あかりママ さん プロフィール

  •  
あかりママさん: あかりずむ
ハンドル名あかりママ さん
ブログタイトルあかりずむ
ブログURLhttp://akarichan.net/
サイト紹介文2歳自閉っ子の適当育児。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 94日(平均6.4回/週) - 参加 2017/02/14 19:47

あかりママ さんのブログ記事

  • 今後のスケジュール
  • 風邪を引いて、絶賛体調不良中です。さっさと病院に行けば良かった(´Д`)当面のスケジュールをメモしておきます。 今後の予定5/25 療育センターで最終診断6/1 児童相談所で療育手帳取得のための診察6/8 特別支援学校の見学会6/13 親の会の茶話会 療育センター受診来週、療育センターでSTを受けたあと、ドクターによる最終診断があります。2月の初診時よりも、だいぶ伸びたと思いますが、まだまだ言葉の理解は弱 [続きを読む]
  • 本日の児童館
  • いつもの児童館で遊んでいたら、娘と1ヶ月違いの女の子と、生後8ヶ月の男の子を連れた、若いお母さんがやってきました。せっかくの同い年の女の子ですが、娘は安定の一人遊びでした(´∀`;A)今日は、主にお母さん同士で情報交換をしてきました。 本日の児童館娘がおもちゃを取りだしながら、「bicycle」「Fire engine」など、英単語を喋っていたので、「英語習ってるんですか?」と聞かれました。 「いやいや、こ [続きを読む]
  • 【3歳0ヶ月】楽しい療育生活(1年経過)
  • 娘が民間の療育園に通い始めて、今日で丸1年になりました。3歳にしては、まだまだ全然喋れない方ですが、1年前の記録と比べると、見違えるように成長しているのが分かります。今日は、療育園での活動の様子を書いていこうと思います。 楽しい療育生活えのぐあそび ボールあそび あずきあそび こむぎこねんどあそび ダンボールあそび しゃぼん玉あそび クッキング 給食 じゃがい [続きを読む]
  • 【自閉症児】スタジオアリスで七五三前撮り
  • 娘の3歳の誕生日に、スタジオアリスで七五三の前撮りをしてきました! 毎年恒例ですが、発達障害児のスタジオ撮影はマゾいですね(笑)ウロウロ動き回る「自閉っ子☆」を、なんとかダマシダマシ、可愛く撮っていただけました(´∀`) 自閉っ娘☆3歳の七五三撮影2歳のバースデー撮影では、帽子や髪飾りを放り投げて散々だったので、「小さい髪飾りでも付けられれば良し」くらいに思っていたのですが、なんと「つけ毛」 [続きを読む]
  • 3歳0ヶ月の発達状況
  • 3歳0ヶ月になりました。2歳になったばかりの頃と比べると、体つきもしっかりして、背もだいぶ高くなりました。子供の成長は早いですね。 3歳になった娘の最近の様子を記録しておきます。 3歳0ヶ月の発達状況知能発達面ひらがなを読めるようになりました(50音)アルファベットを読めるようになりました(A〜Z)数字を読めるようになりました(0〜12) 言語発達面「歯磨きしよ」「ねんねしましょ」など、簡単な [続きを読む]
  • 偏食改善プロジェクト〜自分で作って食べよう〜
  • 一時期、食べる量が増えて、ぽっちゃりしていた娘ですが、最近また少し食が細くなってきました。もう少し、食べることに興味を持ってもらいたいと思い、自分で作らせることにしました。 2歳児クッキングなーにはさむ?なにはさむ? レタスをポン チーズをポン ハンバーグをポン はさんでポンで、できあがり〜♪ munch,munch チョコバナナサンドおやつを作るよ〜♪ チョコレート、ぬり [続きを読む]
  • 2歳自閉症児のお着替え事情
  • 最近、お着替えに意欲的な我が家の自閉っ子☆着替えが終わると、「でーきたー\(^ω^)/」と言って、バンザイしていますが、ハッキリ言って全然できていません。 今日は、そんな自閉っ子のお着替えをご覧に入れたいと思います。 自閉っ子着替える袖口から頭を突っ込もうとしたり、いろいろと試行錯誤していた我が家の自閉っ子ですが、最近ようやく頭を入れる場所は分かってきたようで、気が付けば、 このような [続きを読む]
  • 【2017】こどもちゃれんじぽけっと5月号レビュー
  • ぽけっと5月号、届きました!5月は娘の3歳の誕生日月なので、「3さいのおたんじょうび記念セット」も入っていました。さっそく見ていきましょう。 こどもちゃれんじぽけっと5月号ぽけっと5月号のエデュトイは、「おすなばのりものセット」。 お砂場用のトイですが、家の中で遊びたかったので、「キネティックサンド」で遊んでみました。 キネティックサンドは、ふわふわしていて、少し湿った感じのまとまりの良 [続きを読む]
  • 自分に友達が出来ない理由を考えてみた結果
  • いつも遊んでいる近所の児童館に行ったら、元同僚にバッタリ会いました。私と同じように、出産後に引っ越してきたようですが、たくさんのママ友が出来たようで、仲良くおしゃべりしていました。 私は、引っ越してきて2年以上経ちましたが、一向にママ友なんか出来る気がしません。 この違いは一体何なんだ?と思い、自分に友達が出来ない理由について考えてみました。 友達が出来ない理由を考えてみた仲良くお [続きを読む]
  • 嗅覚過敏で疲れやすい姉〜発達障害の余計なオプション〜
  • 子供の頃、上の姉が学校から帰宅した時に、「外までバナナの匂いがした」と言ったことがありました。 確かに、家にバナナはありましたが、さすがに外までは匂わないだろうと思い、「そんなわけないじゃん」と家族みんなで笑いました。 今考えれば「嗅覚過敏」だったのかもしれません。今日はそんな姉のお話です。 嗅覚過敏で疲れやすい姉嗅覚過敏だった姉は、思春期以降、自分の体臭をやたらと気にするようにな [続きを読む]
  • 自閉親子の友達作り大作戦
  • ここ最近、あまり人と関わらないで遊べる遊具施設に行って、親子で遊んでいたのですが、久々にいつもの森林公園にある児童館に行ってきました。 おじいちゃんと遊びに来ていた、4歳の女の子と仲良くなって、一緒に遊ぶことができました(^−^)いつも一人遊びに夢中の娘ですが、なんだかんだで人と関わるのも楽しいようです。 自閉親子の友達作り大作戦児童館につくと、おじいちゃんと4歳の女の子が遊んでいました [続きを読む]
  • 子供は教師に逆らえない〜PTAに助けられた日〜
  • 私が小学5年生の時に担任だった男性教諭は、些細なことで生徒に体罰を与える男でした。 給食でどうしても食べられないものがある生徒に、無理やり食べさせようとして、生徒が拒否すると、机ごと廊下に引きずり出して、晒し物にするような虐待教師でした。 廊下に出された生徒が、泣きながら一生懸命、給食を食べていた姿を、今でも忘れることができません。 今日は、問題教師と保護者の対応について書いていこうと [続きを読む]
  • 小5担任「読書標語を書いてください」 私「嫌です」
  • 私は、子供の頃から自分の納得できないことをやらされるのが、嫌で嫌でたまりませんでした。学校の先生から指示されたことを、素直にやれば良いものを、いちいち口答えしていました。そのため、「問題児」として扱われました。 書けなかった読書標語小学4年生の時の課題は、「健康標語」でした。私は「健康標語」は、素直に書いて、町のコンクールで入選しました。 小学5年生の時の「読書標語」は、自分が納得でき [続きを読む]
  • 空気が読めない女 VS 他人の失敗を許さない女
  • 空気を読めない私は、自分勝手な行動をして、職場で浮いてしまうことがありました。 新しい仕事に慣れないうちは、多少の失敗は大目に見てもらえると助かるのですが、他人の失敗を絶対に許さず、執拗なまでに嫌がらせをしてくる同僚の女がいました。 今日は、私が過去に働いていた時にあった出来事について書いていこうと思います。 空気が読めない女元々、私は一人で作業を行う部署で働いていました。異動によ [続きを読む]
  • 引っ越しを理由に役員逃れしようとする人
  • うちの自治会に、「引っ越すから」という理由で、毎年役員を断っておきながら、いつまで経っても引っ越さないという、スーパーなお宅があります。初めて聞いた時は、「何それ面白い( ´,_ゝ`)プ―ッ」と思ったのですが、婦人部の方々はいたくご立腹の様子でした。 規律を乱す者には罰を!怒りの臨時婦人部総会自治会総会の後で、何やらご婦人たちが集まっていたので、「何だ、何だ」と訳も分からず、とりあえず集合する [続きを読む]
  • 「親が自治会に入らないなんて可哀想」
  • 私は小さい頃に、近所の知らない女性に、「親が自治会に入らないなんて可哀想」と言われたことがあります。今日は、私の小さい頃にあった出来事について書いていこうと思います。 親が自治会に入らないなんて可哀想どういう経緯だったかは覚えていませんが、私は小さい頃、姉に連れられて近所のイベントに行ったことがありました。 それはどうやら「自治会」で行われているイベントだったようですが、小さかった私 [続きを読む]
  • お向かいの奥さん「自閉症なんて可哀想」
  • うちのお向かいに、「霊長類最強女子」の方と同じ名前の奥さん(以下吉田さん)が住んでいるのですが、自宅が近いことと、吉田さんが気さくで話しやすいことから、一番初めに子供の障害を打ち明けました。すると、「自閉症なんて可哀想だね」という言葉が返ってきました。 お向かいさんへのカミングアウトお向かいの吉田さんは、かなりサバサバした感じの、面倒見のいい女性で、自治会の役員の引き継ぎの時も、一から丁 [続きを読む]
  • 発達障害のカミングアウトに勇気は必要か
  • 一昨年、栗原類くんが、自らの発達障害をカミングアウトしたことで話題になりましたが、ネット上でよく目についたのは、「勇気ある告白」という言葉でした。類くんは、ネットの反応をポジティブに受け取ったようですが、私は少々考えてしまいました。 何気ない言葉の裏に潜む障害者差別意識発達障害をカミングアウトすることが、「勇気ある告白」とされるのは、それはつまり、「発達障害なんてみっともないこと、公にで [続きを読む]
  • 交流しない子育て交流館
  • 障害児を育てていると、子育て支援センターや、人の多い児童館など、ついつい足が遠のいてしまいがちですよね。 だからといって、子供と2人で家に居ても息が詰まるし、遊び場を開拓していかないとなーと思っていたのですが、「子育て交流館」と名前がついている施設に試しに行ってみたら、他人と全く交流しないで遊べることに気が付きました。 探せば結構、親子でゆっくり遊べる場所もあるものですね。 交流し [続きを読む]