ゆぽてな さん プロフィール

  •  
ゆぽてなさん: モノクロ人生日記
ハンドル名ゆぽてな さん
ブログタイトルモノクロ人生日記
ブログURLhttp://kichizyouka.blog.fc2.com/
サイト紹介文猛烈に心身惰弱で猛烈に犬を愛する母子家庭の母 双極、パニック障害、発達障害… 関西のノリです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 74日(平均2.6回/週) - 参加 2017/02/12 22:15

ゆぽてな さんのブログ記事

  • 今年は初の二匹狂犬病予防接種、別日に
  • ドッグランになど連れていったババアはその煽りで寝込んだため、すぐ横に置いた座り机に半身起こしては仕事をして布団に落っこちてました。でも、今月は狂犬病予防接種とフィラリア検査です。二匹を連れていったらわたしが行き倒れる。そして、ななはそうなったわたしから離れないけれど、モネは喜んでどこかに疾走して、知らない飼い主さんに保護され、幸せな一生を終えるでしょう。モネは家から脱走三度やりましたから。おまえ、 [続きを読む]
  • 心療内科その2 制度と手続き知らないシジミ
  • シジミがとっくに薬切れて、数日やる気のない人になり、事業所も二日寝坊でうっかり行けなかったので、薬をもらいに、そして自立支援医療他の手続きに、一緒についていきました。普段はもうとっくに自分ひとりで通院してますが、自分の客観的な症状を説明できないので、合った薬をもらってるかどうか理解してないし、マイスリージェネリックで、意識は鮮明なまま幻覚を訴えた日もあり、それをまた説明できないと言います。何より、 [続きを読む]
  • 心療内科その1 わたしの場合説明が通じない
  • 火曜日に心療内科に行きました。この間、ごみ処分を少し業者にお願いしたら、「この辺りは置いといてくださいね」と言ったのに、バッグ捨てられて、朝食用の薬が中に入ってた、それをもらいに行くのと、そろそろ就寝前の抗不安剤がなくなるためでした。「あれ、入院しなかったの」と、わたしを見るなり、なんじゃこいつ、という目で言う先生に、いつも口で説明できないし、喋ると吐きそうになることが多いしで、ワードにびっしりと [続きを読む]
  • また欠陥住宅の弊害、エアコン工事が…
  • 10日ほど前に届いていた、基本工事費込みのエアコン。昨日が設置工事の日でした。朝電話がかかりまして、夕方4時にと言われ、午前中は調子が悪い鬱にはいいか、と快諾しました。ただ、事前に詳しくボロ家の説明をしておいたところ、かなり追加工事が入りそうで、それならお金いくらおろしにいかなくちゃいけないかな、と思ってたんですけど、電話が入って6時を過ぎてしまうという。遅くね?うち、ほら、書いたとおり余分な照明つ [続きを読む]
  • 薬を飲めない自覚もなく自死失敗したり
  • この間心療内科に行ったのはいつだったか、もう全然覚えてないんですが、「服薬管理」という診察ポイントが全くのマイナスです。AからDの診断書判定で、これがいつもDです。ズボラで飲まない時もあったし、躁状態を元気になったと勘違いするそれも躁で、勝手に飲まなくなる悪い傾向の時もありました。でも、ここ2ヶ月ほどは、もらってきた薬をなくしたり(帰り道になくすことさえ)、家でどの引き出しに入れたか分からず、探す [続きを読む]
  • 昭和生まれの欠陥住宅住まい
  • 昭和に建築された家ぐらいは、別に珍しくはありません。神戸は22年前に天災で淘汰された古い家が多いので、昭和築の家は古さ故に消えたもの、逆にその匠の技術から頑丈で残ったもの、運命は二極しています。今、わたしが住んでるのは、同じ間取りだろう狭い一戸建てが並んだ一角で、頑丈だったのか半世紀以上を経たのに残ってます。それはいいですが、次に来ると…と思うので引っ越したい。引っ越したい理由はそれだけではないです [続きを読む]
  • ヘロヘロでドッグランに行きまたヘロヘロです
  • 4月になったらドッグランに連れていきたいから、付き合って欲しい、とシジミに行ってまして、シジミも普通に承諾してくれてました。場所は神戸市東灘区の六甲アイランドにあるドッグランLIFE WITH DOG RUN-rokko island-さんです。昔ガウガウ犬で他ワンコと仲良くできなかったななをこういうところに連れていくなど考えもせず、また神戸は最北端か最西端か最東端のこういう場所に点々とドッグランがあるのみで、高齢になるまでなな [続きを読む]
  • 喜怒哀楽のベクトル
  • 昨日、タガメに呼ばれて外で会いまして(金貸せとかね)仕事から帰ってきてちょうど駅に着く頃のシジミにもメール送って、馴染みの喫茶店で三人待ち合わせました。タガメは、電話してきたとき、北登が死んだことをLINEで知らせていた、わりと未読な奴なので、その時に読んでいて、「北登死んだんか…」としょんぼりした声でした。「今読んだん?」「ん、なんか…もう死んでて公表してへんとか、そんなんやと思っとったわ…ほら、放 [続きを読む]
  • うちの子12年感謝の日
  • なながうちに来て、昨日で12年でした。いわゆるうちの子記念日ですが、前日ですら元気がなく、心疾患からふうふうと呼吸するようになった最近では、朝、おはよー、と声をかけた隣で冷たくなってるんじゃとか怖くてですね。もうずっと子どもの頃の愛犬の急死とか色々考えることがあって。ブログ仲間さんのワンちゃんとか、DASH村北登とか旅立ってしまったワンコが最近多くて刺激されたから、うちの子記念日は嬉しい日というより、あ [続きを読む]
  • トリミング後は鶏ガラかUMAか里子犬
  • 里子モネが妖怪犬のままなので、トリミングに連れていきました。昨日ですが。ななは抜歯から日数経ってなくて抗生物質飲んでるのでお預けです。うちはトイプーは自力でカットする主義ですが、モネは怖がりで切らせない。だから結局妖怪犬にしてしまいました。でも何だか肌弱くてすぐピンクになってるし、トリミングにもなかなか行けず、それが妖怪化の背を押しました。おかげで全カットされたモネ、プードルじゃなくなりました。鶏 [続きを読む]
  • ワクチンと抜歯、犬たち悲鳴
  • 里子犬はワクチンに、ななはいつもの診察に、夕方遅くに病院に行きます。ななは、シジミが散歩に付き合ってくれるようになり、モネと一緒に散歩に行くので、運動量も増え、走り回るモネに合わせようと、一生懸命「本人は走っているつもり」で必死な最近ですが、やっぱりわたしが一人で病院に連れていくと、甘えて途中で座り込みます。病院が閉まっちゃいますから、途中まで抱っこして、病院が見えてくるあたりで、声援かけながら歩 [続きを読む]
  • 初代犬のズタボロ写真と再会
  • 11月に寝込んで以来、地層かよ、と思うほどに散らかった家のうち、玄関周辺を片付けに、タガメがやってきました。代償は、わたしの名義になっているタガメのタブレットを、タガメ本人に名義変更が遅れたことを上から目線に…じゃなく寛容に、愛に満ちた大人の広い心で許すこと。ちっ!(どこが大人の愛やねん)それと、おひるごはんと、ちょびっとお金貸すこと。これは、「お金ないから貸せないよ」と顔見たとたんに先制攻撃をかけ [続きを読む]
  • 考えてみると躁鬱だったっけ
  • 時々「あかん、寝られん日が来た」と言いつつ何とか生活リズムをうまくコントロールして出勤しているシジミと真逆に、わたしは拒食症で12キロ落っこちたまま体力戻らないままが響いてしまいまして、眠れないとダイレクトにダウンします。シジミは二種類の眠剤もらってますが、ワタシの通う心療内科の先生は、薬はシンプルに生活リズムを順調にしてが口癖なので、出来てりゃ心療内科来ませんけどと舌先に乗っかる言葉をごっくんして [続きを読む]
  • リウマチ疑惑の息子
  • この間から指がパンパンに腫れ、一見しもやけ凍傷の類で、しかし微熱にふらふらで職場からは連日早退させられたり内科を紹介されたりしていたシジミでした。指もそんな調子ですから曲がりにくく、職場での軽作業もパソコン操作も、どちらも困難だと言います。職場から紹介された内科は、原因分からない、と言ってリンデロンだけくれたので、「それ体内炎症が原因での微熱やったら採血検査が必要でしょ。あたしが言ってる内科行こ」 [続きを読む]
  • 年配の人から見える自分の年に不安感
  • タガメが引っ越す時にわたしのドライヤーを勝手に持っていってしまってから一年あまり。別にいいけど朝シャワーを浴びて出ていくシジミが寒いと言うし、犬たちも洗ったあとで震えてます。激安ドライヤーをAmazonで申し込み、お支払い番号がメールで届いたので、買い物がてら諸々の支払いを一緒にしに行くべかー、と駅までえっさえっさと歩き、全然といっていいほど食べられなかった拒食ピークは過ぎたので、歩いて慣れろ、と軽快ウ [続きを読む]
  • 和風な名前
  • 毎日食べられる、という感じではないですが、わたしが動けない時はシジミが自分で作ってるし、大根だの白菜だのキャベツだのニンジンだのと、ほぼ野菜、それに豚肉と鶏肉だけ。味付けは出汁取って和風。油は下炒めをたまに軽くなので、煮るだけだから、胃もたれせずに、一日おきに食べられるようになりました。ひじき煮て、味ぽんで冷ややっこ。ニュース見てて、加護亜依ちゃんの第二子坊やが「義継」くんと命名されたと知り、シジ [続きを読む]
  • ナントカ業というやつ
  • 対人面ではストレスフリーですが、一旦仕事を再開してしまうと、休憩時間は自由に取れても休日というのは存在しません。薬がないから、行こう行こうと先週から念仏みたいに唱えてる内科も、いつ行けるか分からない。お金ないしいいかとか。「休みてーよー」とうわごとみたいに言ってると、帰ってきたシジミが「曲りなりにもフリーライターやったらそれぐらい仕方ないでしょ、我慢しなさい」と言うので、「フリーライター?アホか。 [続きを読む]
  • 食べれる日が出てきました
  • 拒食症といっても、普通は一口も食べられないというわけではなく、かなり食事量が少ないとか、栄養不足、つまりハンバーガーとかボリュームあるもの一日に一食は何とか食べるけど、決定的に必要栄養素が足りてないというのも、拒食症にあたります。わたしの場合、胃に負担がかかるものは普段から避けてる、揚げ物などは、若者であるシジミに申し訳ないほど家では作らない、そもそもにして、揚げ物調理器具がない家なので、油はせい [続きを読む]
  • 飲み合わせ シジミの薬
  • シジミも昨日精神科に行きましたが、「なんか、朝飲む新しい薬が出た。胸やけとかムカムカ起きるかも、って」「SSRIかSNRIかな?」と言いつつ、薬の名前は聞かなかったんですが、今日夕方、帰ってきたシジミが、寝そべってるななに、「ななちゃん、散歩いこか」と言うので、仕事は上書き保存して、一緒に出ました。ななが12歳になり、年を取っておとなしくなり、いつまで一緒にいれるか分からないから、なるべく自分も散歩 [続きを読む]
  • SNRIだった?
  • 昨日ようやく心療内科に行けました。じゃシジミちゃんも、と自分の精神科に行くというシジミと一緒に駅に着きますが、さんざん乗れないことを繰り返した広場恐怖で来た電車にすぐには乗れず、シジミより一本遅れて心療内科に向かいます。やっぱりガラ空き。このクリニックに何が起きたのか、以前は座る場所もなかったほど混んでたのに、今はソファに寝ても大丈夫なほどで、待ち時間もないといえます。近くにできた精神科に患者取ら [続きを読む]
  • 飲み水は自力で
  • 犬たちの飲み水は、これに入れておいて、ついでやるんですが、拒食絶頂期、もう腕も上がりません、という夜中、両方飲み干して空にしてたらしいなな、ピッチャーの蓋をガリガリ噛んでこじ開け、長い顔突っ込んで飲んで寝直してました。福島に置き去りにされた犬たちを思い出すたび涙が溢れますが、ななはもしかすると外に放せば生き延びられるかも、という室内犬あらざる図々しさを感じたその夜。福島で何も知らず犠牲になった、尊 [続きを読む]
  • 2ヶ月半の摂食障害治るか?
  • 太っていても拒食悪化となると、12?の減少ぐらいあっという間です。元がデブなので、その到達点が大したことがない、そういう数値なだけで、体型はエイリアンです。鏡台の前で服ぺろんとめくって、うげ、痩せたなあ、と自分の異常な体型を気持ち悪く思うけど、ダイエット目的で食べなくなったんじゃなく、体調崩して2〜3日食べられなかったら、そのまま喉通らなくなっただけなので、結構デリケートだったようです。といいます [続きを読む]
  • 長生きしてほしい
  • ブログで知り合った温かい方の、とても優しいワンちゃんが、十数年の生涯を閉じてしまって数日。お悔みなどはささやかに申し上げたのですが、うちの犬とネット上で幸せいっぱいにする気にはやはりなれず、パスで閉じていてよかったかなと、現時点では。全然他人の、全然あったこともないおばちゃんでも、愛させてもらえたことを、そのワンちゃんに心から感謝しています。本心から。本当に涙が止まらないから、悲しいのはもらい泣き [続きを読む]
  • 三連休前かなり寒い
  • 何とか拒食症を治す、食う、と、インスタント味噌汁の汁だけとか啜るシジミは電車でいつもの買いだめスーパーに寄って帰ると連絡があり、叩き売りのカットフルーツと魚肉ソーセージという、何とかわたしが食べれるかと思えるものを買って鼻声で帰宅しました「風邪ひいた?」「行き帰りが寒いからやられたかも。それより朝、ゲロのそば通過してもて」「三連休はノロやな。息止めて通った?」「気がついたら隣にゲロが『あなたの隣に [続きを読む]
  • 最近のこと
  • シジミはワードを練習中らしいです「ワードが何か初めて知った」え「あたしワードもエクセルも教えるよって説明したよね」「興味ないから右から左やった」生きていけるのか本当に毒父と電話で激戦「殺してやるから来い」と言われたからキレただけですこちらは「警察署に来い そこで話つけてやる 脅迫罪だ」と言ったのみ電話切ってすぐ警察署に電話して、警察から電話で話しつけてもらいました拒食症悪化中がんばる [続きを読む]