コンサバティブ さん プロフィール

  •  
コンサバティブさん: 首都圏でプロ野球観戦
ハンドル名コンサバティブ さん
ブログタイトル首都圏でプロ野球観戦
ブログURLhttp://ameblo.jp/a-conservative-opinion/
サイト紹介文首都圏で野球観戦をする感想を綴ります。
自由文気が向いたときに書き散らします。(笑)
埼玉西武ライオンズ、東京ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツを中心に観戦しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 107日(平均10.8回/週) - 参加 2017/02/09 23:43

コンサバティブ さんのブログ記事

  • 雨中の試合を逆転で制して貯金は今期最多7へ!
  • ライオンズ8−5ファイターズ(第10回戦)♯5月25日(木)県営大宮球場テーブルスコアコメント今年で10周年を迎えた大宮開催。最初の試合でブラゼル選手が途方もないサッカー場直撃の特大アーチを放ったりしました。大宮駅から距離があるのですが、個人的にはとても好きです。行きは氷川神社(武蔵一宮)参拝、帰りは美味しい飲食店が駅までの長い道を癒やしてくれます。 今日は味方打線が爆発するタイミングで雨が強 [続きを読む]
  • 野上投手が好投で昨年超えの4勝目で貯金6!
  • ライオンズ2−0ファイターズ(第9回戦)♯5月23日(火)@敷島公園野球場テーブルスコアコメント昨年から始まった前橋での試合でした。正確には渡辺政権時代に主催試合をやっているのですが・・・。 その時と昨年は行きました。昨年は土砂降りで試合ができるか危ぶまれる中でした。試合途中に雨が上がりましたが、ほとんどの観客がずぶ濡れだったと思います。 前半からマリーンズの石川にホームラン攻勢を浴びせて [続きを読む]
  • スピードスター軍団誕生へ
  • 怪我で出遅れていた金子侑司選手がイースタンに出場できるまでに回復してきました。ここで思ったのが、昨日、サヨナラホームランを打った栗山選手がレフトに入るとスピードスター打線が組めます。 中村選手はDH、外崎選手をサードにすると守備力も高くなります。 当然、ライトに金子選手。栗山選手がレフトの守備が負担ならレフトに金子選手でライトにカルロス木村選手でも大丈夫です。 キャッチャー:森選手、炭 [続きを読む]
  • 栗山選手のサヨナラホームランで劇的勝利!
  • ライオンズ7−6ホークス(第9回戦)♯5月21日(日)@メットライフDテーブルスコアコメント栗山選手の入団16年目の初サヨナラホームランでした。以前、交流戦のスワローズ戦で9回2アウトから同点に追いつかれてしまい、結局、最後はバーネットから栗山選手がセンターオーバーのサヨナラヒットを放ったのは見ましたが、サヨナラホームランを生で見ることができて幸せです。 今日は神宮とのダブルヘッダーでしたが、 [続きを読む]
  • 浅村選手の通算100号ホームランで打ち合いを制する!
  • ライオンズ7−5ホークス(第8回戦)♯5月20日(土)@メットライフドームテーブルスコアコメント2回の集中打、これが試合の大勢を決しましたね。 カルロス木村選手の2ランに続いて、浅村選手の通算100号となる3ラン。2点止まりと思っていたホークスの選手の志気にも影響したと思います。 3回にもカルロス木村選手、水口選手のタイムリーが飛び出して下位打線も佐野投手を援護しました。 佐野投手は味 [続きを読む]
  • 好投の菊池雄星投手を見殺しにして連勝ストップ
  • ライオンズ1−2ホークス(第7回戦)♯5月19日(金)@メットライフDテーブルスコアコメント 菊池投手は好投して8回2失点の内容でした。 2年前にマリーンズと3位争いを繰り広げた際に菊池投手はデスパイネに痛い2ランを浴びていますが、それ以来、長打を良く食らいます。今日も2本の2ベースを浴びて、7回は決勝点となるホームを踏まれることになります。 打線はチャンスがまったくないわけではないの [続きを読む]
  • レオの主砲、森友哉選手、復活目前
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000054-tospoweb-base プレシーズンに手抜きができない試合は勘弁してください。 ようやく復帰の手応えが。 いきなりキャッチャーというわけにもいかないので、最初はDHから。すると栗山選手はレフト復帰ですね。 森選手のプロ初ヒットは神戸のほっともっとフィールドでしたが、私は現地で見ていました。目の覚めるような弾丸ライナーをライトへ放ちました。 [続きを読む]
  • 十亀投手、8回を投げ今季初勝利!打線も効果的に得点!
  • マリーンズ1−5ライオンズ(第9回戦)♯5月18日(木)@ZOZOマリンテーブルスコアコメント 行って参りました。ZOZOマリン。仕事を抜けるのに一苦労しましたが。18:19東京駅発の快速電車でマリンへ。到着したら2回裏に入るところでした。ほぼ無風という環境でした。 久しく十亀投手のストライク先行の投球を見ていませんでしたが、今日は違いました。それだけに新鮮でした。初球ストライクが面白いよ [続きを読む]
  • 野上投手粘投でマリーンズに競り勝ち4連勝!
  • マリーンズ2−3ライオンズ(第7回戦)♯5月16日(火)@ZOZOマリンテーブルスコアコメント 初回以外は毎回安打の攻撃も得点は5回に4連打であげた3点のみでしたが、今日の野上投手の調子の良さで凌いだ試合でした。 勝負所で三振を奪いましたが、ストレートが走っていたのでファールを打たせたり、三振を奪えました。左右に揺さぶる投球術を用いなくても討ち取れるほどボールが乗っていました。また、風も味 [続きを読む]
  • 12球団本拠地の「アクセス度」を比べると・・・
  • 完全に個人的な感想です。私の自慢は12球団すべての本拠地でライオンズを応援したことがあることです。なのでアクセスの良さは再び脚を運びたくなる基準でもあります。 基準は所在地近辺で新幹線の最寄り駅、首都圏は球場への電車の利便性を加味して決めました。 ちなみに自宅からメットライフドームは片道1時間20〜30分かかります。乗り換え2回。 最寄りは神宮球場で徒歩1時間、地下鉄利用で30分以内。 [続きを読む]
  • ウルフ不敗神話復活へ!バファローズを3タテ
  • バファローズ1−6ライオンズ(第8回戦)♯5月14日(日) @京セラドーム大阪テーブルスコアコメント 完勝というのは、この試合のためにあるような言葉です。 まず、先発のウルフ投手はツーシームの変化が悪く万全とは言えません。先週の所沢での登板から、やや上ずる投球が見られるようになりました。 ただ、球速は140台中盤を記録していましたが、そもそも打たせてアウトを重ねる投手ですので、球速より [続きを読む]
  • 佐野投手、先発プロ初勝利で勝率5割復帰!
  • バファローズ2−8ライオンズ(第6回戦)♯5月13日(土)@京セラドーム大阪テーブルスコアコメント 佐野投手が少しアップアップ気味でしたが、5安打1失点の内容で先発としてプロ初勝利を挙げました。 変則フォームというわけでもないのですが、一巡すると打たれ始めるという感じでしょうか。スタミナの問題かもしれません。 2年目に筋トレに目覚めてしまい、それはそれで大変に結構なのですが、ボールも握 [続きを読む]
  • 見るも情けない下位打線の打撃成績・・・。
  • 6番以下の打線が機能していません。 ヌルデータ置き場さんからお借りします。 なんと6番以降の打率がひどいことに・・・。 6番 .1717番 .1898番 .1909番 .221 これではセ・リーグのピッチャーでも打率だけなら上を行く選手もいますね。ジャイアンツの菅野は13打席4安打で打率.308です。スワローズのルーキー投手の星は6打数2安打の.333です。嶋コーチ、阿部コーチは何 [続きを読む]
  • 1−2で惜敗も光明を見いだす敗戦
  • ファイターズ2−1ライオンズ(第8回戦)♯5月10日(水)@札幌ドームテーブルスコアコメント立ち上がりが悪い十亀投手でしたが、味方がラッキーな当たり損ねのヒットを重ねて先制したものの、踏ん張りきれずに即同点に、また、3回にもボール先行の投球から逆転を許します。 最近、目立つようになってきた守備の破綻要素もあって崩壊の危険もはらんだ展開でした。 打線は一昨日に指摘したとおり、一発を狙いにくい [続きを読む]
  • 高橋光成投手今季初勝利で快勝!
  • ファイターズ2−7ライオンズ(第7回戦)♯5月9日(火)@札幌ドームテーブルスコアコメント 内容的には褒められたものではありませんが、高橋光成投手が初勝利を挙げてファイターズに快勝しました。 結果がすべてですから、勝ったので良しとしなければなりません。しかし、今後に向けてまだまだ修正の余地がたくさんあります。 打線は16安打を放ち猛打賞がいないため、先発全員安打となりました。 また [続きを読む]
  • 復調しつつあるファイターズをどう迎え撃つか
  • ガーデニングショーの影響でホームのアドバンテージをしばらく喪失する季節となりました。 下旬まで本拠地には戻りません。もっとも交流戦になると神宮球場や東京ドームなど自宅からも職場からも近いのでありがたいのですが・・・。神宮は少し無理すれば歩いて行けます。今年、東京ドームの試合はなかったか・・・。 ファイターズは前回3タテを喰らわせましたが、その後、バファローズ、ホークスに3タテを喰らい、ゲー [続きを読む]
  • 岸へのブーイング賛成派として最終意見表明します
  • 昨日も申し述べましたが、メディアでも報道されましたので最終的な自分の見解を申し述べます。 前提としてあらぬ敵意を招かないように申し上げておきますが、個人的に岸へは激しい憎悪の念を持っていますが、イーグルスには好意的であることは間違いないです。仙台の街も大好きです。 個人的にパ・リーグびいきなので、全6球団のレプリカユニフォーム、メガホン、チケットホルダーを持っています。もちろん、イーグルス [続きを読む]
  • 野次はプロ野球の華
  • 一部に野次やブーイングを批難する正義感を振りかざす人がいます。 「試合を楽しみたい。」「両軍の健闘をたたえたい。」「ブーイングは良くない。」 こういう感じの理屈ですが、これってすべて個人の価値観の押しつけなんですよ。 大半のファンは得点すれば喜び、失点すればガックリくる。そして勝てば最高、負ければ最低なのだと思います。 皆さんはどうですか?チームが0−1で完全試合をされて相手投手の [続きを読む]
  • 当方、推している田村投手、一軍へ
  • 自分は東京六大学野球はよく見ています。なので、ドラゴンズの柳投手、スワローズの星投手などよく知っています。 立教で孤軍奮闘していた田村投手は敵ながら非常に買っていました。ちょうど1年ほど前のリーグ戦で柳、星両投手を擁する明治と対戦していましたが、春季リーグ自体、2試合連続完封など大活躍。 明治に敗れましたが、気迫の3連投。優勝決定戦に3試合とも先発してそれなりの投球を披露しました。 明 [続きを読む]
  • 憎き岸に敗れて悔しすぎる敗戦
  • ライオンズ2−3イーグルス(第5回戦)♯5月7日(日)@メットライフDテーブルスコアコメント これまで悔しい試合が何度もありましたが、今や世界一大嫌いな野球選手である岸に負けたというのは耐えがたい苦痛です。とにかく悔しい!悔しい!悔しい! 応援団の「打って!打って!打ちまくれ!」コールを全面支持したファンが全員という試合でした。 いや、これは球場に来ていないファンも含めたレオファン全員 [続きを読む]
  • 二桁失点2試合でチーム防御率はリーグ4位に後退
  • 福岡で14失点、そして本拠地に戻って10失点と週に2回も二桁失点してしまいました。特にホークス戦は3試合で29失点でした。 そのためにチーム防御率も12球団ナンバーワンからリーグ4位、12球団中7位と大幅に悪化しました。 4月を終了した時点では12球団ナンバーワン防御率を維持していました。月間を通して投手を崩れなかったことが3位に踏みとどまっていた要因です。 それがゴールデンウィークの [続きを読む]
  • 野上投手、2試合続けて初回に炎上して大敗を喫する
  • ライオンズ2−10イーグルス(第5回戦)5月6日(土)@メットライフDテーブルスコアコメント イーグルス打線に20安打、うち長打8本を浴びて大敗となりました。味方打線はわずかに5安打。外崎選手が2本のソロホームランを放ちましたが相手の攻撃が長く、テンポの悪い試合となりました。 というか、球場にいたくないと思った日になりました。 やはり、先発が試合を壊すと中継ぎの出番などはなく、敗戦処理 [続きを読む]