代書屋ゲン さん プロフィール

  •  
代書屋ゲンさん: 代書屋ゲンのブログ
ハンドル名代書屋ゲン さん
ブログタイトル代書屋ゲンのブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/jkbrf816
サイト紹介文現役の行政書士が暮らしの知恵や、最近取りざたされるエンディング準備など、様々な点を語る。
自由文代書屋ゲンです。代書と言っても古臭いですよね。実際は行政書士という職で主に、相続など終活のお手伝い。トラブル処理を書面作成の観点から行ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 47日(平均3.3回/週) - 参加 2017/02/11 14:02

代書屋ゲン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 高齢の配偶者へ優しい新法は歓迎したい
  • ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )ここのところ、相続に関する新たな動きが多い。そのもっともたるものが、配偶者への相続分の配分についてである。以前から、相続すると家屋土地の売却が生じて、住んでた家がなくなるという不安感があった。特に、高齢になっている配偶者の方だとなおさらだ。子供だって、あてにならない場合がある。そんな弊害をなくすために、いま、議論されているのが、住んでいた土地家屋は [続きを読む]
  • 高齢の配偶者へ優しい新法は歓迎したい
  • http://www.blogmura.com/img/www88_31.gifブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )ここのところ、相続に関する新たな動きが多い。そのもっともたるものが、配偶者への相続分の配分についてである。以前から、相続すると家屋土地の売却が生じて、住んでた家がなくなるという不安感があった。特に、高齢になっている配偶者の方だとなおさらだ。子供だって、あてにならない場合がある。そんな弊害をなくすために、いま、 [続きを読む]
  • いきなり現れた相続人対応のためにも文章の力を借りよう
  • [[img(http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif)]][http://www.blogmura.com/ranking.html ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )] 良くある話だ。自分の死後に今まで交流が途絶えていた前妻との子供が遺産配分を巡って主張してくるというやつだ。 これ自体は仕方ない。今まで何ら貢献もせずに遺産となったらいきなり現れて来るのでムシがいいとは思うが、権利者ではあるし調べて存在が確認されたら通知しなけれ [続きを読む]
  • いきなり現れた相続人対応のためにも文章の力を借りよう
  • [[img(http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif)]][http://www.blogmura.com/ranking.html ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )] 良くある話だ。自分の死後に今まで交流が途絶えていた前妻との子供が遺産配分を巡って主張してくるというやつだ。 これ自体は仕方ない。今まで何ら貢献もせずに遺産となったらいきなり現れて来るのでムシがいいとは思うが、権利者ではあるし調べて存在が確認されたら通知しなけれ [続きを読む]
  • 遺言書を書くときは現金のない相続人のことも考えよう
  • ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )エンディングをスマートに行う上で、自分のこれからも重要だが、やはり相続人の立場も考えることは重要だろう。 例えば、残された人々に対して、不動産を主に残す場合である。実は、世の中、現金そのものをたっぷり持っている人も少ないだろうから、このパターンは以外に多いと思う。特に、世間では富裕層と言われている人たちにも結構多いパターンだ。 だが、ちょっと考えれ [続きを読む]
  • 遺言書を書くときは現金のない相続人のことも考えよう
  • http://www.blogmura.com/img/www88_31.gifブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )エンディングをスマートに行う上で、自分のこれからも重要だが、やはり相続人の立場も考えることは重要だろう。 例えば、残された人々に対して、不動産を主に残す場合である。実は、世の中、現金そのものをたっぷり持っている人も少ないだろうから、このパターンは以外に多いと思う。特に、世間では富裕層と言われている人たちにも結 [続きを読む]
  • しばらくエンディングの知恵が多くなりそう
  • [[img(http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif)]][http://www.blogmura.com/ranking.html ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )] 終活という言葉もあるが、エンディングという言葉もあるので。よくはわからないが、何となくエンディングとしたほうが無機質な感じがして良さそうだ。 いずれにしろ、これから超高齢化社会の時代に突入する。このブログも、これからエンディング系の記事が多くなりそうです。よろ [続きを読む]
  • しばらくエンディングの知恵が多くなりそう
  • [[img(http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif)]][http://www.blogmura.com/ranking.html ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を )] 終活という言葉もあるが、エンディングという言葉もあるので。よくはわからないが、何となくエンディングとしたほうが無機質な感じがして良さそうだ。 いずれにしろ、これから超高齢化社会の時代に突入する。このブログも、これからエンディング系の記事が多くなりそうです。よろ [続きを読む]
  • 資産もモノも整理収納は高齢者住宅には必須になりそうだ
  •  このブログでも書いてきたのだが、最近は高齢者の方々と接する機会が多い。 よく言われることだが、その際にもっともこぼしているのが、自宅が片付けられないということだ。これは、きれい好きとか嫌いとかいう問題ではない。体力がなくなり、病気でもして気力もなくなると、なかなかかたせない。 そのこと自体は仕方ないだろう。  だが、問題は。そうなるとものの場所がわからなくなり、同じものを買ったしして不経済になる [続きを読む]
  • 資産もモノも整理収納は高齢者住宅には必須になりそうだ
  •  このブログでも書いてきたのだが、最近は高齢者の方々と接する機会が多い。 よく言われることだが、その際にもっともこぼしているのが、自宅が片付けられないということだ。これは、きれい好きとか嫌いとかいう問題ではない。体力がなくなり、病気でもして気力もなくなると、なかなかかたせない。 そのこと自体は仕方ないだろう。  だが、問題は。そうなるとものの場所がわからなくなり、同じものを買ったしして不経済になる [続きを読む]
  • 自分の気持ちや知恵を子孫に伝える置文はいいものだ
  •  前回のブログでは、高齢者の方々にとって文章表現がいかにプラスかについて書いた。 これは、ほぼあくまで主観的な内容のものになるが、それでも自分の気持ちを吐露したいときというのはあるのだ。 これは遺族へ残すものでもそうだ。いや、もちろん法律的な文章としては、遺言書というのがある。これは必要だ。だが、実際はそのようなものだけではない。財産分与云々以外でも、ぜひ、気持ちやあるいは生きていく知恵みたいなも [続きを読む]
  • 自分の気持ちや知恵を子孫に伝える置文はいいものだ
  •  前回のブログでは、高齢者の方々にとって文章表現がいかにプラスかについて書いた。 これは、ほぼあくまで主観的な内容のものになるが、それでも自分の気持ちを吐露したいときというのはあるのだ。 これは遺族へ残すものでもそうだ。いや、もちろん法律的な文章としては、遺言書というのがある。これは必要だ。だが、実際はそのようなものだけではない。財産分与云々以外でも、ぜひ、気持ちやあるいは生きていく知恵みたいなも [続きを読む]
  • 高齢化社会では文章というのは益々重要になる
  •  言うまでもないことだが、今後の日本は少子高齢化がキーワードになる。 このうち、高齢化というものには関わることが多い。いや、もちろん自分のことも遠くない未来だが、今の高齢者の方々に接する機会があるのである。 身上監護という行為がある。やや体力などが衰えた人に代わって、生活上の手続きをしたり買い物をしたり、貯金を下ろしたりといった行為をすることだ。 一般には肉親が行う。だが、諸事情により、それが難し [続きを読む]
  • 高齢化社会では文章というのは益々重要になる
  •  言うまでもないことだが、今後の日本は少子高齢化がキーワードになる。 このうち、高齢化というものには関わることが多い。いや、もちろん自分のことも遠くない未来だが、今の高齢者の方々に接する機会があるのである。 身上監護という行為がある。やや体力などが衰えた人に代わって、生活上の手続きをしたり買い物をしたり、貯金を下ろしたりといった行為をすることだ。 一般には肉親が行う。だが、諸事情により、それが難し [続きを読む]
  • SNS投稿の前には一呼吸おいて見直そう
  •  今、センター試験が行われているが、最近は大学の出願もネットというところも多い。というか、ほとんどがネットのみか紙との出願の併用だ。 まぁ、大学に入ったあとの単位履修届もネットなのだから、当然か。 だが、いくらネットがいいからと言って、やはりSNSへの投稿の際は、肖像権には気をつけたほうがいい。一般的に言われるように、顔がハッキリしないならという問題ではない。ある広告会社に依頼されたカメラマンが、街 [続きを読む]
  • SNS投稿の前には一呼吸おいて見直そう
  •  今、センター試験が行われているが、最近は大学の出願もネットというところも多い。というか、ほとんどがネットのみか紙との出願の併用だ。 まぁ、大学に入ったあとの単位履修届もネットなのだから、当然か。 だが、いくらネットがいいからと言って、やはりSNSへの投稿の際は、肖像権には気をつけたほうがいい。一般的に言われるように、顔がハッキリしないならという問題ではない。ある広告会社に依頼されたカメラマンが、街 [続きを読む]
  • 先ずは斡旋文章で行こう❗
  •  前回の本ブログでは、文章の持つパワーと有用性について語った。 ちなみに代書屋ゲンの事務所にも、一言文章で言ってやりたいという民事法務的な依頼は多い。だが、やはりいきなり争うとか喧嘩腰というのは、甚だ疑問だ。そこで、やはりそういう場合は斡旋文の作成依頼を勧めることが多い。先ずは、自分の主張を整理して伝えるのである。その上で、もし聞く耳を持っていただけないならと伝えておくのだ。これが地味だが、意外に [続きを読む]
  • 先ずは斡旋文章で行こう❗
  •  前回の本ブログでは、文章の持つパワーと有用性について語った。 ちなみに代書屋ゲンの事務所にも、一言文章で言ってやりたいという民事法務的な依頼は多い。だが、やはりいきなり争うとか喧嘩腰というのは、甚だ疑問だ。そこで、やはりそういう場合は斡旋文の作成依頼を勧めることが多い。先ずは、自分の主張を整理して伝えるのである。その上で、もし聞く耳を持っていただけないならと伝えておくのだ。これが地味だが、意外に [続きを読む]
  • 文章の持つパワーを改めて見直してみよう
  •  文章の持つ力というのは確かにあると思う。 人は言いたいことが言えなくても、文章にすると表現できるケースが多い。それはそうだろう。言いたいことはその場で言わないといけないので、ある程度の瞬間的な論理構築力や場合によっては度胸も必要だ。 だが、文章は違う。じっくりと自分に向き合って思いのたけを語ればよい。それだけに気持ちの重みも伝えられる。知人はストレスがたまりやすく、上司に対して不満が多かった。だ [続きを読む]
  • 人は不安感を感じるときは自分以外の何者かになろうとしてるからだ
  • 本当に久しぶりに投稿する。どうも体調が悪かったせいか。それにつれて、精神の状況も良くはなかった。だが、そのような中で気がついたことがある。非常に不安感を感じるときというのは、共通の心の動きがあるということだ。もちろん、例えば重い病気にかかっているとか、親の介護がある、とか。事業をやっている人なら資金繰りが苦しい、といった外部的要因があるのなら話は別だ。特に、そういった目に見える要因がない場合の心の [続きを読む]
  • 過去の記事 …