monodukuri-japan さん プロフィール

  •  
monodukuri-japanさん: プロフェッショナル
ハンドル名monodukuri-japan さん
ブログタイトルプロフェッショナル "商品開発の流儀"
ブログURLhttp://ameblo.jp/monodukuri-japan/
サイト紹介文上場企業や、シリコンバレーのトップ企業が使っているヒット商品を開発する”仕組み”が手に入ります!
自由文売れない原因は”商品”に有り!このブログでは、ヒット商品を連発する上場企業や、シリコンバレーのトップ企業が実践する商品開発(製品, サービス含)の正しいレシピを紹介しています。今すぐトップ企業のノウハウを今すぐ手に入れてください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 46日(平均10.0回/週) - 参加 2017/02/12 10:00

monodukuri-japan さんのブログ記事

  • 【飲食店改革】利益を増やしたいならサラダを変えろ!
  • 三ツ木です!今日はステキな夜桜を堪能しました。もう春ですね(^^)フライングして咲く夜桜の下に、たくさんのお客様が集まっていました!桜に掛けてる訳ではないですが『他人より早く』『誰よりも早く手をつける』のはとても大事なビジネスマニュアルです。この桜も、誰よりも先に咲いたので、大勢のお客様に写真を撮られていたのです。さて、前回のブログでは飲食業界の『無駄』について書きました。まさか、まさか、こんなに反 [続きを読む]
  • 【飲食店革命】利益が増える原価の見直し方
  • 商品企画の専門家 三ツ木です!商品企画のチカラで世界をもっと楽しくしたい!最近、飲食業の方からお問合せを頂くことが増えました。そこで、今日は飲食業は「こうした方がいい!」という提案を書いていきたいと思います。【提案】トヨタ生産方式を採用すべき私は職業柄、いろいろな製造業の現場改善に入ってきました。その感覚で、日常を過ごすと、とてもとても無駄が多いことに気づきます。中でも、飲食業界には無駄があまり [続きを読む]
  • 【業界トップになれる】〇〇分析のやり方
  • 商品企画の専門家 三ツ木です! 商品企画のチカラで世界をもっと楽しくしたい!そんな想いでブログを書いてます(^-^) わたしが挫折したのは高校生の時です。 自分で言うのもなんですが、それまでの小学、中学と、学校では目立った存在でした。その頃は今以上に野球熱が高い時代でしたので、わたしは自然と野球部に入ってました。野球をしてるだけで結構チヤホヤされるいい時代でした。小学生の頃って、勉強がダメ [続きを読む]
  • 【真似しないで】見せ方で商品を売る方法!
  • 商品企画の専門家 三ツ木です! 商品企画のチカラで世界をもっと楽しくしたい!そんな想いでブログを書いてます(^-^) いい商品を作りたい!と思うのは、商品開発に関わるすべての人の想いです。そして、できることなら”売れてほしい”と思うものです。 お客様から喜ばれる商品を市場に届けるために、”商品をどう仕上げるべきか”についてお話ししようと思います。 こう言ってはなんですが、商品なんて見せ [続きを読む]
  • 【独占市場を作る商品企画】新商品のポートフォリオ戦略
  • 商品企画の専門家 三ツ木です! 商品企画のチカラで世界をもっと楽しくしたい!そんな想いでブログを書いてます(^-^) WBCが盛り上がっていますね。いよいよ明日が、WBC準決勝。楽しみです(^-^) あの長嶋茂雄さん、 スイカを食べるときは、”さきっちょだけ”しか食べなかったという逸話があります。 この気持ちはよくわかります。さきっちょと、皮付近では味がまったく違いますから [続きを読む]
  • 大企業ように「新商品をどんどん発売」する3つのポイント
  • 商品企画の専門家 三ツ木です! 私、最近気づいたことがあります。 以前から思っていたのは「大企業は動きが遅い」ということ。これは多くの方にご納得頂けることと思います。まぁ大企業は、年功序列で上の人間が細かいことをぐちぐち言いだしたり、承認作業に時間がかかったりするので、動きが遅いわけです。でも、それ以上に、中小零細企業や個人起業家の方が遅い…。これに最近気づきました。 私は上記 [続きを読む]
  • 【憧れの人を真似する】真似するだけで、No1を獲れる方法
  • 商品企画の専門家三ツ木ユウジです! 商品開発のチカラで世界を変えたい!そんな想いでブログを書いています(^-^) みなさん、丸亀製麺はご存知ですか? 私、丸亀製麺さんの知恵は、本当に素晴らしいと思うのです。ビジネスをしている方は、ぜひ真似をしてほしいです。 ◆競争相手と真逆を行く戦略この章のタイトルは「競争相手と真逆を行く戦略」です。え?何が真逆なのですか?という質問が来そうなの [続きを読む]