は、脳化学や行動心理学の本だと思って、ブックオフで買いました。 脳の錯覚を利用したノウハウ本(ある種のキワモノ本)だと思っていたのですが、読んでいくうちに、深い内容が書かれてあることに気付きました。  思考停止を望んでいるのは、供給側(販売者側)ではなくて、需要側(顧客側)なんです。  これは、深い気付きを得ました。売りたかったら客に考えさせるな! 思考停止ビジネス [続きを読む]
  • 「『言葉』があなたの人生を決める」苫米地英人:著
  • 「言葉」があなたの人生を決めるメッセージ「アファメーション超入門」ということですが、わかりやすくて良かったです。 苫米地先生のコーチング理論の基本となる部分が、丁寧に説明されています。 ゴールの設定の仕方、復讐の意味でも参考になりました。 「言葉」があなたの人生を決めるposted with amazlet at 16.11.13フォレスト出版 (2015-02-19)売り上げランキング: 2,408Amazon.co.jpで詳細を見る_/_/_/_/_/_/_/_/_ [続きを読む]
  • 失敗してもいいので、まずやってみよう!
  • 先日、マカオから中国に戻る時、国境の近くで、「地球の歩き方」というガイドブックを見つめながら、立ち止まっている日本人の女性がいたので声をかけました。  どうやら、歩いて中国に入国したかったけど、どっちに行ったら良いかわからなくて迷っていたとのこと・・・・。  ちょうど私も国境を越える時だったので、「一緒に行きましょう!」ということになって、一緒に越境しました。  マカオ(特別行政自治区)と中国側の [続きを読む]