迷宮の森 さん プロフィール

  •  
迷宮の森さん: 迷宮の森
ハンドル名迷宮の森 さん
ブログタイトル迷宮の森
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/so18ra90
サイト紹介文自由気ままな生活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 74日(平均4.4回/週) - 参加 2017/02/13 23:54

迷宮の森 さんのブログ記事

  • 写真を撮るとき注意していること
  • 暖かくなったからカメラを持ちどこかへと思っています。といっても今週末からGW、どこも混んでいるだろうな〜写真を撮るとき注意していること。被写体に他人が写っている場合、SNS上などにはアップしない。本人の了解を得なければ肖像権侵害や名誉毀損に該当する場合も。特に注意したいのは友人らと撮ったスナップ写真。撮った側は楽しい時間を想い出として何気なくアップしても問題になることも。あらゆることで注意しなけれ [続きを読む]
  • 季節は廻る
  • 木々の葉に心地良い微風が吹いています下を見れば小さな花が太陽の陽をいっぱい浴びているその命は短く人知れず土に還り、そして季節は廻る散文的な言葉を並べましたが、冬の間、寒さを堪えていた花が一斉に芽吹き、そして花開き豊かな表情を今日も見せてくれました。 [続きを読む]
  • オール・マイ・ラヴィング
  • 本の貸し戻らなくても「またか」と考える無頓着な人間です。岩瀬成子著「オール・マイ・ラヴィング」一度、読んだ本の二度読みはほとんどありませんが、それでもあの本を読みたいと思っても手元にない。ネットで検索したら絶版。オークションサイトでは結構高額な金額。読みたい思っても高額で買わない。4月になって改めて検索、去年12月に小学館から文庫本で発売されていた。単行本のカバー装丁は和田誠,文庫本では植田真。カ [続きを読む]
  • 新旧様々
  • 地下鉄銀座駅を降りて階段を上がって行くと目の前に銀座日産ギャリー外壁がリニューアルされて変わっていた。結構、目立つね。日産から少し歩くと2013年に閉店した松坂屋跡地に評判になっている「GINZA SIX」が20日オープン。全館高級ブランドの店舗ばかり。自分には関係ない店ですね。FENDIのデイスプレー。銀座といえばランドマーク銀座和光(服部時計)和光は派手さはないが高級品を扱う店。何回か店に入ったがデパ [続きを読む]
  • 最近はこういうことをやっています
  • 良いカメラを持っていても感性が悪ければどうにもならい。一眼レフ、コンパクトカメラを持っていますが上手くならない。こういうのを宝の持ち腐れと言います。多くのSNSではjpegの写真しかアップできません。最近は写真加工して趣向を凝らしています。この写真は都庁から新宿御苑方面を撮りました。加工ソフトを使いカラー写真をモノクロに変換、風景写真が趣の違う写真になります(自己満足)またgifを利用すれば簡単な [続きを読む]
  • やすらぎの郷 
  • 脚本家・倉本聰はドラマの中で近藤正臣(75)演じるテレビディレクターに言わせているのが、石坂浩二との会話の中で「若者はテレビ離れを起こしているのに、テレビ局だけはゴールデン神話から抜け出そうとしない」「テレビを今のようなくだらないものにしたのは、テレビ局そのものだから」などテレビ局批判。60年ぐらい前、大宅壮一が「一億総白痴化」と発言。「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見 [続きを読む]
  • やすらぎの郷
  • 脚本家・倉本聰はドラマの中で近藤正臣(75)演じるテレビディレクターに言わせているのが、石坂浩二との会話の中で「若者はテレビ離れを起こしているのに、テレビ局だけはゴールデン神話から抜け出そうとしない」「テレビを今のようなくだらないものにしたのは、テレビ局そのものだから」とテレビ局を批判。60年ぐらい前、大宅壮一が「一億総白痴化」と発言。「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見 [続きを読む]
  • やすらぎの郷 
  • 脚本家・倉本聰はドラマの中で近藤正臣(75)演じるテレビディレクターに言わせているのが、石坂浩二との会話の中で「若者はテレビ離れを起こしているのに、テレビ局だけはゴールデン神話から抜け出そうとしない」「テレビを今のようなくだらないものにしたのは、テレビ局そのものだから」とテレビ局を批判。60年ぐらい前、大宅壮一が「一億総白痴化」と発言。「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見 [続きを読む]
  • 春の雲〜
  • 春の雲 かゝりにけりな 人の山(正岡 子規)「春の雲」は桜の花が満開になり雲のように見える様を表現したもの。子規がこの俳句を詠んだのは明治20年。まだ発病前で東京大学予備門の学生。きっと友人らと上野の山に行き詠んだと推察されます。東京の桜は満開を過ぎ、葉桜になろうとしています。桜の開花は現在北上し北関東まで到達しているのか、と。冬の間、豪雪に囲まれていた東北には今月末、春の息吹が感じられるかもしれ [続きを読む]
  • 名前は分かりませんが
  • 散歩の途中、花も季節を感じ、少し暖かくなると芽吹き花が咲きます。今日の発見は「スノーフレーク」夜来からの雨にも負けずしっかり自分を主張していた。別名はスズランスイセン(鈴蘭水仙)、和名は(大待雪草)ただ花が咲いていないとき、葉がニラに似ているため食べると吐き気、嘔吐、頭痛が起こる。臭いでニラと区別ができるそうです。もうひとつの花は最初、季節を間違えたのではと、見た目はコスモス。ネットで検索したが結 [続きを読む]
  • 桜を愛でてⅡ
  • 東京の桜は開花以降、寒さの影響で満開まで時間がかかっています。TVでは花見スポットの情報を紹介していますが、紹介している場所は花見客が多く「どんちゃん騒ぎ」桜は酒を飲まない自分は静かに花見。東京のど真ん中に静かに花見ができる場所はあるの?といわれそうですが、土、日曜日の午前中に行けば人もまばら。緩い坂を上がればオープンカフェもあり、桜を見ながらコーヒーを飲めば小さな春を楽しめます。その場所は「赤坂 [続きを読む]
  • 彼はアウトロー
  • どの世界にも本流から外れた人はいます。ウィリー・ネルソンは保守的な従来のカントリーの主流だったナッシュビルから異端児と見られた。その理由はロック、ジャズアーチストらとあらゆる垣根を超えて初めてジョイントを行い彼の音楽は「アウトロー・カントリー」と呼ばれた。日本では当時カントリーの公演は皆無。1984年日本武道館で1回だけライブに多くのファンが集まった。自分もその中のオーディエンスのひとりでした。8 [続きを読む]
  • 日本は勝ったけどね〜
  • W杯サッカーアジア予選日本VSタイの試合は4−0で日本が勝った。日本は勝ったが内容は2nd後半15分を除けばボロボロ。タイをなめて戦ったのかどうか分からないが、タイが日本に捨て身の攻撃であたふた。W杯出場まで後3試合。アウェーでサウジ、イラクと2試合、ホームで豪州と1試合。日本を含めサウジ、豪州の3か国の争い。サウジ一は一時の低迷から復活、豪州は日本に対してモチベーションが高く毎回苦戦する。今回、ケ [続きを読む]
  • 何とか固辞
  • 先週、開花した桜もこの2、3日の寒さに戸惑い、フライング気味に咲いたことに後悔しているかもしれません。年度末の3月になり、管理組合の体制も来年度に向けて動い出しています。昨日は次期体制を決める会議。最初は理事長、副理事長を決めるのでが、誰も立候補はせず時間だけが進み大変でした。自分を含め何人か発言しましたが決まりません。とうとう僕に理事長をやってほしいと。僕は「以前、心筋梗塞、役年前に脳梗塞と大病 [続きを読む]
  • ブルー・アイド・ソウル
  • 今まで多くのライブに行ったが、66年ビートルズの武道館ライブを皮切りに、80〜90年代にかけて主に洋楽アーチストのライブに行った。その中で印象に残っているのが89年に新宿・東京 厚生年金会館で行われた「シンプリーレッド」87年にも同じ厚生年金会館でのライブにも出かけたが、ただ85年にメジャーデビュー間もないころでそれほど人気はなかった。89年来日時にシングル「If You Don't Know Me By Now」が全米No [続きを読む]
  • ビートルズに逢いたくて〜 All My Loving
  • 2010年に発売された岩瀬成子著「オール・マイ・ラヴィング」について紹介します。これは中国地方の小さな町に住む十四歳の女の子の物語ネタばれになるので詳細な内容は書きませんが、66年6月末、ビートルが日本にやってきた。彼女はビートルに逢いたくてチケットもないのに東京に向かうが頓挫。彼女が通う中学校ではではビートルズファンでは少数派。この少数がキーワード。東京ではビートルズ、ビートルズと大騒ぎ。ただ彼 [続きを読む]
  • 高みの見物の「小池都知事」
  • 豊洲市場への移転問題を検証する東京都議会の百条委員会を見た。見たのは全部ではなく20日に行われた石原さんの証人喚問。結局、何が解明されたのか ????がいっぱい。質問する側も石原与党だった自民党、公明党は豊洲に賛成していたから責任が問われる恐れがあるから厳しい質問を避けていた。病気の影響か以前のような強気の石原さんはでなかったが、病人に対して厳しくはできないという読みが石原さんにあって演技をしたの [続きを読む]
  • 桜を愛でて
  • 東京の桜の開花予報は24、25日。桜が咲くと当時に一斉に春の花が芽吹きます。以前は桜というより花自体に興味がなかった。それまで順風満帆だった生活が50歳を過ぎてから、病気などいろいろなことが重なり最悪に。道すがら一本の桜に出会った。たった一本の桜が自分に元気をもたらしくれた。このYouTubeは2011年に作成、その中で最後の写真が生きる勇気を与えてくれました。 [続きを読む]
  • コカ・コーラは冷蔵庫で冷やさないほうが良い
  • ときどきコカ・コーラが飲みたくなる。と書いても一年に1〜2回ぐらいだが。若いときは冷蔵庫で冷やし氷を入れ飲んでいたが、30歳を過ぎたころ炭酸がダメになり飲む回数が減った。コーラの飲み方にこだわりがあります。冷蔵庫では冷やさないで大きめのコップに氷をいっぱい入れ少しずつ飲む。キンキン冷やしたコーラを飲むと炭酸がお腹に刺激を与え良くない。500mlを1回ではなく2回に分けて飲む。以前は2本ぐらい平気で [続きを読む]
  • 一葉が駆け抜けた町
  • 1894年に12月に「大つごもり」「たけくらべ」「ゆく雲」「りごりえ」「十三夜」などを発表。「おおつごもり」から「裏紫」にかけての期間は「奇跡の14か月」と呼ばれた樋口一葉が住んだ町を歩いた。その町は文京区本郷菊坂。一葉が住んでいた建物は現存していないが、彼女が使ったといわれる井戸が残っている。一葉の肖像は2004年11月から五千円紙幣に新デザインとして採用された紙幣に採用される前は井戸までの案内 [続きを読む]
  • Nilufer(ニリュフェル)
  • 10年以上前になるがこの曲を最初に聴いたとき名前は?どこの国?ネットで調べても皆無。それから少しずつ情報が集まり、国はトルコ、名前はニリュフェル、1955年生まれ、1972年17歳でデビュー。それ以来、多くのアルバムをリリース。トルコでは人気のあるアーチストです。cok uzaklarda | nilufer [続きを読む]
  • ポテトサラダではなく「おからサラダ」
  • デパ地下の豆腐売り場で「生おから」を見つけた。生と書いているが乾燥、冷凍もあるのかと考えてしまうが・・・280グラブ150円、最近はほとんど食べないが安いということで購入。どやって料理するか。具はシイタケとかニンジン、コンニャクなどを出し汁、醤油で炊くのがポピュラー。ただその具がない。どうする?おからがジャガイモをつぶしたように見えてきた。もう分かりますね。ポテトサラダではなく「おからサラダ」用意 [続きを読む]