mucchi- さん プロフィール

  •  
mucchi-さん: つれづれなるままに
ハンドル名mucchi- さん
ブログタイトルつれづれなるままに
ブログURLhttp://chiakisan.seesaa.net/
サイト紹介文自宅及び周辺の野草花、家庭菜園、後期高齢者の日誌、教育問題の感想等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 72日(平均8.0回/週) - 参加 2017/02/12 10:32

mucchi- さんのブログ記事

  • キンセンカ
  • キンセンカ 今年は、キンセンカの苗を購入して庭の花壇に植えていました。最初のころは一つの苗に花が一つしか咲いていたのですが、最近はたくさん咲き、仏壇に花を供えるのに事欠かないようになりました。 今年は、種を取るまでそのままにして、来年に備えたいと思っています。キンセンカが終わる頃には、庭にはユリや花菖蒲の開花が待っています。県退職者の会第1回美術展準備会 県退職者の会の美術展を筑後地区が担当し開催 [続きを読む]
  • ツリガネズイセン
  • ツリガネズイセン スイセンはヒガンバナ科ですが、ツリガネズイセンはユリ科ヒアキントイデス属の多年草です。分類体系によってはヒアシンス科とされるようです。 スイセンに似ており、花の形からそのように名付けられたようです。 ここ数年は、道路沿いの花壇いっぱいに広がっており、庭のアッチコッチにも咲きだしました。草むしりをして捨てたところに咲いているので、草取りの時、球根も一緒にむしりとっているのでしょう。 [続きを読む]
  • シロツメグサ
  • シロツメグサ 公園の草原や空き地、土手に広がって遠くから見ると角度によって真っ白に見える時があります。 我が団地も、空き家や空き地が少しずつ増えてきました。空き家を崩し、更地として宅地を売りに出ていますが、なかなか埋まりません近くの空き地は、カラスノエンドウ、シロツメグサなどが陣取り合戦のようにそれぞれ広がってきています。 シロツメクサなど背の低い草であればグランドカバーとしていいので我が家の宅地 [続きを読む]
  • カラー
  • カラー カラーが咲き始めました。以前道路沿いの花壇に植えていましたが池を埋めたところに移してから毎年咲くようになりました。やはり、湿気が必要のようです。肥料もやらず冬もそのままにしていたにもかかわらず、よくぞ花が咲いてくれたと思っています。また、思いもよらないところにも芽が出てきたので、植物の生命力を改めて感じたところです。近況等報告欄同窓会等の返信欄に近況報告欄を設けています。退職者の会では、6 [続きを読む]
  • ツルニチニチソウ
  • ツルニチニチソウ ツルニチニチソウは我が家の裏庭のブロック塀に這うようにして広がっていますが最近気づいたのですがそばの山にも生えていました。 茎が地表を這い、節から根を下ろして広がっていきます。コンテナ、吊り鉢の縁から垂らすなど、長いつるを生かして多様に利用されています。花は春から初夏にかけて、立ち上がる茎の葉腋に青や白色の花を咲かせますが、花よりもむしろ、葉に斑の入る品種がガーデニング素材として [続きを読む]
  • フリージア
  • フリージア  花壇に草花を植えていますが、どちらかというと宿根や球根類がほとんどで手間を省くようになってきています。特にチューリップなどは、年中ほったらかしているので、年々花が咲く個数も少なく咲いたとしても型が小さくなってしまっています。 フリージアも同様で花は一応咲きますが、茎が弱々しくちょっとの風で倒れてしまい杖が必要になってしまいました。 フリージアといえば、黄色が一般的ですが、我が家は赤色 [続きを読む]
  • ヤマフジ
  • ヤマフジ 書斎から山手を眺めるとヤマフジが咲いているが見えます。うっそうと茂った緑の合間に紫色のヤマフジが映え春風に揺れています。 藤はツタが雑木に絡まって登っていくので高いところに咲いて日差しを受けるまで伸びていくようです。我が家から玉名温泉に行くとき、ヤマフジの花を荒尾から玉名に抜ける広域農道の両側の雑木の高いところに多く見ることが出来ます。 また、この近くには、藤の花が長々と垂れ下がる観光名 [続きを読む]
  • タケノコ掘り
  • タケノコ掘り 今年はタケノコの裏年に当たるといわれていました。春の到来が今年は訪れぬ日が続き、桜の便りも今日か今日かと待ちくたびれました。やっと桜が満開となりましたが、タケノコだけは市場には例年の一割程度しか出荷できていないと聞いていました。 今日は、やっと遅ればせながら友人の竹林でタケノコ掘りをすることにしました。前日の雨で今日の午後から期待しないで行くと、例年の3週間も遅れて竹林に入ったにも関 [続きを読む]
  • こいのぼり100匹
  • こいのぼり100匹 今朝は、上天気でウグイスの鳴き声も一段と冴えて聞こえます。家の中はヒヤッとしますが、お昼近くになると日差しが強く頭がクラクラするほどで、外にぶら下げている寒暖計を見ますと27度を示していました。 普段、世界遺産の一つとなっている宮原立坑跡をデザインしたパーカーを着ていると「いいですね〜。どこに売っていますか?」とよく尋ねられるので、「駅前の観光プラザに売っているのでは〜。」と答 [続きを読む]
  • オドリコソウ&ヒメオドリコソウ
  • オドリコソウ&ヒメオドリコソウ 昨日、草払い機で雑草を刈ったので、今朝、庭に出るとすっきりしていました。しかしまだ、刈り残しているところが目立つので、草抜きスコップをもって目立つところを引き抜いていると、お昼までかかってしまいました。 先日、係りつけの医院で血液検査の結果を聞き、今日は、総合病院で体の断層写真を撮るために昼食抜きで午後から行かねばなりませんので、庭の手入れはひと休みです。 裏庭の隣 [続きを読む]
  • カラスノエンドウ
  • カラスノエンドウ (草を刈る) 朝、書類を整理していると文化会館借用の使用料金をまだ支払っていないのに気づき、あわてて支払いに行きました。来年2月に展覧会を開催するのですが、1年前に予約を取り、申し込んでからひと月以内に使用料を払い込むことになっているのです。 我が家の横の大溝向こうの土手は、カラスノエンドウを中心にこんもりと茂ってピンクの花が咲いています。山手なので花を楽しんでいますが、それと同 [続きを読む]
  • ベコニア
  • ベコニア 八重のベコニアが咲き始めました。ベコニアは寒さに弱いので鉢植えしたものを温室で冬を過ごさせました。 温室でも水やりを差し控えていたので根腐れせずに何とか冬を越すことが出来ました。一重のベコニアは多くありますが、八重のベコニアはそう多くないので増やしていきたいと思っています。 雨あがる 満開の桜を青空の下で花見をする期間が少なくわずか数日しかありませんでした。今日は朝から青空となりましたが [続きを読む]
  • ムラサキケマン
  • ムラサキケマン 満開の花は日曜日までで、月曜日から花冷えとシトシト雨で桜を楽しむのもあっという間でした。 草花も雑草も勢いづき蕾を膨らませ始めています。ツツジのつぼみもだいぶん目立つようになってきました。 大溝横の土手も、特に今年はクサイチゴの白い花が目立ちます。赤い実に変化するのが楽しみです。 ピンクの小さな花をつけるカラスノエンドウやホトケノザが伸びて、足を踏み入れると履物が草で隠れるほどです [続きを読む]
  • 胡蝶蘭
  • 胡蝶蘭 昨年か一昨年か忘れましたが、胡蝶蘭をいただいて居間の出窓で長期間楽しんでいました。 やがて花が終わり他の草花の鉢には水やりをしていましたが、胡蝶蘭だけには我慢して水やりをしませんでした。次年度に花を咲かせるには、如何に我慢するかのようです。温かくなると花をつける茎が伸びてきて蕾が膨らんできたらしめたものです。待ちに待った花がやっと咲き出しました。 食前食後 食前食後に欠かせないのがクスリの [続きを読む]
  • サギゴケ
  • 庭のサギゴケ 書斎から庭を眺めると、発泡スチロールを細かく砕いてちりばめたような一角があります。 少し大きめのサギゴケがです。特に植えた記憶はありませんが、草取りの時、雑草と一緒に抜いていたのですが、サギゴケだと分かり、そのままにしているとだんだん広がってきました。七回忌の法要 今日は、妻の親戚筋の七回忌の法要です。お坊様でしたので、現在のお坊様からのご案内をいただいていました。亡くなられてからも [続きを読む]
  • 春爛漫
  • 春爛漫 久しぶりにパソコンに向かっています。パソコンがないならないで済みますが、様々な係を担当していると、どうしても必要になってきますので手放せなくなっています。 団地高齢者サロンで、マイクロバスを借り切り、春の佐賀の街を楽しんできました。新しくできた佐賀市の中心地にある「バルーンミュージアム」です。情報によると予想以上に入場者が少なく苦戦しているようです。そのため、他の観光地とセットで参観できる [続きを読む]
  • バイモ
  • バイモ 春の暖かさを感じると今まで遠慮しがちに生えていた雑草も一挙に勢いづいてきました。その中に宿根や球根の花芽も交じって背伸びをしてきます。 カーネーションの茎も伸びてきたと思っていたら、間違っていて花が咲くとそれはバイモでした。花が下を向いてお辞儀をしているように咲きます。花びらがきれいでもありません。目立たない花です。内側は、どのような花だろうと、指でつまんで上を向けると内側はきれいな模様に [続きを読む]
  • スミレ
  • スミレ 集合写真の焼き増しを33人分依頼されていたので知人宅へ持って行くと庭に小さなスミレの花が咲いていました。  最近は、スミレと言ったら三色すみれ・パンジーのことをさすようですが、私たちの年代では、昔ながらのすみれ色と言われる紫色のかわいらしいスミレを思い浮かべます。  確か我が家にも咲いているはずだがとキョロキョロ見渡すと雑草に紛れて花が咲いていました。周りの雑草を抜いてやると凛としているで [続きを読む]
  • ムニンヒサカキ
  • ムニンヒサカキ 今日から4月、年度変わりです。新聞を見ますと人事異動の発表です。退職者の会でも旧年度の会計監査を受け、新年度の組織づくりと活動方針の検討です。 事務局の方々に作っていただいた原案の資料と年間活動計画を検討をいたしました。退職者の会という高齢集団なので、原案作成は、細心の注意を払っているつもりでも、多くの人の目を通すことによって、より良い原案が出来上がるから助かります。 特に、今年度 [続きを読む]
  • スイセン
  • スイセン 3月も今日で終わりです。明日から29年度としてのスタートです。私の身の回りも様々な組織があり、年の切り替えが1月であったり、4月であったり雑多でしたので決算報告が複雑なことがありました。 最近は3月末で年度が切り替わるようになっていますのでホッとしています。 ただ、その組織の規約をよく読みますと、会計年度は、5月1日から翌年の4月30日までとなっているので、会計監査が済んでいる場合がやや [続きを読む]
  • 雪柳
  • 雪 柳 雪柳とはよく名付けたものです。この木は我が家の敷地に生えているのではなく、大溝横の山手側にビワの木と一緒に生えています。日当たりが悪いためか、ビワの実は小さくほとんど甘みがなく食用としてはダメですが、雪柳はよく花も咲きます。 手を掛けなくても成長し、地面の際から枝がいく本にも枝垂れて、細く、ぎざぎざのある葉をつけ、5弁で雪白の小さなものを枝全体につけて雪の降った柳のようです。公園や庭先でよ [続きを読む]
  • 内田麟太郎さんの受章のよろこび
  • 今朝の有明新報の記事から 今までの主な受賞の一覧表がありましたので、紹介いたします。絵詞(えことば)作家 内田麟太郎さんのプロフィール 1941年 福岡県大牟田市生まれ。父は詩人内田博。大牟田市立中友小学校、松原中学校、福岡県立大牟田北高等学校卒業。19歳にて上京。看板職人をしながら詩を書き始める。38歳より児童書を書き始める。絵本『さかさまライオン』(絵本にっぽん賞)でデビュー、数々の賞を受賞。 言葉の魔 [続きを読む]
  • 大牟田市制100周年カウントダウンコンサート最終回
  • 大牟田市制100周年カウントダウンコンサート最終回  昨年4月より毎月最終月曜日の午後6時半から、宮部の森美術館にてリヴエール(チェロ、ピアノ、バイオリン)が1年間コンサートを開催し、途中休憩に大牟田の歴史にまつわる話をクイズ形式で披露するという、アットホームなコンサートが開催されていました。 今日がその最終回でした。あいにく、チェロリストの方が突発性難聴になられお休みでしたが、ソプラノ歌手を迎え [続きを読む]
  • 第26回世界子ども愛樹祭コンクール授賞式
  • 世界子ども愛樹祭コンクール 3月26日 矢部氏矢部村で第26回世界子ども愛樹祭コンクール授賞式が開催されました。 冊子の裏表紙に一編の詩が書かれています。  愛樹のこころ ふるさとの山々を 美しい風景に、色どりを染めているのは 一本 一本の樹です 春、夏、秋、冬 色をそめ 葉っぱは風に舞い のちには 大地にかえり 雨をふくんでは 清らかな水、生命の水を生むのです いま ここに 愛樹の心 新たに 明 [続きを読む]
  • ヒメツルソバ
  • ヒメツルソバ ヒメツルソバは、さすが霜など地面が凍結するようなときは枯れているようですが、年中咲いているような気がします。それだけ少々の暑さ寒さにも強く、乾燥にもよく耐え、日当たりのよい場所がいいようですが半日陰の場所でもよく育っています。 我が家の住んでいる団地は、以前は長屋社宅の跡なので、用水路はすべて赤レンガで作ってあります。古くなると赤レンガの継ぎ目から草が生えてくるようになってきました。 [続きを読む]