どにゃるど さん プロフィール

  •  
どにゃるどさん: シーゲル流米国株ポートフォリオでアーリーリタイア
ハンドル名どにゃるど さん
ブログタイトルシーゲル流米国株ポートフォリオでアーリーリタイア
ブログURLhttp://donyarudo.com/
サイト紹介文グロース株で1千万円を頭金に3千万円の住宅ローン完済を越えシーゲル流投資で配当金生活・早期リタイアへ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 165日(平均8.3回/週) - 参加 2017/02/11 16:39

どにゃるど さんのブログ記事

  • 追い込まれる食品ブランドの負け組はどこ
  • アマゾンの高級食品スーパーのホール・フーズ買収による食品市場への本格進出は加工食品企業を一層窮地に追い込みそうです。食品セクターへの攻勢を強めるアマゾンのホール・フーズ買収からの戦略は、交渉力と事業規模をテコにして、サプライヤーに値下げを求めることから始まりそうです。アマゾンの当面の優先課題は、ホール・フーズの営業コスト低減になるとみられていて、食品価格を引き下げ、さらなる顧客を獲得することが狙い [続きを読む]
  • ドルコスト平均法の本質とは
  • 昨日、自分にとって「ドルコスト平均法」とはストレスのかかる投資法でとても実践できないと記事にしました。しかし、「ドルコスト平均法」の個人的にネガティブな面だけを伝えるのは、あまりフェアではないので、今回は、「ドルコスト平均法」について世間一般的に強調されているメリット・デメリットと、自分の考えの違いについて書きたいと思います。「ドルコスト平均法」のデメリットは?デメリット1: 手数料がかかることで [続きを読む]
  • ドルコスト平均法をやらない理由
  • 先日の記事:「自分が個別銘柄に集中投資する理由とは」にて個別銘柄集中投資について、問題があることを認識しつつも放置していた反省ついでに、ドルコスト平均法についても反省しちゃいます。大人の投資家の投資手法、・ドル円の為替レートにとらわれず、ドルコスト平均法にて決めた日に決めた額を定期的にドル転・株価にとらわれず、決めた日に決めた銘柄を決めた額、定期的に購入毎回定額を投資することで安いときは沢山買い、 [続きを読む]
  • ポートフォリオ修正:やっぱりこうなったか〜
  • 7月17日の本ブログ記事:「自分が個別銘柄に集中投資する理由とは」にて、個別株集中投資を改めないといけないと再認識しました。再認識というのは、実は5月27日の本ブログ記事:「自分には永久保有銘柄など無理だと自覚した」にて、そのことをすでに書いて認識していたのです。修正前のポートフォリオ:その記事にて挙げた問題点は、① 自分には、自信をもって永久保有出来る銘柄を選定出来るほどの企業分析力がないこと② 十分な [続きを読む]
  • アマゾンのデリバリープロバイダ問題は命取りとなるか
  • 一昨日円高が進んでいたので、100万円分ドル転しました。通算のドル転レートが、1ドル=112.26円で変換してきているので、出来ればそれよりも低いレートになるのを待ちたい。しかし、今後は金融引き締め局面に入るので、なんとか今月中にはドル転しておきたい。と、112円台をつけてから、ずっとヤキモキしていましたが、なんとか112.20円で50万円、さらに111.79円で50万円の計100万円分ドル転できました。114円にせまった時には、さ [続きを読む]
  • 【速報】IBMがまたしても失望決算で株価急落
  • IBMは21四半期連続の減収・減益!総収入: 192億8900万ドル(-5.0%)純利益:  23億3100万ドル (-7.0%)1株利益: 2ドル49セント (予想を下回る)クラウドなど重要5分野は合計7.0%上昇も伸び率は鈍化時間外取り引きで株価が3〜4%ほど急落しています。その他の決算情報:ジョンソン&ジョンソン(JNJ)は減収も通期予想引き上げ総収入: 188億4000万ドル (-0.6%)純利益:  38億3000万ドル (-0.4%)1株利益: 1ドル83セント(予想 [続きを読む]
  • 自分が個別銘柄に集中投資する理由とは
  • 同じ愛知県の「ドケチリタイア日記」 mushoku2006さんが、「自分がその企業、業界のことをどれだけ知っているのか?胸に手を当てて考えてみましょうよ。(^^)」にて個別銘柄集中投資について警鐘を鳴らしてくれています。自分は何度か、どんなに長く続いているディフェンシブ大型企業であろうと決して安泰ではないと書いてきました。そして、5月27日の本ブログ記事「自分には永久保有銘柄など無理だと自覚した」にて永久保有の [続きを読む]
  • バークシャーがWFCに加えてBACの筆頭株主に
  • ウェルズファーゴ(WFC)やJPモルガン(JPM)など大手銀行の決算発表がはじまっています。決算内容としては、悪いわけではないですが、それほど好決算でもないといったところでしょうか。利上げ後で期待が高かった分、株価は下落しました。金融株への追い風の風速は?6月に追加利上げが実施され、年内にもう1回の利上げが予想されています。長期金利の上昇は金融株への追い風になります。また、トランプ政権は現在、金融規制の緩和に取 [続きを読む]
  • 米国株投資先はここから選べばいい
  • フランスなどは国家戦略として電気自動車に舵を切ろうとしています。将来の自動車は、電気自動車なのか、燃料電池車なのか?案外この行方のカギを握るのは、原油価格なのかも知れません。現状では電気自動車が優勢でトヨタなど日本勢も慌てて電気自動車にハンドルを切ろうとしていますが、現在レベルの原油安が続くと環境面ではガソリン車に対して電気自動車のメリットはほとんどありません。そうなると燃料電池車に注目があたるの [続きを読む]
  • スマホの将来はすでに終わりが見えている?
  • 株価は日替わりで上げ下げを繰り返し一喜一憂相場が続いていますね。為替も114円をこえ、118円を目指すかと思えば、一転113円割れ目前と揺れ動いています。今までから見れば、とても不安定に思えますが、例年の夏相場からみれば普通に戻りつつあるように思います。IT企業が最も恐れていることとは?1970年頃まで「タイア」といえば、「バイアスタイア」のことでした。「バイアスタイア」は製造価格も低く優秀なタイアでした [続きを読む]
  • 禁断の手、それはやらない約束でしょ
  • アマゾン、グーグル、アップル、マイクロソフトは、立ち上がったばかりのスマートスピーカーで熾烈な競争を始めています。それぞれのスマートスピーカーであるアマゾン「Amazon Echo」、グーグル「Google Home」、アップル「Home Pod」、マイクロソフト「Invoke」には、音声アシスタントAIであるアマゾン「Alexa」、グーグル「Google Asistant」、アップル「Siri」、マイクロソフト「Cortana」が搭載されています。各社がこぞって [続きを読む]
  • 高配当優良株に配当再投資するだけで大金持ちになれるか?Part.2
  • ブログ村の米国株 注目記事から、お題だけ本日も便乗させて頂きます。昨日の記事に続きます。※昨日の記事をお読みになっていない方は、そちらを読んでから本記事を読んで頂けたら助かります。高配当優良株に配当再投資するだけで大金持ちになれるか?昨日は、高配当優良株に配当再投資するだけでは大金持ちになるのは難しい。しかし、道徳的にいえば分不相応に無理をせず、私生活を第一にして、可能な範囲で高配当優良銘柄に配当 [続きを読む]
  • 高配当優良株に配当再投資するだけで大金持ちになれるか?Part.1
  • ブログ村の米国株 注目記事から、お題だけ便乗させて頂きます。高配当優良株に配当再投資するだけで大金持ちになれるか?自分も本ブログでシーゲル流と名のっていますので、ジェレミー・シーゲル教授の著書「株式投資の未来ー永続する会社が本当の利益をもたらす」に多大な影響を受けています。そしてポートフォリオの半分以上をディフェンシブなバリュー株に投資しています。しかし、読んだことのある方は分かると思いますが、完 [続きを読む]
  • クラウドの普及がもたらす明と暗
  • Bloombergによると、欧州連合(EU)の競争当局による「グーグル」のオンライン広告サービス「アドセンス」と携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を巡る調査が終わりに近づいており、年内にさらなる制裁金を科される可能性があるそうです。EUは、オンライン上でもEUを統一共同市場にすることを最優先事項に挙げていて、その実現には検索市場を独占的に支配している「グーグル」が妨げとなっている為、やり玉にされて [続きを読む]
  • バークシャーの買収と最近の相場に心が晴れない理由
  • バークシャーが送配電大手オンコ―を175億ドル超で買収へ約1年ぶりのバークシャー・ハサウェイによる企業買収報道です。バークシャー・ハサウェイ は、米送配電大手のオンコー・エレクトリック・デリバリーを175億ドル(約1兆9800億円)余りで買収することで合意に近づいているようです。バークシャーのエネルギー部門が、オンコ―の親会社である「エナジー・フューチャー・ホールディングス」を買収することで合意しました。エナ [続きを読む]
  • 次世代電子タバコ戦争の行方は?
  • ベライゾン(VZ)によるウォルトディズニー(DIS)買収の噂でディズニー株上昇ベライゾン・コミュニケーションズがウォルトディズニーの買収を検討しているとの噂の広がりを受けて、ウォルトディズニーの株価が3日の取引で一時2%上昇しました。ウォルトディズニーとベライゾンはCNBCの取材に対してコメントを避けています。個人的には、ディズニーが買収されることはないと思っていますが、7月5日の記事「世界の情報娯楽産業を牛耳 [続きを読む]
  • タバコ株は黄金期が再来したのか
  • マイクロソフトがクラウド強化でセールス再編&人員削減へマイクロソフトがクラウドソフトウェア販売に注力する為に、世界的なセールス体制の再編を計画しているようです。また、その再編に伴い人員削減も行われる可能性が高いとのことです。「Azure」の本気度がうかがわれるニュースですね。この動きが今後の業績、株価にどう影響してくるでしょうか?20年前のタバコ業界の未来予想図と言えば、規制強化や喫煙人口の減少による売 [続きを読む]
  • 世界の情報娯楽産業を牛耳る5大メディア!
  • 世界の情報娯楽産業は5大メディアグループが牛耳っている!世界の大手メディア・グループは、映画、テレビ、ラジオ、出版、新聞、インターネットなどさまざまなマスメディアを傘下に収める巨大な複合企業となっています。とくに21世紀に入ってから、それぞれのメディア関連企業が買収などを通じて巨大化していきました。代表的なグループはタイム・ワーナー、ウォルト・ディズニー、ニューズ・コーポレーション、コムキャスト、バ [続きを読む]
  • P&Gとユニリーバのグーグルに対する不満
  • セクターローテーションがきた〜台風と共にセクターローテーションが上陸しました。今まで相場を引っ張ってきた「ハイテクセクター」から、「金融セクター」「エネルギーセクター」への乗り換えの流れです。本日は、ハイテクセクター:-0.83%に対して、金融セクター:+0.93%、エネルギーセクター:+1.52%当面は、今まで放置されていた割安感から買われるでしょうが、それ以降どれだけ投資家の期待を集められるか?しかし、エネルギ [続きを読む]
  • 勝手に年後半の相場予想、景気拡大の持続性は?
  • 都議選は小池新党「都民ファーストの会」の圧勝でしたね。20台の新人候補が多数当選していましたが、彼・彼女らに何が期待できるのでしょうか・・・とはいえ、年だけとったベテランだって仕事ができるどころか、余計なことしかしない。いっそ、何もしなくていいから定数を減らしてくれと思うのは自分だけでしょうか?12月と6月に今後、半年間の相場を予想し必要に応じてポートフォリオを修正し、また半年前にした予想と結果がどう [続きを読む]
  • これがアマゾンの影響力なのか!
  • ナイキが急騰、11%高!ナイキ(NKE)が30日、なんと11%の大幅高のまま引けました。理由は、第4四半期(3ー5月)の利益と売上高がともに市場予想を上回ったことに加えて、アマゾン・ドット・コムのサイト上で限定商品を販売する試験プログラムを導入すると発表したことです。ナイキは何年にもわたって、スニーカーやアスリートウエアを通販サイトで売ることを拒否し続けてきました。それは、ナイキがどの小売業者にどんな価格で自 [続きを読む]
  • なんとか16万円プラスを確保、総資産を完全公開【2017年7月】
  • 米国の1-3月期のGDP確報値1.4%増にわずかながら上方修正米商務省が29日発表した1-3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)確報値は前期比年率換算1.4%増と、改定値(1.2%増)からやや上方修正されました。個人消費は1.1%増で、改定値の0.6%増から上方修正されましたが、昨年末から見ると伸びが鈍化して、力強さに欠けるという印象です。一方、非住宅固定投資は10.4%増で、企業の設備投資は加速しています。株式市場はここ [続きを読む]