腐女子母さん さん プロフィール

  •  
腐女子母さんさん: 腐女子母さん、藪からスティックな毎日
ハンドル名腐女子母さん さん
ブログタイトル腐女子母さん、藪からスティックな毎日
ブログURLhttp://yukanooheso.blog22.fc2.com/
サイト紹介文『死ぬこと以外はかすり傷』の精神で頑張ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 178日(平均1.9回/週) - 参加 2017/02/15 17:09

腐女子母さん さんのブログ記事

  • 視覚優位
  •  目で見る物の方が頭に入るんだ!と確信してから、私はイラストレーターになったかのように絵を書きまくり、写真を撮りまくりました 一つ一つの行動を絵や写真ににして、小さなスケッチブックに貼っていく 私「息子君。今から着替えるよ」と言って着替えの洋服の写真を見せる 息子は用意されてる服の所へ行く 私「息子君。今からおトイレに行くよ」とトイレの写真を見せるとトイレに向かう 食事も歯磨きも寝るも・・・・絵や [続きを読む]
  • 成長させるヒント
  •  私「数字の1はな〜に? 工場のえんと〜つ」 モクモク 私「数字の2はな〜に? お池のが〜ちょ〜お」 ガーガー 自宅でこの歌を歌うと、息子はご機嫌 療育で使っていたイラストを真似した絵を書き、割りばしをつけて持てるようにして一緒に歌いました 息子もこれがすっごく気に入ってくれたみたいで、毎日私の歌に合わせて絵を持ちながら踊る ある日、娘の授乳をソファの上でしていると息子が数字のイラストを持ってきま [続きを読む]
  • 成長の瞬間
  •  初日の療育を終えて、どっと疲れが出たと同時に将来の不安が出てきました このままあの調子で大人になったらどうしよう。。。。 人様に迷惑かける大人になったらどうしよう。。。。。 どうしようどうしようが止まりません 家に帰り、娘とお留守番をしてくれてたばあちゃんが、私の表情を察して言いました ばあちゃん「今日が初日だからね!今日が一番大変だった日って思いなさい!」 ばあちゃんに言われてハッとしました  [続きを読む]
  • 期待から不安へ
  •  療育センターのS組 発達障害のある未就園児が集まり、集団生活のイロハを学ぶところ 知的障害 自閉症 四肢の障害 視覚 聴覚 色々な子供達が集まる 一度、S組の親子で給食を食べている所を見学させてもらったことがあったのですが、アットホームな感じがして好印象だったのを思い出していました いよいよ療育当日の日 受付で挨拶を済ませると、担当のG先生が挨拶に来てくれて息子の目線に腰を下ろして言いました G先生 [続きを読む]
  • 悶々とした毎日
  •  私「もう、大丈夫だから・・・変な事とか考えないから」 ばあちゃん「・・・・・・・・・・・。私、今の仕事パートにするから。週に3〜4回はこっちに来れるようにするから、一緒に頑張ってみようよ」 私「え!駄目だよ。今、職場の責任者でしょ?」 ばあちゃん「変わりはたくさんいるから、パートになったって大丈夫だよ」 私「ダメダメ」 実母は看護学校を卒業から今の今までずっと現役で看護師として働いてきました。  [続きを読む]
  • 私の休暇
  •  私「もしもし・・・・・私・・・・助けて・・・・・」 ばあちゃん「どうしたの?どこにいるの?家?」 私「私、どうしたらいいのかわかんない」 ばあちゃん「今どこ?今行くから待ってて。その場にいなさいよ。二人もいるんでしょ?」 私「どうやってもダメなんだよ・・・・私が息子の親だと息子をダメにしちゃうんだよ」 ばあちゃん「わかったわかった。話聞くから落ち着いて。そのままでいて。どこにいるの?」 気が付い [続きを読む]
  • 死ぬ事を考える
  •  次の朝 ベットでは寝れず、ソファーで娘と一晩を過ごしました 旦那「おはよう」 私「おはよう」 気まずい気持ちを隠しながら息子を抱っこしてきた旦那を見ました 旦那「昨日はごめん。悪影響ってそういう意味じゃなくて、二人とも心が疲れれるから・・・・・」 私「・・・もういい、息子に無理はさせないよ。今日から家での療育は中止するよ」 旦那「俺も可能な限り早く帰ってきて、息子のこと手伝うから」 私「わかった [続きを読む]
  • 悪影響
  •  1時間半が経ったころ、息子と旦那が帰ってきました 息子は泥んこ 公園でたくさん遊んだらしく、すっきりした笑顔をして旦那に抱っこされてました 息子は私を見ようとしない 旦那「汚れちゃったからシャワー浴びてくるよ」 私「うん」 息子になんて声をかけていいのかわからない その日は旦那が息子の世話を全部引き受けてくれました  夜、息子を妹を寝かしつけた後旦那が私の所に来て 旦那「少し、家での療育をお休み [続きを読む]
  • 息子のストレス爆発
  •  二歩進んで一歩下がる そんな毎日の家庭療育ですが、着実に一歩一歩前に進んでいました 『当たり前のことが当たり前になってほしい』毎日が必死でした 乳飲み子である妹を育ててながらの家庭療育 毎日毎日同じことを繰り返す 毎日繰り返すのにちゃんとできないからまた一からやり直す 精神的にやられてきました わかるまでやる やらないと大声で怒る 時には手が出る 泣こうが喚こうが、こちらの療育が優先 毎日嫌な事 [続きを読む]
  • 我が家の療育
  •  夫婦二人の矢印がそろいました 息子は障害児なんだ。障害児として育てなきゃいけないんだ 親は先に死ぬ せめて、社会に出れるようになるまで人並みの事はできるようになってほしい 漠然とした目標でした でも、実際何からどうやって育てていかなきゃならないのか?悩みました 当たり前にしつけをしても聞く耳を持ってない インターネットで情報を読み漁りました 旦那も息子と同じような障害を持つ親のための本を大量に購 [続きを読む]
  • 2人の矢印
  •  市役所から帰ってきて、今日の療育センターでの出来事をばあちゃんに話しました ばあちゃん「そっか・・・。前に進むしかないね。無理はしなくていいから、私も協力するから」 ばあちゃんの言葉はすんなり私の心にしみ込んできました 私「うん・・・・」 前に進む・・・・どうやって進む・・・・ ばあちゃん「旦那とやっぱり腹をわって離さないと。矢印は揃えないと」 私「うん。そうだよね」 旦那には療育センターの診察 [続きを読む]
  • 中度精神発達遅延
  •  療育センター「もしもし?腐女子母さんのお宅ですか? 明日なんですが、診察にキャンセルが出まして予約した日より前に診察ができそうなのですがいかがでしょう?」 突然の連絡が来ました 私「ええ是非!」 ずーっと待っていた診察を受けられることになりました 次の日、受付を済ませ息子は他のスタッフに連れられて発達検査 私は診察の先生と成育歴や普段の行動 困っている事などを話しました 一通りの話が終わった頃、 [続きを読む]
  • 笑うことができない
  • 義理の実家からの小包に無反応だったからか、間髪入れず旦那のいない昼間を狙って電話がほぼ毎日かかってきました 舅「障害の子供を注射で治してくれるところが都内になるらしいから予約入れたらどうだ?」 姑「いくら医療のお仕事してたからって、障害児は育てた事ないんでしょう?ちゃんとできてるの?」 舅「うちの家系に障害児が生まれたのはしょうがない。でも、おかしいよな〜こちらの家系にはそんな血筋の人はいないんだ [続きを読む]
  • 触れない話
  •  もやもやが続く中、旦那が実家に娘の顔を見せに行かないか?と言ってきました 生まれて1か月、色々な理由を並べ会せるのを見合わせていましたが、そろそろ顔を見せに行かなければいけないと思っていたので遊びに行くことに 久しぶりに旦那の実家に行くという事で、親戚も集まり大人数で出迎えてくれました 親戚一同、娘をかわいがってくれてとても嬉しかったです そんな中、大勢の人に圧倒されたのか息子君は暴れたい放題  [続きを読む]
  • 待つっていつまで?
  •  産後1ヶ月が過ぎ、久しぶりに娘を連れて、息子の保育園に迎えに行きました 私「ご無沙汰してます。いつもありがとうございます。」 園長「あら〜生まれたのね〜。パパとママ、どっちに似てるかな?」 久しぶりに保育園に顔を出すと、出産の労をねぎらってくれて産まれた娘をかわいがってくれました 相変わらずの息子の帰る準備をして、教室から帰ろうとすると園長先生に呼び止められ 園長「腐女子母さん、ちょっと息子君の [続きを読む]
  • 妹を受け入れる
  •  予定通りの日にちで母子ともに退院できることができました おばあちゃんが息子君を保育園に送った後、私を病院に迎えに来てくれて家路につきました 今日から始まる4人の暮らし 不安で仕方なかったけど、頑張るしかない 出産のエピソードを聞いていたおばあちゃんは、1か月は体をもとに戻すのが大事だからと言って息子の世話、家事のほとんどをやってくれて、私は娘のお世話に専念できました 退院したその日 息子が保育園 [続きを読む]
  • 初対面
  •  誘発剤を使用して4時間半、三途の川に片足突っ込んだようなお産でしたがやっと娘に会えました 今回は私の体にも相当の負担がかかったようで、すぐに何かができるわけではなく丸一日は安静に過ごす指示がありました 旦那は今回立ち会い、想像とは違うお産の進み方だったので生きた心地がしなかったと言ってました 義理の実家にも誕生の報告はしましたが、私の疲労と前回の出産の時の無礼を思い出し、入院中の面会は遠慮するよ [続きを読む]
  • 笑ってる場合じゃねーよ
  • 痛い痛い痛い!!!!!!!助産師「そろそろ分娩室に移動しましょう!」私「え?歩いていくんですか?無理無理無理無理・・・・・・・」助産師「次、痛みが引いたら動きますからね」私「痛みがひく時がわからない位なんだけど」助産師「次、移動するから準備してね」→私じゃなくて学生に言ってる私「ううううううう・・・・・・・・・・・」助産師「はい!行きます!」は?何のタイミング?まだ痛い途中なんだけど!!!!ズリズ [続きを読む]
  • 誘発分娩
  •  妊婦検診の日、担当の先生がエコーでお腹の赤ちゃんを診察しながら言いました 先「う〜ん 予定日まで待ってたら、上のお兄ちゃんの体重超えちゃうね。早めに出しておこうか」 私「? 今、推定だとどれくらいなんですか?」 先「ちょっとエコー上だと・・・・誤差はあるけど・・・・(計算してる)3.5位はあるかも?」 私「えええ?もうそんなに?」 先「早く出さないと4キロ超えちゃうかもね〜 骨盤通らなかったら大 [続きを読む]
  • 息子の保育園の送り迎えはばあちゃんが頑張ってくれました保育園での暴れっぷりは健在でしたが、クラスのお友達と同じ時間を共有することも少しづつできるようになってきました私は出産まであと何週間もない頃、朝からお腹が張ってしまい、起き上がれない 座れないと辛い状況になりました病院に電話しても、1週間間隔の受診だったので「張り止め飲んで診察日まで安静に」と言われました朝起きて、息子の着替えやご飯や保育園まで [続きを読む]
  • ありがとうばあちゃん
  • お友達と交わろうとしません 一人遊びが大好きです ブロックやミニカーを上手に一列に並べます お友達のおもちゃを取って喧嘩になりました 保育園の外に出ようとします 教室にいるのが嫌いみたいですぐ教室の外にいっちゃいます 給食の好き嫌いが激しいです 泣くと泣き止むまで時間がかかります お昼寝の時間、寝ることができません 保育園に通いだして1か月弱、保育園の先生の悲痛な叫びが連絡帳に毎日書かれていました [続きを読む]
  • 復活のベビーカー
  •  初日の保育園は9時半〜12時の3時間半でした(本当は9時からだった) 行きの道路に飛び出した息子を思い出すと、まだ心臓がバクバクして気持ちが凹む なので、久しぶりにベビーカーを出し保育園へお迎えに行きました 保育園に着くと息子は布団で寝ていて、担任の先生が3時間半の様子を教えてくれました ・お母さんが帰った後、お母さんを探してるようでしたが見つからず、外に飛び出して砂場の近くでずーっと大泣きして [続きを読む]
  • 息子を叩いた
  •  保育園に通うとなると色々な物品を揃えなきゃいけない お昼寝布団 歯磨きぶらし コップ オムツ ビニール 食事用エプロンetc・・・ 保育園で使う物一つ一つに名前を書き、これからの息子の保育園生活を想像すると期待しかなかった お友達と手をつないで遊ぶかな? 小さなテーブルと椅子を使ってみんなと給食食べたりするのかな? 息子にとってはプラスになる保育園生活になるんだろうと、息子以上に私が楽しみにしてま [続きを読む]
  • 息子、保育園へいく
  •  いきなりの引っ越しがきまり、あっちこっちに手続きに行ったりご挨拶に行ったり、忙しい日が続く 旦那に自由な時間が結構あったので、息子と一緒にいてくれて助かりました 不妊治療でお世話になったクリニックにもご挨拶をして紹介状を書いてもらい、引っ越しの準備が整いました 引っ越し先は、海が近い所 旦那の職場から自転車で10分くらい 私の実家からは車で30分くらいの所 新しい産婦人科は、旦那の働く病院の産婦 [続きを読む]
  • 9か月
  •  「仕事辞めたいんだ」 突然の言葉に返す言葉も出てこない ここにきてまだ1年も経ってなく、生活のリズムや人間関係がこれからできていくんだろうと思っていた矢先 でも、我慢強い旦那が、新たな場所で心機一転頑張ると決めた旦那から簡単に出てくる言葉じゃない 私「何かあったの?」 旦那「実は・・・・」 旦那の職場の先輩のAとB。この二人はとても仲が悪いしく、Bが行った仕事の内容が気に食わなくBのやった行動をAが内 [続きを読む]