Tack さん プロフィール

  •  
Tackさん: 肉多め植物係
ハンドル名Tack さん
ブログタイトル肉多め植物係
ブログURLhttp://saccurents.seesaa.net/
サイト紹介文たわわな(多肉)植物に魅せられ、挟まれたり、包まれたりしたい。煩悩ばかりの活動ノート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 37日(平均2.5回/週) - 参加 2017/02/14 09:35

Tack さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2017年 実生 パキポディウム・グラキリス②
  • 春だ。三寒四温とはまさに。東京で桜は咲きはじめ、いよいよという機運が高まっている。さて、3月17日に種を蒔いたパキポディウム・グラキリス、早速発芽した。その率、なんと100%こりゃ、いもきんトリオ以来かもしれない。(分からない人は、「トリオ 100%」で検索のこと)まずは、順調なスタート。今年は、越冬できない貧弱貧弱ウリィィからの脱却をめざす。そのため、良質な種ととにかく屋外管理(環境はこれからつくる)を実行 [続きを読む]
  • 2017年 実生 パキポディウム グラキリス
  • ひとことで言ってしまえば「質」の話。今年、某オークションで種(タネ)を何種類か仕入れたけど、いくつかの出品者があり、基本的な対応はすべて良好。値段にそこそこバラツキがあり、あとは輸入ものや国産や、仕入れ時期などの個性がある。で、届いて、メネデール水に半日間ほど浸けて、同じ用土、同じ鉢に蒔く。天気に左右されない室内&温室管理するというルーティン。期待値も愛情も全く同じ。でも、一晩すると白い菌糸(カビキ [続きを読む]
  • 2017年 実生 オペルクリカリア・デカリー③
  • さて、その後あのオペルクリカリア・デカリーは皮が剥けたのか種から抜け出せたのか・・・、心配をしてくださっている皆様、は、いないと思うけど、近況報告。すっかり、成長し、それらしい姿になってきてる。いいぞ、いいぞ!長くて太くて堅く(ギリギリOKか?)なれ!そろそろ1日の最低気温が5℃を超えそうだし、温室だと温度が高くなりすぎてきて、限界っぽいので外に出すかなー。いや、このまま中に出す置いておくかなぁ。過保護 [続きを読む]
  • ハオルチア・スターキアナに異変
  • 3月に入り、まだ寒い日が続いてるが、室内管理のハオルチア・スターキアナ(我が家の本株)に異変が起きていた。花芽。(っぽいものが出てきた)花が咲く系の品種だったんだね。笑確かに、日中、風が無く陽が当たるところなら、春を感じる気候。こうして春の訪れに気付くなんて、何年ぶりだろう?いや、初めてかも。ハナはハナでも、最近は花粉症で鼻がムズムズで気付いてたから・・・。コメント、トラックバック、勝手にリンク、相 [続きを読む]
  • パキポディウム・サキュレンタム 越冬
  • 結論から言うと、越冬できませんでした。できませんでした。できませんでした。僕は何を思えばいいんだろう?僕は何て言えばいいんだろう?こんな夜は会いたくて君に逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて(イエモンのJAM風に。)枯れたね、完全に。少し水を与えてみたものの変化なし。室内に置いて管理したものの、2か月半の完全断水がいけなかったか。正直、加減が分からなかった。経験不足としか言いようがない。これを糧に成長する [続きを読む]
  • 2017年実生 コノフィツム・ビロブム
  • コノフィツムはとても多肉っぽいので、多肉好きの中でも、好きな人が多い種類ではないだろうか。リトープス系との違いがイマイチ、すっきり分からないものの、コノフィツムの方に魅かれるのはなぜか。ブルゲリのような、球体系も捨てがたいが、足袋というかハートのような姿になるビロブムをチョイス。5つ蒔いた。うっかり開封時にテーブルにバラまいてしまい、必死で捜索活動をし(久しぶりにムシ眼鏡を使った)、と思ったら鼻息 [続きを読む]
  • ユーフォルビア・峨眉山
  • 今日は2/22(ニャンニャンニャン)でネコの日だとか。さておき、アイ・ハブ・ア・パイナッポォ〜♪ということで、PPAPで大ブレーク中のパイナップルですが(?)多肉界のパイナップルと言えば、パイナップルコーン(蘇鉄キリン)でしょう。いや、峨眉山でしょう。まぁ大して変わらないけど。笑個人的に多肉の世界にハマった、主犯がこの峨眉山。この姿、雰囲気、ヤバい。マジでヤバい。店でひと目あったその日から、恋に花咲くこと [続きを読む]
  • 2016年 実生 ボウィエア・ボルビリス(蒼角殿)
  • ボウィエア・ボルビリスとの出会いは、いつどこでの記憶は無い。でも印象が異常に深く、育て方や環境とかいっさい調べたりせずに、買おうと思ったら売ってなくて、種なら買えるってことで、これまた何も考えず、種を買って蒔いた。そしたら、芽が出て、膨らんで(根元)、まだ花は咲かないけど順調な様子。これで、およそ生後2か月。「緑たまねぎ」、まさに。コノフィツムとかよりも大きくなるので存在感もあるし、成長が楽しみで [続きを読む]
  • ハオルチア スターキアナ
  • 硬葉系の代表的なスターキアナ。実際は言うほど硬葉な印象も無く、柔らかい系と比べたらまぁ硬いかなくらいの、中間的な存在だと思う。葉が一定方向にグルグルと巻く風車のような葉姿が特徴であり、それ以上でもそれ以下でもない。それが面白くてお招きした。そこそこ日々の成長・変化が感じられるし、それなりに子株を出してくるので、殖やしたりもOK。(写真右は子株を独立させたもの)初心者が手を出しやすく、初心者のうちは、 [続きを読む]
  • 2017年 実生 アガベ/ペラルゴニウム
  • ペラルゴニウム・シルバーグレーアガベ・ホリダこの2種は、他のタネにおまけとして付いてきたもの。同じように蒔いてみたら発芽率100%順調に成長中。ペラルゴニウムは、いわゆるゼラニウムの混合品種。大き目の花が長期間咲くので、かなり楽しみ。もちろんコーデックスなので、成長した樹形にも期待できる。アガベは、10年間ほど成長し、最後に1度、花を咲かせて枯れるという神秘的な植物だとか。一生を全まっとうした時、泣ける気 [続きを読む]
  • ハオルチア・ニグラ
  • 軟らかい系の方がぽっちゃり感あるし、世の中的にも軟らかい系の方が人気のようだけど、硬葉系が好みのタイプ。日差しが足りないのか、まだ黒くない。我が家に来てからほぼその姿は変わって無い。ずっと、このたたずまいなんじゃないかというくらいのスローペース。これから、黒光りする立派な姿になることに期待。といっても10数センチだけど。フウランの肉厚タイプみたいな感じで、味わい深い。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2017年 実生 オペルクリカリア・デカリー②
  • 先日発芽したオペルクリカリア・デカリー。今だに温室暮らし。芽は立ち上がり順調に成長かと思いきや、かぶったまま。。。大丈夫だろうか?割礼殻を割ろうとしたが、硬くて割れず、あまり無理をすると肝心の芽を痛める可能性があるので、放置。すると、自力で出てきそう。やっぱりそうだよね。人の力なんか必要ないはず。しばし、見守ることにする。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …