ライフパワーエネルギーコーチ 河合純也 さん プロフィール

  •  
ライフパワーエネルギーコーチ 河合純也さん: エネルギー覚醒メッセンジャー
ハンドル名ライフパワーエネルギーコーチ 河合純也 さん
ブログタイトルエネルギー覚醒メッセンジャー
ブログURLhttp://jsw-u.com/
サイト紹介文エネルギーを通す、波動の高い人の生き方の特徴を知り、自分を知ることで想像を超えた人生に変革できます。
自由文自分の周りの世界を変える一番簡単な方法は、自分の生き方の波動を愛と感謝の高波動に変えることです。今の自分をそのまま素直に受け容れ、自分のダメさも丸ごと受容出来るようになり、自分を愛し自己価値感が高まり、不足感がなくなり「もらう人」から「与える人」に変容させ、「欲しい」「責任転換・被害者意識」の「弱い人」としての生き方から、「受け容れる」「責任を自ら取る」「言い訳をしない」生き方に変わります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 183日(平均4.7回/週) - 参加 2017/02/10 19:09

ライフパワーエネルギーコーチ 河合純也 さんのブログ記事

  • 人間を愛するとは、不完全な存在を愛するということ
  • 存在の不思議。人間の存在。自分の存在。自分とは何者か?人間は、どんな生き方をするかを考える前に、自分にはどんな使命があるかを考える前に、そもそも、自分がなぜ生まれてきて、生きているのか?生きているだけで、生きて居るということが、どれだけ不思議なことなのか?自分がここに存在するということが、どういうことなのか?どれほど不思議なことなのかを、少なくともこの僕は、考えないではいられない。今、現在、ここで [続きを読む]
  • 「瞬間と間」
  • 人生には「間」が必要エネルギーにおいて最も重要な秘訣は、「間」だ。セミナーでも書籍でもいつも伝えている。この「間」は、まさしく、「瞬間」でもある。「瞬間」には、「最大のエネルギー」がある。それこそ「スピード」なのだ。物理学においても重要視される「スピード」。「スピード」は「超越」を生む。時間を超越するのが「スピード」だ。「時間を超越」そこには、別の次元があり、「無」の状態がある。「無限界の領域」あ [続きを読む]
  • ミケランジェロの空
  • 瞬間に生きるとは?瞬間に生きているとは?空を見上げてみればいい。よく見る。空の色。雲の形。空や雲の動きを。あなたは、この「瞬間」に生きている。あなたが見ている空は、あなたの見ている空。瞬間に生きている。瞬間にしか生きられない。昨日にも明日にも生きるな。今日に、今に、そして、「瞬間」に生きるのだ。瞬間にだけあるエネルギーに繋がるのだ。「ミケランジェロの見た空」は、ミケランジェロの見た「瞬間」あなた見 [続きを読む]
  • 「多いが、、正しいが、、」
  • 多いが、正しいではない。正しいが、正しいではない。おかしい話だ。おかしなことだ。沢山の人が「そう思う」から「信じている」からそれで、「正しい」にはならない。考え方がおかしい。 [続きを読む]
  • 「歪曲」
  • 世の中には通説がある。世の中、多数だとそれが「正解」のようになっていることが多い。多数いるとか、少数だからとかではなく、「真理」に「真実」に目を向けるんだ。人間に「罰(バチ)」などない。「罰」など、誰かの脚色であり、歪曲だ。「誰かの都合」だ。 [続きを読む]
  • 「制限」
  • 多くの人が、制限の中で生きている。制限は、時に便利だからだ。いろんな理屈を始終こねて、言い訳に出来る。かわし、誤魔化せる。「制限」言い訳をし続けるにはもってこいだ。 [続きを読む]
  • バチ(罰)があたる?
  • 大いなるもの宇宙神神(大いなるもの、宇宙)は、あなたを罰したりしない。「罰は人間が社会で作り出した」ものに過ぎない。本来、「罰」などないのだ。「罰」とはなんだ?「罰」そもそもおかしい。宗教でも何でも、誰かが、どこかの地点で、「罰」を設けた。「罰」の概念を。「仕組み」となった「罰」の概念が、どれほど多くの人を苦しめていることか。神は、人間を罰したりなどしない。「罰」と言う考え方などは、そもそもない。 [続きを読む]
  • 『「間 」「残心」「空間に繋がる」』Part.α
  • 「間」「残心」「間」があれば、「残心」で居られる。「残心」の状態であれば、「間」にいられる。「間」と「残心」があれば、空間に繋がれる。「空間」には、智慧(エネルギー)が満ちている。「智慧」に満ちた「空間」に繋がり、「間」と「残心」にいるあなたは、自分を失うことはない。「自分」「自分」とは、無限の宝庫。「産み出す源」そこにいるあなたは、愛と感謝を失うことはない。「愛と感謝にいる」そこには、無限の豊かさ [続きを読む]
  • 人は瞬間にしか生きられない
  • 人は、「瞬間」に生きている。「瞬間」こそ、「最も確か」であり、「瞬間」にこそ、「真実」がある。あなたは、何を迷うのだ?何を迷うと言うのか?何を恐れると言うのか?恐れているあなたは、「瞬間」を失う。即ち、生きていない。即ち、力を持ち得ない。「死んでいる」からだ。「瞬間」を生きていない状態とは、「死んでいる状態」だ。あなたが、望むもの、求める結果を顕現出来ないのは、「死んでいる」からだ。死んでいる状態 [続きを読む]
  • 最高最大の人生を可能にする
  • 自分を失ってはいけない。朝に。昼に。夜に。いつも。いついかなる時も。それだけはやってはいけない。それをすれば、あなたがあなたじゃなくなる。力を得ない。即ち、幸福にはいられない。朝に。昼に。夜に。いつも。いついかなる時も。自分を失わないでいることだ。自分自身でいることだ。自分自身=宇宙であり、愛そのものだからだ。 [続きを読む]
  • 1日の始まりと終わりに
  • 自分を信じ切ってスタートしよう。自分を信じ切ってただ1日を生きよう。自分を信じ切って1日を終えよう。一番大切なこと。 [続きを読む]
  • エネルギーを分散するな
  • 自分から分離してはいけない。いつも自分と繋がっていることだ。それだけで、あなたには、何も問題がなくなる。いつも、自分と繋がっているのだ。意識を集中。「自ら」である唯一の存在、「意識」「意識」こそ自分なのだ。肉体だけで生きてはいけない。肉体があなたの実体なのではない。「肉体は意識を入れている容器」容器だけで生きるのはやめるのだ。現象の中で。意識を分散させ、意識が離れた肉体という形だけで生きてはいけな [続きを読む]
  • 加速と時間軸
  • 時間は一定ではない。自分に集中するのだ。自分の真ん中と繋がるのだ。自分の中の神性と。自分の中にある無限の愛と。集中。集中するのだ。雑念が多すぎるだけだ。表面で捉えるな。全てを表面で捉えるから、おかしくなる。力を失っているのだ。自分に繋がるのだ。自分の中にある、奥深いところにある、自分自身(宇宙)と繋がるのだ。「無限」と繋がるのだ。そこには全てがある。 [続きを読む]
  • 囚われの身と透明の身
  • この世の形成は、「振動」で見えるようになっている。形も色も匂いも実は、そうだ。「本来は見えないもの」本来は形などないのが真実だ。振動で見えるようになっている。「透明(見えない)」なのが本来の存在。振動で形が現れる。形があるから、囚われの身になるのか?囚われてはいけない。囚われるために現れたのではない。認証するために現れた。生命を輝かせるため。生命の「輝きを表現する」ため。生命の喜びを認証するため現 [続きを読む]
  • 正統と狂信の違いを見抜く教養
  • 「知」の最強哲人、最強読書人、渡部昇一先生 逝く先月17日、日本人の知性的財産と言っても過言ではない、思想啓蒙家であり論客としても超一流の学者、渡部昇一先生がこの世を去られました。大変残念なことで、この混迷する現代にあって、もっと長生きして、適時、僕らの迷走に対して一喝する存在であってほしかったです。先生のご冥福をお祈りいたします。先生が、正統な思想形成過程で影響を受けたと思われる人物の一人、イギ [続きを読む]
  • 日常の意識の在り方
  • 私は、自己批判も後悔もしない。私は、自分を責めない。自分を責めたりない。私は、自分を傷つけない。傷つけたりしない。私は、自分を「愛する」自分を「大切にする」私は、自分の細胞を痛めつけたりしない。傷つけたりしない。私は、自分の傷ついた一つ一つの細胞を修復する。私は、私を大切にする。私は、自分を大切に愛する。私は、自分を認める。自分をそのままを認め、受け容れる。私は、自分をちゃんと見る。自分を差別した [続きを読む]
  • あなたは何時(いつ)生きるのか?
  • あなたは生きているのか?生きていると言えるのか?あなたは、一体何時(いつ)生きるというのか?人は、昨日には生きていない。人は明後日には生きていない。人は、「今」生きている。人は、「この瞬間」に生きている。あなたは、何時生きるのか?あなたは、何時生きるというのか? [続きを読む]
  • 「安易、不用意」
  • エネルギーを大切にし、順調で素晴らしい人生にいたいのなら、「余計なことはしない」ことだ。あまりにも、安易に、不用意に、ものを言っていないか?そんな暇なことはしないことだ。人生の「コメンテーター」になる必要はないのだ。状況や人の分析、批評、寸評を、まるで「TVのコメンテーター」のごとくあまりにも安易に、不用意に、普段、口にしていないか?無駄にものを言っていないか?本当に暇だなぁと思う。 [続きを読む]
  • ポジティブシンキングと言う誤魔化し
  • 多くの人が「ポジティブ」を誤解する。多くの場合が「ネガティブ」の裏返しに留まっている。ポジティブが、そのまま「ポジティブ」ならいい。積極的思考・消極的思考プラスの感情(思考)・マイナスの感情(思考)だからこそ「ポジティブ思考」と、「負の感情は持たないように前向きに考えています」「口に出す言葉を積極的な言葉にしている」そう言う人は多い。「ポジティブ」が、「道具、テクニック」になっている。「前向き」「 [続きを読む]
  • おかしな辞書
  • おかしな辞書を携えて生きている人の方が多い。辞書なんて人生には要らない。もし、辞書を持ちたいなら、「改訂版」を持つのだ。その「最高の辞書」には、1ページ1項目しかない。そこに載っている「言葉」は、ひとつだけ。「愛」あなたが、辞書を開き、調べ、知るとするならそれで十分なのだ。それが「人生の辞書」 [続きを読む]
  • 人生に辞書は要らない
  • 人生には、そのための辞書など要らない。多くの人が「お勉強」と同じように人生に辞書を用いようとする。だから、彷徨うのだ。いちいち「意味付け」をしようとする。「意味付け」即ち「自分の都合」だ。だから、必死に誤魔化そうとするのだ。いろんな「言葉」や「言い回し」を探しては、「ただ自分を正当化するのに忙しい」解脱をしている人が言った。「あなたに愛しかなければ、愛しか見えない」あなたに愛しか理解出来なければ、 [続きを読む]
  • 「我」
  • 我、またはエゴ。「我」が邪魔をするのだ。別に戒めなんかではない。あなたが力を行使して、たとえ、何かの成果を上げられたとしてもあなたは決して、全てが幸せではないはずだ。あなたは、いつも感じている。「自分が、いつもどこか幸せではない」ことを。あなたが、どんなに成果を上げてもあなたに「我」がある限り、あなたは、決して本当の幸せにいることはない。あなたにいつも障害が現れる。「我」とは「ちっぽけ」そのものだ [続きを読む]
  • あなたは何時(いつ)生きるのか?
  • あなたは生きているのか?生きていると言えるのか?あなたは、一体何時(いつ)生きるというのか?人は、昨日には生きていない。人は明後日には生きていない。人は、「今」生きている。人は、「この瞬間」に生きている。あなたは、何時生きるのか?あなたは、何時生きるというのか? [続きを読む]
  • 行動し経験し愛を発見しなければ哲学は腑に落とせない
  • 完璧ではない自分を、知る。愛で育てられてきた自分を、知る。愛で許されてきた自分を、知る。少しずつしか成長しない自分を、認める。成長するために、挑戦し、失敗をやらかす自分を、許す。だから、他人にも、自分にも、完璧であることを要求してはいけないのだ。親が、兄弟姉妹が、友人が、自分を愛で満たしてくれ、育ててくれた。少しづつしか成長しなくても、見捨てずに育ててくれた。自分の内面が愛で満たされたからこ [続きを読む]