彩歌 さん プロフィール

  •  
彩歌さん: 雨と月
ハンドル名彩歌 さん
ブログタイトル雨と月
ブログURLhttp://slothy.exblog.jp/
サイト紹介文昔作った作品を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 41日(平均3.4回/週) - 参加 2017/02/16 07:03

彩歌 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 悲しみ100%
  • 辛い言い訳が心うずめる傷跡の痛さが慰める紡いでく時間重なってゆっくり記憶は薄れてく本当に辛かったことも明日は心の柵の中まるで感傷に浸るよう美しい心の弱さに変わるから少しだけ 今、少しだけそのままの悲しみ 心に伝わらせよう二度と忘れるものかとこの痛み、二度と忘れるものか、と。 [続きを読む]
  • ある午後
  • 赤い風船 北風に揺られ空を仰いでるあぁ あの太陽まで 行ける気がしていたのに絡まる枝から 抜け出せずただ ふわふわ ふわふわ葉を落としたケヤキがささやく空は寒く風も強い美しい君 どうかここにいてたとえ割れても 自由に飛んでいたかったのにけやきの声は美しい何もかも吹き飛ばす強い風を待っているのかも恐れているのかも分からない 分からない... [続きを読む]
  • しるし
  • 流れる時をとどめる術はあたしの小さな手のひらには与えられず流れに沿って変わるほどの器用さも持ち合わせていない置いてけぼりのあたしはあなたを憎むしかなくて行くあてのない思いはあたしを過去から放さないあなたの未来には、きっと一緒にたどり着けないからあたしはあなたの過去の道標になろう行く先はあなたが決めてあなたの力でつかめばいい... [続きを読む]
  • ともだち
  • 泣きたい時に 会いたい友達になりたい。たくさんたくさん泣いた後に、そんなのどってことないよって言って、そうしたら本当にどうってことなくなってしまうような、友達になりたい。幸せな気持ちや楽しい瞬間は愛しい人と過ごして、いつか壊れたらそのカケラを拾い集めて大切にしまい込むのを手伝えるような友達になりたい。決して雄弁ではないけどほしい言葉をほしいだ... [続きを読む]
  • 銀杏並木
  • 偶然か、運命か、 またこの通りにやってきた。あなたとの思い出ばかりのつまったこの通り思い出のまま ずっとしまっておきたくてどうにか避けようと思っても、この人は気付かない聞こえますか あたしの声があなたと歩いたこの道をあなたじゃない人とあたしは歩く嘘みたいあなたがそばにいないのに、悲しいくらい幸せなのです手を繋いで笑う、残酷な自分に気付くので... [続きを読む]
  • 207
  • 幼い声が響く小さな部屋に冬の魔法が降り積もる分かっていたんだだから大切だったんだミルクティーのあまい湯気とけてかすむ 淡い傷大好きな唇とそこから生まれる愛しい言葉世界中から守られてはしゃいでじゃれては眠ってたそばにいること ふれること痛いほど守りたかった腕一つの距離分かっていたんだだから大切だったんだ あの時のやらか... [続きを読む]
  • コーヒーと冬
  • あなたはコーヒーが大好きで、コーヒーを入れようか、と言うとものすごくかわいい笑顔でうん、と言ってわくわくして待っていた。いつも通りのコーヒーなのに宝物みたいに大事に飲んでにこりとする横顔あなたが喜ぶと分かっていたから、冬中何度も、何度も入れた。春になって、夏が近づき、あなたはもういなくなって、私は何度目かの季節に またコーヒーを入れる。誰かの... [続きを読む]
  • 絵描き
  • ずっと続いていた雨が やっと止んだ午後水を含んで少し青い空気を おひさまが暖めていく空は光と影の競争24色じゃ足りない心に風を吹かせる色を 大切なあの人に伝えることができるならこの美しい大地に生まれた喜びをあなたに出会えた奇跡を抱きしめても届かない 愛しい想いを僕は 描き続けるたとえ腕が折れても [続きを読む]
  • 脱いだらスゴイ
  • ※詩ではありません。私は脱いだら逆にスゴイ。胸は申し訳程度。乳首も物心付いた時から真っ黒。毛も濃ゆい。肌も粗い。変なとこにイボある。顔はそんなに酷くはないと思うけど、あと痩せている方ではあるけど、とにかく生まれつき、脱いだら心底ガッカリなタイプであります。本当に色々とコンプレックスで、思春期はもう何を恨めばいいのかもよく分からず何かを呪... [続きを読む]
  • 紅い花
  • あなたを愛して一生懸命なあたしが好きだったあなたと一緒に歩いているあたしが好きだった弱さ見せたくても見せないあたしが好きだったみんなのこと仲間と思うあたしが好きだったありがとう、ありがとう。あなたはあたしの栄養分みんなのいいとこ吸い込んだ根っこが、あたしの体支えてる。みんなのいいとこ吸い込んで、あたしが咲いてる。あなたのため、それはあたしのためで、自... [続きを読む]
  • 絶望と希望
  • 大好きなチョコレートが 食べられなくても構わない恋しいけれど構わないだけど だけれど、あたしから声は奪わないでチョコレートが食べられなくて恋しいってこぼす声だけは奪わないで今夜あなたに会えなくても構わない寂しいけれど構わないだけど だけれど、あたしから言葉は奪わないであなたに会えなくて寂しいと綴るための言葉だけは奪わないで明日あたしが死ん... [続きを読む]
  • Comedy
  • 口数が少ないあなた 彼女のこと 悩んでるめずらしいのね 深刻な顔チャンスだけど何かが違う肩を落としているあなたに笑顔をあげられるのは私じゃないから思ってもいない言葉ばかり繰り返すわたしはちゃんと笑えてる?鏡を見ないと自信ないよ絵に描いたような名脇役は 物語の結末に幸せになれる?大好きな人だからいつも幸せでいてほしいだけど時々涙が出るよ... [続きを読む]
  • あなたを愛すること
  • 分かってるあなたの心の片隅に彼女がいる私の知らない涙を流したあなたがいるそれは嫉妬じゃなくて悲しみじゃなくて気付いてる?私の記憶の底あなたの知らない横顔と、笑い合った私がいるそれは後悔じゃなくて感傷じゃなくてあなたの人生は私のものではないから二人は違う日々を生きてきたんだから出会えたことはただの偶然で危うい糸をたぐり寄... [続きを読む]
  • 雨の朝
  • 傘をさし うつむいて歩く雨の朝形にするには知識が足りない自由にとぶには頭が重い淡いブルーの傘の中 雫に濡れる肩の端静かなあおい空間に立ち止まる、小さな一人どこへ行けば救われるだろう何を捨てればいいだろう生まれたままの運命を歩けず 悲しみは背を丸くする涙を流す心もなくして、それでも遠くへ思いをはせたけれど今、この雨の日にこの闇は終わる苦しみも... [続きを読む]
  • 尽くして報われなかった彼女の話
  • 詩ではなく思い出話です。私はバイなので、彼氏がいたことも彼女がいたこともあるんですが、同性と付き合うにはやはり色々覚悟が要ります。そしてそこまで覚悟してでも付き合うということは、かなり気合の入った付き合いになる訳で。きっと、今迄で1番苦しみ抜いた恋は、彼女との恋だったと思います。本当に本当に大好きで、でも周りに言うこともままならず、色んなことを諦めていた。... [続きを読む]
  • AM 3:00
  • まわりの世界のはやさにまばたきもできない夜はたばこの煙の優しさに 泣きたくなってしまう街の光に削られてとがった月がほこりだらけの床を照らすこの世界の美しさに気づいているのは きっと今私だけ一人ぼっちも悪くない眼を閉じて 痛みを消化する私はきっと歩いてゆけるまだ見つからない探し物あきらめるのは自分次第見つけ出すのも自分だけ大きな大きな探し物... [続きを読む]
  • あなたの姿だけでいいと 思ってたあなたの声だけでいいと 思ってたあなたの背中だけでいいと、 思っていたのにいつか あなたの気持ちも 寝顔も 私のものになったらデジタル時計にいつもの願い事心の中だけの秘密は もう隠しきれないくらい大きい欲しがりすぎた私に下った罰あなたのそばが幸せすぎて 失う怖さにかられてるわがままな私に下った罰一人ぼっちは平気... [続きを読む]
  • 月が見ている
  • コンビニからの帰り道は なぜかいつも迷ってしまう前に広がる分かれ道は どっちも正しい気がしてきれいな月の夜には あなたのことを思い出すずっととなりを歩くことできたのに選んだのは、私。私は正しい道を歩いてる?あの日と同じ月はただ私を照らしてふり返って歩く、別の道選んでいたら訪れた幸せ数えて歩く、私を照らして駅からの帰り道 やっぱりまた迷ってしまう真... [続きを読む]
  • untitled
  • 胸の痛み 流れる涙あなたへの想いに 名前を付けるのが怖いからuntitledで保存したいつだって立ちはだかるカテゴリー壊せないのは 私とあなたが別々の存在だから見え透いた嘘に何も言わないのは言葉の無限を知っているからあなたの胸の真実はあなたの胸の中にだけ私の胸の真実は私の胸の中にだけ分かり合えるという確信は切ないだけの幻想で言葉を持った... [続きを読む]
  • 過去の記事 …