Chimidorock さん プロフィール

  •  
Chimidorockさん: みかん。
ハンドル名Chimidorock さん
ブログタイトルみかん。
ブログURLhttp://chimidorock.blog.fc2.com/
サイト紹介文子供の剣道の撮影、風景、家族の日常を綴るブログ。 キヤノン(EOSやEFレンズなど)ユーザーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 128日(平均7.8回/週) - 参加 2017/02/15 14:34

Chimidorock さんのブログ記事

  • EF20mm F2.8 USMというレンズ。
  • EOS 5D Mark IV, EF20mm F2.8 USMヤフオクで3万弱。なぜこんなレンズを、という一本を買ってみた。EF20mm F2.8 USM。四半世紀以上前のだし、持っているレンズでカバーできるレンジだし、はっきり言って必要ない。開放F2.8だから、つまりEF16-35mm F2.8L II USMと同じ。よほどの物好きか、ただのコレクターじゃなきゃね。私の場合は、前者だろう。 EOS 5D Mark IV, EF20mm F2.8 USMさて、肝心の写り。単焦点だから、16-35mの20mmよ [続きを読む]
  • 指向性ステレオマイクロホン DM-E1
  • どこへ行こうとしているのか。何がしたいのか。欲しいと思ったら、衝動が抑えられず、結局、こういうのを買ってしまう。キヤノンの純正マイク 指向性ステレオマイクロホン DM-E1到着。EOS専用と書いてあるけど、YouTubeとか見てると、ホットシューがついたカメラなら使えそうだな。まあ、私には関係ないが。装着した感じ、思ったほど大きくないし、威圧感も少ない。軽いから負担にもならない。ボタン電池ってことで、カメラの電力 [続きを読む]
  • AFが速くても次の動作が遅い。
  • EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMソニーのα9は、デジタルカメラのエポックメイキングだとか一眼レフを完全に超えただとか、新しい時代の幕開けだとか、まあ、軒並み高い評価というか、以上に騒ぎ立てられている。秒間20コマ連写、音なし、そしてブラックアウトなし。ここがすごい。ブラックアウトなし。すげえ。フィルムが淘汰されたように、一眼レフも淘汰されていくのかな。一眼レフのベネフィットがなくなれば、必然的に [続きを読む]
  • フルサイズと100-400
  • EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM広角なら超広角を使うのがいい。運動会で広角を使うなら、より広角であるほど役に立つが、やはり望遠レンズもそう。中途半端な望遠よりも超望遠。フルサイズでEF70-200mm F2.8L IS II USMだと、ちょっと足りない。APS-Cで200mmを使っても320mm。ギリギリといったところ。広い校庭では、アップまでカバーしきれない。 EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMこういうと [続きを読む]
  • 運動会で広角を使うなら超広角。
  • EOS-1D X, EF16-35mm F2.8L II USM運動会といえば、望遠レンズが定石だが実はそうでもない。むしろ広角が役に立つ。しかも中途半端な広角ではなく超広角。最低24mmは欲しい。なぜかというと、文字通り全景が入るから。しかも、いい意味で余計なところも入ってくれる。16mmともなれば、手前の保護者すら写る。でもそれがまた臨場感があっていい。 EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM校舎が写ったり、外の建物が写ったりした [続きを読む]
  • 今、運動会中。
  • EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM今年一番の暑さだとか。雨よりはありがたいが、ここまで暑くて晴れると気が滅入る。まあ、子供らがいちばんしんどいだろうけど。学校から家が異常に近いので、レンズ交換は小休憩は家でできる。息子の次の出番は、もうしばらく先。今日の機材は、EOS-1D XとEOS 5D Mark IV。レンズはEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMと、EF24-105mm F4L IS II USMがメイン。もう疲れてる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 1DXと35mm
  • EOS-1D X, EF35mm F1.4L II USM以前、1DXと85mmというブログを書いたけど、そこでは、夜のスナップで最強の組み合わせだと思った。だけど、今、このレンズを手にしてからは、1DXと35mmの組み合わせこそ最強。だと思う。35mmといっても、もちろん、このレンズに限るけど。 EOS-1D X, EF35mm F1.4L II USMこの3枚の写真は絞りではF2くらいだったか。絞り優先で撮っているから、シャッタースピードはかなり上がっている。 EOS-1D X, [続きを読む]
  • 西の夕空を車窓から。
  • EOS M5, EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM厚い雲の隙間から沈みかけの太陽が最後の悪あがきとばかりに空を照射する。なんてことを書いてみてもしょせんは、人間の戯言。自然が作り出す美しさには人間の表現力では及ばない。 EOS M5, EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM車窓からいい空が見える時、運転をしていないなら、ずっと写真を撮っている。連写モードではないけど、ほぼ連写。だからシャッター回数もけっこう行く。帰ってから写真を見 [続きを読む]
  • 剣道部内大会。
  • EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM晴れた日の体育館は、光がたくさん入っていい感じ。窓が多いから光量もあって、シャッタースピードをかせげる。この日は、部内大会。久しぶりにEOS-1D Xを投入。機材の重さとか、大きさにこだわらなければ、私が持ちうる機材では、こいつが最強の動体カメラ。そして、写りも王者らしい、びしっとくっきりシャープ。 EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USMほんと、大きさだけなんだよな。ま、 [続きを読む]
  • Googleアースのような。
  • EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM天気が良く、すかっと地上が見下ろせると、リアルにGoogleアースを見ているようだ。地形って、ほんとだったんだと気づかされる。あたりまえだけど。いや、当たり前というのは、固定観念で、自分の目でみて初めて真実に変わる。これが正しい地形なのだ。伊能忠敬は、歩いて地図を作った。すげえな。上から見てたら、もっと簡単に作れたんだろうなあ。しかしこれ、どのへんだろ。にほんブログ [続きを読む]
  • 富士山、鳥瞰図。
  • EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM飛行機で少し遠くに行っていた。天気も良く窓側だったので、富士山が綺麗だった。山っていうのは、だいたい見上げるものだが、日本一を、こうして見下ろすのも悪くない。前は機内に一眼レフ、つまりは5Dを持ち込んでいたけど、EOS M5があればその必要はない。しかもレンズは、おなじみEF-M18-150。引いてよし、寄ってよし。 EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMそれにしても、こんなのが噴 [続きを読む]
  • 150mmの利便性。
  • EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM望遠レンズはスナップ撮影で、重宝する。長いほどいいけど、長くなれば、レンズもでかくなる。しかし、こいつならその問題も解決する。もうなんども書いて来たけど、EF-M18-150mm。これこれ。Mシステムにつけたら少し大きいけど、それでも全体で見たらかなりコンパクトな装備になる。 EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMフルサイズ換算で240mm。これもなんども書いて来た。これからも書く [続きを読む]
  • 来週は運動会。
  • EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM天気がいい日が続いているが、梅雨はもうすぐそばまで来ている。来週は運動会。しかし雨の多い6月に運動会って。5月だとなんでダメなんだろう。という疑問を持つのは私だけではないだろう。まあ、学校にも都合があるんだろうが。晴れるにしても、雲ひとつない天気は困る。やっぱり雲の表情がほしい。ときどき太陽が隠れて、校庭に影が落ちる。ま、そんな条件もなかなかないだろうけど。さて、 [続きを読む]
  • マクロで動き物は難しい。
  • EOS M5, EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM家の中にテントウムシが入ってきた。東京では珍しいこともある。服についてきたのかな。すぐに思い浮かんだのが、マクロレンズ。EF-M28mmマクロで撮りたい。そこ、100マクロじゃないんだ(自分に突っ込む)。しかし小さい世界で、すばやく動く生き物を撮影するってこんなにも難しいんだな。サーボにして見たけど、まあ、追いつかない。シャッター速度を上げたから、けっこう高感度になってし [続きを読む]
  • こういうのはiPhoneでいいのか。
  • EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM被写体によって、カメラを使い分けることはしない。でも、撮ってみて、これは5Dで撮るほどじゃないなとか、M5っぽいなとか、G9 Xならいいかもとか、iPhoneで十分だったなとか、思ってしまう。結果論ではあるが、EOS 5D Mark IVの高画素で、こんなタダの壁を撮る必要はまったくない。iPhoneで十分。だってプリントしないし。そう。プリントを想像できるかできないか。それが、iPhoneかカメラ機 [続きを読む]
  • 周辺光量落ちが好き。
  • EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM周辺光量が落ち込みは、レンズの収差だから、画質低化の一つと思われがち。でも、私は味だと思う。周辺光量落ちの条件は主に二つ。広角レンズと開放だ。広角レンズを使っても、絞るほど周辺は明るくなる。開放で撮っても望遠レンズであれば、周辺は落ちにくい。広角レンズを使って、絞り優先で開放に合わせておけばたいがい四隅が暗くなる。青空なんかを撮ったら、ちょっと払いたくなるけど、大 [続きを読む]
  • 紫陽花の季節の始まりに。
  • EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM35mmの単焦点。マクロレンズもそうだけど、単焦点レンズを持つとつい花が撮りたくなる。紫陽花が咲いていた。もうそんな季節か。 EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM単焦点を持つと、つい開放で撮りたくなる。大口径っていうのも単焦点レンズのメリットだから、使わない手はない。EF35mm F1.4L II USMは、F1.4まで開けられるけど、日中はそこまで開けない。いいとこ、F1.8。広角レンズだけ [続きを読む]
  • はじめての自分の自転車。
  • EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMはじめての瞬間というのは、なんでも記録しておきたいものだ。娘は6歳だが、まだ補助なしは乗れない。練習をしてこなかったし、自転車を乗る機会も作ってこなかった。必要がなかったというのも理由だが、親の怠慢も少なからずある。お兄ちゃんが小さい頃に使っていた小さな自転車で時々練習していたが、娘も私も、いまいちモチベーションが上がらない。やっぱり道具から、という発想がいいのか [続きを読む]
  • 寄ったり、引いたり、寄ったり。
  • EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM18-150mmという反則レンズの話題だが、使うほどすごいレンズであることを実感する。何より、その寄れる力。これはもう圧倒的。これを使うと、寄ったり引いたりというより、寄るばかり。 EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMそりゃそうだよな。引いて使うなら、EF-M11-22mmだってEF-M15-45mmだっていいわけで。ついつい寄ってしまう。 EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM望遠で撮れるか [続きを読む]
  • モノクロの瞬間
  • EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMこの世にモノクロの世界はないわけで、どこにだって色はある。暗い夜にだって、まっくらな部屋だって、色はある。しかし、写真にはモノクロの世界がある。 EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMでも不思議と、モノクロはカラーよりも饒舌で、雄弁。想像させられる。色だったり、音だったり、空気だったり。カラーだと見ようとしないけど、モノクロだとつい見ようとするし、聞こうとするし、感じよ [続きを読む]
  • EOS 7D アーカイブ 7
  • EOS 7D, EF70-200mm F2.8L IS II USMEF70-200mm F2.8L IS II USMを買ったのは、初代7Dを手に入れてから。この組み合わせから始まった。 EOS 7D, EF24-105mm F4L IS USMEF24-105mm F4L IS USMを買ったのもやっぱり初代7Dから。最初のLレンズだった。 EOS 7D, EF24-105mm F4L IS USMわかりやすいステップアップというか、キヤノンにとってはいいカモとして今も稼働中。Lレンズでは、EF24-105mm F4L IS USM、EF100mm F2.8L マクロ IS [続きを読む]
  • 何を言われても結局Mの画質は文句ない。
  • EOS M, EF-M22mm F2 STMもう4年以上も前になるのか。初代EOS Mが出て、キヤノンもミラーレス時代へ突入して久しいわけで、今、EOS M6まで言った。M4はなかったけど。初代、M3、M5を使って来て共通して言えるのは、やっぱり反射神経が弱い。機動力に欠ける。進化はしてきたが、どうしてもレフ機に比べて格段に(あらゆる意味で)タイムラグがある。 EOS M, EF-M22mm F2 STM一方で、キヤノンらしさはある。画質だ。これは本当に [続きを読む]
  • 紫外線には気をつけよう。
  • EOS M5, EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM日焼け止めの広告の前で、皮肉にも一人、強烈な紫外線を浴びる。輝度差がありすぎるから、ハイライト側に露出を合わせて撮る。周りはまっくら。人間の目ってのは、こうはならない。先進のカメラでも、ダイナミックレンジはまだまだ人間には及ばない、ということか。ま、それが写真のいいところなんだけど。にほんブログ村写真 ブログランキングへ [続きを読む]
  • EOS 7D アーカイブ 6
  • EOS 7D, EF70-200mm F2.8L IS II USM久々、初代7Dアーカイブ。実際のところ、こんな小さな画像サイズで、初代もMark IIも違いなんてわかりゃしない。もっといえば、5Dだっておんなじ。もっともっといえば、スマホでも。いや極端な話じゃなく。ただスマホにはまだできないっていうのは、ズームくらいだろうか。 EOS 7D, EF70-200mm F2.8L IS II USM高感度もそれなりにハイレベルになってきてるし、ボケだって加工でいくらでもどう [続きを読む]
  • 浅草の風情。
  • EOS 5D Mark III, EF24-105mm F4L IS USM三社祭で賑わった浅草の週末。行ってないけど、ニュースでその盛り上がりは見た。よく死人が出ないな。それはいいけど、浅草もフォトジェニックだよな。近くに住んでいた頃はよく写真を撮りに行ったものだ。 EOS 5D Mark III, EF24-105mm F4L IS USMこの景色が今もあるのかはわからないけど、浅草には独特の風情があって、誰が来ても、いいなあと思わせる力がある。写真でいうと、つい撮っ [続きを読む]