Gou さん プロフィール

  •  
Gouさん: ちょっと気になる!〜大阪発史跡旅〜
ハンドル名Gou さん
ブログタイトルちょっと気になる!〜大阪発史跡旅〜
ブログURLhttp://kininarugou.blogspot.com/
サイト紹介文大阪を中心にちょっと気になる神社仏閣や史跡、お出かけスポット等に行ってみた記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 128日(平均1.1回/週) - 参加 2017/02/15 13:11

Gou さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 塚穴古墳(河内長野市) ・道路わきにある珍しい形の小さな古墳
  • 塚穴古墳最終訪問 2017年2月  塚穴古墳(つかあなこふん)は河内長野市にある古墳です。国道と飲食店の駐車場との間の一角に小高い山の様なものが見えますが、意識していなければ見落としてしまいそうなこちらの古墳には少し変わった言い伝えがあるようです。独特の外見の塚穴古墳変わった形の古墳 現在、この塚穴古墳は国道170号線の旧道(天野街道)の西側にあり、その国道に向けて石室の入口が開口していますが、中は土 [続きを読む]
  • 太融寺(大阪市北区) ・キタの繁華街の中にあり淀殿の墓所もある寺院
  • 太融寺最終訪問 2017年5月 太融寺(たいゆうじ)は大阪市北区、梅田の東にある真言宗(高野山真言宗・準別格本山)の寺院です。山号は「佳木山(かぼくさん)」、院号は「宝樹院(ほうじゅいん)」。西日本一の歓楽街の中にありながらとても静かな境内には空海(弘法大師)を祀る大師堂や不動明王を祀る不動堂、さらに大坂夏の陣で自害した淀殿(淀君・茶々)の墓所もあります。南門から見た太融寺歴史 太融寺は弘仁12年(821年)に [続きを読む]
  • 寛弘寺古墳公園(南河内郡河南町) ・自由に入れ景色も楽しめる古墳公園
  • 寛弘寺古墳公園 寛弘寺古墳公園(かんこうじこふんこうえん)は大阪府南河内郡河南町にある古墳公園です。河南町の西部、富田林市との境界近くで、金剛・葛城山系から北に流れる千早川の西側の河岸段丘上に位置しています。古代からの史跡が多数ある南河内には大小様々な数多くの古墳があり、その内のいくつかは実際に入ることが出来る公園などに整備されていて、この寛弘寺古墳公園もその中の一つです。南から見た寛弘寺古墳公園。 [続きを読む]
  • 長野神社(河内長野市) ・南河内の交通の要衝にある神社
  • 長野神社 長野神社(ながのじんじゃ)は大阪府河内長野市にある神社です。南海電車と近鉄電車の河内長野駅に程近く、賑やかな駅前ロータリーからショッピングモール・駐車場のビルを隔てて一本裏の通り沿いにある普段は静かな神社ですが、年に2回の祭礼では大変賑わいます。高野街道沿いの入口。歴史 長野神社の創建年代は不詳ですが、この地は東高野街道と西高野街道、石川と天見川など陸上交通、水上交通の交流地点であることか [続きを読む]
  • 用明天皇陵(南河内郡太子町) ・聖徳太子の父の陵
  • 用明天皇陵(春日向山古墳) 用明天皇陵(ようめいてんのうりょう)は大阪府の南東部、南河内郡太子町にある古墳で春日向山古墳(かすがむかいやまこふん)とも呼ばれています。河内国と大和国の間にある二上山の麓にあり、日本最古の官道といわれる竹内街道もすぐ近くを走っています。付近には聖徳太子の墓所があることで有名な叡福寺をはじめ、天皇陵をはじめとした多くの古墳など、歴史ファンに人気のスポットが沢山あります。 用明 [続きを読む]
  • 誉田八幡宮(羽曳野市) ・応神天皇陵に隣接する神社
  • 誉田八幡宮 誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)は大阪府羽曳野市にある神社で、主祭神は応神天皇ですぐ北隣には仁徳天皇陵(大仙陵古墳)に次ぐ全国第2位の規模を誇る巨大古墳、応神天皇陵(誉田御廟山古墳)があります。この辺りは大和国から河内国に流れ込んだ大和川と南河内から流れてきた石川の合流点の程近くにある古代からの交通の要衝で歴史の舞台にも度々登場してきます。そんな場所に鎮座する当社は古墳時代から奈良、平安、鎌 [続きを読む]
  • 狭山神社(大阪狭山市) ・狭山池の南にある式内社
  • 狭山神社 狭山神社(さやまじんじゃ)は大阪狭山市にある神社です。日本最古のダム式ため池である狭山池の南、南海高野線の金剛駅のすぐ西にある式内社で旧社格は郷社です。初詣や七五三をはじめ、1月10日の戎祭では1石2斗(約216リットル)分の餅まきが行われ、10月の祭礼にはだんじりが出るなど今も地元の人々の生活に密接に関わっている神社といえます。歴史 狭山神社の正確な創建年は不明ですが、狭山池の築造以前から [続きを読む]
  • 金山古墳(南河内郡河南町) ・全国的に珍しい双円墳
  • 金山古墳最終訪問2014年11月 金山古墳(かなやまこふん)は大阪府南河内郡河南町にある円墳を二つ連ねた形の全国的にも珍しい双円墳で国の史跡に指定されています。一般的に日本の古墳としてイメージされるのはお馴染みの前方後円墳かと思われますが、こちらの古墳は前方後円墳の“方”の部分も“円”になっています。二つの円に大小がありますので上から見た形で瓢型双円墳と言われるようです。雪だるまのようにも見えます。 金山 [続きを読む]
  • 唐招提寺 ・唐より招かれた鑑真和上のお寺
  • 世界遺産 唐招提寺 唐招提寺(とうしょうだいじ)は奈良県奈良市にある寺院で南都六宗のひとつである律宗(りっしゅう)の総本山です。奈良時代に唐僧鑑真和上(688年〜763年)によって創建された当寺の本尊は廬舎那仏で国宝に指定されています。奈良時代に建てられた金堂講堂は天平の息吹を今に伝える貴重な伽藍となっています。南に歩いても15分ほどの距離にある薬師寺とともにユネスコの世界遺産に登録されています。歴史 唐招 [続きを読む]
  • 薬師寺 ・飛鳥から移ってきた壮大な伽藍のお寺
  • 世界遺産 薬師寺薬師寺(やくしじ)は奈良県奈良市にある寺院で、南都七大寺のひとつです。興福寺とともに奈良時代に平城京を中心に栄えた南都六宗の一つ法相宗(ほっそうしゅう)の大本山で、本尊はその名の通り薬師如来です。奈良の寺院といえばまだ仏教が日本に伝来した頃の雰囲気もあって京都などとはまた違った趣がありますが、この薬師寺もまた奈良時代に朝廷の保護を受けた大変大きなお寺でした。数百メートル北の唐招提寺とと [続きを読む]
  • 高槻城跡公園(高槻市) ・高山右近ゆかりの地とその周辺
  • 高槻城跡公園最終訪問2016年3月 大阪府高槻市にある高槻城跡公園はその名の通りかつての高槻城(たかつきじょう)の跡地に整備された、高槻市役所や阪急高槻市駅からも数百メートルの距離にある公園です。お堀を模した石垣や橋や池のある散策・休養ゾーン、芝生広場や遊具のある遊戯広場ゾーン、野球場(市民グランド)などからなるスポーツゾーン、歴史民俗資料館などがあります。高槻城の歴史 高槻城は10世紀末に築城されたと考 [続きを読む]
  • 安居神社(大阪市天王寺区)  ・大河ドラマで話題に!幸村最期の地
  • 安居神社最終訪問2016年1月 大阪府大阪市天王寺区にある安居神社(やすいじんじゃ)。あべのハルカスの程近く、骨仏で有名な一心寺のすぐ北にある当社は安井神社、または安居天満宮とも呼ばれています。また、大丸の創業者、下村彦右衛門正啓が厚く信仰していたことから大丸天神と称されることもあるそうです。 豊臣家が滅亡した大坂の陣で奮戦した真田信繁(幸村)の最期の地と伝えられ歴史ファンには有名な神社でしたが、平成28 [続きを読む]
  • 湊川神社(神戸市中央区) ・大楠公の忠義を今に伝える
  • 湊川神社最終訪問2015年10月 兵庫県神戸市中央区にある湊川神社(みなとがわじんじゃ)。主祭神は大楠公こと楠木正成公で旧社格は別格官幣社です。建武の新政の尽力した南朝方の皇族や武将を祭ったいわゆる建武中興十五社のひとつとされ、地元では親しみをこめて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれ、初詣でも有名です。大通りに面した正門 大阪府の千早赤阪村にある楠木正成公生誕の地や楠木氏の氏神である建水分神社(たけみくまりじ [続きを読む]
  • 建水分神社(南河内郡千早赤阪村) ・金剛山の鎮守かつ楠木氏の氏神
  • 建水分神社最終訪問2016年3月大阪府で唯一の村、南河内郡千早赤阪村にある建水分神社(たけみくまりじんじゃ)。地元では水分神社(すいぶんじんじゃ)とも呼ばれ親しまれています。 主祭神は天御中主神、天水分神、国水分神、罔象女神、瀬織津媛神で、金剛山の鎮守、そして楠木正成で有名な楠木氏の氏神でもあります。近くには大楠公生誕の地や産湯の井戸、資料館などの楠木正成関連史跡や施設があり、更にその周辺の山々には下赤坂 [続きを読む]
  • 過去の記事 …