mucchi- さん プロフィール

  •  
mucchi-さん: つれづれなるままに
ハンドル名mucchi- さん
ブログタイトルつれづれなるままに
ブログURLhttp://chiakisan.seesaa.net/
サイト紹介文自宅及び周辺の野草花、家庭菜園、後期高齢者の日誌、教育問題の感想等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 40日(平均9.4回/週) - 参加 2017/02/12 10:32

mucchi- さんのブログ記事

  • マンジェリコン
  • マンジェリコン 薬草として知人から頂いて冬を越すために根元から切り落としたところ思いの外たくさんあったので、温室に差し芽をし、残りはザルに広げて車庫の軒下に置いておいていました。その中から1〜2本取ってきて竹筒に入れ、居間に置いています。 最初は煎じて口にしましたが苦くて苦くて・・・・。「良薬口に苦し」とはこのことだ。効能を見ると「糖尿病・血糖値を下げるハーブ」とあります。 そこで、井間に置き、気が [続きを読む]
  • カラスノオンドウ
  • カラスノエンドウ 昨日は、一日中雨だったので助かりました。というのは、天気だと私の書斎のすぐ横はテラスになっているので、普段はここから出入りしています。そのためか、天気の時は家の中にじっとして我慢するのが苦手で、すぐ外に出てしまいがちです。ところが雨でしたので、書類づくりに没頭することが出来て捗どりました。 今日は、高校同期会案内の発送作業を同期生の皆さん集まってくれ200通近く発送準備をやってく [続きを読む]
  • 事業報告書づくり
  • 事業報告書づくり 一年間の事業が終わったので、補助金を受けている機関に事業実施報告書を作成しなければなりません。 主な報告内容は、事業内容、事業の成果、決算、事業実施状況の写真です。 「子どもの居場所」は、市生涯学習課青少年担当から委嘱を受けていますが、補助金だけでは運営が限られていますので、校区社会福祉協議会や一般財団法人等の補助金もいただき運営を行っています。 補助金を頂くので実施報告を提出す [続きを読む]
  • 第14回ありあけジュニアピアノコンクール上位受賞者特典コンサート
  • 第14回ありあけジュニアピアノコンクール上位受賞者特典コンサート 知人から「孫が演奏するので・・・・」と入場整理券をいただいていました。プログラムを見ますと、部門別入賞者のソロ演奏とグランプリ入賞者によるアンサンブル演奏でした。 演奏者のプロフィールを読みますと「4歳、5歳、8歳から始める・・・」などすごいピアノ歴です。私の耳と目では皆さんプロが引いているように聞こえました。 新人発掘のためのコン [続きを読む]
  • 日本絵本賞
  • 内田麟太郎さん、第22回日本絵本賞受賞おめでとう。 ホームページによると、受賞者が発表されました。おめでとうございます。 もう何回目でしょうか? 私の記憶によると5回目ではないでしょうか1986年 さかさまライオン1999年 がたごとがたごと2009年 すやすやタヌキがねていたら2012年 ともだちできたよ2017年 くじらさんのーたーめならえんやこーら次のように発表されていました。第22回日本絵本 [続きを読む]
  • クサイチゴ
  • クサイチゴ 道路沿いの大溝の側溝が大雨で崩れて、土嚢で応急措置をしてもらっていました。団地の民家の石垣が崩れ、やっと修復が終わり、側溝工事も復旧しました。きれいになった土手を眺めていると白い花が点々と咲いていました。工事を免れたところに小さいトゲのあるツタが這いまわっています。いつも車で通っているはずなのに、今朝見ると一斉に花が咲いているではありませんか。 花が落ちて青い実に変わったかと思うと、赤 [続きを読む]
  • ビオラ
  • ビオラ 我が家の庭の鉢植えのほとんどが、ほとんどすべてがビオラです。昨年の暮れに植え、寒い冬にも耐えて花が咲き続けています。 3月に入り、温かくなると一挙に勢いづき鮮やかな色が広がってきています。 以前は、パンジーを植えていましたが、花が大型すぎ、ビオラの方がかわいらしく長持ちするようなのでこちらを好んで植えるようになりました。 パンジーとの定義の区別はかなり曖昧ですが、花径5cm以上をパンジー、4cm [続きを読む]
  • 筑後吉井のおひなさま
  • 筑後吉井のおひなさま 最近は、街づくりの一つとして、「おひなさままつり」を取り上げているマチが多くなってきました。それも中途半端ではありません。徹底しています。 近くでは、柳川、佐賀、吉井、日田、飯塚、人吉・・とありますが、それぞれ特徴があります。柳川は「さげもん」「川下り」、佐賀は城下町、吉井は白壁土蔵造り街並み・・とあります。 筑後吉井には、かなり前に覗いたことがあります。平成5年からはじまっ [続きを読む]
  • ゴキブリ殺虫剤(ホウ酸団子)づくり
  • ゴキブリ殺虫剤(ホウ酸団子)づくり 団地サロンで、年に2回(3月と9月)ホウ酸団子づくりをいたします。これを作るようになってから、ゴキブリとの出会いは、年に数回しかありません。このゴキブリ団子を作るようになったからだと思います。 私の役目は、今まで撮影していたサロン活動の写真を上映したり、懐かしい歌をかけたり、また、昔の市内の写真を見てもらったりしています。 ホウ酸団子ができると、各自持参したペット [続きを読む]
  • ヒメリュウキンカがいっぱい咲きました。<br /><br />
  • ヒメリュウキンカがいっぱい咲きました。 妻が一株ついでに買ってきたヒメリュウキンカ。目的のクリスマスローズはとっくに無くなっていますが、この花だけは放っていてもどんどん広がっていきます。隣の花壇まで芽を出し始めました。物ぐさな私にとっては重宝していますが、ただ、真夏は弱いようです。 誕生カードづくりふれあいサロンでその月に誕生日を迎える方々に誕生日カードを作成して贈っています。 4月に誕生日を迎え [続きを読む]
  • Yoshieの小部屋 白鳥の湖、長友仍世(infix)ライブ
  • Yoshieの小部屋、白鳥の湖、長友仍世(infix)ライブ 今日は、行事がメチャクチャ重なっていました。Yoshieの小部屋は東北震災・熊本地震支援のチャリティーコンサートです。朗読被災地のこども80人の作文「つなみ」から4篇瀬戸内寂聴の「ふるさと」内田麟太郎の 「ぼくたちは」、絵本「まねっこでいいから」演奏ピアノ独奏、チェロ独奏、ハーブ独奏広い会場がいっぱいでした。バレエ「白鳥の湖」文化会館大ホールいっぱいの [続きを読む]
  • キンセンカ
  • キンセンカ 昨年末花屋さんから安売りのキンセンカの苗を一ザル買ってきて花壇に植えていました。 春を待って次々と咲き始めました。キク科で育てやすい花なので、毎年種を取って翌年に種まきから育てていましたが、4〜5年経つので、今回は新しく苗を買って育てこの種を翌年に使うことにしました。 花言葉は明るく陽気な雰囲気をもつキンセンカの花なのですが、その一方で「別れの悲しみ」「悲嘆」といったキンセンカの悲しい [続きを読む]
  • ムラサキサギゴケ
  • ムラサキサギゴケ 暖かくなり、我が家のシダレ梅も花びらが散り地面は緑色からピンクへと変わってきました。草取りをして箒ではくと梅の花ビラも一緒に掃かれてしまいますが、何度掃いでも葉っぱが取れないと思ってしゃがんで観ると、それは梅の花ビラてなく、ムラサキサギゴケの花でした。梅の花ビラより小さく唇型の花なので、梅の花が散ったものと見分けがついていなかったのです。 臥龍梅 今年はまだ臥龍梅を見ていないのを [続きを読む]
  • 大牟田美術協会会員展
  • 大牟田美術協会会員展 文化会館の近くまで書類の提出に行き、その足で、美術展の会場に顔を出しました。 来年の2月に退職者の会で「趣味の作品展」を計画しているので同規模として参考になりました。 出品数は、日本画10点、洋画32点、彫刻1点、染織8点、陶芸6点、写真11点、で合計68点です。 協会会員展なので見慣れたタッチで描かれています。今回は、いわゆる大型でなく、30号までの大きさで会場の広さに合わせ [続きを読む]
  • 絵本「ともだちなんかいらない」<br /><br />
  • 絵本「ともだちなんかいらない」 文・内田麟太郎 絵・喜湯本のづみ 出版・小学館 絵を描いた喜湯本のづみさんは「ことばであそぼう五七五」も麟太郎さんと組んでいました。 ともだちとはどんな意味かと問われれば、「そうね〜。」と考えます。強いて言うならば「心を許せる人・仲の良い人」とでもいうのでしょうか?なかなか難しい質問です。友達の上に〇〇が付いている「幼友達」「職場の友達」「男友達」などというと少しは [続きを読む]
  • 「おひなさま」づくり
  • 遅ればせながら「おひなさま」 月の第一火曜日は団地ふれあいサロンの季節行事の日ですので、お雛様作りです。折り紙とスイセンでお雛様を作りました。 数年前は、折り紙もスムーズに折ることができましたが、なかなか折る作業もぎこちなくなってきました。それでもやっていないとますます出来なくなっていきます。楽しみながら作ってもらいました。 スイセンの花と椿の葉で雛様を作るのは簡単ですが、水引を結ぶのに苦労します [続きを読む]
  • 啓蟄
  • 啓蟄 今日は、午前中、来客と打ち合わせを終え、駐車場に見送りに行くと風は強いが心地よい暖かさでした。 「啓蟄は何時だったっけ?」と暦を見ると昨日だったそうです。「どおりで生暖かい風だ。」と感じました。シュンギクやワケギも勢いを増してどんどん伸びています。大根も早く食べてしまわないと塔が立ってしまいそうです。 午後から、借りていた騒音測定器の返却と、友人宅に卓話の資料を持っていきました。その途中も、 [続きを読む]
  • 0h0hbs@mjzl<br />わくわくこどもまつり
  • わくわくこどもまつり 子どもの居場所等連絡協議会・大牟田市生涯学習課青少年教育担当で行われました。子どもの居場所・アンビシャス広場などが連携して心豊かにたくましい大牟田の子どもを地域で育てることを目的として年一回、一同に会して「わくわくこどもまつり」を開催しています。 今年は、体験活動として「大声大会」をはじめ「松ぼっくりのおひなさまづくり」など17ブース、バザーとして「フランクフルト」や「焼きそ [続きを読む]
  • 西南戦争と三池街道
  • 我が家の梅西南戦争と三池街道 今日は、退職者の会の例会と役員会が開催されました。例会では昼食前に一時間程度卓話を計画、昼食で楽しみます。 今回は「西南戦争と三池街道」と題して会員の中からお話しをしていただきました。 私たちは西南戦争といえば田原坂の攻防を思い出しますが、本当の攻防は南関での戦いであるということでした。 鹿児島から北上して熊本城へ攻めてきましたが、難攻不落の熊本城を攻めあぐねて、南関 [続きを読む]
  • エゾイヌナズナ
  • エゾイヌナズナ ポカポカ陽気の一日で部屋も外も過ごしやすく作業もスムーズにできました。特に明日行われる廃品回収の準備にかなり時間を費やしました。 団地の廃品回収は、新聞紙等のリサイクルごみを収集場所へ運ぶのに苦労するので、廃品回収を年4回行い戸口で集めることで少しでも負担を軽くしようというのが狙いです。 前回の収集日を忘れていたため、車庫にいっぱいとなっていたので、今日のうちに整理をして運ぶばかり [続きを読む]
  • 「新大牟田市史」別冊年表と写真で見る大牟田市の100年
  • ;">;">>「新大牟田市史」別冊年表と写真で見る大牟田市の100年 大牟田市制100周年を記念して、新大牟田市史の別冊として発刊が3月1日に販売が開始されました。A4版2004ページの写真と年表の冊子で1500円の格安の値段です。 大牟田市市史編さん室が市民から提供を受けた写真も活用して、別冊年表をつくりました。 本格的な市史は遅れていますが、年表だけは100周年記念として急いだようです。年表は、大牟田 [続きを読む]
  • 本日は「大牟田市制100年」の誕生日です。
  • 今日3月1日は大牟田市制100周年です。市として、記念事業として平成28・29年度の2年間様々な催しを開催しています。 その趣旨として次のように述べてあります。【大牟田市は平成29年3月1日に市制100周年を迎えます。市制100周年にあたっては、記念事業の開催を通じて、市民挙げてお祝いすることで、先人たちの功績を称え、感謝するとともに、市民一人ひとりが本市の歴史や 文化への理解をより一層深め、ふるさと意識の醸成 [続きを読む]
  • カウントダウンコンサート
  • カウントダウンコンサート リヴィエールによる大牟田市制100周年カウントダウンコンサートが宮部の森美術館で月の最終月曜日の夜開催されています。 リヴィエールはバイオリン・チェロ・ピアノの3人のグループです。2月が終わりましたのであと一回の3月で終わりです。 開始時刻ぎりぎりに会場に行きましたので、2階席から見下ろして聴きました。 2月のプログラムは、次の通りでした。1 アレルヤ(モーツアルト)2 愛 [続きを読む]
  • フキノトウ
  • フキノトウ 我が家横の大溝のふちに毎年フキノトウが咲きます。日陰なのでそれらしい黄緑色の芽が膨らんでいました。筋迎えの空き地は日差しがよく当たるので成長も早く5〜6株フキノトウが芽吹いています。 フキノトウはキク科フキ属の多年草で山菜として重宝がられています。フキノトウはつぼみの部分にあたり、この花が咲いた後には地下茎から伸びるフキが出てきます。春の季節を表現する山菜として日本料理には欠かせない食材 [続きを読む]
  • 「わくわく子どもまつり」の準備
  • ワクワク子どもまつりの準備 3月5日に「ワクワク子どもまつりinてがま」が開催されますが、その一つのブースに「大声大会」と称して参加することになりました。当日は午前10〜午後2時までの短い時間ですが、昨年は個のブースに200人ほど来てくれました。 子どもたちは、測定器のマイクに向かって大声を出しますが、単に「ワァッ!」といえば大きな音が出ると思っているので、ちゃんと言葉を市の重点目標の一つとして取 [続きを読む]