天使 さん プロフィール

  •  
天使さん: BAKAみたいに輝きの向こう側へ
ハンドル名天使 さん
ブログタイトルBAKAみたいに輝きの向こう側へ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kairi-mi/
サイト紹介文家事したり節約したり、なりたい自分に近づいていくニート天使のブログ。
自由文安定しろ。人間は皆 平等にカスだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 23日(平均4.3回/週) - 参加 2017/02/10 08:57

天使 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自覚と自堕落
  • 両方をそのまま肯定しないと否定も間違いすらもその時はその選択が最善で正しかったと認めてやらないと。昨日の自分も今日の自分も報われない。今日認めてやらないと明日の自分はもっと報われない。その時はその選択が最善で仕方なかった。でも、これからは仕方がある。手段を知らず無知だっただけだから。喪失も正解だと認めてあげようね。命にふさわしい [続きを読む]
  • いやいや
  • マジでびびるね。クリスマスの時は仕方ないよね。集合の画像がなかったんやろうから。でもな、ぼくもう辞めて4ヶ月経つんすわ。移転オープンの宣伝にもういない女の画像を使うなよ。スノーで顔は隠れているとはいえ、ぼくがセンターの画像とか脳みそゴリラと入れ替えてこい。僕がもうこんなお仕事をしないと決め、最終日のハロウィンに披露したお客様とぼくの集大成だったエミリアたんの写真だからまじで滅んでくれてもいいよ。 [続きを読む]
  • 僕はエンパスなフレンズなんだね!
  • エンパスとは、その時の他人の感情や体調がなぜか分かってしまう体質のこと。僕は解離性同一性障害を患っていた。感情が人格化して一人歩きしていた。つまり、僕は感情に憑依されてしまう体質だ。無意識的に、感情に成りきってしまう。特に相手が認識したくなくて引き離し、迷子になっている感情になってしまう。人の鏡みたいな状態になってしまう。その人の認識したくない感情や概念を無意識的にみせてしまうのだ。だから僕は他 [続きを読む]
  • 僕は向き合い方次第では薬にも毒にもなる
  • みんなヒトを上か下で見がちだ。横で見ようとしていたり、横でいたい、と思っている時点ではまだ上か下だ。横でいたい割に出来ていない。というより、『このヒトの横で【いたい】』と思っている時点では「まだ横ではない」と自分に自分で決めつけている。僕が等身大でいようとしても、僕自身が出来ていなかったり、相手側が慢心なり卑屈になっていたら、一向に距離は縮まらない。安心しろよ。人間は皆 平等にカスだ。僕は自 [続きを読む]
  • 幸せと平凡と非凡と不幸
  • 彼との出会いは一昨年の冬コミだ。彼は東京喰種のハゲの不知コスをしていた。たまたま、知り合いに声をかけに行ったら、その時、彼が居合わせていただけだ。。彼とは挨拶だけして名刺を交換した。それからツイッターで少しだけ絡んだが、僕がツイッターのアカウントを消し、疎遠になっていた。また僕が2月あたりにツイッターを再開し、去年の5月、なぜか、また相互になった。彼は僕を見ていてくれた。なぜだか分からないけれどち [続きを読む]
  • 美しく咲くことを望む
  • 拝啓 今は亡き過去を想う 望郷の詩最低な日々が 最愛の夢が始まりだと思えば 随分遠くだ来世 花は咲き 君に伝う 変遷の詩苦悩にまみれて 願い悲しみそれでも途絶えぬ詩に陽が射すことを2月22日。君の憧ればかりが集結した日。2年前のこの日、25歳で君は自身で君自身の時間を止めた。憧れのミュージシャンの誕生日であり、君が好きだったアイドルの好きなナンバー。君は昔の僕に同じ県の出身だからか、そのアイドルに似てるって言 [続きを読む]
  • いつだって鬼がかっている
  • 恵方巻も豆撒きもしない節分であった。販売者側の戦略やな。とか言うもんやから、海苔業者は丸儲けやな。って返した。方向とか年々決めたらそれっぽく感じるしな。とかシンプルな言葉(皮肉)を言うからそうだね。と、シンプルに返す。『豆を鬼にぶつけてるんやなくて鬼は何かを数える癖があって、外に蒔いた豆を数えに外に出るんやって』『ラムもレムも可愛いし良い子やもんな。可愛くて一緒に数えてあげたくなるわ』寄り添って仲 [続きを読む]
  • 楽しいことだけするなんて無理だよ
  • 楽しいことばかりじゃないね。辛いことだってたくさんだね。したいことをできるようにしていこう。2人で。寄り添いあって。補い合って。支え合って。見失わなくて済むように。今はその段階。内と外で調節していこうね。いつも頑張ってくれていて、本当にありがとう。 [続きを読む]
  • 絡まったコードの解き方
  • ずっと毎日が新鮮だった。君と釣り合うようになりたかった。解りたかった。でも、生まれたての僕は自分を知らないから、君のことを解ることができなかった。君を解るために自分を解ろうと思った。君と釣り合えて、向き合えるように自分と向き合った。君と釣り合いたいはずなのに釣り合って向き合えるようになりたかったはずなのに自分と向き合うことに夢中になった。でも、釣り合いたい、を、前提に思っている時点で、僕は自分を [続きを読む]
  • ブサイクズの本懐
  • 僕は身の程を知らなかった。自分と向き合うふりをしていただけ。虚勢や背伸びばかり。高飛車なだけ。理想の自分に嫉妬して、劣等感をぶつけて、八つ当たり。嫉妬も劣等感自体も悪い子ではないのに。嫉妬するして拒絶することは己の可能性の否定だとあれほど言い聞かせていたのに。叶わなくて地団駄踏んで。発言している自分ができていない。自分が現状を受け入れられていない。君を含めた、自分(2人)と向き合わないと本当の自分 [続きを読む]
  • 無色透明
  • どんなに自分(2人)に拒絶されても僕が不安になって嘆いてもそれを受け止めるくらいには本当は君の天使で聖母でお母さんでお姉さんで妹で友達で君の恋人で、それ以上でありたい。たまに、悪魔で他人かもしれないけれど。僕の決意は変わらなくて。自分のなりたい自分は君の好きな自分でなれないからもどかしくて地団駄踏んで。いつまでもいつまでも僕は子供なんだなぁでも、信じたい。信じたいし、好きだから、解りたいし解って欲 [続きを読む]
  • 摂食障害と睡眠障害などの仕組み
  • 【足りない】と脳が認識し、でも、何が足りないか【解らない】から脳が食欲と勘違いして、食べる。更に、脳が【それではない】と認識するから吐く。何かが【溢れすぎてしまって】何が溢れているのか【解らない】から【すべてを拒絶】してしまい、食べられなくなる。他人は自分ではないよ。自分は自分だけなんだよ。他人まで取り込むから溢れる。食べ物もお薬も何かを補う為のツール。自分と向き合う為のツール。本来ならば、身体 [続きを読む]
  • 過去の記事 …