sagane yosuke さん プロフィール

  •  
sagane yosukeさん: 巡礼
ハンドル名sagane yosuke さん
ブログタイトル巡礼
ブログURLhttp://www.junrei.info
サイト紹介文味気ない日常の出来事を少しだけ深掘りして、「乙な日常」の発見を日々更新していければと考えています。
自由文関西の大学生による、心身の蘇りと新生体験のためのブログです。 今春より東京に移り、マスコミ関係の会社で働く予定です。 日々の日記から本の感想、最近のニュース、映画のレビューなど幅広く取り組んでいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 41日(平均1.7回/週) - 参加 2017/02/15 18:38

sagane yosuke さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • さよなら怠惰くん。
  • 久しぶりの更新になります。卒業してからの数週間、特にやることがなく、非常に怠惰な生活を送っています。考えてみると今のうちにやっておいた方が良いことはたくさんあるのですが、どうしても心が動きません。軸になる活動や仕事が無くなるとその他の物事に対する意欲も無くなってしまうことに気が付きました。怠惰とは、キリスト教における七つの大罪のひとつとされています。なるほどなと思いました。怠惰は人間の気持ちをダ [続きを読む]
  • 卒業・引っ越し・猫
  • 大学の成績が発表され一年越しの卒業が確定しました。留年したこの一年、やりたいことが定まっていなかった自分にとっては、じっくりと先の事を考えられた時間になりました。理想だけで先のことを考えていた自分にとっては、良い薬になったのかもしれません。しかし、親への申し訳なさだけは常に頭にありました。色々な事を経験して、色々な事を学んで大人になったつもりでしたが、支えられていることを忘れていました。これまで [続きを読む]
  • 天声人語の読み方。
  • 実は毎日の楽しみでもある朝日新聞の天声人語。最近では、朝日新聞デジタルに無料登録するだけで、過去90日分の天声人語が読むことが出来るので、重宝しています。600文字程度のコラムなので読みやすく、基本に忠実で誰にでもわかりやすい文章です。しかし、ただわかりやすいだけでなく、その解釈を読者に委ねている気配があることも面白いところです。今日の天声人語です。 いま紙面でお読みいただいているこの活字は縦3・3 [続きを読む]
  • 村上龍「半島を出よ」超リアリズムの傑作
  • 半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)作者: 村上龍出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2007/08メディア: 文庫購入: 6人 : 82回この商品を含むブログ (157件) を見る半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)作者: 村上龍出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2007/08メディア: 文庫購入: 5人 : 30回この商品を含むブログ (125件) を見る北朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、2時間後、複葉輸送機で484人の特殊部隊 [続きを読む]
  • 自分のキャラに邪魔される。
  • 普段の生活の中で出来上がっていく、自分のキャラと言うものはなかなか厄介なものです。自分のキャラが定着していくと、キャラ通りの行動や発言しか出来なくなることがあると思うことがあります。普段の私は、何に対しても無頓着で、生活がだらしなく、デリカシーが無いように思われていることが多い気がします。 そう思われていることを自覚すると行動や発言もそのイメージに合わせるようになりました。 馬鹿な自分を演じることで [続きを読む]
  • アート日記②
  • title: the black大阪のカラーパティーというイベントに展示参加させて頂いたときの作品の一つです。プロ・アマ、年齢問わず色々な人が集まって一つのテーマカラーに沿った作品やワークショップを行う楽しいイベントでした。その年のテーマカラーは「黒」でしたが、何のひねりもない作品を出してしまいました。www.junrei.infowww.junrei.infoにほんブログ村 [続きを読む]
  • 使えるバイトになってはいけない。
  • 今日でバイト生活が最後でした。私は「使えるバイト」だったと思います。色々な所で働いた経験から要領をつかむことには慣れていましたし、応用力も身につきました。初めてのバイト先(飲食店)で接客業を教え込まれたので、どこのバイト先でもお客さんと上手くコミュニケーション出来ていたと思います。基本的に真面目で、指示に逆らうようなこともありません。大学生なので時間にゆとりがあり、どんな時間帯でも働くことが出来ま [続きを読む]
  • 私は、何者でもない。
  • 言葉は、誰から発せられたかということで価値が決められることがあります。当たり前のことですが、何も知らない素人よりも専門家の言葉のほうが信憑性が高く価値が高いです。論文などでは、信憑性の高い文章を引用しているかどうかで評価の基準にもなります。自分の主張がどのようなデータや論文に基いているのかということが明らかでなければ論文としての評価は高くなりません。それだけでなく、長年研究を続けてきた研究者の論 [続きを読む]
  • 猿の痕跡
  • 一匹の猿が生きていることに気づいた。命が生まれた。命に気づいた猿は、花を植えた。終わりが生まれた。花を植えた猿は死ぬことを悟った。神が生まれた。死を恐れる猿が優しさを覚えた。愛が生まれた。猿は死んだが愛はただそこに在り続けた。愛は猿を増やし世界が生まれた。 [続きを読む]
  • 「地方の魅力」の押し売り。
  • 隣の芝が青く見えるように、都会に住む人には地方が魅力的に映ることがあるようです。田舎ならではの簡素な暮らしや自給自足のスローライフに憧れて移住する人が増えてきました。また、ビジネスに関しでも地方の魅力を活かそうという流れも出てきました。例えば、古民家を改装しカフェやレストランの経営しようという人が出てきたり、最近では映画の舞台になった事を活かして観光事業に活かそうという動きもあります。これらが [続きを読む]
  • 過去の記事 …