ありがとう父母 さん プロフィール

  •  
ありがとう父母さん: いきなり遠距離介護
ハンドル名ありがとう父母 さん
ブログタイトルいきなり遠距離介護
ブログURLhttp://enkyori.weblog.to/
サイト紹介文300km離れた両親(母:脳梗塞リハ中)を支える試行錯誤の日々を綴ります。お役立ち情報も発信します。
自由文その日が、いつか来る事はわかっていても、いざその時になると様々な問題に突き当たる遠距離介護。
私自身、以前は介護職だったにも関わらず、当事者になってみると実に様々な事に気付かされました。
ここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちを込めて。
自分にできる精一杯で父と母を支えていきたいと思っています。
このブログが一人でも多くの方に役立つことを願っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 74日(平均8.6回/週) - 参加 2017/02/10 15:31

ありがとう父母 さんのブログ記事

  • 笑うことの大切さ〜ブログ村のあるブログを見て感じたこと〜
  • このブログは「日本ブログ村」というランキングシステムに参加しております。当然、他の方のブログを目にする事が多々あります。私の場合は「遠距離介護」がテーマになっているのですが、他の方は認知症だったり、日々の出来事だったり、愚痴だったりと、実に様々です。一つ一つの記事に作者の思いが綴られていて、いつも参考になったり、共感したり、考えさせられたりしています。そのようにたくさんあるブログの中で、私が欠かさ [続きを読む]
  • 退院してからの忙しさ〜まだまだ続く遠距離介護〜
  • 今朝、実家に電話したら母が出ました(゚∇゚ ;)エッ!?当たり前ですが、入院中はいつも父が出ていたので、思わず驚いて、「ああっ!お母さんだ(^^)♪!ワーイ!!」と、叫んでしまいました。ちなみに私は今年で50歳になるオッサンです(-_-;)それにしても、かなり、忙しいようです。退院の報告だけでも何箇所にも連絡しなければならず、それだけで1日がかりの大仕事になる、との事。御見舞返し?をしなければならず、午後はデパートま [続きを読む]
  • 母、退院〜がんばったネ!お母さん〜
  • ついに母が退院しました。救急搬送から約3ヶ月。無事、この日を迎える事ができました。思い起こせばあっと言う間です。父からの突然の電話母との対面私、号泣父の一人暮らし開始と、そのサポートリハビリ病院転院母の必死の頑張りその時その時が全て、真剣勝負でした。しかし今は、悲しい事も、嬉しかったことも、全てが思い出に変わりつつあります。今回、私は帰省せず(交通費の問題さえなければ)静かに、300km離れたこち [続きを読む]
  • 転倒防止について調べてみた〜ヤバイ!やり残しがたくさん〜
  • 先日の記事で、不安の殆どが「転倒」にフォーカスしている事に気付いた私。ブログを書いていてよかったです(書いている途中に気付きました)漠然としたまま「心配」を連呼していたのですから。具体的な行動に結びつけていかなければ、何の解決にもなりませんね。仕事と同じジャン!という事で、早速ググって見ました。まあ、あるわ、あるわ・・・ゲンナリする程とてもではありませんが、全部は読みきれません。その中から幾つか、 [続きを読む]
  • 「要支援1」だからこそ怖い、母の日常〜転倒の恐怖〜
  • 母の介護度は「要支援1」です。自立に近い状態なので、それ故の悩みというか、怖さを常に感じます。「動きまわる」んです・・・何か動物園みたいな言い方(-_-;)元気なのは結構な事です。しかし、ヒョイヒョイ動くので、端で見ているこちらとしては気が気ではありません。転倒でもしたら「骨折→寝たきり」の可能性が十分あるわけで。医療関係者の家庭訪問(母も同行)の時は5回位、つまづいていました。一時帰宅の時は3回。見舞 [続きを読む]
  • 一時帰宅の出来事あれこれ〜お風呂の見守り縦断リレー?〜
  • いやあ、暑いです。4月中旬だというのに、この暑さ。私は暑いのが苦手なので、今年の夏が心配になってしまいます(´д`)昨晩、普段の生活圏に戻って参りました。母は今週末に退院ですが、私の方は、そうそう帰省してばかりもいられず、立ち会いは今回、見送りです。退院当日は様々な備品類の持ち帰りが発生します。2ヵ月も病院暮らしが続くと、結構な量です。今までの親不孝を返上すべく、ここぞとばかりに買い込んだ無駄なもの [続きを読む]
  • さよなら故郷 〜連続帰省 涙とともに終了〜
  • 地元の桜は今日から散り始めました3カ月で5回目となった帰省が無事、終わりました。帰りの新幹線から、この投稿をしております。母の退院が決まり、介護サービスも決まった今、しばらく帰省を控えようと思います。できる事なら毎日でも帰りたいと本気で思います。新幹線通勤ができるなら、絶対にやります。交通費と私の家族の問題さえ、クリアできれば・・・。もちろん、その様なことができるはずもなく。次は6月位を予定してい [続きを読む]
  • お母さんゴメン〜母を泣かせてしまった出来事〜
  • ああ・・・やっちまった・・・。ひたすら猛省・・・。・‥…━━━☆・‥…━━━☆初めてのサービス担当者会議に出席すべく、5度目の帰省で只今、現地におります。 母の退院後の日常生活を支えるべく、父と一緒に、様々な準備を進めている真っ最中です。そんな状況の中、一つのトラブルが起こりました。私の言葉が原因で、母を泣かせてしまったのです。昨日はいつも通り、父と一緒にお見舞いに行きました。話題は当然、2日 [続きを読む]
  • サービス担当者会議より重要な事〜父の切実なニーズとは〜
  • いやあ、最高です、ローカル列車の旅。もう、ケツ(失礼!)が痛いのなんのって・・・。交通費節約のために、涙ぐましいこの努力。新幹線であれば2時間の所を、8時間です、8時間!、もう一丁!8時間! 飛行機ならインドまで行ってます(行ったことないケド)朝8時15分に家を出て、実家についたのは夕方4時ですよ。さて、今回の帰省における最大のミッションは「第1回 サービス担当者会議への出席」です!今後の母の [続きを読む]
  • 最期の帰省?〜初めての担当者会議に出席する理由〜
  • 母脳梗塞→入院→リハビリ病院へ転院→退院(予定)→自宅復帰(予定)と歩んで参りました。思い起こせば3ヵ月、5回目の帰省です。もしかしたら、今回が、一連の対応では最後の帰省になる可能性があると踏んでおります。それにしても・・・ このような状態になる前は、帰省する度に「うさぎ追〜いし♪・・・」の曲が頭の中を流れておりました。しかし、3カ月にも満たない期間で5回も帰省していると、小鮒は釣ったけど、兎は [続きを読む]
  • 父(85歳)にタブレット操作を教えた結果【破壊に要注意】
  • さて、このような経緯で、父にタブレット操作を教える事になった私。目的は「スカイプをタブレットでできる」ようにする為です。余談ですが、今は(父が操作方法を覚えてくれたので)今日、スカイプ越しに実家への手すり設置・ベッド搬入の立会をしました。300km離れておりますが、・業者さんとのやり取り・実家内の改修の様子等、様子が手に取るようにわかるので、大変助かりました。父も「居てくれて本当に助かった」と言っ [続きを読む]
  • 今日の更新はお休みさせて頂きます
  • いつもつたないブログをお読みいただき、ありがとうございます。大変申し訳ございませんが、今日の更新はお休みさせて頂きます。久しぶりに以前の仕事仲間と、よもやま話をして参ります。地元を離れ、故郷の両親を想う働き世代は、私だけではない筈。このブログが、同じような境遇にある方の笑いのネタ励みになれば、幸いです。と言うことで、今日はネタを仕入れるため旧交を暖めて参りますので、更新をお休みさせて頂きます。明日 [続きを読む]
  • タブレット操作を85歳の父に教えた結果〜切り出しのタイミング編〜
  • こんな風に上手く行けばいいのですが、そうは問屋が卸しません。・‥…━━━☆・‥…━━━☆もはやタイトルからして、ただ事では済まない事が予想される今回の取り組み。IT機器を使いこなす高齢者もいる一方、父はそのような事が苦手です。タブレット操作を覚える云々というより「日常生活に新しいことを取り入れる」という事自体に抵抗感があるようです。なので、正攻法である「お父さん、タブレットの使い方教えるから覚えて [続きを読む]
  • 雪解けの越後の景色をどうぞ〜4回目の帰省から〜
  • 上越新幹線・浦佐付近から撮影(カメラ:ZenFone 2 Laser (ZE500KL))通い慣れている私でも「おお〜今日はキレイらなあ!」と思うような、透き通った空気の日。車内のあちこちからシャッター音が聞こえました。・‥…━━━☆・‥…━━━☆さて、今回の帰省の目的は2つ!等とカッコイい事を言っておきながら、やれ80リットル入りの灯油タンク移動だの、巨大超重量ステレオの移動だの、どうでもいいような事ばかりお伝えして参 [続きを読む]
  • 母の退院が決まる〜それはある日、突然に〜
  • 今回が最後になるのかな・・・?一人暮らしを続ける父へオカズの作り置き。15食分ナリ。母の退院が決まりました(´・ω・`)・・・・・・・・・ええ〜っっっ!っという感じで、自分でも驚いております。それはもう、ある日突然、告げられるものなのですね。母の場合、担当のお医者様から「自宅に手すりが付いて、ベッド搬入が終わったら、(退院の日は)自分達で、お決めになっていいですよ(^^♪」との事でした。そ、そ、そんな! [続きを読む]
  • 【訪問リハビリ】で良かった、と思っている理由(今の所)
  • さて、実家へのベッド搬入(初体験!)を控え、準備の為に段取りの悪さからヘロヘロに鬼神の如く活躍した長男・私ですが、今回は(介護認定を受けてから初めて使う事になる)訪問リハビリのお話をさせて頂きます。先ず、現在、「やっぱり訪問リハビリで大正解だったわ・・・!」と思っています。その理由は 1・リハビリ病院でやっていた内容をしっかり受け継いで、「在宅でもその延長」というスタンスでやってくれる2・訪問 [続きを読む]
  • 訪問リハビリの話どころではなくなった理由とは
  • ※このようなラジカセもありました。とにかく、何もかもがビッグです。・‥…━━━☆・‥…━━━☆さて、今日の記事は「訪問リハビリを選んだ理由」について、じっくりと語る予定だったのですが、 予定通り"(-""-)"予想外の事が起きましたので、そちらを先にご報告させて頂こうと思います。母の退院を控え、ベッド(介護保険適用)が設置される事になりました。ベッドを置くためには、その「スペース」が必要です。そんなス [続きを読む]
  • 【衝撃】母がデイサービスに通おうとしていた理由
  • さて、今回は母が選んだ退院後の介護サービスについて、お話をさせて頂こうと思います。母が選んだ退院後の介護サービスは「訪問リハビリ(2,500単位)+ベッドレンタル(1,500単位)」というものでした。ベッドレンタルはともかく、「デイサービスには行かずに」「訪問リハビリを選ぶ」とは、私も父も、全く予想していなかった結論でした。なぜなら、以前、母は「訪問リハビリなんて、よくわからないから絶対、やらない [続きを読む]
  • 初めてケアマネージャーさんとご対面〜その時感じた事〜
  • 今日は本記事のタイトル通りです。私にとっては初めてのケアマネージャーさんとのご対面となりました。「初めての」というのは、ニュアンスとしてちょっと微妙で、父は既に地域包括のケアマネさんとやり取りしており、お世話になった経緯があります。母が入院して、急きょ一人暮らしになった父を支えてくれたのが地域包括のケアマネさんでした。 しかし父は要介護・要支援者ではないので、ケアマネさんもできる事が限られてお [続きを読む]
  • 入院後、初めての「一時帰宅」での出来事
  • 今日は母が入院してから、初めての「一時帰宅」の日。 「退院後の住環境には何が必要か」を見極める、大切な会合が開催されました。いらっしゃったのは医療相談員、理学療法士2名、福祉用具メーカーの方2名、総勢5名。こちらは父、母、私の3人です。母の生活導線をヒアリングしながら、様々な検討が行われました。 その主な焦点は、手すりを「どこに」「どのように」設置するか、という事です。先ずは玄関前の階段。 [続きを読む]
  • 帰省して最初の仕事は「80リットルの灯油タンク移動」だった件
  • 昨日、初めて帰省中の新幹線の中からブログの投稿をしました。 「今日はこの後、バタバタになることが予想されるので云々・・・」と締めたわけですが・・・本当にいろいろありました。もう、どうにもならない位(;´・ω・)遠距離介護というのは、(私の場合)こういうものなんだなあ・・・と今、シミジミ思います。 以前、少し記事にした事がありましたが、「普段の生活とのギャップ」が凄いんですね。いつもは父母の対応 [続きを読む]
  • 「最強の交通費割引」が全く使えない理由とは
  • 早いもので、もう、4月になりました。 今年の桜前線は、こちら関東では平年並との事です。それにしてはウチの近所の「桜の名所」は、まだ、つぼみのままです。明日、母が脳梗塞で入院してから4度目となる帰省をします。今回は退院後の母の生活を左右する、重要な分岐点になりそうです。医療スタッフと母を担当する予定のケアマネジャーさんが一同に会し、家の中の様子を元に、今後の方策を決める事になっています。具体的に [続きを読む]
  • 母が涙した贈り物 〜 300kmの距離を超えて〜
  • 「おばあちゃん、だいじょうぶかなあ〜・・・」 私が毎日、実家に連絡しているので、たまに娘(小3)が心配してくれます。たまに、です(-_-;)2週間ほど前の日曜日。普段ならお出かけしますが、この日はあいにくのお天気です。 娘と「うーん、午後、なにしようか・・・」と考えあぐねていました。私「そうだ!おばあちゃんにプレゼントを送ろう」娘「いいね」ちょうどいい事に、母が入院した頃、娘が「おばあちゃんに千 [続きを読む]