奨子 さん プロフィール

  •  
奨子さん: 安易に借りるな、奨学金
ハンドル名奨子 さん
ブログタイトル安易に借りるな、奨学金
ブログURLhttp://shougakukinjioku.seesaa.net/
サイト紹介文大学時代に借りた月12万の奨学金を何より後悔しています。奨学金に警鐘を鳴らすブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 180日(平均0.3回/週) - 参加 2017/02/13 22:51

奨子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 有名大学の中で貧乏だということ
  • 大学時代、周りは裕福は人達ばかりでした。卒業してからもそう。大企業に入ることができるのは東京出身の人が多い。東京出身だから実家暮らし。給料はすべて自分のために使えるということです。このブログを見ている高校生、浪人生がいたら国立や公立の大学に行くことを薦めます。今の時代、偏差値の高い大学に入っても大企業に入れる保証はありませんよ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ボーナスの行方
  • ご無沙汰していました。ボーナスが出て世の中の消費が活性化されていますね。私は夏服一枚買っていません。ボーナスが手取りで30万ちょっとですが全額奨学金の繰り越し返済に回します。同僚の中ではすっかり節約家とされています。でもいいんです馬鹿にされてもなんでも。一日でも早く返したい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 酒豪の友人とはなるべく飲まないようにしています。
  • こんばんは。華金です。私は真っ直ぐ家に帰ってきました。酒豪の友人に誘われたけれど断りました。その友人は自分がたくさん飲むくせに多めに払う額が少ないのです。それに私もその友人といると普段より多く飲んでしまうのでお金が飛んでいきます。居酒屋で飲むのは本当にコスパが悪いですよね。それでも友人を失うのが怖いので断るのは2回に1回にしています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 私に PREMIUM FRIDAY なんてものは要らない
  • 世間では労働時間、労働環境を改善していくという風潮ですね。あくまで風潮で、この状況を変えるのには10年単位の政策が必要な気がしますが。借金がある私にとっては残業代がなくなると毎月の支給額が大幅に下がります。お金がある人は金曜日からちょっとした旅行や食事、買い物ができるかもしれませんが、私はこれ以上は無理なのです。自分の時間が増えてしまったらお金を遣ってしまうということも安易に予想ができてしまいます。 [続きを読む]
  • 恋人に700万の借金があると言えますか?
  • 私は今までの恋人に奨学金があることを言えませんでした。700万もの借金があるなんて言ってしまったら未来はないと相手が考えそうだからです。私は結婚がしたい。家庭を築きたい。私を信頼してくれる恋人に秘密があるのはとてもストレスが掛かります。罪悪感に苛まれます。そして結局別れがくる。私は相手を信頼できないから。それを相手が分かってしまうんです。奨学金は利子の安い借金です。本当に後悔しています。にほんブログ [続きを読む]
  • 同僚に旅行に行くことを言うのは2回に1回にしています
  • 同級生や彼と旅行に行くことはよくあります。日帰りや一泊の旅行も含めて。会社の同僚には旅行に行く場合、自分からどこに行くかは言いません。どうしても言わなければいけない時や、寂しい奴だと思われたくない時にはお土産を買って配ります。会社に旅行好きのおばさま(パート)がいますが毎回何箱を箱菓子を買ってくる人がいます。しかも個数重視ではないそこそこ美味しいものなんです。金銭感覚が私と違うのだと思うのですが、な [続きを読む]
  • 私の40倍の値段の靴を買う友達
  • 日曜が過ぎていきます。。明日からまた安月給で働かなければいけません。土曜に大学の友達に会ったのですが、レペットの春の新作のバレエシューズを履いていました。私の履いていたH&Mの1000円のバレエシューズの40倍の値段です。実家暮らし、もちろん借金なしだとこんなに高いものも買えてしまうんですよね。レペットのバレエシューズはそれはもう可愛かった。エナメルが光り輝いていました。なんとなく自分の足元が恥ずかしくな [続きを読む]
  • バイトで凌げばよかった。
  • はじめまして。私は大学時に月12万の奨学金を借りていました。都内の一番お金持ちが多いであろう大学だったので見栄を張ることに必死だった四年間でした。地味な女子でも皆お金持ち。貧乏な子はほとんどいませんでした。たまに居ても私のような地方出身の子でした。いつも疎外感を感じてた。そんな私の返済日記、今の生活について書きます。今奨学金を借りている人はよく考えてください。つまらないものに遣ってはいませんか?社会 [続きを読む]
  • 過去の記事 …