goldhead さん プロフィール

  •  
goldheadさん: 関内関外日記
ハンドル名goldhead さん
ブログタイトル関内関外日記
ブログURLhttp://goldhead.hatenablog.com/
サイト紹介文双極性障害II型の人間がジプレキサ食いながら書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 106日(平均9.2回/週) - 参加 2017/02/08 20:35

goldhead さんのブログ記事

  • 『ドキュメンタル』がなんかいまいちな理由
  • 松本人志プレゼンツの『ドキュメンタル』。参加費100万を払った芸人10人が密室に入れられ、6時間笑わずにいられたやつが1000万もらえるという設定。Amazonオリジナルの番組。これのシーズン2を昨日見終えた。なんというか、なんかちょっといまいちだった。なんだろうね。なんかこうね、Amazonだけにね、という理由もあって、みんな脱ぐ方向に行っちゃうのがね。下ネタに行くのがね。そこんところがどうも飽々というか。笑えないわ [続きを読む]
  • 薬まちがえ目が回る
  • 会社に着いてから目が回る。なにかの比喩ではなく、目が回るのである。もっと正確にいうと頭がクラクラするというか、そういう状態が続いているのである。眠いわけではない。と、ここでなんとなくこの感覚に覚えがあるな、と思ったわけで、それは薬の飲み間違いだ。朝、アロチノロール塩酸塩(期外収縮対策)と間違えて、抗精神病薬か睡眠薬を飲んでしまったのではないか、と。前に、そういうことがあって、道を歩いていて本当に世 [続きを読む]
  • ピザは人に作らせて持ってこさせるべき
  • 毎月22日はピザの日。199円のピザ。これをこんなふうにしようとしたら、宅配ピザの安めのほうが安いことになってしまった。それでもおれはアボカドとエビの組み合わせを味わいたかった。チーズをマシマシにしてこうなる。大惨事。もはや、ピザ生地が具材を支えきれない。うまく切れない。しかたなく、チーズまみれのなにかをフォークで刺して食べる。しばらくすると底の方から存在感のないピザ生地が出てくる。……おれが思ってた [続きを読む]
  • 映画『聖の青春』を観る
  • 聖の青春発売日: 2017/03/17メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (1件) を見る恥ずかしながらというか、なんというか、おれはこの映画の原作である『聖の青春』を未読なのである。未読のかわりに、たぶん2冊持っているが、そこに意味はないのである。指せもしなければ、『聖の青春』も読まずに将棋ファンを名乗れるのか。まあ名乗るつもりもないのだけれど。というわけで、映像化作品からいってみた。松山ケンイチの [続きを読む]
  • 五月のよく晴れたある土曜日の会
  • 土曜日の朝、おれは早起きした。早起きしてシャワーを浴びて寝癖をなおし、「休日の独身男性としてこんな感じかな」という服を着た。服を着て待った。何を? 座椅子と小さなテーブルだ。土曜日午前指定。トイレに入っている間に来られても困る。おれは緊張する。とはいえ、おれは座椅子と小さなテーブルをどっかから持ってくるのも嫌だし、なにせカーがないのだ。息せき切らして二つの荷物が届けられた。すごい大きさのダンボール [続きを読む]
  • ペヤングヌードルの懐かしさはどこからくるのか?
  • ダイエット中だが、見慣れないものをコンビニで見かけたりすると、野菜と豆腐以外のものにも手を出す。一週間に一度くらいいだろ。その分走ります。というわけで、ペヤングヌードルである。「え、見慣れないの?」という人もいるだろうが、おれは少なくともその存在を知らなかった。ソース味のヌードルかと思ったくらいだ。で、お湯を注いで食ってみたわけだが、ああ、なんだろうこの懐かしい「カップ麺」の味は、と思った。このい [続きを読む]
  • おれたちが首なし鶏マイクじゃないって誰が言えるんだ?
  • (Wikipediaより引用)首なし鶏マイク - Wikipedia首なし鶏マイク(くびなしにわとりマイク、Mike the Headless Chicken、1945年4月 - 1947年3月)は、首をはねられた後も18か月間生存していたことで知られるアメリカの雄鶏である。おれはたまに首なし鶏マイクのことを考える。そして、おれが首なし鶏マイクじゃないって誰が言えるんだ? と思う。おれには本当の頭がないのかもしれないし、なにか内臓の一部と筋肉の反応だけで生 [続きを読む]
  • ドレミの歌が聴こえてくるよ〜正しい「ソ」はなんであるか?
  • 今日の帰りのトンネルの中でのことだ。ゆっくり前を行く自転車のベビーチェアから歌声が聴こえてきた。トンネルの反響を面白がっているのだろうか。歌っているのは「ドレミのうた」だった。ド・レ・ミ……は順調にいった。いったのだが、ファで問題は起きた「ファイトは〜」と歌ってしまったのだ、その子は。どうするというのだ?「ファイトは……ファー」でごまかした。ファー様。まあいいだろう。というか、この歌にはそもそもご [続きを読む]
  • 的場文男の7000勝は通過点に過ぎないんだぜ
  • パドックなんかで一番絵になる騎手といえば的場文男であって、直線、脚のあがった馬を腕力というか、全身の力でで持ってくるのも的場文男なのだぜ。news.netkeiba.com17日、川崎競馬場で行われた11R・川崎マイラーズ(ダ1600m)で、的場文男騎手騎乗の5番人気リアライズリンクス(牡7、浦和・小久保智厩舎)が1着でゴール。この勝利で的場騎手は地方競馬史上2人目となる地方競馬通算7000勝を重賞レース優勝で達成した。その的場文男 [続きを読む]
  • ささみの生産が足りない
  • おれは今、ダイエット中だ。身体を作り直し、心を作り直そうとしている。そこで重要になってくるのがささみだ。おれは以前、野菜とささみによって痩せた。痩せた結果、医者に「強迫性障害、拒食症」と言われた。それはいい。今度はうまくやる。ところがどうだ、ささみが高い。おれの愛する食品館あおばにおいても、ささみが高い。もも肉くらいする。どうしたことだ。ジャンボパックで100g39円とかじゃなかったのか?よくわからない [続きを読む]
  • それほどラーメンが獣臭くないぞ『クリーピー 偽りの隣人』
  • クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]出版社/メーカー: 松竹発売日: 2016/11/02メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見るけっこうラーメンが獣臭い映画かな? と思って観てみたら、それほどラーメンが獣臭いわけでもなかった。題材としては十分にラーメンが獣臭いのだけれど、臭さが足りないな、と思った。それは西島秀俊がかっこよすぎるのかもしれないし、香川照之がそれらしすぎるのかもしれないが、ともかく、い [続きを読む]
  • 記憶に残らないぞ『レッドタートル』
  • レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集 [Blu-ray]出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社発売日: 2017/03/17メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (1件) を見るジブリが関わったセリフ無しのCG映画、ということは知っていた。そのへんのことを知っていて観た。なるほど、人物の動きとか自然だ。なるほど、生物の動きとか悪くない。しかしなるほど、これはなんというか、 [続きを読む]
  • 大戸屋で二度三度
  • 女と大戸屋に入った。同じ定食を頼んだ。違いがあるとすれば、おれはそのときあえて五穀米でない方、すなわち白米を選んだというだけだった。品物が来た。あれ? 女の方にしょうゆ色した液体調味料の入った小鉢が一つ足りない。店員さんを呼ぶ。「おなじものを頼んだんですが。この鉢がこっちにしかついてなくて。向こうにはないんですけど、なにか別のものが紛れたんですか? それともつけ忘れですかね?」と訊いてみる。「はい [続きを読む]
  • 座椅子のこと
  • 座椅子の座るところが破けて、なかみのスポンジがポロポロとこぼれるようになった。買い替え時かな? と思っていたら、背の部分も破けていることに気づいた。買い替え時だろう。\42段ギア搭載/ 人気の1億円座椅子にLサイズ登場! ラージサイズ 低反発 座椅子 座いす 座イス 1人掛けソファー チェア ラージ リクライニング 【30日間返品保証】 送料無料 送料込ジャンル: インテリア・寝具・収納 > イス > 座椅子 > 布地ショップ: [続きを読む]
  • 『天冥の標IX PART2 ヒトであるヒトとないヒトと』まで読んだ!
  • 天冥の標? PART2 ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫JA)作者: 小川一水出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2016/10/31メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る1巻を読んでからどれだけ経ったろうか。goldhead.hatenablog.comまあ、3ヶ月くらいか。年度末なんかが入って読めない時期もあったけれど、このところの読書といえば『天冥の標』だった。そういっていい。おれの今年の上半期の読書は『天冥の標』 [続きを読む]
  • 痩せる!
  • 電車の中。女が席に座り、おれはその前に立っていた。急に女がおれの腹をつついた。つついて笑った。「ないと思ったらあった」と。すなわち、服の膨らみかと思ってつついてみたら、腹があったということだ。屈辱だ、なんて日だ!ということで、おれは痩せることにした。痩せるのはおれにとって必要なことだ。もしも二重あごになったりしたら、睡眠時無呼吸症候群が悪化するに違いない。そして、糖尿病になったりしたら、抗精神病薬 [続きを読む]
  • 中野ブロードウェイ・再訪
  • 中野ブロードウェイ、再訪。もう一度来たいと思っていた。いつも思ってた。思っていれば行けばいいのに。goldhead.hatenablog.comまあ、ちょうど一年近く経ってしまっていて。それで今日起きたのが午後2時とかで。中野についたのがちょうど4時くらいで。それでおれは起きてからなにも食っていなくて、とりあえずラーメンでも食べようかと思っていたけど、やはり目的は中野ブロードウェイであって、その四階であって、おれは北に向 [続きを読む]
  • 盆栽鉄道2017
  • 今週のお題「ゴールデンウィーク2017」5月3日、おれは新幹線に乗っていた。素性の知れない旅に出る。見送りは見知らぬ猫一匹。さあ、新幹線よ進むのだ。え、ここは新幹線乗り場ではないのですか?というわけでおれは盆栽美術館に行ったのだった。盆栽美術館の撮影許可範囲は少ない。この白化した部分をなんとかいって、それを愛でるのである。根も苔もいい感じなのである。ほんとうにいいもの、名前のついたものは撮影不可なのであ [続きを読む]
  • なんの機が熟した、なんの木に熟した
  • www.sankei.comどこらへんがどう熟しているのかよくわからんし、おれには政治がよくわからん。国家の根本であろう憲法を改造するというのは保守の立場なのかね、革新というか、革命的なのではないのかね。いいや、時代に合わせて少しずつ改造していくのが保守のあり方なのだという解釈でいいのかね。おれにはさっぱりわからんのだよね。だいたいにして、なんとか幼稚園にしろなんとか防衛大臣にしろ、グダグダとくだらん茶番ばかり [続きを読む]
  • こもしれん我身の丸立ちする大文根
  • ふらぎきった雑管束の、かじみ切りでひりばったところから、蝋傍液のそぼり落ちるのをさっけして、路寓士はかまらしくなった低腕で土元辺に八葉壷をちかした。こもしれん我身は裏膜と裏膜のあぎりから遠物をめぶち合わせて、いじもなげん肚僧の、日あがりするのを探獄していた。あばらかもした点洪のおつらおつらするのを手どめした路寓士、いっさくにあわらして「点電ろうせい」とはりのうて、こもれしれん我身もきりめいて回去、 [続きを読む]
  • 焼きそばがお好み焼きを蘇らせる
  • 正直に言おう。おれはもうお好み焼きが食えなくなっていた。いくら小麦粉の量を減らそうが、ともかく食べきるのにいっぱいいっぱいになっていた。それはお好み焼きに対する飽きからくるものかもしれないし、単に加齢からくるものかもしれなかった。ともかくおれはお好み焼きがだめになっていた。だから冬は鍋や蒸し野菜や雑炊ばかり食っていた。が、この間のことである。冷蔵庫の中にキャベツとダイコン、卵くらいしか食材がなくな [続きを読む]