どにゃるど さん プロフィール

  •  
どにゃるどさん: シーゲル流米国株ポートフォリオでアーリーリタイア
ハンドル名どにゃるど さん
ブログタイトルシーゲル流米国株ポートフォリオでアーリーリタイア
ブログURLhttp://donyarudo.com/
サイト紹介文グロース株で1千万円を頭金に3千万円の住宅ローン完済を越えシーゲル流投資で配当金生活・早期リタイアへ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 134日(平均8.5回/週) - 参加 2017/02/11 16:39

どにゃるど さんのブログ記事

  • マイカー所有者は2030年までに80%減少する!
  • 原油価格が再び下落相場入りWTIに続いて、北海ブレント原油も弱気相場入りしました。しかも、米国の在庫が減少したにも関わらずです。話は変わってムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が皇太子に昇格しました。サウジは隣国カタールに外交攻勢を仕掛け、国営石油会社アラムコの上場、イスラエルとの関係を模索する一方、パキスタン・イラン・トルコへの対立など、これらは原油価格はダメだ、もう石油には頼れないという危機感か [続きを読む]
  • あこがれの"セクターローテーション"
  • ウォルマートが高級紳士服ブランド「Bonobos」を3億1000万ドル (約340億円)で買収し、高級路線へも参入しようとしています。ここ数ヶ月で、女性向けファッションの「ModCloth」、靴の通販サイトの「ShoeBuy」といったオンラインファッション小売業も買収していますが、いずれもこれまでのウォルマートの価格帯よりも高級路線です。しかし、その動きをさえぎるようにアマゾンがファッション販売に今後注力していく方針を発表し、 [続きを読む]
  • 株価はどこまで? 今はバブルなのか
  • 米国株、特にテクノロジー銘柄は強いですねーアップル、アルファベットの投資見通し引き下げも罰金見通しもどこ吹く風で、お構いなしです。今までテクノロジーセクターの上昇相場に乗り遅れていた投資家が、待ちに待った買い時に飛びついているといったところですかね。つられて、ディフェンシブな保有銘柄も上昇しています。株価はどこまで上がり続けるのか?FRBが短期金利のFFレートの誘導レベルを0.25%引き上げる「利上 [続きを読む]
  • トランプさんの経済政策は100点だ!
  • プロフィールの「どにゃるど」は、もちろん「ドナルド・トランプ」さんをもじって付けたものです。トランプさんが好きだからということもなく、単なるうちの奥さんの思い付きからです。大統領誕生から半年以上経過していますので、自分なりにトランプさんを評価してみたいと思います。昨年11月の大統領選挙勝利後、経済政策に対する期待から「トランプラリー」と呼ばれる上昇相場が始まりました。そのトランプラリーにより3月ま [続きを読む]
  • 【激震】グーグルの年間売り上げの10%が消失する!?
  • EUがグーグルに過去最高額の罰金!EUの反トラスト(独占禁止)当局である欧州委員会が、グーグルが自社の価格比較サイトに有利になるよう検索結果を操作したとして、近くグーグル親会社の米アルファベットに過去最高となる罰金を科す見通しだそうです。そしてグーグルに対する罰金は、同社の年間売上高(902億7000万ドル=約10兆0400億円)のなんと!最大10%に達する可能性があるとのことです。しかもグーグルにとっては巨額の [続きを読む]
  • 1ヵ月で140万円増加〜株式運用状況(2017年6月)〜
  • アマゾンがホールフーズ買収、137億ドル!アマゾン・ドット・コムが16日、高級スーパーマーケットチェーンのホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5200億円)で買収すると発表しましたね。アマゾンにとっては過去最大規模の買収となります。食品販売への本格参入は時間の問題でしたし、その中で買収も予想していましたが、自然食品のホールフーズとなりました。これは単なる実店舗での食品販売にとどまらず、ホールフーズ [続きを読む]
  • グロース株投資家は今回の急落をどうとらえるか
  • 米国みずほ証券のアナリスト、アブヘイ・ランバ氏が、アップルの株式投資判断を「バイ」(買い)から「ニュートラル」(中立)に、また、目標株価も160ドルから150ドルに引き下げました。「投資家は次期アイフォーン8に対する強い需要をすでに株価に織り込み済みなので、今後、株価が上昇する余地は限定的。消費者も今度ばかりは新製品にお金を使う可能性は低く、18年度の同社の成長の可能性は低い」と悲観的だそうです。 [続きを読む]
  • 孫さんのAIとIoTへの全力投資は吉とでるか?
  • FOMCが始まりました。そして予想通り0.25%の利上げと、バランスシート縮小の年内開始を表明しました。利上げ発表前後の為替の動きを期待して、108円90銭でドル転を待ちかまえていたのですが、予想通り過ぎて刺さりませんでした。一方、発表された5月の小売売上高と消費者物価指数は共に予想外の下落で、利上げを急ぐFRBの政策が景気を腰折れさせそうで心配ですね。ソフトバンク「ビジョンファンド」はAI & IoTへ全力投 [続きを読む]
  • 現在の米国経済はハリボテか
  • 米国の家計純資産は1−3月に前期比2兆3500億ドル(2.5%)増加し、94兆8400億ドルとなりました。株式や年金資産を含めた家計の金融資産が1兆7800億ドル増加。不動産資産も4362億ドル増えました。これは過去最高水準で、米国経済の好調さで家計が潤っていることが示されています。米国経済の好調な指標と株価米国の失業率はこの16年間で最低の4.3%を記録していて、賃金も徐々に上昇しています。また株式市場も連日最高値を更新 [続きを読む]
  • FANG株がどこまで急落するのかは、わかりません!
  • ナスダックは今日も値下がりが続きましたね。アップル・マイクロソフト・アルファベット・アマゾン・フェイスブックの5社の値下がり分で、ナスダックの下げの75%を占めています。一時の調整とは思いますが、心配ですね。FANG株に代表されるハイテク株の急騰が、年初からの米株式市場全体の上昇を牽引してきました。順調すぎるほど順調に上昇を続けていたそのハイテク銘柄が9日、突如一方的に売り込まれました。そのことで、今 [続きを読む]
  • 経済循環に対してどう動く〜山崎式経済時計Part.2〜
  • 前回は、資産運用の師匠:山崎元氏の「山崎式経済時計」で景気と資産価格を引き連れてバブルとボトムを行ったり来たりする経済の循環パターンを時計の針の回転に例えて説明しました。経済循環に対する最適な資産運用とはこの経済の循環に対しては、それぞれの時間帯でベストな資産運用対象があります。もちろん、お金を増やすことができる時期とそうでない時期の差はありますが、師匠はそれぞれの時間帯に対して、相対的に有望な資 [続きを読む]
  • ハイテク株急落!「ニフティ・フィフティ」の再来か?
  • 今日はハイテクバブルの崩壊を連想させるような予期せぬ下落でしたね。エヌビディアアマゾンアップルフェイスブックアルファベットハイテク株がのきなみ急落!「エヌビディア」−6.46%、「ネットフリックス」−4.73%、「アップル」−3.88%、「アルファベット」−3.40%、「フェイスブック」−3.30%、「アマゾン」−3.16%とこれまで相場をけん引してきたハイテク株がのきなみ急落しました。原因ははっ [続きを読む]
  • 米国は12時を回ったか〜山崎式経済時計Part.1〜
  • 英国総選挙は、与党の過半数割れという波乱の展開となりましたね。少数与党だけで離脱交渉を乗り切れるのか、連立相手を探すのか?またECB(欧州中央銀行)はデフレのリスクはなくなったとして、利下げの可能性を示唆する文言を削除しました。「山崎式経済時計」山崎式経済時計とはご存知の方も多いと思いますが、今日は、資産運用の師匠:山崎元氏の「山崎式経済時計」を紹介したいと思います。山崎式経済時計とは、師匠がバブル [続きを読む]
  • これがアマゾンの爪痕
  • いよいよ英国の総選挙の投票が始まりますね。当初、大差で勝利できると見込みが、選挙日が近づくにつれて労働党が追い上げ大接戦になっています。また、FBI長官の議会証言も実施されます。イベント通過で再び株価は上昇を始めるでしょうか。アマゾン上場以降の小売業界の激動アマゾン・ドット・コムが上場してから20年が過ぎましたが、上場時に競合していた企業の一部はすでに姿を消してしまっています。アマゾンが新規株式公開(I [続きを読む]
  • 師匠:山崎元氏の教え「投資の心得十箇条」Part.3
  • ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利のオンラインオークションが4日夜に始まって、早々に100万ドル(約1.1億円)の入札があったそうです。賢者の言葉にはそれだけの価値があるということでしょうが、100万ドルでバークシャー株を買えばいいのにと考えてしまうところが庶民なのでしょうね。5月にポートフォリオの修正をする羽目になったのは、師匠:山崎元氏の「分散投資」と「投資にかかる手数料」を十分に考 [続きを読む]
  • フィンテック企業が金融企業をつぶす?
  • サウジアラビアとバーレーン、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)の4カ国が、カタールとの外交関係断絶を発表しました。イスラミックステートといい、ヨーロッパの移民問題とそれから端を発した相次ぐテロといい、イスラム社会のいびつさが原因のように思います。イスラム社会が全て悪いとは思いませんが、正直、イスラムの問題は勝手にイスラム内で解決してくれと言いたくなりますね。フィンテック企業が金融サービス業の売上 [続きを読む]
  • 師匠:山崎元氏の教え「投資の心得十箇条」Part.2
  • トランプさんが来週予定されているコミー前FBI長官の議会証言の阻止に向けて大統領行政特権を行使するかを検討しているそうです。もうどう思われようが、なりふり構っていられない。証言さえさせなければ、いくらでもしらを切り通す自信があるということでしょうか。早く政策に専念してほしいところですが、まだしばらくゴタゴタは続きそうですね。5月にポートフォリオの修正をする羽目になったのは、師匠:山崎元氏の「分散投 [続きを読む]
  • 師匠:山崎元氏の教え「投資の心得十箇条」Part.1
  • 総選挙を8日に控えたロンドンでまた新たなテロ事件が起きてしまいました。ヨーロッパでのテロの連鎖が止まりません。5月にポートフォリオの修正をする羽目になったのは、師匠:山崎元氏の「分散投資」と「投資にかかる手数料」を十分に考慮しないといけないという教えをおろそかにした結果でした。十分に認識していたはずの基本を守れていなかったことを反省して、本ブログを利用して何度かに分けてもう一度、師匠の教えを再確認 [続きを読む]
  • 7300万円を突破!総資産を完全公開【2017年6月】
  • 日経平均が久しぶりに2万円を突破しましたね。米国景気への楽観から、出遅れていた日本株へ買いが入っています。米雇用者数は、予想の18万2000人増を下回り13万8000人増でしたが、大きな影響はないと思います。これで米国もそうですが、金融株が持ち直してくればさらに上昇するのでしょうが、出遅れています。金融株は明らかに割安だと思いますが、異常な?ボラティリティの低さに収益を上げられず苦しんでいます。い [続きを読む]
  • 伝説の投資家の一言は1冊の本にも勝る
  • トランプ大統領が「パリ協定」からの離脱を表明しました。最近人気が下落の一途なので、ここでポピュリズムに回帰して人気取りを優先したという感じですね。米国は株価上昇で、ダウ・S&P・NASDAQの3指数とも最高値更新です。強いですね〜早速バークシャー・ハサウェイを160株買い増しました。今後のバークシャーはかつてほどのパフォーマンスは期待出来ないと思いますが、だからこそ企業規模を活かした安定したパフォーマンス [続きを読む]
  • テスラ躍進で自動車メーカー時価総額TOP 10は?
  • マクドナルドの株価が絶好調ですね。年初から20%以上の上昇です。うちもマクドナルド株だけで+100万円を超え、マック様様です。テスラは時価総額でフォード、GM超えテスラ(TSLA)は、第1四半期のモデルS、モデルXの出荷台数が2万5000台を上回り、前年同期比69%増になったことを発表しました。その後株価は大きく上昇し、時価総額は511億ドル(約5兆7200億円)にも達し、米自動車ビッグ3のフォードとゼネラル・モーターズ(G [続きを読む]
  • 運用方針〜2017年6月〜
  • 昨日昼休みに入ってチャートを見たら、ドル円が111円を割っていたので、思わず50万円分ドル転しちゃいました。確認して、2分でドル転って我ながら即決すぎ。でも会社から帰って調べてみたら、3月・4月・5月と毎月円高に動く度にドル転していたので、ドルがかなり積みあがっていました。せめて108円台くらいにならないと、今後しばらくはドル転は控えた方がいいかなと思ってます。さて6月になりますね。【金融カレンダ [続きを読む]
  • 第二次シェール革命により・・・
  • 仮想通貨ビットコインへの投資熱がますます高まっていますね。先週の騰落率は15%高で、3月末以降でなんと110%上昇しています。急騰の要因の一つはまさに日本で、ビットコインに対する新規制が導入されたことにより、国に認知されたと受け取られ企業や投資家の利用が活発化していることにあります。すでにバブルと見る向きも一部ではありますが、さてどこまで上昇していくでしょうか?原油価格は長期にわたり低迷確実急速な技術進 [続きを読む]