計画父さん さん プロフィール

  •  
計画父さんさん: 計画父さんの娘(ゆりっぺ)2019年中学受験備忘録
ハンドル名計画父さん さん
ブログタイトル計画父さんの娘(ゆりっぺ)2019年中学受験備忘録
ブログURLhttp://musumechan.hatenablog.com/
サイト紹介文H学園という関西の塾に2017年2月から娘を通わせ最高峰を目指す父のつぶやき
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 30日(平均7.2回/週) - 参加 2017/02/12 14:22

計画父さん さんのブログ記事

  • サンデー毎日って今410円もすんのな!
  • サンデー毎日の思い出明日発売のサンデー毎日は「大学合格者高校別ランキング」という毎年の企画です.サンデー毎日を見ると二十数年前のことを思い出します.昔のサンデー毎日は高校ランキングみたいなチンケな特集ではなく,合格者の氏名・高校が全て掲載されていました.僕の本名が初めてマスコミに登場したのも実はこの時が最初です(あれどうやって個人情報を入手してたんだろう?).僕は父を早くに亡くしたのですが,この時 [続きを読む]
  • ゆりっぺと飯舘村の貧しさについて語る
  • 東日本大震災を知らない世代6年前の3月11日,ゆりっぺは保育園の年少さんでした.年長さんと年中さんはお別れ遠足で動物園に出かけていた日でした.午後2時46分,関西でも長時間ゆっくりと大きく揺れ,保育園でも棚が倒れたとゆりっぺから聞きました.今,ゆりっぺは塾で社会の科目を勉強し始めたところで,現在は地理を習っています.「日本の地形・自然」の単元に東日本大震災が登場します.「東日本大震災って家が倒れて大変や [続きを読む]
  • 娘と校則について話してみた
  • パンツ警察 vs.自由の森学園ゆりっぺに「お前どんな中学行きたい?」って聞いてみました.ゆりっぺは妻に似て人に指図されるよりも指図するほうが好きな女子なので,「髪や服装でとやかく言われる学校には行きたくない」「ゆりっぺは日本を出て将来ハワイで暮らすねん」(後半は意味不明)との返答でした.ハワイはともかくとして,校則は確かに学校選びにおいて重要な問題ですし,その後の人格形成においても影響が大きそうです [続きを読む]
  • 【悲報】お受験マウンティング合戦に惨敗 ―優しく殺して―
  • M氏とのコーヒーブレーク先日の,東京は港区某所での話です.某一流企業のM氏との仕事の打ち合わせの合間に,コーヒーブレークをしました.彼とはお互いの配偶者も知ってますし,同じぐらいの年齢の娘がいるのも互いに知っていたので,話の流れで自然と中学受験の話になってしまいました.M氏「娘の通うSAPIXのαクラスは大変なようです」(さりげなく最上位クラスをアピールしてきたぞ!)計画「うちも浜学園ってところに通ってま [続きを読む]
  • 物語文はこれさえわかれば簡単(最終回)
  • 「行動の理由を問う問題」と「気持ちの理由を問う問題」は似て非なるものここまでの話を理解すれば,「登場人物の行動の理由を問う問題」と「登場人物(主に主人公)の気持ちの理由を問う問題」は全く異なることを尋ねられていることがわかると思います. ここまでの記事は以下の通り.登場人物の行動の理由を問われる問題の答え方登場人物の行動の理由を問われる問題というのは例えばこういうものです.このとき太郎が「腹い [続きを読む]
  • コース別募集は教育の敗北だ.nコースある中学はn流(nは自然数)
  • 部屋のグレードで浴衣の色が違う温泉はちょっと気分悪い巨大温泉旅館(加○屋とか百○石とか)に行くと,グレードごとに建物が違っていて,そこにある浴衣の色が違ったりしますよね.温泉に入りに行っても他人の浴衣の色を見て「ああこの人は最高級グレードに泊まっているんだ」とか「自分のほうが上のグレードだ」とか思うじゃないですか.自分が格上のグレードだったとしてもなんか申し訳ない気分になるし,格下のグレードだった [続きを読む]
  • 物語文はこれさえわかれば簡単(その2)
  • くどいようだが,心が行動に影響するのであって行動が心に影響するわけじゃないこのお話の続き.「悲しい」と言いながら泣いている女の子がいるという状況を想像してみましょう.前回の記事でも書いたように,ここから因果関係を取り出すことが物語文の読解では必要になります.物語文の理解に限らず,相関関係から因果を推定するというのはどんな仕事をしていても必要です.「悲しい」ことと「泣く」こと間の因果関係には二通り [続きを読む]
  • 物語文はこれさえわかれば簡単(その1)
  • 受験に必要な能力計画父さんの独断で言わせてもらうなら,中学受験で問われる能力というのは大きく分けて下の三つです.現象から因果関係を把握する能力(国語)記号を操作する能力(算数・理科)記憶力(理科・社会)もちろん,サカナ型の醤油差しのキャップを閉める仕事とか,ボールペンの芯を正しい方向にボールペンの筒に入れる仕事とか,「現在この電話番号は使われておりません」とアナウンスする仕事とか,コンビニ弁当の [続きを読む]
  • 塾比較:送迎の車のランクで塾のランクがわかる不思議
  • 教育は課金ゲーム「教育とは階層を再生産する装置だ」とはよく言ったもので,基本的に教育は課金ゲームです.要するに,受験というのは「金持ちや社会的地位の高い人々の子息が高い社会的地位を得る」という現実社会の不公平を,下々の人間に納得させ,受け入れさせるためのシステムなのです(やさぐれてます).受験を発明した奴は悪魔です.北斗の拳では「哀しみが深い方が強い」という冷静に考えるとよくわからないルールで勝 [続きを読む]
  • 「ほっこりゆるふわ愛されロハスゆるエコ受験」(゚Д゚)ハァ?
  • どれだけやっても100%確実なんてない全ての努力が水泡に帰すかもしれないそれをわかった上でそれでも1点でも上を目指して多大な労力をかける心を震わせる出逢いも発見も常に失意と隣合わせに存在している本物の絶望がないところに本物の希望は生まれないゆりっぺが将来人生に絶望した時に彼女を救えるのは僕でも妻でもなければ友人でもない危機感に押しつぶされそうになりながらそうやって勝ち取った達成感だけが彼女を絶望 [続きを読む]
  • そいつの名は〜 カンニングマ〜ン
  • ザ・カンニング IQ=0僕は標準的な40代オッサンなので,スカーレット・ヨハンソンがたまらん好きなのですが,中でも特に好きな映画は2003年に公開されたソフィア・コッポラの『Lost in Translation』と2005年公開のウディ・アレンの『Match Point』です.それらとほぼ同時期に『スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦』というカンニングをテーマにしたB級映画に出演しているらしいのですが,なんでこんな映画に出てしまったんだ [続きを読む]
  • 小学生に方程式を教えるべきなのか?(3)
  • 方程式をやる前に「恒等式」の概念を叩き込む必要がある例えば,「3 + 7 = 10」を英語で言うとどうなるか?中学・高校で色々な言い方を習いましたが,その中に"Three and seven make ten."という言い方があります.これは意訳すると「3と7をくっつけたら結果的に10になる」という意味です.つまり,等号 (=)の部分は"make"に対応します.ゆりっぺに方程式を教えてみて気がついたのですが,彼女の数式の理解はこの"Three and [続きを読む]
  • 超音速旅客機コンコルドの失敗と特攻受験
  • 特攻受験あるある皆さんの周りにはこういうお子さんはおられませんか?中学受験を目指し,小学1年生から塾通い当初は上位クラスにいたものの,学年が進むに連れて途中で入ってきた児童に徐々に追い抜かれ,成績は低下し本人のやる気もズルズルと低下親は子供の成績を知りながらも「こんなに塾に投資したんだから,今更××中学(偏差値40台)なんか受けられない!」無理目の偏差値帯(持ち偏差値より10も上)に特攻して全落ち発狂 [続きを読む]
  • 塾比較:塾ウォーズ エピソード1 浜と希
  • 娘はH学園に通っていますが,同級生には希学園に通っている子もいるそうです.個人的にはどちらも好きな塾です.さて本日は灘合格者数・率でしのぎを削るこの両雄のお話です.将棋倒し事故遠い昔,はるか彼方の銀河系で...というほど昔でもないですし,めっちゃ近いですけど,今から30年以上前のことです.大変な事故が起きました.計画父さんの友人もこの事故に巻き込まれたそうです.事故の顛末は以下のとおりです.1986年11月 [続きを読む]
  • 小学生に方程式を教えるべきなのか?(2)
  • そもそも「比」の概念がわかってない人には算数を教えても無駄だいたい大人の3割はこの「比の概念」を理解しないまま大人になってしまっています.「まさか!」とお思いになるかもしれませんが,例えば「A地点からB地点までいつもの2倍の速度で行けば半分の時間で済む」ことは理解できても,「1.5倍の速度で向かった時は何倍の時間がかかるか?」は答えられないような大人は間違いなく3割います.ある日の午後…全然指示が伝わらな [続きを読む]
  • 記憶力が悪いほうがむしろ賢い子に育つ(断言)
  • 記憶力は生まれもった能力東大出身の同僚氏が先日このようにボヤいていました.「最近,一度見ただけじゃ覚えられないんですよ.年齢のせいですかねぇ…?」あのさー,それ普通やからね!一度見ただけで覚えられる方が珍しいからね!(怒)たしかに,不必要なほど非常に高い記憶力を持っている人はいます.大学時代にある友人と定食屋に行ったのですが,注文が終わったら友人に「お前,去年の今日も同じもん食ってたよな,ハハハ」 [続きを読む]
  • 趣味の最底辺「学歴マニア」の中の最下層
  • 職業に貴賎なし,しかし趣味に貴賤あり中学の時に社会の先生がこんなことを授業中に言い出しました.「みんなよくきけ!職業に貴賎はないんだ.」うんうん「学校の先生だってお医者さんだって…」ふむふむ「ごみ収集の人たちだってみんな平等なんだ!」あわわわいや,悪い先生じゃないんですよ.ちょっと頭が足りないだけで.さて,職業には貴賎はありませんが,かのピエール・ブルデューを引用するまでもなく(つまり関係無い) [続きを読む]
  • 塾比較:第1回ダサい塾指定バッグ選手権
  • 電車の中で女子小学生を見ながら涙を流すオッサン一人先日,仕事帰りに電車に乗っていると,メガネを掛けた小学六年生ぐらいのいかにも勉強できそうな雰囲気を漂わせた女の子が乗ってきました.カバンから大きな源氏物語の現代語訳らしき本を取り出しました.背中にはNバッグ(日能研指定のバッグ).ヨタヨタしながらも空いている席にも座らず無心に本を読んでいます.Nバッグには北野天満宮のお守りがぶら下がっていました.僕 [続きを読む]
  • 公開学力テスト2月(国:33,算:55,理:43,総:44)
  • 2月(5年生第1回目)の公開学力テストの結果が出ました.なんやわれ入塾早々成績めっちゃ落ちてるやんけ!金返せやーこらぁー!(うそですすみません)国語:33(48)算数:55(43)理科:43(48)社会:35(N/A)総合(3科目):44(46)(カッコ内は前回の偏差値です)あかんーこれじゃ桜蔭どころか松蔭や樟蔭にも手が届かん!ということでいっそブログのタイトル画像をコレにしてしまおうかと本気で考え始めています(by樟 道造 [続きを読む]
  • 塾比較:SAPIX的世界と昔の塾
  • 昔の進学塾計画父さんがかつて通っていたのは「せいきがくえん」という名前の塾です.今はどうなっているか知りませんが,僕が通っていた頃はなかなか怖い塾でした.せいきがくえんの怖いところ塾の門に一礼してから入らないと「喝入れ棒」でお尻をしばかれる宿題をやってきたかどうか調べる地獄の門番が居て,そこでノートを見せる.「宿題をやった」と認めてもらえなければ即座に「喝入れ棒」でお尻をしばかれる何ヶ月かに一度喝 [続きを読む]
  • 小学生に方程式を教えるべきなのか?(1)
  • 方程式を教えるべきか否か僕が受験した30年前にも,「特殊算を覚える」か「方程式で解く」かという論争はありました.僕が受験した頃はまだ問題を解く過程自体を採点対象にする中学がたくさんありました(今は六甲ぐらいしかないのでは?).そういうときに,方程式を使っていると「生意気だ」と減点されることがあるとまことしやかに言う人達が居たのです(実際には減点されることはありません).この手の輩は何歳になっても居る [続きを読む]
  • 関西女子校の勝手なイメージ(京都・その他編)
  • さて女子校の勝手なイメージを書き連ねるコーナーの2日目.<女子校編その2>(京都・その他編)京都女子中学計画父さんにも若い頃がありまして,女子大生と合コンなどもしたのですが,その頃よく聞いたのが「同女は布のパンツ,ダム女は紙のパンツ,京女は鉄のパンツをはいている」という金言(マキシム)です.ついでにいうと,梅花,金蘭(今の千里金蘭大学),薫英(今の大阪人間科学大学)はあわせて頭の文字を取って「バイ [続きを読む]