べるい物語 さん プロフィール

  •  
べるい物語さん: 海軍の航海日誌、時々黒パグ
ハンドル名べるい物語 さん
ブログタイトル海軍の航海日誌、時々黒パグ
ブログURLhttp://berui.yokohama/
サイト紹介文帝国海軍として戦争に行っていた曽祖父の航海日誌と、黒パグとサイベリアンキャットの日常をご紹介
自由文曽祖父の日誌には戦争のときの様子が事細かく綴られていました。実際に戦争をしていた日本人のことが少しでも多くの方の目にとまればと思っています。
また、愛犬(黒パグ)と愛猫(サイベリアンキャット)の日常も不定期で更新していますので、日々の疲れを癒すことができれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 9日(平均14.8回/週) - 参加 2017/02/13 14:30

べるい物語 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.15『昭和16年12月10日〜〜』
  • 第二次世界大戦、太平洋戦争で軍艦『長良』に乗っていたひいおじいちゃんの航海日誌。前回はパラオ12月9日の帝国の動きと、長良の1日の動きが記されていました。味方の船を探しに行ったり、敵船との遭遇を予兆させたり、緊張が伝わって来る内容でした。今回は12月10日(水)の出来事をご紹介していきます。眠気と暑さと疲労が体を襲う午前5時15分、昨日同様、哨戒配備(※1)で警戒を厳重にし、梯団の護衛を勤めた。今朝も明けき [続きを読む]
  • 2月に桜?伊豆の桜はもう満開『黒パグのルイちゃんと行く〜河津桜〜』
  • 黒パグのルイちゃんと伊豆でお花見散歩本日は、2017年2月17日(木)に行ったときの様子を記事にしてみましたので、よかったらごらんください。黒パグのルイちゃんのお散歩も兼ねてのお花見!ルイちゃんの様子を挟みながらご紹介していきますので、宜しくお願いします!ルイちゃんについて詳しくはプロフィールをごらんください!河津桜って?2月でも咲いてるの?河津桜とは静岡県賀茂郡河津町に多く生えている桜の一種で、その年の [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.13『昭和16年12月8日〜太平洋戦争勃発〜』
  • 第二次世界大戦、太平洋戦争で軍艦『長良』に乗っていたひいおじいちゃんの航海日誌。前回はパラオから出撃し、戦闘を始めた時の様子が書かれていました。そして近くで戦闘をする仲間の戦果を聞きながら血湧き肉躍る思いで戦いの準備をしていたと。今回は12月8日。太平洋戦争で日本が攻撃を開始した 日の戦果と、ニュースとラジオの内容が綴られていました。それでは海軍の航海日誌Vol.13の始まりです。本日の情報を総合して次のよ [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.12『戦闘開始』
  • 第二次世界大戦、太平洋戦争で軍艦『長良』に乗っていたひいおじいちゃんの航海日誌。前回は各艦隊が陣を整えて出撃したときの様子と船の陣形が図で記録されていたことをご紹介しました。パラオの港を出港し、戦いに向けて旅立った兵士たち。今回はどんな内容になっているのでしょうか。それではVol.12の始まりです。第七号掃海艇が8個の爆雷を投射午前11時、第七号掃海艇より次の信号を受信。「マケルル」山の320度13浬付近に敵潜 [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.11『出撃の日』
  • 軍艦『長良』に乗っていたひいおじいちゃんの航海日誌。前回はパラオの港で戦闘準備を整え、準備万端の際に届いた、海軍大将「山本五十六」からの電報をご紹介しました。そして今回、日誌の最初には『出撃ノ日』というタイトルが付けられていました。第二次世界大戦を体験した帝国海軍の日誌には何が書かれているのでしょうか。それでは、Vol.11の始まりです。波ひとつない静かなパラオ港外昭和16年12月8日月曜日。出撃の日。東の [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.11『出撃の日』
  • 軍艦『長良』に乗っていたひいおじいちゃんの航海日誌。前回はパラオの港で戦闘準備を整え、準備万端の際に届いた、海軍大将「山本五十六」からの電報をご紹介しました。そして今回、日誌の最初には『出撃ノ日』というタイトルが付けられていました。第二次世界大戦を体験した帝国海軍の日誌には何が書かれているのでしょうか。それでは、Vol.11の始まりです。波ひとつない静かなパラオ港外昭和16年12月8日月曜日。出撃の日。東の [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.10『海軍大将 山本五十六からの電報』
  • 帝国海軍として軍艦『長良』に乗っていたひいおじいちゃんが遺した航海日誌。前回はパラオの港で臨戦体制を完了させ、いよいよ戦いの時を待っていることが書かれていました。艦長から戦いの報せを聞いた兵士たちを「張り切っている」と表現していたのが印象的でした。今回はフィリピン攻略を控えた兵士たちに対して、海軍大将の山本五十六が送った訓電の内容をご紹介します。それではVol.10をごらんください。また、今回のVol.10で [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.9『我国は戦うことになった』
  • 軍艦『長良』に乗ったひいおじいちゃんの日誌。前回は色とりどりの屋根と温かい気候に迎えられ、パラオに到着し、戦闘準備を整えていたことが書かれていました。前回の最後には『大海機密第三十一番電』という電報の内容が綴られていて、米軍の戦艦の色や 特徴のある部分などが細かく知らされていたことがわかりました。いよいよ戦闘の時が近づいてきましたが、今回はどんなことが書かれているのでしょうか。それではVol.9の始まり [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.8『パラオ港外にて 』
  • 前回は寺島水道を出港し、 菲島部隊がパラオに到着したところまでの日誌でした。本土を懐かしみながら離れていく兵士、それを見送る仲間達。本土に残した想い、そして「しっかりやれよ」「元気でやれよ」という心の声が印象的でした。今回はパラオ港外でのことが書かれているようです。それではひいおじいちゃんの航海日誌Vol.8です。色とりどりの屋根と軍艦島に迎えられて入港して眺めると、右側には相も変わらぬ「コロール街」の [続きを読む]
  • パグってどんな性格?飼うときに注意すべきことは?
  • 今回は僕の大好きなパグちゃんのことを書いていきます!「いつかパグを飼ってみたい!」って思ってる方必見です。と、書き出しを書いて思ったのですがパグと一緒に生活していると「飼う」という表現がなんだか違うな〜って思ってしまいます。これ、パグ好きの方は共感していただけるかとおもいます 。「飼う」というよりもう家族なんです。なにより愛おしい存在です。ちなみに僕は4歳くらいのときからパグとともに育ってきました [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.7『第四急襲隊として 』
  • 前回までは戦争の準備のため、佐世保を離れて寺島水道に140余りの艦艇が集まったという内用の日誌になっていました。PART6では、その寺島水道に集まった艦艇の一覧と、ひいおじいちゃんが乗っていた『長良』の名簿を画像でご紹介しました。今回からは第四急襲隊に編入された長良の動向が綴られているようです。それではPART7『第四急襲隊として』ご覧ください。「しっかりやれよ」「元気でやれよ」11月26日午前8時、菲島舞台第 [続きを読む]
  • 黒パグのルイちゃんがやってきた
  • 黒パグのルイジアンナ(ルイちゃん)が来てくれた時今回は黒パグのルイちゃんがやってきたときの様子をご紹介!黒くてよくわかりませんが、お楽しみください!ルイちゃんのプロフィールはこちら!カゴに入れられそわそわ・・・不安でいっぱいだっただろう。隙間から見えるまん丸な目。か、可愛い。。。歩きながら撮ってたからぼけてるのもあるけど、黒くて何がなんだかわからない・・・帰りの車。撮ったけどただの黒い物体。表情も [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.6『 菲島部隊第一区分の艦船一覧』
  • 菲島部隊第一軍隊区分 指揮官名簿菲島部隊最高指揮官 第三艦隊司令長官高橋伊望(中将)主隊 指揮官同上第一急襲隊 指揮官 第五水雷戦隊司令官原顕三郎( 少将)第二急襲隊 指揮官 第四水雷戦隊指揮官西村祥治(少将)第三急襲隊 指揮官 第二根拠地隊司令官廣瀬末人(少将)南菲支援隊 指揮官 第五戦隊司令官高木武雄(少将)第四急襲隊 指揮官 第一根拠地隊司令官久保九次(少将)第五急襲隊 指揮官 第二水雷戦隊 [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.5『押し並ぶ140余りの艦船』
  • 前回は僕のひいおじいちゃんが乗る軍艦「長良(ながら)」の乗組員の名簿をご紹介しました。そして今回は戦争に備え佐世保を後にし、寺島水道に向かったときのことが書かれていました。戦いに出るために集まった艦船。その数140。それではPART5の始まりです。静かな水面に映る高帆山戦備充実の為入泊した佐世保を後にして、寺島水道豫定錨地に着いたのは昭和16年11月23日午前11時20分だった。昭和13年9月11日、内地を離れる際に [続きを読む]
  • 帝国海軍の航海日誌Vol.4『軍艦長良職員名簿』
  • 軍艦『長良』准士官以上名簿艦長直井俊夫(大佐)副長加治木喜久雄(中佐)機関長金子謙二(機中佐)砲術長酒井昇(少佐)航海長(五分隊長)薗田肇(大尉)軍医長(十分隊長)樺島三雄(医大尉)主計長(十一分隊長)三宅修(主大尉)八分隊長宮崎健次(機大尉)水雷長(三分隊長)小畑悟 朗(特務中尉)通信長(四分隊長)佐々木正也(中尉)九分隊長岡田健一(機中尉)一分隊長下村安之助(特務中尉)七分隊長清水滋津(機関 [続きを読む]
  • 過去の記事 …