カムイ さん プロフィール

  •  
カムイさん: 建築現場監督のブログ
ハンドル名カムイ さん
ブログタイトル建築現場監督のブログ
ブログURLhttp://www.dokenman.work/
サイト紹介文建築情報や資格習得など(現場監督・建築士・建設・土建・インフラ・公共工事・施工管理・技士・ゼネコン)
自由文建築技術者です。親の背中を見て気づけば、土建屋に。日々がむしゃらで大勢の人と一つのモノをつくる面白さとやりがいを感じる日々!!自分の中で専門知識を深めステップアップ(キャリア含む)したいと各種試験を仕事の合間に勉強しています。また、仕事のオンとオフはメリハリを意識しています。遊びも仕事も全力で・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 191日(平均3.4回/週) - 参加 2017/02/11 16:13

カムイ さんのブログ記事

  • 香港の選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ
  • あれから約3年。雨傘革命最近の気になるニュースです。下記8月17日 AFPニュース香港の選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ「雨傘運動」で中心的役割を担った3人の活動家が、非合法集会に参加した罪などに問われていた控訴審で、香港の裁判所は17日、3人に禁錮刑を言い渡した。3人は即日収監された。 裁判所は執行猶予付き禁錮刑や社会奉仕活動を言い渡した一審の判決を破棄し、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏、羅冠聰 [続きを読む]
  • 打継用の止め枠はどうすべきか?
  • 数量が大きい現場あるある施工上どうしても数量が大きい場合、打継を設けますが梁幅やせいが大きいと止め枠が非常に困ります。前回は、エアフェンスなるものを使用しましたが過密鉄筋だとどうしても隙間が出来てコンクリートが漏れます。型枠解体して斫り作業が大変だった・・・今回は、前回の反省を踏まえ型枠で行いました。個人的には、ラスを使用したい所ですが許可されず・・・    上から    近くから施工管理で困 [続きを読む]
  • 労働基準監督署抜き打ち現場パトロール
  • 去った全国安全週間での出来事現場事務所に労働基準監督署からTELがありました。おそらく、特定元方事業開始届を見て連絡していると思われる。電話の内容は、今から現場にパトロール行きますとの事。そして、1時間以内くらいで現場事務所にやってきました。大体の雰囲気で分かるのですぐさま安全書類を応接室へ準備しました。そして、名刺交換を行い書類検査が始まった。(後で気づいたのだが私が現場代理人の時に(5年前程) [続きを読む]
  • 竣工した現場のその後 エフロレッセンス発生
  • 久しぶりに現場確認竣工して2年以上経過している現場を最近確認しました。すると、湿式工法で施工した浴室にヤツが発生していました。その名は、エフロレッセンス(白華現象)今回の浴室は、タイルでは無く石張りとなっており目地が突きつけによる施工だったので、それが原因でモルタル中の水酸化カルシウムが目地に浮き出て発生していました。せっかくシャレた浴室にしているのですが、これではイメージダウンです。対策を考え [続きを読む]
  • コンクリート造の工作物の解体等作業主任者講習 記事No.130
  • 今後需要があると思い受講を決意!! 前回、解体工事を担当しましたがその際に「解体等はどういった手順がありどういった工法があるのか?」気になり講習を受講してきました。感想は、結構為になりましたね。 そもそも、コンクリート工作物の解体等作業主任者とは?・コンクリート造の工作物の解体等作業主任者は、労働安全衛生法により高さが5m以上コンクリート造の工作物の解体作業等を行う場合に配置しなければならないとされ [続きを読む]
  • コンクリートの高強度化
  • 今後ますます高強度化か?最近、思う事がコンクリートの強度が年々上がっていっていますね。入社時には暑中補正も+3位だったのですが・・・・おかげで、夏場の解体はサウナ状態です。特にピット内、確実に熱中症になります。今後、コンクリート技術者は温度ひび割れ等専門的な知識が必要になってきますね。 [続きを読む]
  • 平成29年一級建築士学科試験
  • 一つの「くぎり」がつきましたね。本日受験した方、お疲れ様です。結果はどうあれ一つの「くぎり」がついたと思うのでゆっくり休んで下さい。結果を確認したい方は、下記のブログにまとめていますのでよければ参考にして下さい。でも、もうあの試験は受けたくないですね。(試験時間が長すぎる)学科試験お疲れ様です。|現場監督の一級建築士習得日記 (製図編) [続きを読む]
  • 特殊高所技術
  • 最近話題になっています。国土交通省にも認められた技術!聞きなれない言葉ですがこの技術は、足場を用いることなく橋梁や構造物にロープでぶら下り、上下左右に移動し、クラック調査、写真撮影、耐久性等に関する調査、点検、施工を可能にする技術です。要するに、点検時の足場等が無くさらに直接的に点検する事が出来るので、その結果コスト削減が期待出来ます。また、コンクリートコアも採取可能との事です。(凄い)色々 [続きを読む]
  • 結局現場に押し付けですか・・・
  • 五輪・新国立競技場 新卒現場監督「自殺」同業者として、非常に衝撃を受けました・・・。現場は、超国家級どころか世界的にも注目度の高い工事。立場は、現場代理人。権限はこちら↓(現場代理人)現場代理人は、つぎに定める権限を除き、この契約にもとづく一切の権限を行使することができる。一 請負代金額の変更二 工期の変更三 請負代金の請求または受領四 請求の受理五 工事契約の解除工期は、ハッキリ言ってあって [続きを読む]
  • 伸縮目地とその後 記事No.125
  • 効果てき面。夏場は、特に膨張!現場で、スパンが長い建物なのに何故か設計図に伸縮目地が1本も無い。設計監理者へヒヤリングすると意匠上入れたく無いとの事?あれーっ!結局、クレームは施工者に行くのです。これが現実。なので、施工者としては何としてでも入れたいというスタンスを伝え図面に反映しました。(ほんの数本のみ反映)実は多いです。デザイン重視、設計者の自己中心的な配慮不足(結構そういった人がいるので不 [続きを読む]
  • 他社技術屋との座談会
  • その道のプロから直接情報を得る!最近、現場で一緒にプロジェクトを行ったメンバーと慰労会を行いました。出席したメンバーは、コンクリート系の会社だったので話題は、自ずと生コンの話になっていました。話の内容は、最新の技術やら現場に関する事やら多岐に渡りました。その内の一人の方は、スーパーゼネコンの技術研究所等と国家プロジェクトも一緒にやられている方で最前線の情報をリアルタイムで得る事が出来ました。その [続きを読む]
  • 全国安全週間終わる。
  • 昨日で、全国安全週間が終わりました。私の現場には、労基署やら建災防等の抜き打ちパトロールはなかったです。会社の先輩の現場には、来ていたそうです。特に指摘はなかったそうですが・・・。機械等設置届における型枠支保工を申請通りか確認していたそうです。熱中症も増えているそうです。自分も生コン打設時に朝から夕方までご飯を食べず現場管理している際に、何度か気分が悪くなった事がありますが、ある一線を超えるとヤ [続きを読む]
  • 気づけば7月半分過ぎてます・・・
  • P→D→C→A本日、今年の目標であった1級土木施工管理技士の前半戦が終了しました。あっという間です・・・それと、試験会場で気づいたのですが二級建築士も本日が1次試験日でした。ちなみに今年の目標は下記になります。①向上心を常に持ち続けて行きたい。(忘れずにいたい)→業務に関連する資格の習得or講習会への参加②去年唯一果たせなかった目標のリベンジ→コンクリート診断士orコンクリート構造診断士の習得③社内 [続きを読む]
  • 平成29年度 全国安全週間が始まりました。
  • スローガンは、「組織で進める安全管理 みんなで取り組む安全活動 未來へつなげよう安全文化」現場では、安全点検を実施しています。その中で、年配の現場監督が手摺高さが75cm以上とか言っていたのですが、ん? 「75cm」って言う値あったかなと少し考えました。やはり、間違いだ。ここで、手摺の高さの確認です。・建築基準法では、1.1m以上(屋上広場又は二階以上の階にあるバルコニーその他これに類するもの [続きを読む]
  • 建設業法 配置技術者の件
  • 法令改正されたのは知っていましたが・・施工管理技士で勉強していた時の記憶が根強く残っているので、改正前の記憶が邪魔してあやふやに〜ちなみに改正は、平成28年6月1日からです。先ずは、監理技術者ですが人手不足か金額が引き上げられています。関連して専任義務です。(工事のかけ持ち不可)  ◎今思うと入社からつい最近まで業界的には厳しかったと思います。(長年にわたる建設投資の減少や競争の激化で経営環境 [続きを読む]
  • 雨で携帯故障
  • 現場屋の携帯は、防水型?先日、携帯が雨により故障してしまいました。その日のうちにショップに持っていきましたが、3日程かかるという事で、待っても時間の無駄だと預けました。そして受取日。基盤が完全にダメとの事!追加で¥3万程かかるとの事なので、思い切って機種変にしました。携帯の無い期間代替機もなく、業者への段取り調整が非常に大変でした。しかし、携帯が無い生活も良いと少し感じる事も出来ました。現場も [続きを読む]
  • 労働災害の報告
  • 所轄の動労基準監督署に報告する必要あり現場などで特定の事故や労働災害が発生した場合は、遅延なく報告をします。労働安全衛生規則第96条ですね。特定の事故は下記になります。現場的にはクレーンの事故です。発生した場合は、「遅延無くすみやかに報告」です。その他では、労働者が労働災害その他就業中に負傷、窒息又は急性中毒により死亡し、又は休業した時は、報告書を所轄の労働基準監督署長に提出します。その際①休業4 [続きを読む]
  • 今はあまり使用されなくなった流動化コンクリート
  • 始めて使用されたのは昭和50年年齢が高めのベテラン監督は、結構使用していた?自分の周りでも初めて使用する人が多いです。流動化コンクリートは、基本現場で流動化剤を添加したコンクリートを言います。逆に工場で既に流動化されたコンクリートは、高流動コンクリートと言います。もともとは、昭和40年代以降のコンクリートポンプ工法の普及に伴う硬練りコンクリートの施工性改善を目的に使用されたそうです。使用にあたって [続きを読む]
  • 水替え
  • 梅雨に向けて水替えの段取りです。海に近い所でヘドロ系です。あぁ、作業服が汚れる日々が続く・・・嫌な時期です。水替えに関連して地下水位が高い所で工事をする場合、構造物がマジで!浮き上がる事があります。自分の先輩の現場で浮き上がりました。写真みましたが水は馬鹿に出来ないですね。一応、検討方法としては簡単な計算できます。考え方は、構造物の自重と浮力の比較です。浮力の考え方は、構造物が浸かっている水平面積 [続きを読む]
  • 明日で6月。半年早い・・・・
  • 九州南部では、そろそろ梅雨時期。全国的も天気がすぐれない6月に突入ですね。5月は、相変わらずバタバタしていて忙しいですね・・・友人や親族の結婚式やら工場検査やら大きいコンクリート打設等もあり、疲労困憊です。最近は、安全関係の書類等が多くて大変ですね。会社の他現場に労基署も結構入っているとの事なので、パトロールも多くてその対応等もなかなか貴重な時間をロスしてしまします。また、残業しないように1 [続きを読む]
  • 気になるニュースH29.5
  • 建設業許可業者数調査の結果〜昨年6月新設の解体工事業は約14,000業者が許可取得〜平成29年3月末現在の建設業許可業者数は465,454業者で、前年同月比▲2,181業者(▲0.5%)の減少で、2年連続の減少。平成28年6月1日施行により新設された解体工事業の許可は、13,798業者(全体の3.0%)が取得。主要建設資材需給・価格動向調査結果建設資材本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、 需給、在庫等の動 [続きを読む]
  • 健康診断が終わると・・・
  • 食欲暴走注意!!健康診断終わると、食欲暴走ですね。健康診断が終わったその日仕事帰りに定食屋で大盛りの定食を食べました。たまにはいいですよね?体重は、全盛期より−12kgダウンしています。なのでベルトと安全帯がユルユル気味です。最近は、安全第一というより衛生第一とかも聞きます。安全の前に自身が健康状態でないとそもそも、安全作業は出来ないという考え方の様です。今日も現場でバタバタ疲れました。久しぶりに帰 [続きを読む]
  • 良く聞くカチオン系とは?
  • 気になったので調べてみた。現場で、良く左官材料とか防水材料で耳にする「カチオン」ですが調べてみるとなるほど!と思いました。カチオンカチオンとは+(プラス)電荷を持った「陽イオン」という意味。逆は、アニオンで−(マイナス)電荷を持った「陰イオン」という意味。下地となるコンクリートやモルタルは、負(−)の電気(アニオン)を帯びてるため材料自体に正(+)の電気(カチオン)の特性を持たせる事で、磁石がプラス( [続きを読む]
  • 沖縄、奄美梅雨入り 記事No.110
  • とうとう、南の方から梅雨入りが始まりました。この時期に躯体工事だとなかなか予定がうまく進まないので大変ですね。メリットとしては散水養生いらずでしょうか?逆に北国は、梅雨がないのですが雪の影響があるのでまた違った大変さがありますね。関連記事www.dokenman.work [続きを読む]