七尾のキツネさん さん プロフィール

  •  
七尾のキツネさんさん: 毒親を持った子供の愚痴
ハンドル名七尾のキツネさん さん
ブログタイトル毒親を持った子供の愚痴
ブログURLhttp://7kitunesan.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分の親が毒親だった事に勘付き始めてしまったので、ガス抜きにちびちび愚痴ろうと思い始めたブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 130日(平均4.6回/週) - 参加 2017/02/15 00:59

七尾のキツネさん さんのブログ記事

  • 毒親は思考がお花畑理論の時点で詰んでいる。だから厄介なのである。
  • 私の親は常に何事も「自分(親)は正しい」という前提で物事を考える。例え間違いを指摘しても、「〇〇という事情があったから仕方がない。親が悪いのではなく〇〇という事情があった事が悪いのだ」という理屈で自分達を正当化する。理由や事情が有ったからと言って、犯した過ちが許されるとは限らない。そんな当たり前の事も私の親は理解できていないのだ。いや、それすら「自分(親)は正しい」理論にはめ込み、そこに自分達は当 [続きを読む]
  • 結局は親本位。
  • 「お前は私を困らせたいのか」少し前、母親と口論になった際に言われたことである。この言葉を聞いて、私は私の母親が私の事をどう思っているのか、どう思って来たのか、を改めて確信するに至った。結局、母親は自分(親)がかわいいのだ。だから母親『が』困ることを子供にして欲しくないのだ。母親が困るから子供を叱りつけて、母親が困るから子供に改善を望む。子供の都合や気持ちはそこにない。ただ母親の迷惑にならないように [続きを読む]
  • 善意を口にして子供に心的負荷をかける親。
  • 「お前は心配しなくていい」「お前に心配をかけたくない」事ある毎にこの手の言葉を連呼する親。これらは親の「お前(子供)の為に苦労している」アピールでしかない。「お前(子供)は知らず知らずのうちに親に気苦労をかけているんだぞ」と暗に示しているに過ぎない。そして子供はそれにしっかり気付いてしまうもの。親が安易にこの手の言葉をあびせる度、子供は親に「心配をかけている」「迷惑をかけている」「苦労をかけている [続きを読む]
  • 私の親にとって「良い子」とは……
  • 「私(親)は苦労しているんだからお前(私)はもっと我慢しろ」私の親が私を屈服させるために使う常套理論である。無知な子供時代は素直に従っていた私。それが「良い子」というやつだと思っていた。だが今となっては、言われたところで「……あ、はい……で?」としか思わない。なぜならそれが親の傲慢でしかない事に気付いたからだ。親の「私(親)は苦労しているんだからお前(私)はもっと我慢しろ」がまかり通るなら、私の「 [続きを読む]
  • 莫迦は莫迦に気付けない。
  • 莫迦な親に育てられた子供は、莫迦な価値観を植え付けられるので、莫迦になる。莫迦な子供は親が莫迦であることに気付けない。なぜなら莫迦だから。そして自分が莫迦に気付けない。少なくとも社会という荒波に出て莫迦じゃない人間のコミュニティに身を投じるまでは。↓↓↓ランキングにご協力を↓↓↓にほんブログ村 安心・安全野菜内側からスッキリ爽快!気になるニオイに【レディーズローズ】 [続きを読む]
  • 親の言葉の重み。
  • ―――前回の続き。何事も「ダメ」から入る親にそだてられた子供は褒められるという経験が希薄になりがちである。頑張っても辿り着けるのが「普通」である。取り立てて普通を褒める必要性は基本的にないのだから当然だ。逆にダメ出しされる経験は豊富である。何せ「ダメ」な事を前提にして物事を考える親である。ダメ出しはその前提を作り出す手っ取り早い方法だからだ。そして、褒められるのが希薄で、ダメ出しは豊富。そんな子供 [続きを読む]
  • 僅かな違い、されどそれは重大な違い。
  • 「お前はダメだから頑張れ」と「お前は出来るのだから頑張れ」果たしてどちらが頑張れるか?私は専ら前者の言葉をかけられ続けた。結果、積極性の欠ける人間に育った。当然である。前者はどんなに頑張っても辿り着けるのは「普通」や「並」である。夢や希望を懐けるわけがない。ちょっとした言い方の違いで子供の将来性は失われる。親はそれを知るべきだし、忘れてはならないと思う。↓↓↓よろしければ押してください↓↓↓にほん [続きを読む]
  • 愛情は割増で返ってはこないもの。
  • 子供は親から貰った分の愛情しか返せない。大した愛情を注がずに親への愛情を子供に求めるのは、親の傲慢である。そして親が子供に親の愛情を注げるのは、子供が子供の時だけだ。子供が子供でいられるのは僅かである。その僅かな時間の間に子供への愛情を注ごうとしない、出来ない親が毒親である。↓↓↓ランキングにご協力を↓↓↓にほんブログ村 NURO 光にお申し込みでPS4プレゼント!レディーズローズで [続きを読む]
  • 子供の欠点は子供の責任に非ず。
  • 私は口下手である。会話が苦手である。他者から暗いと言われたことがある。所謂コミュ障である。子供の頃、これら、否、これら以外にもあらゆる自分の欠点は、すべて私自身に問題があり、すべての原因が私にあり、私がすべて悪いと思っていた。親からは「お前『は』おとなしいから」などと原因は私のあるのだと聞かされてきた。だからこれらの弊害にぶち当たる度に、私はその改善方法を自分の内に求めてはその答えが見つからずに苦 [続きを読む]
  • 毒親の毒。
  • 毒親の毒は遅効性である。毒に侵されていると気付いた時にはもう手遅れだ。だから毒親はたちが悪いのだ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 話を聞くから。
  • (実質的に)人の話を聞かない人間に「言いたい事があるならちゃんと言いなさい。話を聞くから」と言われる事ほど腹立たしい事はない。「不満を溜め込むな」だと?アンタに不満を洩らしたら、不満が倍になって私に返ってくるから洩らさないんだよ。最悪なことに今の私は「不満を溜める事」が一番ストレスにならないっていう極限状態なんだ。そして、そうなるよう私を育てたのが他ならぬアンタらだろうが!↓↓↓ランキングにご協力 [続きを読む]
  • 今じゃねえ、昔からだ。
  • 親に「今お前は孤立している」といわれた。私はそれを聞いた時、無性に寂しさを覚え、絶望した。確かに私は孤立している。だがそれは【今】始まったことではない。昔から、私は孤立し孤独感を懐いていた。それこそ、私が子供の時から。私はその孤立を、孤独感を悟られまいと自分を押し殺し、偽って、周りに振る舞って来たんだ。そしてそれに疲れたのが今だ。気力が折れたのが今なのだ。結局、親は何も解ってはいない。解ろうとして [続きを読む]
  • 厭味ったらしく恩着せがましい。
  • 私の母親は私に対し恩着せがましい。私が物心ついた時からずっと母親は恩着せがましい。しかも頗る厭味ったらしくそれを言う。そのくせ、私の事に金や時間を割くのを嫌がり、実際に可能な限りやらない方向で事を収めようとする。本当に理不尽な人間だ。本当に忌々しい。息をするかの如く繰り出されるこの理不尽に、私はときどき頭がどうにかなりそうになる。なんでこの人が私の母親なのだと嘆かずにはいられない。↓↓↓ランキング [続きを読む]
  • 神様っているのかね?
  • 毒親が信仰心厚いと、本当に神も仏も信じられなくなる。愛情の無さ、教養の無さ、知識の無さ、関心の無さ、そう言ったあらゆる親の不備を信仰で埋めようとするからだ。物事の理由や理屈を信仰で誤魔化そうとするからだ。運気が悪くなるからこれやれ、罰があたるからアレやれだのと、神や仏を都合よく使おうとする。そんな毒親の代弁者みたいな神や仏など誰が信仰できようものか。依然にも書いたことがだが、言葉は言葉でしかない。 [続きを読む]
  • 要求をエスカレートさせる母親。
  • 私は母親の言う事を聞く(要求をのむ)事に頗る抵抗がある。それは今まで再三綴ってきた通り、私の母親が自己中で身勝手であるからであるわけだが、他にも理由がある。私の母親は私がひと度要求をのむと、エスカレートして次から次へと要求を投げてくるのだ。しかも、当たり前のように。ついでにこれも、これも、といった感じである。そして一度要求をのんだ事は、次から当たり前のように私がやる前提でプラス更なる要求を投げてく [続きを読む]
  • 親との会話
  • 思えば親との会話は、専ら私への文句、小言、嫌味といった否定をぶつけられるか、親の頼み、都合を強要されるかのどちらかだった。私の願いと言うものは、それが親の都合と合致していない限りは問答無用で拒絶される。理由もへったくれもそこにはない。親の意向に、都合に、感情にそぐわない、ただそれだけである。極端な話、同じ事象でも、その時の親の気分次第で変わるのだ。しかも専ら「無し」の方向で。何せ私の親は面倒くさが [続きを読む]
  • 毒親とは。
  • 毒親のたちが悪いところは自覚がないところである。自覚なく己が毒親からかけ離れた存在であると認識し、確信し、その可能性を排除している事である。自覚がないから繰り返し、自覚がないから反省せず、自覚がないから改善が見込めない。その詰み具合が毒なのだ。莫迦な親が毒親ではない。阿呆な親が毒親ではない。己が莫迦や阿呆である事を自覚出来ない親が毒親なのである。↓↓↓よろしければ押してください↓↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • お前のせい。
  • 私は母親から事ある毎に、「金が無い」旨を言い聞かされてきた。時に直接的に。時に遠回しに。母親は私に愚痴ってくる。嫌味ったらしく見下しながら。それはまるで「お前のせい」と言わんばかりに。その度に私は肩身の狭い思いをさせられ、罪悪感を懐かされていた。ねちっこく愚痴るぐらいなら私なんか産まなければよかったのに。私だって好きで生まれてきたわけではない。事ある毎に煙たがられるくらいなら、私の方だって生まれて [続きを読む]
  • 嘲笑。
  • 私は常に親から見下されて育った。親との意見が一致している時を除き、私の意見、行動に対し、親は常に嘲笑を持って接してきた。そうして育った私は、自分というものに自信がない。意見する事に恐怖がある。行動することに躊躇いがある。私はそんな自分が嫌いである。私がそんな苦悩を日々懐いていることなど、親は恐らく気付いちゃいない。気にしちゃいない。何せそれが出来るのならば、私はこんな人間になってはいなかったはずな [続きを読む]
  • 手詰まり。
  • いつも親は親の理屈を私に押し付けてきた。親の思う「私の在り方、思想、言動」を押し付けてきた。私自身が胸に懐くそれらに目もくれずに。私自身が懐く私は黙殺され続けた。いつしか私は親の意見を適当にあしらうようになった。親はそれを見て反抗期だの年頃だの自立だのと都合の良い言葉で自身の行いを正当化し、私に嘲笑の目を向けた。結局、ここでも私という個性は黙殺されたのである。何せ私はただ親の言いなりになるのが嫌だ [続きを読む]
  • 親のゴリ押し堪え難し。
  • 親のゴリ押しが堪え難い。「私(親)はこう思う」までは我慢しよう。だが、「貴方(私)はこう思うに違いない」を私に押し付けるな!なんでそこで違うと答えた私が親からキレられなきゃいけないのだ。私の「思う」は私のものだろうに。なぜそれ(私の「思う」)を私から奪い、親の「貴方(私)はこう思うに違いない」を私に押し付けるんだ!文句を言おうにも、「貴方(私)はこう思うに違いない」を私に押し付ける親は私の意見など [続きを読む]
  • 自己中な父親。
  • 私の父親は自己中で身勝手である。自分のやりたい事を優先する。自分のやりたくない事から距離を置く。逃げる。一番面倒なのが、このやりたくない事を避ける為に、それを私に押し付ける事だ。しかも身勝手はロジックを用いて押し付ける。「お前(私)がやるべき」「お前(私)がやった方がいいだろ」「お前(私)に譲ってやる」といった具合に一方的だ。私がやるべき必然性が無くとも、私がやった方がいい優先性が無くとも、私が望 [続きを読む]
  • 子供相手でも協調性は必要である。
  • 私の親は自己中である。【親の都合】【親の理屈】【親の好み】【親の価値観】優先するのはそれらである。いや別に、親には親の人生があるので、それでも一向に構わないとは思う。ただ子供の私からすれば問題がある。私の親はそれらを押し通す為、子供にそれらを強いるのだ。詰まるところ親のそれらのために、子供の私は自分の【都合】【理屈】【好み】【価値観】etc.を曲げなければならない。捨てなければならない。諦めなければな [続きを読む]
  • 子供が子供のうちに―――
  • 親は老後、子供にしっかりと面倒をみてほしければ、子供が子供のうちにしっかり可愛がっておくべきだ。子供の立場からすれば、子供時代に自分を可愛がってくれなかった親の面倒などみたいと思うわけがない。自分(親)は子供を可愛がらずに、子供には親を丁重に扱えなど、それは親の傲慢である。親というのは得てして立場の弱い子供に対して、このての理屈を失念しがちである。気をつけなければならない。この手の過ちはあとになっ [続きを読む]
  • 否定はするが、その理由は述べない親。
  • あれはダメ。これもダメ。何かと子供の行動を制限することが多い私の親。だが一度だってまともにその理由を説明されたことがない。ただ漠然と「危ないから」「汚いから」などと抽象的でイメージの悪い言葉を並べられるだけである。なぜ危ないのか?汚いとなぜいけないのか?そんな説明は一切しない。実質、ただ理由もなく親の理屈を押し付けてくる。理由も解らずただ従わされる子供。それは理不尽に他ならない。そんな環境で育った [続きを読む]