浜ボル さん プロフィール

  •  
浜ボルさん: ボルダリングのコツ
ハンドル名浜ボル さん
ブログタイトルボルダリングのコツ
ブログURLhttp://bouldering.biz/
サイト紹介文ボルダリングのコツを色々な方面から紹介するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 38日(平均5.3回/週) - 参加 2017/02/12 18:25

浜ボル さんのブログ記事

  • ボルダリング後の筋肉痛
  • ボルダリングは激しいスポーツですので、筋肉への負担も大きい。初めて間もない頃は翌日の生活に支障が出るほどの筋肉痛に悩まされたものです。でも筋肉痛になるという事は新たな筋肉が生まれる兆しでもあるので、喜ばしい事です。私は10年以上ボルダリングをしておりますが、未だに翌日は少し筋肉痛になります。酷い筋肉痛になる箇所があれば、まだまだ鍛えられていない筋肉があるのだなと実感するのです。記事を書いている今は太 [続きを読む]
  • 右壁トンネルの白課題
  • B-PUMP2の一階右壁トンネル部分に白の課題がある。これです。赤矢印を追加してみたので、見てみましょう。アングルの都合上スタートホールド付近が写っておりませんがご勘弁を。ルーフから上がってくる課題なので、かなり力を削がれてから上昇するんですが、本当にきつい。⑤をとってから上に進めないのです。⑤にマッチしてから④に右足を乗せて、③を左足で押すんですが、それでもゴールまでは届かない。その状態で左手で⑥を掴 [続きを読む]
  • クエン酸パワーの保存方法
  • クエン酸パワーを開けてみました。開けたての場合は粒子が細かくサラサラしていますが、保存状態がよくないと塊になってしまいます。湿気を吸ってしまうんですね。真ん中が2年間保存したもの、右端があけたてです。私の場合は必要量をパックから出したらすぐに空気を念入りに抜いてチャックをしていたので、何とか塊にはならずに済みましたが、念入りに空気を抜かないと大変な事になりますので、ご注意を。友人いわく冷蔵庫で保管 [続きを読む]
  • ボルダリングは簡単に続けられます
  • ボルダリングを始めて10年以上が経過、長く続いているね〜と思う人もいるかも知れませんね。でも簡単な事ですよ、ボルダリングを続けるのは。だって本人次第ですから。自宅近くにあるジムに通うだけなら自分の意志だけですからね、行くのも休むのも。自分が行きたいときにだけ行って好きなだけ登って帰ってくればよいだけ。いくつかあるクライミングの形態の中からボルダリングを選んだのはロープを使わずに一人でできるからです。 [続きを読む]
  • ヒールフックは大切
  • ボルダリングである程度上達してくるとヒールフックをする課題が出てきます。キレイにヒールフックが決まって課題をクリアできた時は本当にうれしいものです。ボルダリングシューズもヒールフックがかかりやすいシューズというのは欲しくなりますね。ヒールフック課題がでてきたらどんどん挑戦してみましょう。ふくらはぎ、太腿裏の筋肉が鍛えられますよ。初めてヒールフック必須課題をクリアできた時は嬉しかったな〜。 [続きを読む]
  • ボルダリングにおけるちょっとした気づき
  • 今週は白テープ課題を3つ落とす事ができた。なかなかの成果です。一つは先々週に出来なかった課題、何度も跳ね返されました。でもよれていなければ何とか力でねじ伏せられると思ってました。ところがやっぱりダメ。自分のパワーでは難しそうだ。そんな時に仲間の助言があり、気付きました。手を運ぶ順番を変えてみるとどうなるか。右左右左と順番に下から手を運んでいけばよさそうな課題だったんですが、難所で右手を一度飛ばして [続きを読む]
  • 時々違うボルダリングジムも訪れる
  • ボルダリングジムに通うと当然一か所に偏るようになりますよね。どこのジムも登録料がかかるわけですから、登録したジムに通う方が経済的だから。でも上達したいのなら時々違うジムに通ってみる事をお奨めします。私がよくいくB-PUMP2は頻繁にルート変更が行われます。その度に新しいホールドも追加されるので退屈しません。でもやっぱり微妙な偏りは出てきますね。他のジムならばもっとルート変更は稀なものになり、セッターも少 [続きを読む]
  • ボルダリングを休む
  • 週に一度は必ずボルダリング、これが私が自分に課している使命なのですが、時々守れない事があります。週末に旅行に行くときですね。そんな時までどんな事をしてでもボルダリングに行こうとすると家族の反感を買ってしまいますからね。泣く泣くそういう時は休むわけです。でも長年週一ボルダリングを続けているとたった一回の休みでも体がなまるのではないかという不安が頭をもたげてくるのです。少し病的な感じもしますが、こうな [続きを読む]
  • ボルダリングを休む
  • 週に一度は必ずボルダリング、これが私が自分に課している使命なのですが、時々守れない事があります。週末に旅行に行くときですね。そんな時までどんな事をしてでもボルダリングに行こうとすると家族の反感を買ってしまいますからね。泣く泣くそういう時は休むわけです。でも長年週一ボルダリングを続けているとたった一回の休みでも体がなまるのではないかという不安が頭をもたげてくるのです。少し病的な感じもしますが、こうな [続きを読む]
  • 名古屋のボルダリングジム
  • ボルダリングを始めて間もない頃は出張先でもジムに行ってました。夢中になっていたんですね。出張の多い仕事をしているので出張先でのアフターファイブは有益に使わなければと、常々思っています。9年くらい前かな名古屋にあるクライミングボックスキューブに行ってみました。名古屋駅からは結構遠いです。レンタカーがないとアクセスはかなり難しいかと。中はそれほど広くありませんでしたね。B-PUMP2と壁の面積を比較すると半分 [続きを読む]
  • ボルダリングの怪我
  • 自然の中で行うボルダリングは危険も多いですね。でもジムでのボルダリングでも怪我はします。それだけ激しいスポーツですから。指の皮が剥けるのは当たり前、始めて1年間くらいはちょっと無理をすると必ず剥けました。両手ともに人差し指と中指は第一関節、第二関節に渡ってテーピングを欠かしませんでした。でも2〜3年続けていると指の皮が厚くなってきて、剥けなくなってきます。それに経験からこれはまずいなと思うセンサーが [続きを読む]
  • ボルダリングのきっかけ
  • ボルダリングを始めたのは2006年でした。深夜番組のナイナイサイズというのを妻と二人で見ていたんです、そうするとボルダリングを体験してみようという企画が始まったんですね。ボルダリング?何のことやらさっぱり解らない。首を傾げているとどうやらクライミングの一種であって、それをジムで体験してみようという事のようでした。これは!興味ありまくり!以前から「クライミングやってみたいなー」「でもどうやって始めたらい [続きを読む]
  • グリップセイバーで指を鍛える
  • ボルダリングのパフォーマンスを上げてもっと難しい課題にトライしたい、次第にそう思うようになります。でもボルダリングのトレーニングってボルダリングをしないとあんまり効果がないんですよね。一番効果があるのは懸垂かな。でも公園にでもいかないとなかなかできません。自宅でもできるトレーニングとして私はメトリウスのグリップセイバーを使っています。握力を鍛えるアイテムなんですが、ただの握力強化アイテムではありま [続きを読む]
  • B-PUMP2横浜の課題レベルが下がる
  • ボルダリングにおいてはコースのレベル分けって大切ですよね。今まで出来なかったレベルの課題ができるようになった時の喜びが全てではないかと思います。でもこのレベルって作成者によっても違いますし、ジムが違うと全く違ったりします。非常に難しいですね。この課題のレベル付けがB-PUMP横浜では変わりました。0.5段〜1段ずつレベルが優しくなった感じ。知らずに登っているとうまくなったと勘違いしてしまうので、注意が必要で [続きを読む]
  • クライミングシューズ ファイブテンのモカシム
  • ファイブテンのモカシムを買って1年ほどが経過しましたかね。買った理由は安かったから。ショップで税込み13000円程で買えたと思います。機能的にも全く問題なし。でもやっぱりベルクロが好きかな。以前履いていたJET7は素晴らしかったな。足入れが難しい。一度履いた後に微妙にどこかの指が圧迫されて、痛くて再度履きなおすっていうのが面倒な時がある。足を完全に入れてからベルトで締める方が理になかってますね。次に買う時は [続きを読む]
  • ボルダリングシューズの選び方
  • ボルダリング用品で一番大切な物、それは間違いなくボルダリングシューズ。これがないと絶対に登れませんから。簡単な課題なら登れますけど。最初はレンタルで十分ですが、面白くなってきたら購入しましょう。その後のモチベーションにも強く影響してきます。何より足にフィットしたシューズを履くと小さなホールドにも力強く乗り込めますよ。ボルダリングシューズの種類ボルダリングシューズには大きく分けて3種類あります。スリ [続きを読む]
  • ボルダリングの服装
  • ボルダリングをする時の服装はどのようなものがよいのでしょうか。簡単に言えば動きやすければなんでもいいと思います。でも半袖や長袖、半ズボン、長ズボン色々な種類がありますので、何を選べばいいか解らない方もいますよね。私は色々と試してきました。上は半袖、長袖、タンクトップ、下は半ズボン、長ズボン、普通のジーンズetc。。。。まず上ですが、理想は長袖のTシャツですね。必死になって難しい課題を登っていると腕や肘 [続きを読む]
  • カンテって何?
  • ボルダリングの課題を見ていると時々、「カンテあり」「カンテなし」という表記を目にする事があります。カンテってなんでしょうか?カンテについて解説してみます。写真を見てみましょう。赤いラインで示した壁の際を指します。左の写真のように切りっぱなしの壁の際だったり、右写真のような壁と壁の段差だったりという事もあります。カンテありの場合はこの写真のようにカンテとホールドを挟み込んで持ったりしても良いわけです [続きを読む]
  • クエン酸パワー購入
  • クエン酸パワーがなくなってきました。必ず楽天かアマゾンで購入するのですが、前回の購入履歴をみてびっくりちょうど2年前でした。2年ももっちゃった。もうすこし頻度を上げて登りたいんですが、子供が小さいとなかなかね。付属のスプーンで1杯を200ml程度の水で割って飲んでいます。これで週に1階のボルダリングだと2年程もってしまうと。経済的ですね。それでいて高いパフォーマンスの助けになるのですから、素晴らしい。届いた [続きを読む]
  • ボルダリングにテレビが注目
  • 最近テレビを見ているとボルダリングの紹介を良く目にしますね。この1週間で3回ほど見ました。報道ステーションやサンデーモーニング等のニュース番組ばかり。でもこういうニュース番組に頻繁に取り上げられるという事は注目度がぐんぐんと高まっている証拠でしょう。今までも時々テレビで取り上げられることはありました。でもその殆どが芸能人が「最近趣味でボルダリングをやってます」なんて言って、登っている様子をちょこっ [続きを読む]
  • クエン酸パワーを飲みながら
  • ボルダリングはとても疲れるスポーツです。喉もすぐに渇いてきますので、水分補給は必須。でもどうせ飲むなら体力回復に役立つ飲料を飲みたいですよね。ボルダリングを始めた頃は普通にポカリスエットやアクエリアスを飲みながら登っていたんですが、喉の渇きが癒されるだけ。色々と調べてみるとクエン酸パワーというのが、筋肉の疲労回復に役立つという事が解りました。これですね。 飲み始めた感想です。私の体質には合って [続きを読む]
  • ボテって何?
  • ボルダリングジムに通っていると解らない用語が出てくると思います。このブログでは少しずつ専門用語を説明していきます。今回はボテについてです。課題を目で追っていくとボテあり、ボテなしなんて言葉がテープに書かれていたりします。ボテってなんじゃろ?言葉の響き通りボテッとしているホールドと思って頂ければいいかなと。こんな感じです。この赤線で囲まれた青い大きな三角がボテです。こちらの大きな丸もボテ。 この [続きを読む]
  • 難しい課題
  • 私が通うボルダリングジムでは白以上の課題になってくると難易度が急に上がってきます。ゆえに白以上の課題をクリアする事ができると嬉しいですね。土曜日は白を2つクリアする事ができました。上々の成果です。気持ちよくクライミングできた日は床についた時に頭にその時の様子が浮かんできます。そしてよく眠れる気がしますね。 [続きを読む]
  • ボルダリングでダイエット
  • 世の中にはダイエットに興味を持つ人がたくさんいますね。でも私はボルダリングを続けているお蔭でダイエットとは無縁の体をキープできいます。健康食品や健康器具でダイエットをしようと考える人はおおいですが、そういうのって続かないでしょう。何故か?面白くないからです。しかも効果は個人差があって、効果が見られたとしても数ヶ月先とかだと続くわけないですよね。ボルダリングでダイエットボルダリングを日常的に続けられ [続きを読む]
  • ボルダリングは続ける事が最も大切
  • 継続は力なり、ボルダリングにも通じる言葉です。ボルダリングは特に始めのうちは必要な筋肉がついていないので、長時間登る事ができないのです。そうなると上達のスピードも遅くなる。まずは長時間登れる体を作らなければなりません。そうなる為には続ける事が大切。ボルダリングを続けることでしか持久力は上がってきません。先日聞いた話ではとにかくリードクライミングで長い距離を登りまくるとボルダリングをいくらやってもよ [続きを読む]