お犬とうさん さん プロフィール

  •  
お犬とうさんさん: 2/4家族 〜みんなが家に帰るまで〜
ハンドル名お犬とうさん さん
ブログタイトル2/4家族 〜みんなが家に帰るまで〜
ブログURLhttp://nekokasan.xyz
サイト紹介文脳出血で半身マヒとなった妻。もうすぐ1歳の次男は里親に預ける事に…家族皆が家に帰れる日までの体験記
自由文2017/1/12 妻がある日突然、45歳という若さで脳出血により開頭手術を行いました。
一命はとりとめましたが、妻には重度の半身マヒが残ってしまい要介護状態に。
さらにもうすぐ1歳となる次男は養育不可能として養育里親さんにお預けする事になり…

5歳の長男と共にいつか家族が再び揃う日まで頑張る父の奮闘記です。

医療制度、介護制度、育児制度の紹介などもしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 98日(平均5.6回/週) - 参加 2017/02/14 09:16

お犬とうさん さんのブログ記事

  • 【雑記】4か月が経過して
  • ◆妻が倒れてから4か月経ってみて思う変化妻が倒れてからそろそろ4か月が経過します。私の体重は68Kgから55Kgまで減りました。4か月で13Kgはなかなか劇的なビフォーアフターだと思います。さて、今回は妻の変化、子供たちの変化、周りの変化についてまとめてみたいともいます。◆妻の変化3月からリハビリを続けている妻ですがよくなった点があれば、新たに見つかってくる問題点が見えてきます。高次脳機能障害が厄介ないようです [続きを読む]
  • 【雑記】毎日の生活の中で
  • 今の生活にだいぶ慣れてきた感じがします。仕事して長男の世話と家事をする…大変ながらも保育園やファミリーサポート等の精度を活用することで何とかなっています。ふと、妻の事・次男の事を思い出し申し訳ない気分になりました。私と長男だけは二人で居られるのに二人は家族が近くにいないんだと。今は仕方のないことだと頭でわかっていても、割り切るのがなかなか難しく。割り切ってしまうとそれが諦めることに繋がってしまいそ [続きを読む]
  • 差額別ベッド代に関しての云々
  • ◆本人希望以外の差額ベッド代払わなくていいという話結構有名な話ですが「病院側都合により個室になる場合、支払わなくてもよい」と厚生労働省から案内されています。結局、うちの妻は一月近く個室に入っていましたが支払いは2週間分だけです。良心的な病院でよかった。さてこんな話をすると「じゃあ2週間分も払わなくていいんじゃないの?」というところの話になるのですが実際、入院している人を養う感覚での私見を述べさせてい [続きを読む]
  • 介護保険の申請③ −認定証の発行
  • ◆介護保険認定が届く介護保険認定の書類がとうとう届きました。普通郵便で気が付いたらポストの中に入っていました。B6サイズの緑色の認定証には「要介護3」と記載されていました。認定の目安を調べてみました、文章内にIADL、ADLという単語がありますので先に捕捉を…。ADL(Sctivities of Daily Living):日常生活の活動→日常生活の動作(食事、排便、移動、入浴など)IADL(Instrumental Activities of Daily Living):手 [続きを読む]
  • 簡易保育園の違約金請求の結末
  • 簡易保育園の違約金請求 の続きの記事になります。◆結局は払わざるを得ない結論から言うと支払う事となりました。契約書に記載されているので仕方ないという事でした。ちなみに回避策は基本的に利用しない以外にはないそうです。かなりレアケースだと思いますが、一か月だけどうしても…といった場合には、「月極ではなく日別の預かりにしてもらって一か月だけ凌ぐ」という手が有効だそうです。違約金があまりにも高いケースもあ [続きを読む]
  • とうとう倒れた…
  • 周りの方々からよく「無理しないといけないのはわかるけど倒れないように」と言って頂いていました。私自身はそんなに無理してるつもりはないんだけどなぁ、でも気を付けないとは。くらいは思っていたのですが…とうとう倒れてしまいました(汗)朝の事でした。体重いなーと思いながら立ち上がって子供を起こしたのですがめまいがしてしまいそのまま子供の布団にダイブしてしまいました…。このところ心労が掛かるような出来事が多 [続きを読む]
  • 高額療養費と家族療養費付加金(一部負担還元金)
  • ◆家族療養費付加金(一部負担還元金)とは?家族療養費負担金とは高額療養費適用後の自己負担額が高額であった場合に、さらに自己負担額を軽減するために還付される制度です。我が家のように扶養している家族が病気になった方は家族療養費付加金として、被保険者本人が病気になった場合は一部負担還元金として還付されます。制度の説明をすればお分かりかと思いますが、高額療養費(限度額適用認定)と併用できます。余談ですが私 [続きを読む]
  • ちっとも輝いていないゴールデンウィークが終わって
  • ◆楽しかったゴールデンウィークの思い出今思えば昨年のゴールデンウィーク、生まれたばかりの次男が居るのでどこにも出かけられませんでしたが家族そろって次男の相手をし、お兄ちゃんになったと張り切っては空回りしたり怒られたり、ちゃんとできて褒められたり…そんな日々が遠い昔のように感じます。今年のゴールデンウィークは里親さんが変更した直後で不安にならないよう、次男を家に帰すことができませんでした。長男をどこ [続きを読む]
  • たまーに「文字が読めない」
  • LINEをしているとたまーに文字が読めないと言われる時があります。失語症の症状の一つに文字が読めなくなくなる症状があるそうで…最近、妻に聞いて知ったのですが、文字が○□△〇みたいな記号に見えた時期があったそうです…。普段は相変わらず誤字は多いものの、意思疎通に問題ない程度に会話はできているのですが疲れたり眠くなると顕著に表れるようで…たまーに文字が読めなくなるそう。最近は言語聴覚のリハビリも始まり、左 [続きを読む]
  • 更新が止まってた言い訳
  • 4月は投稿がまばらになってしまいました。理由は忙しくてなかなか更新ができない、そのまんまです。このブログを通じて状況を見て頂いている知人もいるので更新したくはあるのですが…長い目で見てただければ幸いです。さてさて、忙しいってどれくらい忙しいのよ!ってところですが、人生の中で1・2を争う程度には忙しいです。平日はほとんどシングルマザーの方と変わらないと思います。7時に起きて1時くらいに寝る生活ですね。 [続きを読む]
  • 簡易保育園の違約金請求
  • ◆認可保育園の当選と簡易保育園の違約金がワンセット…先日、4/20頃に認可保育園にめでたく受かりまして入院準備であれこれやっている中…帰ってきて子供の連絡帳に一枚の請求書が入っていました。退園違約金請求大体3万円くらいの額が書かれていました。こちらは認可保育園に受かれば5月はそちらに通う事も伝えており、その際は特に何も言ってなかったのですが…翌日問い合わせを行いました。一月前までに退園の連絡を行うことに [続きを読む]
  • 【3月分】脳卒中の入院で掛かったの費用(三か月目)
  • 入院して三か月目に掛かった費用は?さて3月分は2月分にも書いた通り、差額ベッド代の請求がありました。◆3/1 〜3/31にリハビリ病院へ転院までの費用(31日間)病院代:約18万円※限度額適用認定は適用済みでの実支払額、ランクは(ウ)です。内訳病院自己負担額:約12万円(オムツ代、交通費など)差額ベッド代:2.5万円おむつ代・食事代:併せて3.5万合計:約18万円一つの病院で過ごしたせいか、2月よりは安く済んだようです。 [続きを読む]
  • 保育園受かった!
  • 保育園受かりました。日本生きろ!父は仕事+介護。母は病床ということで保育園の優先度の加点値が最大だったので思ったよりすんなりでした。年長さんなので入りやすかったのもあると思います。何はともあれ、年少さんの頃にお願いしていた園に再度入園できることになり一安心です。家からちょっと遠いのだけがネックですが、そこはカバーして頑張ろうと思います。再入園でも保育園の説明会はあるんですね…簡易的なものになるよう [続きを読む]
  • 【4月】リハビリテーション病院での面談
  • ◆はやいもので4月の面談リハビリテーション病院に転院して1か月半。4月の面談が行われました。参加したのはいつも通り、作業療法士さん、言語聴覚士さん、看護師さん、ソーシャルワーカーさん。そして私と妻。担当医の先生は別件で参加できないと聞いていたのですが大きな報告事項も無いとの事でしたので5月にまとめて聞くことになりました。◆凄く頑張った!リハビリの進捗報告から前回と同じく作業療法士さんから進捗状況の報告 [続きを読む]
  • 保育施設を見比べての感想
  • ◆幼稚園、認可保育園、簡易保育園に通った感想うちの長男は親の都合で毎年のように環境が変わってしまっている。1、2歳=妻の職場の保育所3歳=認可保育園4歳=私立幼稚園5歳=簡易保育園本当に申し訳なく感じる一方、色々な場所を転々としてきたせいか、子供の輪に混ざっていくのがとてもうまくなったように感じる。◆通ってみて比較全て通っているのを見て、それぞれにメリット・デメリットがあったので並べておこうと思う [続きを読む]
  • 新しい里親さんへの移動…
  • ◆一時里親と養育里親と…4月から担当者が変更になると先月までの担当者の方からは聞いていた「4月になったら新任のものから連絡がありますので」と聞いていたので連絡をずっと待っていたのだが、先日やっと連絡が来た。挨拶もそこそこに、新任の方から「里親さんが変更になります、何度か面会していますが大丈夫そうですので」と切り出した。…は?なにその話…?「変更になるってどういうことでしょうか?聞いていないのですが… [続きを読む]
  • 介護保険の申請②−審査に立ち会ってみて
  • 要介護認定の申請についてはこちら◆要介護認定審査って何を聞かれるの?立ち合いは必要?申請してから一月近く経ってしまいましたが、認定審査に立ち会いました。申込時に立ち会いを希望しておくと、2週間ほどで認定審査の日程調整の電話が掛かってきます。私の住んでいる地域は認定件数が多くさらに2週間近くの日程が最短との事でしたのでそこでお願いしました。審査までで一ヶ月は見ておいた方がいいようです。◆要介護認定で [続きを読む]
  • 妻 VS 長男
  • 煎餅を持っていこうかと考えてたのですが、近所のスーパーでサッポロポテトが安く売ってたので「なんとなくポテトチップスよりは体にいい気がする」という理由でサッポロポテトを買っていくことに。そういえば私の手料理が食べたいと言っていたなぁ…と思い出し、お弁当の作り置きの鶏むね肉のあんかけ煮をタッパーに詰めて病院へと向かった。看護師さんにOKを貰って、妻に渡すとすごい勢いで食べ始めた。まずは鶏肉をペロリ。続け [続きを読む]
  • 視力の低下?遠くのものが見えづらい
  • ◆後遺症で視力が低下?順調にリハビリが進んでいる妻だが、最近LINEでやり取りしている時に「食堂のホワイトボードの文字が読めない」と繰り返し伝えられた。いつも妻が座っているところから5メートルくらいのところに、明日の食事メニューが書いたホワイトボードが置いてあるのだが、それが読めなくて困るとの事だった。本人的には「食事のメニューがわからなくて困る」程度のニュアンスなのだが、読めないというのがどのような [続きを読む]
  • 仕事して最初の一週間の感想
  • 家にいるより仕事している方が楽!不労所得で食っていきたい!働くの嫌い!ってずっと思っていましたが働くのがもしかしたら好きかもしれないと思いました。どんなに頑張っても7時前くらいに起きて翌日1時くらいに寝る生活なので体力的にはツライですが精神的にはずいぶん楽になった気がしています。「はやく日常に帰れるようになるといいね」と休職中に伝えられたことあったのですが、あまりピンと来ていませんでした。最近は「あ [続きを読む]
  • マヒ=動かないだけじゃない
  • 麻痺症状というと動作が不自由なことを浮かべるが、実際はそういう事ではないように見える。動作的には動かしづらいのが見えやすい問題なんなだけで、他にもいろいろなことに苦しんでいるように見える。例えば「びりびりする」という症状が地味にダメージを与えているような気が…このビリビリするってのが麻痺症状の方のブログを見ていても程度や表現に差があってちょっと想像できない。ある方のブログでは「工事現場のドリルを抱 [続きを読む]
  • 【後遺症の事】記憶障害を見ていて
  • 見ていると不思議な後遺症の話妻倒れた直後、起きていた障害は本人も知らない時期の時にもいっぱいあった。今日からしばらく、その状況を見ていて思ったことや感じた事、私がしていたことなどを書いていこうかと思う。◆記憶障害を見て最初にショックをうけたのは記憶障害だった。「私の頭の中のなんちゃら」とか「ウン週間フレンズ。」のように「徐々に忘れていく」という物語は珍しくないが、現実で起きたら普通にしているのはな [続きを読む]
  • 【雑記】差し入れ許可が出た!
  • ◆サクサクしたものが食べたい!「持ち込み食が解禁になったよ。」とLINEが来た。つまりは「今度の見舞いの時に何か持ってこい」という事に違いない、「何か1つお菓子でも持っていこうか?」と聞くと「ポテトチップ的なものがいい」と帰ってきた。うん、それ露骨に体に悪いよね!高血圧の原因筆頭みたいな食べ物だよね!という事でお祈りLINEを返す。話を聞いてみるとサクサクした病院では絶対出ないスナック菓子が欲しかったとの [続きを読む]
  • 【私事】仕事に復帰します
  • ◆明日から本格復帰妻が倒れてから3月いっぱいまで休職とさせて貰っていたがいつまでも仕事をしないわけにはいかない、4月からは長男を保育園に預けて仕事になる、迎えが間に合わないのでファミリーサポートの利用も考えなければならない。4月については友人のご厚意で私が迎えに行くまでの間預かってくれると申し出てくれたのでご厚意に甘えさせてもらうことにした。ほんとうにありがたいことだ。◆課題はまだたくさんあるがひと [続きを読む]
  • 【リハビリ】病後からの食事
  • ◆流動食→ミキサー食→キザミ食→普通食妻は食べるのが大好きだ、とにかく肉が好きだ。一緒に暮らし始めた後、私の体重は10Kg以上増えた、絶対妻の影響だと今も思っている。なお、妻の体重は変わっていない。そんな妻なので病気になってから食事が制限されているのはとにかく辛そうだった。◆食事の変移と回復状況食事の変化と回復状況はすごく密接であった。倒れてから目を覚ますまでの間、当然だが本人の意識が無いので点滴だっ [続きを読む]