浜ボル さん プロフィール

  •  
浜ボルさん: ボルダリングのコツ
ハンドル名浜ボル さん
ブログタイトルボルダリングのコツ
ブログURLhttp://bouldering.biz/
サイト紹介文ボルダリングのコツを色々な方面から紹介するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 72日(平均3.9回/週) - 参加 2017/02/12 18:25

浜ボル さんのブログ記事

  • チョークボールは時々取り替えましょう
  • ボルダリングに絶対に必要なチョーク、なかったら登れませんから本当に。嘘だと思ったらやってみましょう。黄色位までなら登れると思いますが、赤くらいになるとまず無理。以前にも書きましたが、チョークは一袋買えば何年ももちます。しかし、チョークボールは寿命を迎えます。4〜5年前かな、チョークが手に馴染まなくなってきて、どんどんチョークがなくなっていくことに気づき始めました。何となくチョークが手にもなじまない感 [続きを読む]
  • スメア、スメアリングって何?
  • ボルダリングにおけるスメアやスメアリングってどういう事でしょうか?これ非常に大切です。できないとクリアできない課題がたっくさんでてきますので、覚えて出来るようにしておきましょうね。クライミングシューズでホールドではなく平面をとらえる動きとでも言いましょうか。何もない壁だったり、ボテだったりを強く踏んで足場とするんです。こんな感じです。平面に向かってなるべく直角に近い形で力をかけて一時的な足場を作っ [続きを読む]
  • ボルダリングは発想の転換
  • リニューアルされた横浜B-PUMPの1階左壁、面白い課題が多い気がするのは外国人セッターのお陰だろうか。一番手前にある紺のスラッシュ課題でてこずっている人が多かったのは興味深い。両手スタートの足限定課題。左側のスタートホールドが写っていなくて申し訳ありません。ヒールフックが簡単にできる大きなホールド。まずはスタートから左足を上げてヒールフック、左手で②のホールドを取りに行きます。ヒールフックはしてもしな [続きを読む]
  • 足は大切
  • ボルダリングにおいては屈強な上半身が大切だと思われがち。もちろん絶対に上半身は力強い方がいいです。でも傾斜が緩ければ緩いほどに足がとっても大切です。足にしっかりと乗りんでいくことができる、そしてそこから体全体を持ちあげることができる、これができると傾斜の緩い壁ではレベルの高い課題をクリアすることができる。足の強化って日常生活でも結構簡単にできるんですよね。私が意識しているのは階段やエレベーターを上 [続きを読む]
  • ルートセットは大変
  • 1階の左壁がリニューアルされてましたね。ホールドの数が少ないんですが、新しいルートは登るのがとっても楽しいです。いつも思うんですが、ルートセットって大変ですよね。私はまず思いつきませんから。何らかのセオリーがあるのでしょうが、考える方は大変です。だからルートセットがほとんど行われないジムが出てくるんでしょうね。今回の壁でも面白い課題がありました。奥の方にある紺のスラッシュ課題。よく考えるわ、本当に [続きを読む]
  • 波瑠のボルダリング
  • 今日の昼間バラエティー番組を見ていたら女優の波瑠さんがボルダリングに挑戦してましたね。可愛かったねやっぱり。芸能人がボルダリングに挑戦って企画は本当によく目にします。でもそこから本気で取り組んでいる人ってあんまり聞きません。波瑠さんの影響でまたボルダリングジムが混雑しそうで怖いわ。 [続きを読む]
  • ボルダリングのチョーク
  • ボルダリングにはチョークが絶対不可欠です。チョークを塗らずに登ると驚くほど登れませんよ。滑ってしまってホールドを持てません。チョークがどれだけ大事か一度試してみましょう。チョークは大きく分けて粉末と液体があります。私は粉末しか買ったことはありませんが、液体も試したことはあります。液体はこんな感じです。ちょっと割高ですね。おそらくなくなるペースも粉末よりも早い。粉末はこんな感じです。私は10年以上ボル [続きを読む]
  • 良いジムは頻繁にルートセットがある
  • B-PUMP2の壁がまた変化しますね。嬉しい事です。良いジムの条件の一つに頻繁にルートセットを行ってくれるという事があります。いくらボルダリングは面白いと言ってもいつも同じ並びのホールドで同じルートで登っていたら飽きますよ、絶対に。以前、甲府にあるボルダリングジムに何度か行ったことがあるんですが、1年くらい全くホールドの並びが変わってなかった。テープの位置は変わっているんですが、1年間それだと飽きますよ。 [続きを読む]
  • ボルダリング上達のコツ
  • ボルダリングにおいて上達とは何か?・先週よりも体の切れがいいね!・先週よりも体が動いてるね!・先週持てなかったホールドが持てるようになったね!・高いモチベーションを維持できるようになったね!そんな事ではありませんよね。以前できなかった課題ができるようになった時に上達を実感できるんです。これが一番解り易い。今まで出来なかった課題ができるようになるコツを一つ。股関節を柔らかくしよう具体的には股割ができ [続きを読む]
  • 愛知県豊田市のボルダリングジム ぴなくる2
  • 昨年は仕事で本当によくトヨタに通いました。もう心から嫌になりましたね。おかげで地元のボルダリングジムには2か月以上全く行けなかった。体がなまったなまった。でも途中からは体を衰えさせるわけにはいかないので豊田でもボルダリングに行くことにしました。検索してみるとぴなくる2というお店が見つかりました。豊田市駅から車で10分弱という感じです。徒歩ではいけません。まだ新しいのかとても清潔感のあるお店でした。シャ [続きを読む]
  • 傾斜の緩い壁は足が重要
  • 傾斜の緩い壁や水壁は足が重要です。特にこんな課題は。白四角課題。出来た当初は紺の課題でしたが、白に昇格していました。しかもスタートも2個ホールドでのスタートになってました。どんだけ緩くするんだよ。私は紺の時にクリアできましたが、苦戦している人が多かった。とにかく薄いんです、ホールドが。こういう課題は上半身だけに頼っている人は苦戦します。いかに足に多くの体重を乗せられるかがポイントになります。指は引 [続きを読む]
  • ボルダリング後の筋肉痛
  • ボルダリングは激しいスポーツですので、筋肉への負担も大きい。初めて間もない頃は翌日の生活に支障が出るほどの筋肉痛に悩まされたものです。でも筋肉痛になるという事は新たな筋肉が生まれる兆しでもあるので、喜ばしい事です。私は10年以上ボルダリングをしておりますが、未だに翌日は少し筋肉痛になります。酷い筋肉痛になる箇所があれば、まだまだ鍛えられていない筋肉があるのだなと実感するのです。記事を書いている今は太 [続きを読む]
  • 右壁トンネルの白課題
  • B-PUMP2の一階右壁トンネル部分に白の課題がある。これです。赤矢印を追加してみたので、見てみましょう。アングルの都合上スタートホールド付近が写っておりませんがご勘弁を。ルーフから上がってくる課題なので、かなり力を削がれてから上昇するんですが、本当にきつい。⑤をとってから上に進めないのです。⑤にマッチしてから④に右足を乗せて、③を左足で押すんですが、それでもゴールまでは届かない。その状態で左手で⑥を掴 [続きを読む]
  • クエン酸パワーの保存方法
  • クエン酸パワーを開けてみました。開けたての場合は粒子が細かくサラサラしていますが、保存状態がよくないと塊になってしまいます。湿気を吸ってしまうんですね。真ん中が2年間保存したもの、右端があけたてです。私の場合は必要量をパックから出したらすぐに空気を念入りに抜いてチャックをしていたので、何とか塊にはならずに済みましたが、念入りに空気を抜かないと大変な事になりますので、ご注意を。友人いわく冷蔵庫で保管 [続きを読む]
  • ボルダリングは簡単に続けられます
  • ボルダリングを始めて10年以上が経過、長く続いているね〜と思う人もいるかも知れませんね。でも簡単な事ですよ、ボルダリングを続けるのは。だって本人次第ですから。自宅近くにあるジムに通うだけなら自分の意志だけですからね、行くのも休むのも。自分が行きたいときにだけ行って好きなだけ登って帰ってくればよいだけ。いくつかあるクライミングの形態の中からボルダリングを選んだのはロープを使わずに一人でできるからです。 [続きを読む]
  • ヒールフックは大切
  • ボルダリングである程度上達してくるとヒールフックをする課題が出てきます。キレイにヒールフックが決まって課題をクリアできた時は本当にうれしいものです。ボルダリングシューズもヒールフックがかかりやすいシューズというのは欲しくなりますね。ヒールフック課題がでてきたらどんどん挑戦してみましょう。ふくらはぎ、太腿裏の筋肉が鍛えられますよ。初めてヒールフック必須課題をクリアできた時は嬉しかったな〜。 [続きを読む]
  • ボルダリングにおけるちょっとした気づき
  • 今週は白テープ課題を3つ落とす事ができた。なかなかの成果です。一つは先々週に出来なかった課題、何度も跳ね返されました。でもよれていなければ何とか力でねじ伏せられると思ってました。ところがやっぱりダメ。自分のパワーでは難しそうだ。そんな時に仲間の助言があり、気付きました。手を運ぶ順番を変えてみるとどうなるか。右左右左と順番に下から手を運んでいけばよさそうな課題だったんですが、難所で右手を一度飛ばして [続きを読む]
  • 時々違うボルダリングジムも訪れる
  • ボルダリングジムに通うと当然一か所に偏るようになりますよね。どこのジムも登録料がかかるわけですから、登録したジムに通う方が経済的だから。でも上達したいのなら時々違うジムに通ってみる事をお奨めします。私がよくいくB-PUMP2は頻繁にルート変更が行われます。その度に新しいホールドも追加されるので退屈しません。でもやっぱり微妙な偏りは出てきますね。他のジムならばもっとルート変更は稀なものになり、セッターも少 [続きを読む]
  • ボルダリングを休む
  • 週に一度は必ずボルダリング、これが私が自分に課している使命なのですが、時々守れない事があります。週末に旅行に行くときですね。そんな時までどんな事をしてでもボルダリングに行こうとすると家族の反感を買ってしまいますからね。泣く泣くそういう時は休むわけです。でも長年週一ボルダリングを続けているとたった一回の休みでも体がなまるのではないかという不安が頭をもたげてくるのです。少し病的な感じもしますが、こうな [続きを読む]
  • ボルダリングを休む
  • 週に一度は必ずボルダリング、これが私が自分に課している使命なのですが、時々守れない事があります。週末に旅行に行くときですね。そんな時までどんな事をしてでもボルダリングに行こうとすると家族の反感を買ってしまいますからね。泣く泣くそういう時は休むわけです。でも長年週一ボルダリングを続けているとたった一回の休みでも体がなまるのではないかという不安が頭をもたげてくるのです。少し病的な感じもしますが、こうな [続きを読む]
  • 名古屋のボルダリングジム
  • ボルダリングを始めて間もない頃は出張先でもジムに行ってました。夢中になっていたんですね。出張の多い仕事をしているので出張先でのアフターファイブは有益に使わなければと、常々思っています。9年くらい前かな名古屋にあるクライミングボックスキューブに行ってみました。名古屋駅からは結構遠いです。レンタカーがないとアクセスはかなり難しいかと。中はそれほど広くありませんでしたね。B-PUMP2と壁の面積を比較すると半分 [続きを読む]
  • ボルダリングの怪我
  • 自然の中で行うボルダリングは危険も多いですね。でもジムでのボルダリングでも怪我はします。それだけ激しいスポーツですから。指の皮が剥けるのは当たり前、始めて1年間くらいはちょっと無理をすると必ず剥けました。両手ともに人差し指と中指は第一関節、第二関節に渡ってテーピングを欠かしませんでした。でも2〜3年続けていると指の皮が厚くなってきて、剥けなくなってきます。それに経験からこれはまずいなと思うセンサーが [続きを読む]
  • ボルダリングのきっかけ
  • ボルダリングを始めたのは2006年でした。深夜番組のナイナイサイズというのを妻と二人で見ていたんです、そうするとボルダリングを体験してみようという企画が始まったんですね。ボルダリング?何のことやらさっぱり解らない。首を傾げているとどうやらクライミングの一種であって、それをジムで体験してみようという事のようでした。これは!興味ありまくり!以前から「クライミングやってみたいなー」「でもどうやって始めたらい [続きを読む]
  • グリップセイバーで指を鍛える
  • ボルダリングのパフォーマンスを上げてもっと難しい課題にトライしたい、次第にそう思うようになります。でもボルダリングのトレーニングってボルダリングをしないとあんまり効果がないんですよね。一番効果があるのは懸垂かな。でも公園にでもいかないとなかなかできません。自宅でもできるトレーニングとして私はメトリウスのグリップセイバーを使っています。握力を鍛えるアイテムなんですが、ただの握力強化アイテムではありま [続きを読む]
  • B-PUMP2横浜の課題レベルが下がる
  • ボルダリングにおいてはコースのレベル分けって大切ですよね。今まで出来なかったレベルの課題ができるようになった時の喜びが全てではないかと思います。でもこのレベルって作成者によっても違いますし、ジムが違うと全く違ったりします。非常に難しいですね。この課題のレベル付けがB-PUMP横浜では変わりました。0.5段〜1段ずつレベルが優しくなった感じ。知らずに登っているとうまくなったと勘違いしてしまうので、注意が必要で [続きを読む]