神無月ノア さん プロフィール

  •  
神無月ノアさん: 月の方舟〜ノアの情報見聞録
ハンドル名神無月ノア さん
ブログタイトル月の方舟〜ノアの情報見聞録
ブログURLhttp://noah.snowdrop.jp/
サイト紹介文北海道の風景写真を中心に観光スポットや歴史などを紹介。その他、世界の不思議や宇宙の話なども。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 37日(平均6.2回/週) - 参加 2017/02/10 23:42

神無月ノア さんのブログ記事

  • 南鳥島に沖ノ鳥島に中の鳥島… 島の話って面白すぎる[のあろーぐ]
  •   長崎県五島市の女島にある女島灯台。 Wikipediaよりみなさんこんばんわ。サウンド・ストリーム・北海道の時間です(違)記事にしたいネタはたくさんあるのですが、上手く構成がまとまらなかったので、今回は、思ったことをダラダラ書く[のあろーぐ]にしたいと思います。今のBGMは、ショパンの前奏曲「雨だれ」です。この曲、好きです。できれば晩春か初夏に聴きたい感じですが。さて、このブログのサイドバーに「人気の記 [続きを読む]
  • 釧路湿原の夕景。細岡展望台と釧路湿原ビューポイント
  •   釧路湿原の夕景。太陽が沈んだ直後 細岡展望台より。2005年撮影釧路市の北側には、たくさんの様々な植物や、希少な動物たちが暮らす原始の自然が拡がっています。それは18,290haにも及ぶ、日本最大の湿原「釧路湿原」。その広大な風景は人の心をとらえて放しません。釧路湿原ビューポイントは何カ所かありますが、私は冒頭の写真で紹介した細岡展望台が一番好きです。視野が広く、近くには蛇行する釧路川、遠くには、雄阿寒岳 [続きを読む]
  • 届かなかった線路・旧北見相生駅と幻の釧美線
  •   旧北見相生駅に遺された線路と余生を過ごす列車。2004年撮影。国道240号線を美幌から阿寒湖方面に向かって走ると、阿寒湖の少し手前に道の駅「あいおい」があります。そこは、旧国鉄「北見相生駅(きたみあいおいえき)」があった場所で、駅舎やプラットホームが当時のまま遺されています(駅舎は復元されたものらしい)。上の写真はその旧北見相生駅の構内で撮影したものです。北見相生駅は美幌から阿寒湖方面へ延びる相生線 [続きを読む]
  • 海から見たカムイワッカの滝と知床観光船
  •    知床観光船から見たカムイワッカの滝2005年に世界遺産登録された知床。その知床の観光スポットのひとつに「カムイワッカ湯の滝」というのがあります。全国的にも珍しい「天然温泉が流れている滝」です。ウトロから陸路で行くことができますが、世界遺産に登録されてから、厳しい立ち入り規制があり、知床五湖の近くにある知床自然センターより先に行けるのは6月1日から10月末までで、しかも7月と8月はマイカーでの立ち [続きを読む]
  • 低価格パソコンもSSD標準装備の時代が来るか?[のあろーぐ]
  •   オンネトー国設野営場で撮影 2005年このブログでは何度も登場していますが、足寄町にある湖・オンネトーは私のものすごくお気に入りの観光スポットで、かなり通って写真を撮り貯めています。五色の湖と言われるぐらい季節や天気によって湖水の色が変わるオンネトー。でも、いつ行ってもキレイな湖面が見られるとは限りません。美しいオンネトーを見るための第一条件は、「風が無いこと」だと私は思います。風があると、湖面に [続きを読む]
  • 浜中町・MGロードと秋の霧多布湿原
  •   霧多布湿原センターからMGロードと霧多布湿原を望むみなさん、こんばんわ!昨日投稿したミニセコマの記事がフィーバーしたので、今日は過去最高のページビュー数を記録しました。といっても、そんなに多いワケじゃないんですけどね(笑)  このブログのページビュー数(過去1ヵ月)ミニセコマについては多くの方が気になっているみたいですね。これがどんどん増えれば画期的ですからね〜、当然かもしれません。 さて、冒頭 [続きを読む]
  • 「天に続く道」斜里町の国道334号線は日本一美しい直線道路
  •   知床・斜里町「天に続く道」 国道334号線+αの直線道路北海道に訪れた本州の人たちは、北海道の道路を走ってみなさん驚きます。まず道路が広いこと、そして、あり得ないぐらい直線の道路があることですね。今回は北海道にある直線道路の話をしたいと思います。日本一長い直線道路 国道12号線まず、北海道には「日本一長い直線道路」というのが、あります。それは、国道12号線の美唄市光珠内から滝川市までの29.2km[地図は [続きを読む]
  • アラブ首長国連邦(UAE)が火星の都市建設計画”マーズ2117”を発表
  •   UAEの火星都市計画 イメージ図1  ムハンマド氏のツイッターより引用いやはや、やってくれましたね。NASAでもなく、ロシアでもなく、もちろん日本のJAXAでもなく、、なんとアラブ首長国連邦(UAE)がこんな発表をしてくれちゃいました。100年後に火星に都市建設! ”マーズ2117計画”2017/2/14、ドバイで開催された第5回世界政府サミットの最終日に、UAEの副大統領兼首相でドバイ首長のムハンマド・ビン・ラーシド・アール [続きを読む]
  • ひがしもこと芝桜公園の芝桜とリバーサルフィルム・フォルティア
  •   大空町ひがしもこと芝桜公園の芝桜。2005年撮影残業とか風邪でくたばっていたせいもあって、ここ10日ほどブログの更新をサボりがち。でも、その間に、いろいろな興味深いニュースがありましたね。UAEが火星に都市を造ると発表したり、JRが廃止を検討している日高線にDMV(線路・道路両用車)を走らせようという声が出てきたり、地球型の惑星を7個も発見したという発表があったり・・・。リアルタイムで記事にできなかったのは [続きを読む]
  • 雄阿寒岳のある風景|雄阿寒岳のビューポイント・展望台
  •   鶴居村から見た雄阿寒岳北海道の東の方に阿寒湖という温泉街で有名な湖があるのですが、その横に道東を代表する秀峰・雄阿寒岳があります。「なんとか富士」と呼ばれてもおかしくないぐらいキレイな円錐形をしており、その雄大な姿はどの方角から見ても美しいのですが、標高が1370mしかないせいなのか「日本百名山」には選ばれておりません。(1500m以上が基準)この衛星写真を見ても分かると思いますが、この雄阿寒岳が隆起 [続きを読む]
  • 登別市・旧天華園の廃墟、解体が始まる。跡地はメガソーラーに
  • その昔、北海道登別市には「天華園(てんかえん)」という中国をモチーフとしたテーマパークがありました。1999年に閉園し、その後18年間の放置されていたのですが、ついに取り壊されることになったようです。テーマパークとしては人気が振るわず、存続できなかったわけですが、実は現在、天華園は廃墟マニアの間で絶大な人気を誇っています。おそらく、今回始まった取り壊しを残念に思う人は多いんでしょうね。  登別市・旧天華 [続きを読む]
  • 1975年の千歳空港の航空写真(衛星写真)
  • 1970年代の千歳空港の航空写真(衛星写真)を見つけましたので、シェアします。  1975年の千歳空港の空中写真  Copyright © 国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省 Wikipediaより  ※ で高解像度画像(3228 × 4265px、4.71Mb)が開きますWikipediaって、わかってはいましたけどすごいところですね。こんな資料が眠っているなんて。この画像は国土交通省が提供しているもので、著作権者は「国土画像情報(カラ [続きを読む]
  • 祝☆100記事|現状と今後の展望について [のあろーぐ]
  •   遠軽町太陽の丘えんがる公園のコスモスこのブログもこの記事でちょうど100記事目になります。祝☆100記事!2015年12月にスタートし、途中休んだ時期もありましたが、約15ヵ月での100記事到達になります。とりあえず200記事まではアクセス数を気にしないで行こうと思い、取り立てて大量の集客を狙うような記事は投稿していないのですが、それでも徐々にアクセス数は伸びてきています。  ブログ開設から2017/2/11までの月別ア [続きを読む]
  • 知床・フレペの滝|乙女の涙に虹が架かる
  •   フレペの滝展望台付近からの眺め 2006年撮影真夏の知床に観光に行くと、ものすごい観光客の数で秘境に来た感じがまったくしないのですが、今回紹介するフレペの滝は、観光シーズンでもそれほど混むことはありません。何故かというと、駐車場にクルマを駐めてから、20分ぐらい歩かなければならないからなんです。フレペの滝。別名「乙女の涙」。滝にもいろんなタイプがありますが、この滝は少々風変わりで、私は他にこのような [続きを読む]
  • 記憶の中の奥白滝駅|今は亡き秘境駅「白滝シリーズ」
  •   元JR奥白滝駅だった場所 Wikipediaより雪の国鉄・奥白滝駅灰色の空から降ってくる細かい雪が、冷たい北風に吹かれて頬に当たる。昨日、出勤しようと思って家を出たら、そんな感じの天気でした。そういう天気の日には必ず思い出す場所があります。高校時代の2月、無意味に列車に乗るのが好きだった私は、あまり予定を立てずに友達と旭川駅から国鉄・石北本線の普通列車に乗りました。列車に中で時刻表をめくり、決めた行き [続きを読む]
  • ワガママな歳差・スピカ(後編) おとめ座のα星・スピカ は5重連星
  •   おとめ座のイメージ Wikipediaより前回の記事「ワガママな歳差・スピカ(前編)」の続きです。前回は初音ミクの楽曲とUGCの話が中心でしたが、今回はスピカの天文学的な特性のお話をしたいと思います。スピカ・・・ SPICA・・・。みなさんはどんなイメージがありますか? 私はなんとなく光り輝いているものを想像します。「スピカ」という音のイメージですね。実際、「SPICA」という言葉は「穂先」という解釈があるらしいで [続きを読む]