ペプー さん プロフィール

  •  
ペプーさん: アラフォー婚活MAN
ハンドル名ペプー さん
ブログタイトルアラフォー婚活MAN
ブログURLhttp://koukaishi.hatenablog.com/
サイト紹介文アラフォー男性による婚活記録。なかなか成就しないけれど、日々もがきながら活動中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 46日(平均4.0回/週) - 参加 2017/02/10 04:10

ペプー さんのブログ記事

  • 紹介された相手には積極的に会おう
  • まず始めに、ここで記載する内容はパートナーエージェントでの活動をベースにしています。希望条件をコンシェルジュに伝えると、お相手の紹介が始まる。私は首都圏に在住しているのだが、首都圏では男性よりも女性会員が多いため、男性の方が女性よりも紹介数が多いらしい。その様な状況のため、週間で6〜8名ぐらい紹介された。これまで1人に会うのも苦労していたのに、こんなに大勢を紹介してもらえるとは嬉しい限りだ。婚活で [続きを読む]
  • 婚活相手の希望条件は広くする
  • 相手と出会えるようになったとしても、すべての人に会っていてはこちらの身がもたない。また、結婚するならば自分の好みの人と一緒になりたいと思うのは誰もが同じだろう。結婚相談所では、紹介を受けるにあたって希望条件を聞かれるので、自分の希望を伝えよう。ただし、希望条件を細かく設定してしまうと該当する人は少なくなってしまうため、出会える確率は下がってしまう。だから、自分が重要だと考える条件に絞った方が色々な [続きを読む]
  • 実際に会えないと婚活は始まらない
  • 前回は婚活での出会いの種類について説明した。いろいろな出会いの種類はあるが、婚活は実際に相手と会ってみないと始まらないし、男女が共に結婚への意識が高くないと前に進まない。これまで多くの出会いの場に参加したが、結婚に対する本気度は婚活にお金をかけているかどうかだ。本気で結婚したい人はある程度の金額を投資する。そのような人と出会いたければ結婚相談所を利用した方が良い。結婚相談所には多くの種類や会社が [続きを読む]
  • 婚活での出会いの種類
  • これまで婚活を始めてから300〜400人ぐらいの女性と会ってきた。その経験の中で自分なりに分かったことをまとめてみる。婚活している男子に少しでも役に立つものになれば嬉しい。結婚に向けた活動をするには出会いの場に出ないといけないでない。ただ、30代半ば過ぎになると合コンに誘われる機会も減るし、ましては職場で恋愛をするなんてハードルの高いことは難しい。どうしたら、女性と出会える機会を作れるか?街中で運命的な [続きを読む]
  • 突然ながら、方向性を変えます
  • 婚活体験記を過去に遡って書いてましたが、実は、既に活動は終了してます。めでたく相手を見つけることができました。ここまで来るのに2年ぐらいはかかってしまいました。もっとノウハウなどを知っていて、効率的な活動ができてれば期間を短縮できたかなと実感してます。婚活は体力、メンタルをすり減らして活動するので非常に大変です。体験談を書いてるブログは沢山あり、読んでいると楽しく、婚活するモチベーションアップには [続きを読む]
  • 葛藤
  • 枯茶さんからの衝撃的な告白を受けて以来、自分の心は葛藤している。このまま交際を続けるべきか、それとも身を引いて別れるべきか。非常に悩む。アラフォーになってくれば、必ず体にはガタがくる。枯茶さんは数年前に生命を脅かす病気を患っただけだ。だから、自分もいつ同じような事態になってもおかしくはない。しかし、病気になったのと、なってないのとでは大きな違いがある。例えば、枯茶さんと結婚して数年後に再発する可能 [続きを読む]
  • 告白
  • 枯茶さん、宍色さんとの交際は順調だったが、アクシデントが発生した。それは日曜日の夜に枯茶さんとご飯を食べに言った時にさかのぼる。食事をしながらテレビ番組とか最近話題の話で盛り上がっていたのだが、枯茶さんが急に改まって「今後、交際を進めるにあたってお伝えしておきたいことがあります」と言い出した。その内容は、数年前に生命を脅かすような大病を患ったということ。そして、その時に手術をしたので回復はしている [続きを読む]
  • 甲乙つけがたい
  • 婚活の現状を整理してみると、枯茶さんと宍色さんの二人と交際関係になっている。所属している婚活サービスでは、お友達関係の状態である「交際」の段階では並行してお付き合いをすることが可能だ。※次の段階である「真剣交際」進むと他の方とは連絡が取れなくなる枯茶さんは、可愛い系のタイプで外見が自分の好みにドンピシャだ。会っているとものすごくテンションが上がる。現時点では話が合わないということもない。ただ、彼女 [続きを読む]
  • 気になる二人の女性
  • 花火大会へ枯茶さんと行く約束をした。当日、待ち合わせ場所には浴衣姿の彼女がいた。彼女を見た瞬間、心の中では「おーーー」とかなり驚いた。まさか、浴衣で来るとは想像もしていなかった。もしかしたら、考えすぎなのかもしれないけど、彼女はかなりの本気なのかもしれない。これだけ強い気持ちを見せられると応えたくなる。自分の中で、彼女に対して惹かれている気持ちに気がついた。有名な花火大会ということもあり、綺麗なも [続きを読む]
  • 花火のごとく気持ちが盛り上がる
  • 枯茶さんと食事をしてきた。場所は都内のおしゃれな感じのレストラン。コンシェルジュからは「女性は自分のために手間をかけてくれると惹かれる」とアドバイスをもらったので、事前にレストランの下調べ、そして予約をして準備した。自分の中では枯茶さんは本命に近いと思っているので努力は惜しまない。結果として、食事デートは大成功だった。料理は美味しかったし、婚活に対して前向きであることもお互いに確認することができた [続きを読む]
  • 良い流れがきた
  • 枯茶さんからの回答は「YES」だったので、めでたく交際開始になった。よかったー。コンシェルジュから数日返事がなかったので、もうダメかと思っていた。早速、枯茶さんのメールへ連絡して、ご飯を食べに行く約束をした。ものすごく楽しみだ!!婚活にも流れがあるのか、枯茶さんの次にファーストコンタクトをした方も自分の好みに近い人だった。彼女の名前は宍色さん。34歳の薬剤師をしている方だった。彼女は若干小柄だけど、 [続きを読む]
  • ビビビッ
  • 枯茶さんが待ち合わせ場所を間違えていたので、彼女が待っている場所へ移動した。移動している最中は「待ち合わせ場所も分からないなんて、面倒臭い人だな」と思っていた。でも、会ってみると、小柄で何とも可愛らしい。いや、むしろ自分のストライクゾーンにドンピシャだった。写真はそれほど綺麗に写っていなかったので、このファーストコンタクトにはあまり期待してなかった。だから、この状況は良い意味で裏切られた。「自分の [続きを読む]
  • 新たなる出会い
  • 結婚相手を探すために活動は続く。ファーストコンタクトのために渋谷へ向かった。今回のお相手は枯茶さん。30歳で理学系の会社に勤めている方。写真を見た感じでは正直言って微妙な感じがした。自分はファーストコンタクトの際はなるべく10分前ぐらいに待ち合わせ場所に着くようにしている。その方がこちらの余裕も出るし、相手に対しても熱意が伝わるかなと思ってこうしている。待ち合わせ場所で枯茶さんを待っているのだが、約 [続きを読む]
  • バレンタインデーをやめませんか
  • 婚活から話がそれてしまうけど、来週はバレンタインデーだ。最近、毎年思うのだが、バレンタインデーが面倒で仕方ない。とくに職場での義理チョコ制度が面倒だ。もらったらもらったで、お返しを考えて3月に用意しないといけないし、もらえないと自分は職場で人気がないのだと気にしてしまう。まさにチョコレートに踊らされている。これは、もらう側の男性だけでなく、配る側の女性も面倒だと思っているに違いない。だから、バレン [続きを読む]
  • 婚活コンタクトラッシュ
  • 小豆色さんと、もえぎ色さんとの仮交際を先日終わらせた。新たな出会いをしないといけないので、引き続き積極的に会っていく。幸いなことに所属している婚活サービスは男性よりも女性の方が会員が多いらしく、紹介数は多い。一月に少なくとも2名と聞いていたが、毎週6枚ぐらいずつ紹介されている。外見やプロフィールで「これは無いな」と思える人以外はコンタクトOKにしているので、どんどんファーストコンタクトが決まっていく。 [続きを読む]
  • 心に正直に
  • 色々と考えた結果、小豆色さんと、もえぎ色さんとの交際を中止することにした。中止する理由としては、心が震えなかったから。古い話になるけど、かつて松田聖子が結婚会見で「ビビビッ」という言葉で感情を表しことがあった。人によって表現の仕方は違うと思うしそれが感情の動きなのか、性的なものなのかは自分にもよく分からない。ただ、恋愛に発展するには何かしらの心へのインパクトが必要なんだと思う。残念ながら、小豆色さ [続きを読む]
  • 恋愛対象とはなんだろう
  • 交際関係になった(加入している婚活サービスでは友達状態のこと)小豆色さん、もえぎ色さんと立て続けにご飯に行ってきた。まずは小豆色さん。今回はご飯の約束をして、メキシカン料理を食べてきた。彼女の性格を表すならば、少し引っ込み思案な感じ。だけど、こちらが勧めたものを積極的に興味を持ってくれるので、その姿勢は大変助かる。タコスなどのメキシカン料理を食べながら、仕事の話やお互いの家族のことなどを話した。 [続きを読む]
  • ダブルヘッダー
  • 登録している結婚相談所は女性よりも男性の方が登録が少ないらしいので、男性の方が紹介数が多いらしい。だから、積極的に会っていくと1日に2人、3人とファーストコンタクトをするような過密日程になることもある。今回は初のダブルヘッダーだった。1人目はもえぎ色さん。31歳の公的機関で事務をしているとのこと。外見は少しぽっちゃり気味だけど、自分が好きな歴史のことやサッカー観戦が好きという点で共通点があって話してい [続きを読む]
  • なんだかんだ言って容姿は重要
  • 前回の小豆色さんに続いて二人目のコンタクトとしてきた。今回は35歳の黄金さん ※女性の方の名前は和色の名前で呼んでいきますお仕事は地方公務員をされている方。黄金さんは普段は自炊を頑張っているらしく、お休みの日にはABCクッキングスタジオに通われているそうだ。料理好きというのは家庭的で良さそうだ。そして、僕の趣味でもある旅行や本の話である程度、会話は盛り上がることができた。ただ、一つだけ気になることがあ [続きを読む]
  • ファーストコンタクト
  • ファーストコンタクト。それは、婚活する男女が初めて出会う瞬間。この時から始まる恋愛もあれば、会った瞬間に終わることもある。まさに運命と残酷を併せ持った瞬間。初めてファーストコンタクトをしてきた。会ってきたのは29歳の薬剤師さん。彼女のことは今後も小豆色さんと呼ぶことにする。小豆色さんと待ち合わせをしたのは、巨大ターミナル駅に隣接する商業ビルの入口だった。初めてのコンタクトということもあり、スムーズ [続きを読む]
  • 初めて紹介状
  • 初めて紹介状が来た。入会した結婚相談所では、第1〜4週の水曜日に紹介状が配信される。※5週目の水曜日は配信がない紹介状に記載されているプロフィール、趣味、結婚後の生活についての考え方を見て、お会いするかどうかを判断する。そして、男女双方がOKを出すと、実際会う日の調整が始まる。ここでは、初めてお会いする日をファーストコンタクトと呼ばれている。初回に紹介された人数は、なんと8人。こんなに沢山、紹介してもら [続きを読む]
  • 婚活インタビュー
  • 結婚相談所の仲介人と面談をしてきた。この結婚相談所では仲介人をコンシェルジュと呼ぶらしい。予約時間に指定された店舗へ行き、店の奥から出てきたのがコンシェルジュの方だった。マイコンシェルジュ。この人の出来が、今回の婚活の成否を握っている言っても過言ではない。コンシェルジュはとても話しやすく、自分のプロフィールを作るためにどんどん質問してくる。「どの様な仕事をされてるんですか」「お休みの日は何をされて [続きを読む]
  • 入会手続き
  • 結婚相談所に入ることにしたので、説明を聞きに行き、入会してきた。 場所は昔から馴染みのある大きなターミナル駅。どのような感じで進むのかが分からなかったので、緊張で胸が一杯になりかけた。 結婚相談所が入っているビルに到着し、エレベーターで上がると無人の受付があった。受付に置いてある電話で呼び出す形式の様だ。 予約時間までまだ10分以上あったので早すぎるかなと躊躇していると、中からスタッフが出てき [続きを読む]
  • 結婚相談所選び
  • 婚活するならば手段を選ばないといけない。これまでは結婚相談所、婚活パーティー、合コン、出会い系アプリ、お見合いなどの手段をつかってみたが成果は出せなかった。コストをかけても、それに見合った成果(相手の連絡先)を得られないことも多くあった。今回、改めて活動するならば結果を出す確率が高いものを選びたい。色々な手段を検討した結果、仲人型の結婚相談所に入ることに決めた。決め手となったの理由はブログの体験記 [続きを読む]
  • 婚活パーティー
  • 後で後悔しないように全力で婚活すると決めた。自分はこれまで結婚相談所、婚活パーティー、街コン、出会い系アプリ、お見合いなどを利用していたが成果は出せなかった。だからといって、このまま家にこもっていては進展はない。以前からダウンロードしていたネット婚活アプリを見てみると、マスコミ大手が主催する婚活パーティーの開催が書いてあった。そのパーティーは参加者で美味しいお肉を食べる内容で参加費用は6,000円。開 [続きを読む]