rtue3926 さん プロフィール

  •  
rtue3926さん: 妊娠しやすい環境を作る!妊活と男性不妊
ハンドル名rtue3926 さん
ブログタイトル妊娠しやすい環境を作る!妊活と男性不妊
ブログURLhttp://satatoko893.ldblog.jp/
サイト紹介文このブログではいろいろな妊活、妊娠の方法、男性不妊の情報を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 79日(平均1.2回/週) - 参加 2017/02/10 12:51

rtue3926 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 男性不妊のセルフケア、よい精子をつくるための基本
  • よい精子をつくるための基本をまとめました。特に気をつけてほしいのは発熱です。また禁欲期間も勘違いしやすい点。ためてお<よりも、3日おきに出しておいたほうがいいと知っておいてください。あたためない長風呂やサウナは控えたほうがいい、ノートパソコンをひざの上に置いて作業するのは避けようといわれるのは、精子は熱に弱いためです。股間をあたためないのが大原則です。自転車に乗らない細いサドルの自転車に長時間乗っ [続きを読む]
  • 妊活で妊娠する確率を増やすには
  • 他の動物と比べると人間の妊娠率はかなり低めで女性が1回の排卵周期で妊娠する確率はだいたい25%程度だといます。月に一度の排卵は、私たちの体内で起こっており、当然、肉眼で確認できないきません。目に見えない排卵が起きるタイミングを知るには、基礎体温グラフが重要な役割を果たしてくれます。通常、排卵は低温期の最後、最も体温が低下する日に起こるといわれています。つまり、その日にセックスすれば妊娠の確率はかなり [続きを読む]
  • 基礎体温と妊娠の関係
  • 基礎体温とは、起床直後で安静時の体温です。排卵後に卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)に体温を上昇させる作用があるため女性の基礎体温は生理周期によって変化します。なので基礎体温を測れば、妊娠を維持させる役割のある黄体ホルモンがきちんと分泌されているかがわかったり、体温が上がる時期で排卵のタイミングを推測したりできます。基礎体温は、起床時に寝たままの姿勢で舌下に婦人体温計を当てて測ります。 [続きを読む]
  • 卵子の老化
  • 女性の卵巣からは、毎月1個の卵子が排出されています。卵子は、生まれる前からあなたのお腹の中にあって、それ以上増えることはありません。女性は胎生4週(妊娠6週)を迎える頃には、すでに卵子の素といえる原始生殖細胞を体内に持ち合わせています。20代の若い卵子は、周りをふわふわの顆粒膜細胞が放射状に取り囲み、形もきれいな正円のものが多いのです。しかし30代半ばを過ぎると、健康な卵子の数は減り、形がいびつだった [続きを読む]
  • 生理からわかる妊娠を妨げる病気
  • 生理は女性の自然なサイクルのひとつです。生理にはしばしば痛みがあることがあります。腰のあたりが何となく重く感じる、下腹部がずんずんと疼く、寝込んでしまうほどお腹が痛む...などなど、生理痛の症状は実にさまざまです。生理が起こると、子宮内膜からはプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このホルモンには、はがれ落ちた内膜を子宮の外へ押しだすぺく子宮を収縮させる作用があります。そのため、このホルモ [続きを読む]
  • 基礎体温と妊娠について
  • 基礎体温は、女性のカラダのサイクルを知るための重要な指標です。基礎体温の計測の方法は朝、目覚めたときの体温を測るだけです。基礎体温をしばらく記録していくと、体温の低い期間と高い期間があることがわかります。低温期はだいたい月経の開始とともにおよそ12〜18日程度続きます。この間、脳の下垂体からは卵胞刺激ホルモンが分泌され、卵巣で卵胞が育ち始めます。さらに下垂体から大量に分泌される黄体形成ホルモンに促され [続きを読む]
  • 今日から始める妊活
  • 妊娠に向けて今日から始める妊活の流れ①妊娠のチャンスは月に一度の排卵日のみ、基礎体温をつければ、排卵の時期はわかりますが排卵日は正確にわかりません。そこで排卵日を正確に知るのにいいのが排卵日検査薬。排卵日が約1日前にわかるのでベストなタイミングが取れます。②ウォーキングなどの運動運動をすることで子宮や卵巣への血流が増え妊娠しやすくなります。また妊娠の大敵冷え性が改善し妊娠しやすい体になります。③生 [続きを読む]
  • 妊娠を妨げる原因と男性不妊
  • 妊娠を妨げる原因は大きく3つあります。①卵子か育たない、排卵が起こらないなどの排卵・卵巣因子。②卵管が詰まったりはれたりする卵管因子。③精子の数が少ない、運動率が悪いなどの男性不妊です。この3つのうち、2つか女性原因のため、不妊は女性側に問題かある場合か多いと思われがちですか、フィフティフィフティです。射精して精液が出ているから大丈夫と思っている男性が、精液検査でモニターを見て、精子の少なさに愕然と [続きを読む]
  • 妊娠適齢期と妊娠力の関係
  • 一般的に35歳までが妊娠適齢期と言われています。それは30代後半になると残された卵子の数がぐっと少なくなるからです。またほぼ同時期に卵子の質が低下する「卵子の老化」がはじまってくることがあります。婦人系の疾病が増えてくることも妊娠力の低下に輪をかけています。さらに食事の偏りや不規則な生活、ストレスといった長年のツケが生活習慣病として表れてくるのも30代からです。このように不妊につながりうる要因が一気に増 [続きを読む]
  • 妊活を始める前にしっておくこと
  • 妊活を始める前にしっておいたほうがいいこと1.基礎体温を測る習慣をつけ、自分の体温が高いか低いかを知る平均値やバラつきの有無を知ることで排卵の状態を確認する。2.経血の量や色で生理の状態をチェック子宮の健康状態を知る目安のひとつです。生理痛の有無も大事なサインです。3.冷え、むくみ、不眠といった身体の不調を自覚する日常の些細な不調が不妊に直結することもあります。4.かかりつけの産婦人科をつくり、妊娠できる [続きを読む]
  • まずは自分の妊娠力をチェック
  • 妊活に重要なのが心と身体の健康状態です。基礎体温などを測って自分の身体が妊娠しやすいか確認してみましょう。基礎体温を測る基礎体温は妊娠しやすいタイミングや排卵が正常に行われているかを知る目安です。正常に排卵が行われていれば、低温期と高温期で体温にしっかり差が出ます。もし変化がない場合は何らかの不調を疑ってください。生活習慣を見直してみるバランスの悪い食事や不規則な生活は血液のめぐりを悪くするもとに [続きを読む]
  • 妊活をスタートするのは25歳をすぎたあたりから
  • 一般的に妊娠適齢期とされている25歳を過ぎたあたりが妊活のはじめどきです。現在では40代で出産するケースが多くなりましたが油断は禁物です。一方で妊娠適齢期なのに授かれないという人も年々増えているからです。日々の生活習慣の積み重ねでつくられる身体はすぐに変わるものではありません。妊娠したいときに妊娠できる身体を目指すなら、早めに自分の身体と生活を見直しておくことがオススメです。妊活とはまず自分自身が健康 [続きを読む]
  • 妊活とは妊娠しやすい環境を作ること
  • 妊活とは妊娠しやすい身体や妊娠しやすい環境をつくる準備をすることです。妊娠する自分自身が健康でなければ妊娠自体はもちろん、妊娠から出産までの過程に困難が生じる可能性が高くなってしまいます。そこをスムーズかつ安心に妊娠できるようになるための手段の基本が、体質や生活習慣の改善です。パートナーとの関係づくりや、妊娠したあとの人生設計をイメージしておくなどの環境整備も大切な要素です。一番大切にしてほしいこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …