カムイ さん プロフィール

  •  
カムイさん: 建築現場監督のブログ
ハンドル名カムイ さん
ブログタイトル建築現場監督のブログ
ブログURLhttp://www.dokenman.work/
サイト紹介文建築情報や資格習得など(現場監督・建築士・建設・土建・インフラ・公共工事・施工管理・技士・ゼネコン)
自由文建築技術者です。親の背中を見て気づけば、土建屋に。日々がむしゃらで大勢の人と一つのモノをつくる面白さとやりがいを感じる日々!!自分の中で専門知識を深めステップアップ(キャリア含む)したいと各種試験を仕事の合間に勉強しています。また、仕事のオンとオフはメリハリを意識しています。遊びも仕事も全力で・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 11日(平均22.9回/週) - 参加 2017/02/11 16:13

カムイ さんのブログ記事

  • 日本の国土面積
  • 平成28年全国都道府県市区町村別の面積を公表  国土地理院が平成28年10月1日現在の国土の面積をとりまとめました。その結果、平成28年10月1日時点の国土の面積は、377,971.57平方キロメートルになりました。ちなみに台湾は、36,188平方キロメートル。 国土の面積の公表は、明治15年(1882年)に初めて実施され、人口統計と並ぶ古い歴史を持っているそうです。また、平成27年の377,970.75平方キロメートルから微増になっています [続きを読む]
  • 施工現場のトラブル回避100ポイント
  • 現場実務のツボ月に1冊以上は、本を読むようにしています。最近読んだ本は、こちらです。1.内 容内容的には、躯体工事・仕上げ工事・設備工事・環境・外構工事・維持管理・現場運営に分かれており各種のトラブルを未然に防ぐポイント集となっています。現場では、色々なトラブルが付きものですがこの本で備えあれば憂いなし!!1編5分程度で読むことができるのでスキマ時間にちょびちょび読むことができます。著者は、ゼネコ [続きを読む]
  • 建築工事に使用する材料に関して
  • 現場に使用する材料(資材承諾の件)設計監理者がなかなか、承認してくれないです。こまったもんだ。ちなみに建築基準法上での規定では下記のようになっています。1.定 義(建築材料の品質)建築物の基礎、主要構造部その他安全上、防火上又は衛生上重要である政令で定める部分に使用する木材、鋼材、コンクリートその他の建築材料として国土交通大臣が定めるもの(以下この条において「指定建築材料」という。)は、次の各 [続きを読む]
  • 産業廃棄物の実務
  • 不適切な廃棄物処理少し為になる産廃の知識です。最近、厳しくなっているので元請業者も業者まかせにしているだけでは、やられる可能性があります。1.ストーリー 元請Aは、施設の清掃および不用品の撤去をB社へ業務委託しました。 撤去した不用品には、紙くずや木製看板の他エアコンが含まれていました。 Aはこれらの不用品が「産業廃棄物」や「事業系一般廃棄物」として扱われるべきものだとの認識が無かったことから、通常の [続きを読む]
  • 他業種(不動産業)との情報交換会
  • 他業種の方との情報交換会で刺激を受ける先日不動産業者の方と情報交換会を兼ねて飲んできました。最近、不動産が高い!高い!特に住宅・マンションがビックリプライスですね。少子高齢化の波もあるので今後どうなるか?オリンピック特需か? 結構、その業界の詳しい話や今後〜になるとか、こういった事がトレンドなど色々な事が知る事が出来てよかったです。あと、「建築士の知り合いがいないか?」と言っていました。自社で設計 [続きを読む]
  • 資格情報:コンクリート診断士
  • 多くの技術者がその将来性を認め取得をめざすコンクリート診断士社団法人 日本コンクリート工学会が実施している資格試験に合格し登録すれば資格が与えられます。メリットとしては、国土交通省や一部の都道府県等の工事において関与が義務付けられています。そのため有資格者は独自性が発揮でき高評価につながると思われます。特にコンクリートの不具合等における技術的な所見として診断士に確認させる等と現場の設計監理者等が要 [続きを読む]
  • コンクリートの配合計画書
  • コンクリート工事最初の仕事は、配合の確認から!ようやく、配合計画書のチェックが終わりました。(安堵)今週初めからメイン・サブ工場の計5工場分の計画書をチェックしました。なかなか、工場によって違いがあるので面白かったです。最近建築工事でも少しづつ流動化コンクリートが普及してきてますね。大断面には、側圧の関係から使用は厳しいのですが・・・・高流動化となると想像が出来ないです。混和剤の知識も非常に大 [続きを読む]
  • 横綱
  • 日本人横綱誕生か?稀勢の里やりましたね。本当に口下手で不器用な方ですが、そういう所が良いです!おめでとうございます!今後の活躍に期待です。 [続きを読む]
  • 現場の準備
  • 現場の準備でバタバタそろそろ現場の安全祈願祭予定です。いざ始まると「戦場」です。バタバタしない為にも、施工図、施工計画、諸官庁への届出等・・・せっせと作成しています。また、現場職員のほとんどが高校の先輩なので、変な感じです。自分の住んでいる県では、工業高校が複数校ありますが「工業」だけでどこの高校か通じます。(一つしかないイメージに聞こえる)なので先輩にオマエ工業か?と聞かれ。答えは、はいもちろ [続きを読む]
  • 下関で寿司とフグ!
  • 山口と言えばトラフグ今日は、会社の人と山口県下関に行って来ました。やはり目当ては、フグそして新鮮な魚と牡蠣!これで1,500円位です。その後、牡蠣小屋に行きたらふく食べました。美味しいものを食べることは幸せですね。 [続きを読む]
  • 中国のある橋が・・・
  • 中国の手抜き工事は発想力豊最近、中国吉林省長春市のある橋の欄干が一部崩れ、その中身が発泡スチロールだった事が分かった。欄干は、一見、大理石風の飾りが施されているが、何かがぶつかったために露出した中身は、白い発泡スチロールが見える。近隣住民によると、最近、交通事故が橋付近で発生し、車が欄干にぶつかったことで、橋の内部構造が露出したという。凄いですな。発想力豊ですね。 [続きを読む]
  • 祝 新年(2017)
  • 今年の干支は「酉年」(とりどし)久しぶりの更新です。新年あけましておめでとうございます。今年は、緩やかなスタートですね。現在は、現場乗込み準備中です。労基署等への申請やら施工計画書を作成しています。設計の方からようやく確認申請が通ったと話がありました。(既に契約済み1ヶ月程遅れ) 内容を確認契約時の図面から構造図が相当かわっとる・・・しかも、変更認めませんとか?? 意味不明な事を言っているそう [続きを読む]
  • 総合仮設計画図作成
  • 全ての仮設計画は、ここからなんとか年内で、作成できました。後は、別工区の会社と調整して修正するのみです。今回躯体は、施工図屋に外注予定です。最近、施工図も外注が多くて描ける時に描かないと忘れてしまいそうです。建築施工図の書き方来年は、バタバタしそうだ・・・内容:工事車両の動線、ゲートの位置、仮囲いの範囲、事務所の位置、仮設電気・水道の引込み位置、架空線の情報、クレーンやロングスパンエレベータ [続きを読む]
  • 偉い人に会うことも結構勉強になる
  • 政治家や社長等と雑談形式で意見交換仕事以外にも、最近色々と縁があり「人から人」の紹介で人脈というか会合等が増えています。(そういう年齢になったという事か?) やはり、こういうのって苦手な人は出来ないと思う。 自分はどうかな?自分でも分らない。 酒の場ならいいけど シラフとかでは、緊張します。 現場では、緊張しないのだが・・・・気になる内容ですがご想像にお任せします。 でも、社長やら偉い人に共通して言える [続きを読む]
  • あるコラムを読んで・・・
  • 施工負けは、あたりまえか?最近読んだコラムの中で心に!!っときた記事がありました。品質は重要!構造的な欠陥や偽装、さらには劣化しやすい構造体の施工、内装材の落下やつまずき転倒などの危険箇所の発生、メンテナンスができない施工方法等。でもどうでしょう?現代の監理者?従来の監理者?は、品質は施工者の役割と完全に割り切って、よくも考えずに見て見ぬ振りや、施工者にお任せなんて状態は未だに常習化しているのでは [続きを読む]
  • 残コンも再利用化の時代に
  • リデュース リユース リサイクル最近、色々な技術が開発され専門性が高くなり置いて行かれているニライです。話題の技術で気になったものがあったのでアップします。 以下、鹿島建設HPから転載。 鹿島(社長:押味至一)は、三和石産株式会社(神奈川県藤沢市、社長:中田泰司)、東海大学笠井哲郎教授と共同で、環境省の研究助成を受け、戻りコンクリート由来のスラッジ再生セメント「Cem R3」(セムアールスリー)と、これを使 [続きを読む]
  • 酸素欠乏・硫化水素危険作業について
  • 一歩間違えれば、即死亡最近、ピットに潜りましたが備忘として記載します。 タンクやピット等の通気の悪い空間では、微生物の作用等により硫化水素(タマゴの腐ったニオイ)や通気が無い事が原因等による酸素濃度の低下(酸素欠乏)の可能性があります。大気中の酸素濃度は21%安全限界は18%18%未満の状態を「酸素欠乏」と言う。16%:自覚症状現れる14%:運動機能の低下10%:死の危険6%:昏倒、即死良く [続きを読む]
  • 土木工事 深層工法現場を視察
  • ライナープレート掘削工法土木工事の現場見学に行きました。基礎工事でライナープレートとう土止めを使用し深層工法で掘る現場でしたが、建築では中々お目にかかれないのでとても勉強になりました。写真は埋戻し完了部分です。掘削完了状況は、すっかり撮影するの忘れていました・・・ちなみに、こちらの柱脚用型枠は、こんな感じでした。関連記事:土木施工管理技士の情報 [続きを読む]