kazoomin2 さん プロフィール

  •  
kazoomin2さん: がんが再発・転移してからのこと
ハンドル名kazoomin2 さん
ブログタイトルがんが再発・転移してからのこと
ブログURLhttp://ameblo.jp/kazoomin2/
サイト紹介文乳がん再発で現在ステージ4 前向きに闘ってます。
自由文2015年秋、乳がんステージ2
2016年秋、仙骨、腰椎転移、肺転移、脳転移、肝臓転移・・・
ステージ4になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 16日(平均7.9回/週) - 参加 2017/02/09 15:55

kazoomin2 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ハラヴェン 2回目は高熱につき延期。
  • 22日水曜日に、抗がん剤ハラヴェンの2回目の投与をする予定だったのですが、昨夜から熱っぽく、病院でも38.8度。ドクターと相談して来週に延期。心配だった肺の状態は、レントゲンで見る限りこの1週間に胸水が溜まっている様子はなし。それよりも、味覚障害が一番辛い。何を食べても味が濃いので美味しくない。家族は普通に食べているから、おそらく自分だけなんだろうけど。また足の痺れも今までの抗がん剤の中で一番感じ [続きを読む]
  • 副作用かな、味覚障害
  • 先週水曜日に新しい抗がん剤ハラヴェンを始めた。金曜日ごろから、「ん?」おかずを作っても美味しくない。 ほうじ茶飲んでも美味しくない。 何を食べてもなんだか記憶にある味と違うのです。 もしかして、これ副作用? 調べたらやっぱりありました。 http://www.anticancer-drug.net/plant_alkaloids/eribulin.htm   うーん、食欲も無くなってしまいそう。 なんだかなー。 [続きを読む]
  • ハラヴェン 最初の投与。 そして全身筋肉痛・・・。
  • 2月15日、退院してまだ翌々日なんだけど、医療センターに、新しい抗がん剤を投与してもらいに来ました。 9時半到着。採血、レントゲン、外科外来、このルートを今まで車椅子で回っていたのが自力で久しぶりに歩く。 ゆっくりゆっくり。つまづいたら絶対コケる。慎重に慎重に。 ドクターの診察は結局11時半ごろだったのですが、ガン腫瘍マーカーは依然20〜30台肺のレントゲンは、やはりほぼ胸水は溜まっ [続きを読む]
  • vol.3 高校中退、15歳の人生はどうなる?
  • 15歳の夏、1981年の夏。やっとの事で合格した県立高校だったが高校に通学するのをやめた。 中学3年のころの担任のN先生は、やっとの思いで合格した高校を自主退学したと知ったらどんなこと思うだろう。 親や姉妹のことよりも、なぜかN先生のことばかり気にしていた。きっと自分を一番考えてくれていたのは、当時N先生だったんだろうな。 さて、1980年代、15歳の少女は、お金さえればアパートだって貸してくれるし [続きを読む]
  • 13日退院。 でも、通院はまだまだ続く。
  • 2月13日、再入院から20日でようやく退院できました。家に帰っても、結局は片付け物したり、なんやかんやでゆっくりできないのですが、それでも、家族がそばにいてくれるってことがどれだけありがたいことなのか実感できるから、やっぱりウチがいい。肺癒着は3回目でどうにかうまくいきましたが、がん腫瘍マーカーは依然20〜30台の高いままなので、今度の抗がん剤ハラヴェンが果たして効いてくれるかどうか、水曜日 [続きを読む]
  • 今度の抗がん剤は「ハラヴェン」
  • ドクターと相談して、来週から投薬する抗がん剤は「ハラヴェン」を使ってみましょう。ということになりました。 http://www.anticancer-drug.net/plant_alkaloids/eribulin.htm 説明によれば、比較的新しい、日本でできた抗がん剤らしく副作用も少ない。 思えば、2015年秋に最初に乳がんがステージ2で分かった時まずAC/DCでしこりを小さくしてから手術をなんて言ってたのが 2回投与後にはしこりはむしろ大 [続きを読む]
  • 肺癒着3回目
  • 朝からピシバニールをドレーンから流し込む肺癒着術。3回目になる。今日こそうまくくっ付いて下さい。左を向き、うつ伏せに、仰向けに、頭上げ足を上げ。朝10時30分終了午後、肺から繋がるドレーンからは、いままでと違う。確実に、胸水が出る量が激減…。よかった…。 [続きを読む]
  • アルブミン点滴
  • 昨日から3日間かけて、アルブミン点滴を1日に100mlずつすることになった。そして金曜日には再度肺癒着のピシバニールを入れてみる。そして肺に繋がってる管をはずして土日に様子見て月曜日か火曜日に退院。長かった。結局2週間はすぎるのね。仕方ない。ちょうど外は寒くてカラカラの冬少し休もう。 [続きを読む]
  • 加熱製剤でタンパク質補給
  • 朝の回診で、主治医から、3日間加熱製剤でタンパク質補給して、そのあとまたピシバニール再投薬しましょうとそういうことになりました。一度ドレーンを抜けばまた穴をあけるのも大変だから、できることをやって塞ごうということなんでしょうか。週末かな、退院は。のんびりいきます。 [続きを読む]
  • 肺癒着術、再び
  • ピシバニールに変えて、効果が出たかのように見えた肺癒着術。やはり完璧とは言えないみたいで胸水は、まだ溜まる。明日また投薬。これで背中からの太いドレーンが抜けてくれればいいんだけど…そろそろ2週間。早く帰りたい。我が家に。 [続きを読む]
  • 2月4日は世界がんデー
  • 2月2日。入院1週間目。夕方のニュースをみていたら、たまたま2月4日が世界がんデーだと知った。そして紹介されていた女性は福井で乳がんと戦い、家族の絆をより深め、前向きに、早期検診の呼びかけまで行っている高橋さんの日常。前向きに、ただひたすら、自分を包み隠さず表し、それを素直に受け止めるお子さんたちやご主人。ふと、自分はなるべく、病気の自分をあまり人に知られないようにしたい、みんなの元気が失せるだ [続きを読む]
  • 再入院で胸膜癒着
  • 1月25日(水)の診察と抗がん剤ロゼウスを終え、1月26日(木)再入院することになりました。毎週毎週2リットルも胸水がたまり続け、そのたびに抜きに行くのはもう限界。今週入院しながら太いドレーンを肺からさし、右の肺から胸水を抜ききり、月曜日にレントゲン、火曜日以降に投薬して肺を癒着させるんだそうです。こういう措置は、かなり昔からやっているようなのであまり心配はしてないのですが、終わってから中には発 [続きを読む]
  • 俳優小西さんの記事
  • 毎日新聞で紹介されていた俳優小西博之さんの記事「人生は夕方から楽しくなる」http://mainichi.jp/articles/20170113/dde/012/070/006000c 2004年に末期の腎臓がんと診断されて、完治。こんなことも本当にあるんだ。命の授業で生きることの大切さを伝える。いつか私もこんな日が来たらいいな。 [続きを読む]
  • 効いているのかロゼウス
  • ちょうど1週間前に息苦しくて駆け込んだ救急外来。その時、胸水が2.5リットル抜けた。今日も苦しければ行こうと思ったが、普通に生活できている。水曜日に投与したロゼウスが効いているのだろうか。 なかなか家の片付けができていない私のもどかしさを察して姉が今日も来てくれた。ありがたい。 今度は25日が診察と抗がん剤の日。その日まで何事もなければいいんだけど・・・。 [続きを読む]
  • vol.2 幼少の頃から高校退学まで
  • 生まれてから中学1年生の12月まで、東京都北区にある小さな食品市場の中にある乾物屋の娘として育った。 昭和50年代に入るまでは、日本はまだまだものを並べておけば売れる時代。おそらくすでに流通革命は起こっていて、スーパーやコンビニがポツポツと東京の片隅にもでき始めた時期だろう。 それでも小学校から帰ると夕方は毎日がお祭り騒ぎのような商店街。天井から吊るされた籠の中には、お札がいっぱい入って [続きを読む]
  • vol.1 誕生
  • 子供達のために、包み隠さず、これまでの人生を書き留めておこうと思う。 まずは生まれた時。 東京都北区にある小さな商店街。その一角にある乾物屋の三人娘の末っ子として生まれた私。 父は昭和ヒト桁生まれにしては170センチを超える大ガラで、昔バスケをやっていたちょっとハンサムボーイ。 母は大森のお嬢様。高校卒業後は日本橋の高島屋に勤め、いわゆる当時の花形職業「デパガ」というやつ。昔は閉店後 [続きを読む]
  • 今日も抗がん剤
  • 一昨日、救急外来で胸水を2.5リットル抜いてもらったから、今日の外来での最初のレントゲンでは、肺が綺麗だった。まださほど溜まっていなかったのだ。 姉に付き添ってもらい、抗がん剤ロゼウス。これが効いてくれたら胸水も溜まらなくなるんだろうけど、もう祈るしかない。 負けないぞ。絶対。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …