JJ さん プロフィール

  •  
JJさん: テレマークを少々
ハンドル名JJ さん
ブログタイトルテレマークを少々
ブログURLhttp://kobetele.exblog.jp/
サイト紹介文なぜアルペンからテレマークへ?ほぼ初心者が、どっぷりと沼にはまる様をご覧ください。
自由文なぜこんなにはまってしまったのかわからないまま、 テレマークのあれこれを綴っていきます。 内容も滑りと同様、緩いですけど・・・最初の一歩を踏み出していただくきっかけになれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 14日(平均6.5回/週) - 参加 2017/02/10 23:38

JJ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今年(2017)のお買い物
  • いつか来る買い換えの時、今年(2017年)、ついにその時が。バックルをしっかり閉めても、ブーツの中で踵が浮きます。(悲)ありがたくない、ヒールフリーです。インナーを補強しながら使って来ましたが、ついに新調する事にしました。金具との互換性を考えて、NTNなどの新しい規格は考えませんでした。... [続きを読む]
  • はじめてのテレマークブーツ
  • ショップで話を聞くまでは、「アルペン経験者は、固めでしっかりホールドできる高さのあるブーツを。」「スキー初心者は、柔らかめで低めのブーツを。」というイメージがありました。でもよく考えてみると、「逆かも!」と思いました。アルペン経験者の方なら経験されたと思いますが、テレマークの固めのブーツなら、アル... [続きを読む]
  • はじめての道具選び
  • いろいろ悩んでテレマークを続けると決めた後、どんな道具を揃えたらいいのか、ショップに相談に行きました。そして、アルペン同様、目的によって道具が違うことを知ります。ゲレンデを滑るだけ?雪の上を歩くことがメイン?本格的に登ることも考える?なんでもできるスキーなので、選択枝が多いのです。テレマークでどんな事がしたいのか... [続きを読む]
  • 最初の一歩が大変です
  • テレマークを始めたいと思っても、数々の壁が立ちはだかります。「ちょっとやってみよう!」のハードルが高いです。スクール、レンタル店、道具を扱っている店が、コンパクトに揃っているエリア(聖地と呼ぼう!)がうらやましい。Jさんと僕は、あの体験会で一歩を踏み出し、コーチの務めるショップで道具を手に入れました。... [続きを読む]
  • 1本の長い弧
  • 連戦連敗のヒールフリー体験。アルペンの楽しさを再確認する逆効果。でも、初めて直に見たテレマークターン。かっこいいと思いました。コーチのフォームは、優雅。一般のお客さんも注目です。がんばって滑っている感がありません。駐車場では、あんなに疲れて、恥ずかしくて、かっこ悪い姿勢なのに....... [続きを読む]
  • 不幸は音も無く その2
  • ※当日は写真を撮る余裕がなかったので、後日再現した写真を使っています。ロッドが折れた板で滑るのは無理。これが山の中で起こると大変です。携帯している修理キットに、ロッドなんて入っていません。(>_<)左右兼用ではないので、... [続きを読む]
  • 続々 クロカンとアルペンの間
  • 10年以上経った今、あの駐車場での、恥ずかしくてしんどい練習の目的が分かります。要は、後足の小指に加重をかける練習だったんです、ね?(弱気)日常生活では意識することなく、まったく必要のない(テレマークターンには不可欠な)動きです。難しいはずです。コーチ「さあ、いよいよ板をつけて斜面で同じ動きを... [続きを読む]
  • 続 クロカンとアルペンの間 
  • Jさんからのお誘いは、モンベル主催、はじめてのテレマークスキー体験会でした。当時の知識では、クロカン+先生(金属エッジ)=テレマーク(←失笑)だったので、クロカンとアルペンの間を埋める道具なら、クロカンの弱点をカバーできるのではと考えました。会場はとても近い六甲山。よろこんでエントリーです。荘川でのほろ苦いデビューを... [続きを読む]
  • カートリッジとロッドが外れません!
  • はじめてのテレマークの板に付けていたビィンディングは、ロッテフェラーのチリコブラ。最近テレマークを始めたメンバーへの練習板に付けようと、久しぶりに取り出してみました。が、1本のロッドの長さが変えれません!!どうやらバネと固着して、一緒に回ってしまっている模様。部品交換できるのか??お世話にな... [続きを読む]
  • クロカンとアルペンの間
  • クロカンで恐怖を味わったあと、より進化した(と思っていた)アルペンを、前よりも楽しむようになりました。金属エッジ先生とアルペンビンディングがあれば、貴重な休日もストレスなく過ごせます。「ヒールフリーはまた機会があれば・・・」ぐらいに思ってました。クロカンとアルペンの間は、埋め切れない進化がある⇒あえて苦労しなくても楽しい⇒ヒールフリーはフ... [続きを読む]
  • 踵が上がるってこういうこと?
  • スキーといえばアルペンスキー。スキー場のすべてのコースを、とりあえず降りてこれる程になった数年後のある日。「クロカン体験しない?」と.同僚のJさんに誘われる。スキーのご先祖も経験したいなと思い、特に知識も無いまま、奥美濃の荘川高原へ。 エッジの無い細い軽い板と、普通の登山靴のようなブーツを借り、始めてのヒールフリー体験! アルペンの板では考えられない軽快... [続きを読む]
  • 過去の記事 …